カテゴリー別アーカイブ: ディズニー

TDRのオフィシャルホテル比較


東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルは現在以下の通り。

  • 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート(旧・東京ベイホテル東急)
  • ホテルオークラ東京ベイ
  • サンルートプラザ東京
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • ヒルトン東京ベイ
  • 東京ベイ舞浜ホテル

オフィシャルと呼ばれるのは上記の6件で、あとは直営が3件、数々のパートナーホテルやグッドネイバーホテルというのがある。直営ホテルについては又別の機会に書くとして、今回はオフィシャルホテル。

サンルートプラザ東京のみ宿泊経験が無いので、それを除いた感想を。
なぜサンルートプラザ東京にのみ宿泊する機会が無かったかと言うと、最もリーズナブルなオフィシャルのはずなのに、常にもっと安く他のオフィシャルに宿泊出来たから。
たまにサンルートプラザ東京が一番安いという場合があっても、最も狭い部屋だったりして、他のオフィシャルのもっと良い条件の部屋と差額が数百円だったりという感じだった事も何回か。結果未だ泊まったことがない。

2016年1月、サンルートプラザ東京に宿泊しましたので、感想を投稿しました。

最近はシェラトン・グランデ・トーキョーベイとヒルトン東京ベイを交互に宿泊している状況が続いている。どちらのホテルのポイント(スターウッド プリファードゲストとヒルトンHオナーズ)も貯めているのだけれど、積極的に貯めているのはヒルトンHオナーズ。
しかし、格安の宿泊プランだとポイント対象外ということも多いので、その時の宿泊料で決めている。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイは安いプランだとポイント加算不可、ヒルトン東京ベイは予約と同時に全額支払い、キャンセル不可というプランが格安になる事が多い。
いずれもメンバーシップの特典などは受けられる。

ホテルの規模や使い勝手はどちらも同じ様な感じ。
特徴としてはシェラトン・グランデ・トーキョーベイには別料金だが大浴場施設や大きめのゲーセンなどがある。ヒルトン東京ベイは一階にあるコンビニが便利。一般的なコンビニと、品揃えは勿論、値段も同じなので利用価値大。
夏場のみだが、屋外プールもどちらも大きめでリゾート気分が味わえる。(別料金)
娘はヒルトン東京ベイのハッピーマジックルームという部屋がお気に入りだった。ヒルトン東京ベイオリジナルのキャラ「みならい魔女ティアラ」をテーマにしたキッズルーム。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイにも同様のコンセプトのトレジャーズルームというのがある。

ヒルトン東京ベイ

ヒルトン東京ベイの広々としたプール

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート(旧・東京ベイホテル東急)はまだ娘が小さい頃によく宿泊していた。東京ベイホテル東急だった頃には頻繁に格安の宿泊プランが出ていたことと、このホテルの一階アトリウムに設置されていた子供向けの遊戯施設が大のお気に入りだった為。
東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートになってからこの施設は撤去されてしまった。
最近も比較的安い宿泊プランが出ていることがあるが、ベイサイド・ステーション(ディズニーリゾートラインの駅)と各ホテルを結ぶディズニーリゾートクルーザー(バス)が、東京ベイ舞浜ホテルと共同の為にやたら混むのが難点で避けるようになってしまった。

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートにはバルコニーがあるのも特徴

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

旧・東京ベイホテル東急にあった子供向け遊戯施設

円筒形の小振りな外観の東京ベイ舞浜ホテルは、上述の通りディズニーリゾートクルーザーが東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾートと共同なので混むのは同様。
このホテルの特徴は大浴場があること。(有料だが、無料利用付きのプランというのもよく出ている)
そしてバスルームが全室洗い場付きでとても使いやすいということ。
洗い場付きのお風呂はやはり便利。子供が小さければ尚更だと思う。
他のホテルにも洗い場付きのバスルームはあるが、ランクの高い部屋やキッズルームのみだったりする。(直営は3軒とも全室に洗い場がある)

東京ベイ舞浜ホテル

東京ベイ舞浜ホテルの特徴的な外観

ディズニーリゾートクルーザー

各オフィシャルホテルとリゾートゲートウェイ駅を結ぶディズニーリゾートクルーザー

ホテルオークラ東京ベイには娘が生まれる前に一度だけ宿泊したことがある。
他のオフィシャルホテルに比べ、小振りなホテルだが館内の高級感は十分にあったし、バスルームにはシャワーブースが別に付いていたりするのも高級な雰囲気を出していた。朝食がとても美味しかったのも記憶している。
明らかに大人向けのホテルで、実際家族連れよりもカップルが多かった。そしていつも宿泊料金が高めに設定されている。

TDRに行く度に全てのオフィシャルホテルの料金プランを比較しているが、学校が休みになる時期でも、年末年始やお盆の最中という最も高い時期を外せば、1泊一部屋1万5千円くらいから泊まれることが多い。
お泊まりディズニーならパークとの往復が楽なオフィシャル(勿論直営も)がやはり快適。一休みしにホテルに戻るということも楽に出来る。
TDRに連泊の場合、ホテルをホップ(引っ越し)することを考える人もいると思うが、オフィシャルなら、オフィシャルホテル間は勿論、オフィシャルホテルと直営ホテル間でも荷物の移動をしてもらえる。
あとは入場制限がかかった時でも入場保証があることも利点。
私達はいつも車なので利用したことはないが、舞浜駅前のディズニーリゾート・ウェルカムセンターで荷物を預けておけばホテルに届けてくれるバゲッジデリバリーサービス(無料)や、帰りもホテルで荷物を預けてディズニーリゾート・ウェルカムセンターで引き取るステーションデリバリーサービス(有料)も利用出来る。

さて、滞在の快適さで選んだ、個人的なランキングとしては次の通り。
宿泊経験の無いサンルートプラザ東京は勿論入れていない。

  1. ヒルトン東京ベイ
  2. シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
  3. 東京ベイ舞浜ホテル
  4. 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
  5. ホテルオークラ東京ベイ

これは本当に個人的なランキング。
どのホテルのメンバーシップに入っているかとか、子連れかカップルかでも違う結果になる。例えば、私が娘とでは無く、大人の女性と二人で行くなら、一位はホテルオークラ東京ベイにすると思う。あと、幼児連れなら全室バスルームが洗い場付きの東京ベイ舞浜ホテルをもっと上位にすると思う。




準備その5・WDWスケジューリング(オーランド)


半年先のディズニーワールド滞在中のパークスケジュールが全て公開されたので、それを見ながら予定を考える。

MyDisneyExperience

WDWのサイトで半年先までのパークスケジュールが確認出来る

10泊11日の間、いつどのパークへ行くかを決めておかないと、間もなく開始されるレストランの予約も、60日前から始まるファストパス+の予約もままならない。
滅多に行けるものではないフロリダのウォルトディズニーワールド、今回はほぼ全てのキャラクターダイニングを予約するつもり。キャラダイは各パーク内や各直営リゾート内に点在しているので、いつどのパークに行くかによって、その日に行くキャラダイも決まる。
無駄な移動をしない為には行くパークの中、もしくは近辺のリゾート内のキャラダイを予約する様にしなくてはならない。

まず予約したいレストランは以下の通り。カッコ内がある場所。赤字がキャラダイ。

  • T-REXカフェ (ダウンタウンディズニー)
  • ビー・アワー・ゲスト・レストラン (マジックキングダム)
  • ミッキーズ・バックヤードバーベキュー (フォートウイルダネスリゾート)
  • ガーデングリル (エプコット)
  • ハリウッドアンドバインのファンタズミックパッケージ (ハリウッドスタジオ)
  • タスカーハウス (アニマルキングダム)
  • サイファイダイイン (ハリウッドスタジオ)
  • ケープメイ・カフェ (ビーチクラブリゾート)
  • シンデレラ・ロイヤルテーブル (マジックキングダム)
  • オハナ (ポリネシアンリゾート)
  • シェフ・ミッキー (コンテンポラリーリゾート)
  • 1900パークフェア (グランドフロリディアン)

以上、あくまで希望だがこの12件を10泊11日の中に入れ込みたい。
キャラダイのクリスタルパレスとアケシュースを外したのは、クリスタルパレスはTDRにもアナハイムにも同じロケーションにあることと、キャラクターが小さな子供向けであること、アケシュースはロイヤルテーブルとキャラクターが大きくがかぶること(なのでロイヤルテーブルがとれなければアケシュースを考える)が理由。
キャラダイはブレックファストのみと、ランチやディナーでも行っているものとがあるので、それも考慮しないといけない。

基本的に直営リゾート宿泊者が一般開園時間より早く入場出来る(もしくは閉園後、数時間遅くまでいられる)エキストラマジックアワーのあるパークに行く前提で予定を立てる。
このエキストラマジックアワー対象パークは混むので、わざとそれを外すという裏技もあるようだが、とりあえずセオリーに従ってみる。

そしてスケジュールは以下の通りとなった。

WDWの初日はディズニークルーズ下船の日、宿泊するポップセンチュリーリゾートには午前中には到着するので、部屋に入れる、入れないに関わらずポップセンチュリーから一番近いパークである、ディズニー・ハリウッドスタジオに行く。そしてHESS(ダウンタウンディズニー至近のコンビニ併設のガソリンスタンド)で格安の水などを購入しておきたいので、ダウンタウンディズニーに行くことにする。

1日目 クルーズ下船後、ポップセンチュリー・リゾートへ
ハリウッドスタジオへ。夕刻、ダウンタウンディズニーへ。
予約予定のレストラン
T-REXカフェで夕食

2日目 マジックキングダム 朝のエキストラマジックアワー
マジックキングダムへ。
予約予定のレストラン
ビー・アワー・ゲスト・レストランでランチ
ミッキーズ・バックヤードバーベキューで夕食

3日目 エプコット 夜のエキストラマジックアワー
タイフーンラグーンorブリザードビーチへ。夕刻エプコットへ。
予約予定のレストラン
ガーデングリルで夕食

4日目 ハリウッドスタジオ 朝のエキストラマジックアワー
ハリウッドスタジオへ。
予約予定のレストラン
ハリウッドアンドバイン(ファンタズミックパッケージ)で夕食

5日目 アニマルキングダム 朝のエキストラマジックアワー
アニマルキングダムへ。
予約予定のレストラン
タスカーハウスで朝食

6日目 ハリウッドスタジオ 夜のエキストラマジックアワー
タイフーンラグーンorブリザードビーチへ。夕刻ハリウッドスタジオへ。
予約予定のレストラン
サイファイダイインで夕食

7日目 エプコット 朝のエキストラマジックアワー
エプコットへ。
予約予定のレストラン
ケープメイカフェで朝食

8日目 アニマルキングダム 朝のエキストラマジックアワー
午前中アニマルキングダムへ。午後マジックキングダムへ。
予約予定のレストラン
シンデレラ・ロイヤルテーブルで夕食

9日目 マジックキングダム 朝のエキストラマジックアワー
マジックキングダムへ。夕刻ダウンタウンディズニーへ。(ラ・ヌーバ鑑賞予定)
予約予定のレストラン
オハナで朝食

10日目 エプコット 夜のエキストラマジックアワー
タイフーンラグーンorブリザードビーチへ。夕刻マジックキングダムへ。
予約予定のレストラン
シェフ・ミッキーで夕食

11日目 ポップセンチュリーをチェックアウト
ダウンタウンディズニーへ。その後ヒルトン・グランド・バケーションへ移動
予約予定のレストラン
1900パークフェアで朝食

以上。
2日目に予定したビー・アワー・ゲスト・レストランのランチはファストパス+扱いなので、180日前に予約は出来ない。60日前に専用のサイト(ビー・アワー・ゲスト・レストランのランチ専用)でファストパス+をとる必要がある。

ビー・アワー・ゲスト・レストラン

ビー・アワー・ゲスト・レストランのランチ ファストパス+の専用ページ。リンク集をご参照下さい

※2015年2月25日からビー・アワー・ゲスト・レストランのランチ ファストパス+は廃止され、ランチもディナー同様、 My Disney Experienceの通常のレストラン予約システムに移行するという情報が有り。

マジックキングダムに行くのが多くなっているのは、とりたいファストパス+が多い、つまり乗りたいアトラクションが一番多いから。
真夏なので日中に一度リゾートに戻ることがあってもいいようにして、ウィッシュやファンタズミック、イルミネーションズといった夜のショーは天候などで中止になっても予備日を確保出来る様にした。

とりあえずこれを元にレストラン予約に挑戦し、うまくとれなければ再調整ということになる。
もちろん現地に行っても天候や体調等で、臨機応変な変更を必要とすることもあると思うが、人気のキャラダイは予約しておかなければならないので仕方が無い。ファストパス+も同様。
その上で直前や当日に変更、調整出来る範囲で対応するしかない。

しかしこうしてスケジュールしてみると、改めてWDWの規模の大きさを実感する。
10泊あれば余裕と思っていたが、本当にのんびりした予定をたてる為にはまだ数日足りない。

オーランド旅行記 目次


ビルド・ア・ベア ワークショップ


ビルド・ア・ベア ワークショップ(Build-A-Bear Workshop)はアナハイムで初めて行った。
自分仕様のぬいぐるみを作って買える店。
日本にも出店しているようなので、行ったことのある人も多いと思うが、私達はアナハイムのダウンタウンディズニー店にしか行ったことがない。

Build-A-Bear Workshop

ダウンタウンディズニーのBuild-A-Bear Workshop

まずぬいぐるみの皮を選ぶ。
ビルド・ア・ベア ワークショップというだけに熊のぬいぐるみがメインだが、犬や、男の子向けと思われる恐竜とかもある。
同時にサウンドチップを入れる場合はそれも選択。サウンドチップを入れると、ぬいぐるみの手を握ると喋る様になる。音声は何種類かあるので好みの音声を選べるが、当然英語のみ。

娘は白い熊と「I love you」のサウンドチップを選択。

次いでお店の人に掃除機を逆にした様な機械で綿を詰めてもらう。綿の量は抱き心地を決めるので、どれくらい詰めるかは決めさせてもらえる。サウンドチップも入れてくれる。
小さなハートのクッションがあり、それに命を吹き込むおまじないの様なことをして、ぬいぐるみに入れ、閉じて貰えば完成。
娘は英語がよく分からないので、何か聞かれる度に何となく頷いていたら完成してしまったという感じ。

その後に大量に用意されているオプションを選ぶ。
まずはほとんどの人が購入する服だが、普段着からドレスやパジャマ、場所柄かディズニープリンセスやキャラものと凄い種類。
一つを選ぶのは大人でも難しいと思えるので、2種類だけ選ぶように言う。
服だけでは無く、帽子に靴、その他ぬいぐるみ用の携帯電話やウォークマン(i Pod?)、サングラス等々、凄い種類のオプションがある。
娘はローラースケートとウォークマンを選択。

店内に並んでいるコンピュータ端末でぬいぐるみを登録する。
英語の画面だが難しくはなかった。
持ち主の情報にぬいぐるみの名前、誕生日等を順番に登録。
この時メールアドレスの登録欄もあって、私のアドレスを登録したら、頻繁にBuild-A-Bear Workshopからの新商品情報やセール情報が届くようになった…。
この辺はもしかしたらセールスメール受信可否等の選択オプションがあったのかもしれない。

Build-A-Bear Workshop

オプションを選ぶ娘

レジで会計をする時に、先程端末で登録した情報が、ぬいぐるみの出生証明書となっていて受け取れる。家の形をした収納箱に梱包してもらって完了。

子供の購買意欲を刺激するうまいシステムだなぁと感心した。
日本の店には近づかないように注意しようと思う。

アメリカには全米各地にあるが、アナハイムはダウンタウンディズニーに、オーランドではフロリダモール(オーランド空港とWDWの間くらいにあるショッピングモール)に店がある。