グアム旅行記 (2016) 4・アウトリガー グアム ビーチ リゾート


今回で4度目のグアムだが、初めてアウトリガー グアム ビーチ リゾートに宿泊した。
初めてのグアムでは格安のグランドプラザホテル(DFSの隣にあるプラザではない)、その後二回はハイアットに泊まった。
アウトリガーはその圧倒的な立地の良さから気になっていたホテルだ。
実際、今回泊まってみて、立地という点では最高の場所だった。タモンの最も賑やかなエリアのど真ん中だし、ショッピング施設のザ・プラザと繋がっているので便利この上ない。

部屋はどうしてもラナイ(ベランダ)でゆっくり座って寛ぎたかったので、オーシャンフロント。オーシャンフロント以外のカテゴリーだとラナイが極端に狭く、とても寛げるようなスペースではない(椅子一個すら置いていない)。部屋のカテゴリーとしては専用のコンシェルジェや軽食のサービス等がつく上階のボエジャー・クラブとかの方が上だが、ボエジャー・クラブでもオーシャンフロントに位置する部屋でなければ同様だ。

アウトリガーグアム

アウトリガーの海側を向いている各階5部屋がオーシャンフロント。その左右一番端、各階二部屋がオーシャンフロント・スタジオ。

今回は運良くオーシャンフロントのコーナー(オーシャンフロントスタジオルーム)にアップグレードしてくれたので、通常のオーシャンフロントよりも部屋が広く快適だった。
ベッドはキングサイズ一台となるが、キングサイズくらいあれば二人で同じベッドでも快適。

オーシャンフロントスタジオルーム

今回私達が泊まった部屋

オーシャンフロント

これが通常のオーシャンフロントルーム

アウトリガーグアム通常の部屋

通常の部屋はこの様にラナイが小さく、座って寛ぐのはほぼ不可能。

アウトリガーの欠点としてよく聞く壁の薄さだが、奥まった位置にあるオーシャンフロントの、更に角部屋であったせいか全く気にならなかった。7泊の間、隣の部屋のゲストは何回か変わった様だが、隣室の音が気になるほど聞こえてくる様なことは一度もなかった。
が、ラナイに隣との仕切りがないのはやや気になった。広くて快適なラナイだったが、隣のラナイとの距離がとても近く、隣室のゲストもラナイに出ていると、通常の声で難なく会話が出来そうな距離だ。(まあ、タイミングを外せば問題ないが、隣室の人がずっとラナイで過ごすようなタイプだとかなりストレスかもしれない)
ちなみにアウトリガーはラナイでの喫煙が出来る。(室内はもちろん全面禁煙)ラナイでも喫煙が出来ないハワイ等と比べると、グアムは喫煙者に優しい。
なので、喫煙者であれば尚更ラナイのスペースは重要になる。
喫煙が可能と言っても、隣のラナイにも人がいる様な場合には遠慮した方がいい。非喫煙者にとっては匂いそのものが不快な場合もあるので、気を使うことは大切だ。

アウトリガーグアムのオーシャンフロントスタジオルームのラナイ

隣とのラナイの距離はこんな感じ。右側のコーナーだったので、左隣にしかお隣のラナイがなかったことは良かった。

オーシャンフロントの特典としてミネラルウォーターが連日2本提供された。(カテゴリーの低い部屋は到着日のみサービスとのこと)
あと、バスローブがあったのだが、これは3日目以降なぜか提供されなくなった…。掃除やアメニティの補充等はかなりいい加減で、グラスも増えたり減ったり、タオルも全く無くなったりはしなかったが、増えたり減ったりで、ルームキーパーの仕事がちゃんとしていない感じがした。(チップはけちらず置いていたのだが…)
掃除の時間も午前中に済んでいたり、夕方近くまで行われなかったりと不安定。日中はずっと外出という人ならいいだろうが、部屋で過ごす時間も長いという人だと困るかもしれない。掃除の時間帯をリクエストすればいいのかもしれないが、リクエストしてもその通りになるかどうかは怪しい。
あと、特に不満だったのは部屋に置いてあるアラーム時計。コンセントから電源をとるタイプで、部屋の電源はカードキーを入り口付近のカードスロットに挿入して通電するシステム(よく日本のビジネスホテルとかで採用しているシステム)なので、外出する度にリセットされ、時間を合わせ治さなければならない。こういう電源システム自体はよくあるが、こんな間抜けな状態は初めて見た。
なぜ時計は電池式にするか、別電源としなかったのか…。
冷蔵庫も外出中は通電していないと思うので、冷やしておくのは飲み物程度にした方がいい。(要冷蔵の食品等は危険)
似た様な厚みのカードをスロットに挿しておけば通電したままになるのでそうしようかとも思ったが、さすがにそれはマナー違反だろうと思ってやめておいた…。

アウトリガーのオーシャンフロントスタジオ

オーシャンフロントスタジオは洗面所のシンクが2つ。通常の部屋はもちろん、オーシャンフロントでもオーシャンフロントスタジオ以外は一つだ。ただ、バスルーム内(トイレも一緒)なので、二つあるからといって使い勝手が良いとは言い難いかも。

アウトリガーグアム

トイレは海外では珍しいシャワートイレ。これはカテゴリーに関わらずほぼ全室完備らしい。

まあ、不満な点はあるものの、オーシャンフロントスタジオはかなり快適な部屋だった。
もちろん眺めも文句無し。
シャワーブースとバスタブが別れているのも使いやすかったし、シャワーも海外では珍しいハンドシャワー(手に持てるタイプ)で水量(水圧)も問題なかった。

オーシャンフロントスタジオ

部屋の広さは申し分ないが、これだけ広いのだから、もう少し便利に使えるテーブルが欲しかった。

WI-FIはロビー用と客室用で別々になっていたので、両方を設定しておくと便利。
接続もスピードも特に不満は無かったが、何故か私の場合、PCでは繋げる事が出来なかった…。iPhoneは問題無し。

あと、製氷機は各階にあるのだが、とても変わった製氷機で、廊下の壁にビルトインされている。廊下の壁にある、まるでメンテナンス用の蓋の様な木製の扉を開けると、そこに製氷機が壁に埋め込まれた状態であるのだ。
別に使う分には問題ないのだが、その製氷機の隣の部屋はかなり五月蠅いのではと心配になる構造だ。ちなみにどの階も製氷機は部屋番号の下二桁が37と38の間にある。
もし自分の部屋が○○37や○○38なら、変更をリクエストした方がいいかもしれない。(氷を取るのには便利だが)

アウトリガーの特徴として、隣にデュシタニが出来てから、各種オプショナルツアーの集合場所が、自分の泊まっているアウトリガーではなく、デュシタニの1階ロビーとなっている場合が多いということがある。
デュシタニまでの移動はフロント階から専用の通路があって、特に面倒なことはない。
アウトリガーのフロント階とデュシタニのフロント階が専用の通路で結ばれていて、デュシタニのフロント階に着いたら、エスカレーターで降りればそこがツアーの集合場所になっている。
今回利用したオプショナルツアーも多くがデュシタニのロビーを集合場所としていたが、全てがそうではなく、アウトリガーのロビーを指定していたツアーもあったので、間違えない様に注意が必要だ。

多くのオプショナルツアーの集合時間となる夕刻は食事時間とも重なって、エレベーターが混雑する。デュシタニまでの距離や時間は大した事はないが、このエレベーターの待ち時間を考慮して、余裕をもった行動をした方がいい。
実際に満員で乗れなかったりと、5分前後エレベーターを待ったこともあるので、予定時間の15分前には部屋を出るようにした方がいいと思う。(特にランチとチェックアウト時間が重なる正午頃と夕刻)

エレベーターと言えば、一度謎の停止をしてしまうというトラブルに遭遇した。
乗っていたエレベーターが途中で停止してしまい、非常ベルを押し、インターホンで助けを求めるという事態に。
停まっていた時間はほんの数分と思うが、やがて動き出したエレベーターは上昇中だったにも関わらず、下降を始めてしまった。そして一番下の階まで降りてドアが開いた。下降中、タワーオブテラー状態になりはしないかとドキドキした…。
私達も含めて数人が乗っていたが、あまりの不気味な動作に同じエレベーターに乗る気がせず、全員が降りて別のエレベーターに乗り換えた。

7泊の滞在中一度きりのことで、その後、エレベーターに乗る度に気にはなったが、特に問題なく動いている様子だった。
ただ、エレベーターの呼び出しボタンが、エレベーターが来てもいないのに、度々消えてしまう(消えてしまうと当然その階では停まってくれない)等、制御系に何等かの問題がある様な気はした。

次回はアウトリガーのプールとビーチについて書く予定。




スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>