マウイ島(ハワイ)


ハワイで観光に訪れて滞在する島と言えば、まずはオアフ島。あとはハワイ島、カウアイ島、マウイ島の四島のいずれかだと思う。(ハワイには全部で19の島がある)
オアフを除くと私達が行ったことがあるのはマウイ島のみ。アメリカ本土の観光客に一番人気なのがマウイ島と聞いたので選んだ。

マウイ島のカフルイ空港まではホノルル国際空港からハワイアン航空で約40分のフライト。
マウイ島のホテルが建ち並ぶ地域は大きく分けてカアナパリとワイレアの二カ所。私達はカアナパリのハイアット リージェンシー マウイ リゾート&スパに宿泊。
空港からカアナパリまではタクシーで約50分の距離でした。(料金はチップ込みで約100ドル、結構な距離があります)
空港周辺もカアナパリに向かう途中の景色も本当に広々としていて、ホノルルからやってくると田舎に来たという感じがします。

ハワイ旅行

カアナパリのビーチ

カアナパリはビーチ沿いにリゾートホテルが建ち並ぶ場所ですが、ワイキキとは全く雰囲気が違います。立ち並ぶホテルはどれも高級リゾートという雰囲気で、リゾートホテル以外には徒歩圏には何もないです。

200 Nohea Kai Drive Lahaina, HI 96761

唯一、ホエラーズビレッジ(Whalers village)というモールがリゾートの真ん中にあって、各ホテルからビーチ沿いの遊歩道を歩いて、もしくはリゾート内を巡回する専用シャトル(無料)で行けるようになっています。ホエラーズビレッジには専門店やレストランの他、ABCストアやフードコートもあって、ポリネシアンダンス等の無料ショーも毎晩開催されているので、カアナパリの各ホテルに宿泊している人はとりあえずここに行くという場所になってます。ここ以外はホテルとビーチがあるだけなので。

ハワイ旅行

ホエラーズビレッジ中央のステージでのフラダンスショー

ハワイ旅行

ホエラーズビレッジには鯨の骨が展示されてる

ハイアット リージェンシー マウイ リゾートはカアナパリリゾートの南端に建ってます。
とにかく敷地が広く、プールも充実してるので子供連れでのんびり出来ました。
ビーチはちょっと波が高く、遊ぶのには適してなかったんで、主にプールで遊んでました。
敷地の庭には水鳥なんかもたくさん放し飼いされてて、南の島のリゾート感満載。
ただ、上記のホエラーズビレッジにはちょっと遠かったことだけが難点。行きはビーチ沿いの遊歩道を歩いて行ってみたけれど、何軒ホテルを通り越してもなかなか着かず、帰りは無料の巡回シャトルで帰って来ました。

ハワイ旅行

こんな珍しそうな鳥も放し飼い

カアナパリからハワイ王国の古都ラハイナまでは車で10分ほど。ホエラーズビレッジからシャトルバスが運行している。他に蒸気機関車の砂糖キビ列車で行くことも出来る。
ラハイナはノスタルジックなハワイを満喫できる街。絵を描くアーティストが多く住んでいるのか街にはギャラリーが多い。
ワイキキにもあるチーズバーガー・イン・パラダイス(チーズバーガーレストラン)はここが本店とのこと。料理は同じだがワイキキよりも雰囲気が良かった。
ラハイナからの帰りにはラハイナ・キャナリーモールというショッピングセンターに立ち寄った。ここにはスーパーのセーフウェイがあるので飲み物やスナック等を調達。ワイキキ近くのセーフウェイでもそうだが、ここで買い物をする時はセーフウェイカードというメンバーカード(無料でもらえる)は必須。会員価格と通常価格に驚くほどの差がある商品が多いので。

ハワイ旅行

雰囲気抜群なラハイナの街

マウイには二泊しか出来なかったので、出掛けたのはラハイナ散策とハレアカラ火山の山頂での星空ツアーのみ。星空ツアーで利用したのはマウイオールスターズツアー。
3000メーター越えの場所から観る日没の景色は素晴らしかったけど、当日は月のある晩だったので肝心の星は今ひとつ。また行く機会があればちゃんと新月の時に行ってみたい。

ハワイ旅行

ハレアカラから雲海を眺める

ハワイは日本人だらけと言われるが、マウイではほとんど日本人をみかけなかった。
オアフ島に比べると何も無いし、日本からだと乗り継ぎでしか来られない場所だからだと思うが、本当のハワイの魅力を満喫出来る場所だと思う。
ただのんびり過ごすという事だけのためにまた行ってみたい。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>