TDRのオフィシャルホテル比較


東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルは現在以下の通り。

  • 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート(旧・東京ベイホテル東急)
  • ホテルオークラ東京ベイ
  • サンルートプラザ東京
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • ヒルトン東京ベイ
  • 東京ベイ舞浜ホテル

オフィシャルと呼ばれるのは上記の6件で、あとは直営が3件、数々のパートナーホテルやグッドネイバーホテルというのがある。直営ホテルについては又別の機会に書くとして、今回はオフィシャルホテル。

サンルートプラザ東京のみ宿泊経験が無いので、それを除いた感想を。
なぜサンルートプラザ東京にのみ宿泊する機会が無かったかと言うと、最もリーズナブルなオフィシャルのはずなのに、常にもっと安く他のオフィシャルに宿泊出来たから。
たまにサンルートプラザ東京が一番安いという場合があっても、最も狭い部屋だったりして、他のオフィシャルのもっと良い条件の部屋と差額が数百円だったりという感じだった事も何回か。結果未だ泊まったことがない。

2016年1月、サンルートプラザ東京に宿泊しましたので、感想を投稿しました。

最近はシェラトン・グランデ・トーキョーベイとヒルトン東京ベイを交互に宿泊している状況が続いている。どちらのホテルのポイント(スターウッド プリファードゲストとヒルトンHオナーズ)も貯めているのだけれど、積極的に貯めているのはヒルトンHオナーズ。
しかし、格安の宿泊プランだとポイント対象外ということも多いので、その時の宿泊料で決めている。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイは安いプランだとポイント加算不可、ヒルトン東京ベイは予約と同時に全額支払い、キャンセル不可というプランが格安になる事が多い。
いずれもメンバーシップの特典などは受けられる。

ホテルの規模や使い勝手はどちらも同じ様な感じ。
特徴としてはシェラトン・グランデ・トーキョーベイには別料金だが大浴場施設や大きめのゲーセンなどがある。ヒルトン東京ベイは一階にあるコンビニが便利。一般的なコンビニと、品揃えは勿論、値段も同じなので利用価値大。
夏場のみだが、屋外プールもどちらも大きめでリゾート気分が味わえる。(別料金)
娘はヒルトン東京ベイのハッピーマジックルームという部屋がお気に入りだった。ヒルトン東京ベイオリジナルのキャラ「みならい魔女ティアラ」をテーマにしたキッズルーム。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイにも同様のコンセプトのトレジャーズルームというのがある。

ヒルトン東京ベイ

ヒルトン東京ベイの広々としたプール

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート(旧・東京ベイホテル東急)はまだ娘が小さい頃によく宿泊していた。東京ベイホテル東急だった頃には頻繁に格安の宿泊プランが出ていたことと、このホテルの一階アトリウムに設置されていた子供向けの遊戯施設が大のお気に入りだった為。
東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートになってからこの施設は撤去されてしまった。
最近も比較的安い宿泊プランが出ていることがあるが、ベイサイド・ステーション(ディズニーリゾートラインの駅)と各ホテルを結ぶディズニーリゾートクルーザー(バス)が、東京ベイ舞浜ホテルと共同の為にやたら混むのが難点で避けるようになってしまった。

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートにはバルコニーがあるのも特徴

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

旧・東京ベイホテル東急にあった子供向け遊戯施設

円筒形の小振りな外観の東京ベイ舞浜ホテルは、上述の通りディズニーリゾートクルーザーが東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートと共同なので混むのは同様。
このホテルの特徴は大浴場があること。(有料だが、無料利用付きのプランというのもよく出ている)
そしてバスルームが全室洗い場付きでとても使いやすいということ。
洗い場付きのお風呂はやはり便利。子供が小さければ尚更だと思う。
他のホテルにも洗い場付きのバスルームはあるが、ランクの高い部屋やキッズルームのみだったりする。(直営は3軒とも全室に洗い場がある)

東京ベイ舞浜ホテル

東京ベイ舞浜ホテルの特徴的な外観

ディズニーリゾートクルーザー

各オフィシャルホテルとリゾートゲートウェイ駅を結ぶディズニーリゾートクルーザー

ホテルオークラ東京ベイには娘が生まれる前に一度だけ宿泊したことがある。
他のオフィシャルホテルに比べ、小振りなホテルだが館内の高級感は十分にあったし、バスルームにはシャワーブースが別に付いていたりするのも高級な雰囲気を出していた。朝食がとても美味しかったのも記憶している。
明らかに大人向けのホテルで、実際家族連れよりもカップルが多かった。そしていつも宿泊料金が高めに設定されている。

TDRに行く度に全てのオフィシャルホテルの料金プランを比較しているが、学校が休みになる時期でも、年末年始やお盆の最中という最も高い時期を外せば、1泊一部屋1万5千円くらいから泊まれることが多い。
お泊まりディズニーならパークとの往復が楽なオフィシャル(勿論直営も)がやはり快適。一休みしにホテルに戻るということも楽に出来る。
TDRに連泊の場合、ホテルをホップ(引っ越し)することを考える人もいると思うが、オフィシャルなら、オフィシャルホテル間は勿論、オフィシャルホテルと直営ホテル間でも荷物の移動をしてもらえる。
あとは入場制限がかかった時でも入場保証があることも利点。
私達はいつも車なので利用したことはないが、舞浜駅前のディズニーリゾート・ウェルカムセンターで荷物を預けておけばホテルに届けてくれるバゲッジデリバリーサービス(無料)や、帰りもホテルで荷物を預けてディズニーリゾート・ウェルカムセンターで引き取るステーションデリバリーサービス(有料)も利用出来る。

さて、滞在の快適さで選んだ、個人的なランキングとしては次の通り。
宿泊経験の無いサンルートプラザ東京は勿論入れていない。

  1. ヒルトン東京ベイ
  2. シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
  3. 東京ベイ舞浜ホテル
  4. 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
  5. ホテルオークラ東京ベイ

これは本当に個人的なランキング。
どのホテルのメンバーシップに入っているかとか、子連れかカップルかでも違う結果になる。例えば、私が娘とでは無く、大人の女性と二人で行くなら、一位はホテルオークラ東京ベイにすると思う。あと、幼児連れなら全室バスルームが洗い場付きの東京ベイ舞浜ホテルをもっと上位にすると思う。




スポンサーリンク


関連情報を含む記事

TDRのオフィシャルホテル比較」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: TDRのオフィシャルホテル・サンルートプラザ東京 | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>