グアム旅行記 (2016) 12・GPOのチャッキーチーズ


今回のグアム旅行で娘が楽しみしていたチャッキーチーズ。
全米に展開しているファミレス兼ゲーセンの様な店。ハワイにもあるが、ワイキキ周辺からはアクセスが悪い。グアムのチャッキーチーズはグアムプレミアムアウトレット(GPO)にあるので、行きやすい。

チャッキーチーズ

チャッキーチーズはGPOの敷地内、映画館横にある。GPOのフードコートから外に出た所で、レアレアトロリーの乗り場のすぐそば。

チャッキーチーズの特徴は、入店時に保護者と子供に同じハンドスタンプが押され、退店時にはそのスタンプの照合が行われる。保護者は子供を店に残して(ゲームで遊ばせておいて)一時退店することも可能で、子供だけでは退店出来ない。ハンドスタンプが合わない大人と退店することも出来ない。つまり安全に子供を残してGPOで買い物ということも出来るシステム。

食事のメニューはピザがメイン。食事はしてもしなくても自由なので、我々は食事をとらなかったが、イメージに反して(美味しいピザを食べられる雰囲気がしない…)ピザの味も評判が悪くない。

ゲームだけを楽しむ場合はトークンと呼ばれるゲーム用のメダルを購入して遊ぶ。食事とトークンのセットもある。
食事をとらない我々はトークンのみを購入して遊んだ。
ゲームの種類は日本のゲーセンにもあるようなビデオゲームや遊園地にあるようなカーニバルゲームの様なものまで豊富に揃っている。
トークンを投入してゲームをやり、その得点に応じてチケットが排出される。
集めたチケットを数えられる機械があって、その機械でチケットをカウントし、排出されるレシートを景品交換カウンターに持って行き、景品と交換出来るという仕組み。
もちろんトークンもチケットも有効期限はないので、複数日通ってチケットを貯めることも可能。

チャッキーチーズ

景品交換用のチケットとトークン(ゲーム用のメダル)

が、景品はかなりショボい。100均の玩具程度かそれ以下と思えるものが並んでいるし、かなり頑張って枚数を貯めてもそれほど欲しいと思えるようなものも無いと思う。
ので、景品目当てで頑張る気持ちにはなれないので、純粋にゲームを楽しんだ方がいいと思う。
ゲームの単価(トークンの値段)自体は格安に設定されているので、ゲーセンとして考えれば安く長く遊べる。1ゲーム25セント程度の値段なので10ドルもあれば40回はゲームが出来る。

景品と交換するためのチケットはゲーム以外にも一定時間毎に行われるイベントでも配られる。
チャッキーチーズのマスコット、チャッキーが音楽と共に登場し、子供達とのダンスタイムが行われる。このダンスタイムの終わりにチケットが散蒔かれ、それを子供達がかき集めるというもの。
床に散蒔かれたチケットを子供達が必死に拾い集める様子はちょっとどうか…と思える光景だが。

チャッキーチーズ

このネズミがチャッキー。

子供の年齢にもよると思うが、小さな子供ならかなり楽しめる店だと思う。
GPOでゆっくり買い物がしたいという親にとっても有難い場所だろう。個人差もあるだろうが、8歳以上くらいの子供なら、メダルさせ豊富に渡しておけば、1時間程度は自由に遊ばせておけるのではないかと思う。10歳以上ならまず問題はないだろう。
娘は最初こそ楽しんでいたが、2回通って飽きた様子。(景品のショボさにがっかりしたようだ)


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>