オーランド旅行記34・ポップセンチュリーとアート・オブ・アニメーション


午前中から午後にかけて、WDWでやり残しそうな事があれば、それにあてるつもりで予定は無し。
しかしほぼやりたいことはやってしまったので、久しぶりにゆっくり寝て、リゾート内で過ごすことに。

フードコートでの朝食はあまり種類も多くなく飽きてしまっていたので、ランチメニューになる11時まで待ってブランチをとることに。ランチとディナーはフードコートのメニューが充実する。
ランチの時間はパークに出掛けている人が多いのでガラガラだ。(朝晩の混雑時間でも満席になることは滅多に無いが)

食後はショップをゆっくり見学。
ポップセンチュリーのショップは広めでかなり充実している。もちろん専門のショップに比べれば種類やサイズなどは少ないのだろうと思うが、WDWで売られている一般的な商品は全て網羅しているという感じだ。
WDW内であればどこで買っても値段は変わらないので、ここで売っている物はここで買った方が便利だろう。(宿泊者は)

ジェネレーションギャップ橋を渡ってアート・オブ・アニメーションへ。
橋の長さは70メートル程なので、あっという間に移動出来る。なので、ポップセンチュリーとアート・オブ・アニメーションは双方の施設を自分のリゾートのように利用する事も十分に可能だ。
ただし、プールは原則として宿泊リゾートのものしか利用出来ない。(特にチェックは無いが)

やはり新しいだけあってアート・オブ・アニメーションの敷地に入るとポップセンチュリーよりも明らかに真新しさを感じる。プールもこちらの方が楽しそうだ。
どちらも同じバリュークラスだが、アート・オブ・アニメーションの客室はファミリースイートがメインだ。4人以上の家族なら検討の余地があるが、我々の様な二人旅では勿体ない。(広さもお金も)
ポップセンチュリーのスタンダードルームと同じ客室はアート・オブ・アニメーションではリトル・マーメイド棟のみとなる。(それでも若干ポップセンチュリーのスタンダードより値段は高い)
実際にリトル・マーメイド棟を眺めてみると、やはりフロント棟からかなり遠いと感じる。

フロント棟は壁の装飾等を見なければ見分けがつかないほどそっくり。
フードコートやショップ、ゲーセン等、作りも位置もまったく同じだ。(フードコートのメニューは若干違う)

アート・オブ・アニメーション

オブジェもディズニーアニメーションのものばかりのアート・オブ・アニメーションの方が、よりディズニーらしい雰囲気で楽しそう。

一通りアート・オブ・アニメーションを見学してポップセンチュリーに戻り、ヒッピーディッピープールへ。まだ遊んでいないボーリングプールかコンピュータープールで遊ぼうかと思ったが、そちらには誰も泳いでなく、監視員に我々だけを監視してもらうことに気が引けたのでやめておいた。

日本のプールとこちら(アメリカ)のプールでは異なる点がいくつかある。日本の一般的なプールとの違いは以下の通り。

  • 子供用の浮き輪(ドーナツ型)は多くのプールで禁止されている。その代わり子供用のライフベストや腕に付けるタイプのフロートが普及している。
  • 写真、ビデオ撮影を禁止しているプールは見たことが無いので、撮影は自由に行える。(ウォータースライダー等では使用禁止のことも多い)防水カメラであれば水中への持ち込みもOK。
  • タトゥー禁止のプールはまず無い。(禁止したら入れない人が多すぎる)
  • ラッシュガードが普及していない(入手出来る場所も限られる)ので、これを着ているのはほぼ間違い無くアジア人。(着ていけないわけではない)
  • 水深が一般的に日本よりも深め。フィートで水深を表示している場合が多いので、泳げない人や子供は注意。(同じプールでも位置で水深が変わることも多い)ファミリー向けのプールでも深いところでは水深1.8メートル以上もざらにある。

WDW直営リゾートのプール(ウォーターパークも)も上記の通りだ。特に日本とは異なるので困るというものはないかと思う。
WDWの場合はプールサイドに子供用のライフベストは自由に使えるように置いてある。又、監視員の数も過剰ではないかと思うほどに多いので、安心だと思う。
撮影禁止というプールは無いが、当然のことながら他人に断りも無くカメラを向けるのはマナー違反だ。家族や友人を撮影している限りは問題は無いが、風景などを撮る場合にはレンズを向ける先に気を付けた方がいい。

ヒッピーディッピープール

夕方以降は水着のみで泳いだが、日中はラッシュガードをいつも着用。アメリカ人の子供で着ている子は誰もいなかったが、日焼け止めを節約出来るのでやはり便利。

リゾート内のWI-FIだが、これはとても快適だった。In-room Guest WiFi もPublic Space Guest WiFi も電波はかなりしっかりしていて、一度拾えば途切れることはない。
スピードも十分にあって、YouTubeの動画鑑賞等もストレス無く出来るレベルだ。
が、一転、パークでのWI-FIはあまり快適では無かった。繋がっている間はスピードも十分なのだが、とにかく途切れるのだ。(同じ場所に立っているような場合でも)
メールチェックとかであればWI-FIに繋がっている間に自動的に受信してくれているので問題ないが、Webで調べ物をしたりする際や、My Disney Experienceを使う時には断続的に接続と切断を繰り返すのでイライラした。
バスやボートでの移動中は基本的にWI-FIは使えないと思った方がいい。
データ通信をディズニーのWi-Fiに頼る人は、出来るだけリゾートの中に居るときにするべきこと(調べ物やMy Disney Experienceの利用)をしてしまった方がいい。

夕刻からはマジックキングダムへ。パークへ行くのもこれで最後だ。
夕食はコンテンポラリー・リゾートのシェフ・ミッキーを予約している。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>