WDWのマジックバンド


フロリダのウォルトディズニーワールド(WDW)で運用されているマジックバンドという優れものの腕輪。
これは直営リゾートに宿泊する場合は無料で、それ以外のホテルに滞在で欲しい場合はWDW内のショップで有料で購入後、チケット情報等のリンクが出来る。(直営リゾートではチェックイン時にフロントで受け取り)
出来る事は以下の通り。

  • 直営リゾート宿泊者はルームキーになる
  • パークチケットになる
  • ファストパス+(直営リゾート宿泊者は60日前、それ以外の方は30日前から予約可能)を記録
  • クレジットカードを登録してWDW内で使える電子マネーに(任意)
  • メモリーメーカー(以前のフォトパス)を記録

マジックバンドがあれば財布もルームキーもパークチケットも要らないということ。
防水仕様なのでマジックバンドを付けたままプールに入っても大丈夫、パークチケットとしては指紋認証、電子マネーとしては任意のPINコード入力が必要なので、紛失しても不正使用される心配はいらない。
マジックバンドにクレジットカード機能を入れる(リンクさせる)場合は使用限度額(リゾートのランクにより500〜1,500ドル)が設定されるので、もし限度額を超えた場合には各リゾートのゲストサービスで限度額を再設定してもらえる。

個人情報を腕輪一つに入れて大丈夫かと思う人がいるかもしれないが、このマジックバンドには記憶チップの様な物は入っていない。中身はマジックバンドの固有識別番号と通信チップのみ。
情報の記録はマジックバンドでは無く、WDWのサーバーにされていて、その情報と各人のマジックバンドがリンクされるという仕組み。マジックバンドは常に「何番のマジックバンドです」という情報を送信しているだけ。
なので、自分でMy Disney Experienceから登録、修正、削除した情報もマジックバンドにそれを繁栄させるような作業は一切必要無く、そのまま即時に繁栄される。

直営リゾート予約とMy Disney ExperienceがリンクされていればMy Disney Experienceからマジックバンドのカスタマイズも行える。色が選べて、ファーストネームを刻印してもらえる。(チェックインの30日前までがカスタマイズの期限)
カスタマイズしていない(出来ない)場合は無料で貰えるのはグレーのみ。もちろん名入れは無し。

My Disney Experience

私はブルー、娘はピンクにカスタマイズ

かなり便利なシロモノだが、この機能を完全に使いきる為にはやはりMy Disney Experienceの登録と、リゾート情報とチケット情報のリンクが事前に行われていた方がいい。

(これらを行っていなくても直営リゾートに宿泊すればルームキーとしてのマジックバンドは貰えるし、チケット情報等をその場でリンクしてもらう事は出来るが)
現在WDWのほぼ全域でWi-Fiが提供されているとのことなので、このマジックバンドと、現地でネットが使える(My Disney Experienceアプリがインストールされたスマホ等)機器があれば、常に手元でファストパス+の取得や変更、レストラン予約、キャンセル(キャンセル規定に注意)と言った作業が行えるので便利この上ない。

マジックバンドのアクセサリー

マジックバンドを飾るアクセサリーもたくさん売っているらしい

オーランドのWDW旅行でパッケージツアーを使う場合、直営リゾートに泊まるなら、旅行会社がリゾート予約番号等を事前に教えてくれるかどうかは申込み前に確認した方がいい。もし必要な情報を教えてもらえないと、My Disney Experienceの事前利用が制限されてしまい、せっかく直営に泊まるのにその特典を受けられなくなってしまう。
パッケージツアーの場合、ホテルの部屋を旅行会社がブロックで買っていて、当日か直前までどの部屋を誰に割り当てるか決まらないというケースがある。この場合は当然予約番号を教えてもらえない。
My Disney Experienceの利用について尋ねて、即答できない様なツアーは避けた方が無難。 

オーランド旅行記 目次




スポンサーリンク


関連情報を含む記事

WDWのマジックバンド」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: WDWのマジックバンド | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter | 日刊☆なんでもトピックス!

  2. ピンバック: マジックバンドのアクセサリー | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>