カテゴリー別アーカイブ: ディズニー

準備その1・ディズニークルーズ(オーランド)


オーランド旅行の準備はディズニークルーズの予約から始めました。

旅行時期は2015年の娘の夏休み、7月20日〜8月26日の間の3週間前後を検討。
この期間はハリケーンシーズンにも当たるのだが、フロリダにハリケーンが接近する確率が高くなるのは9月。つまり出来るだけ早めの方が確率的にはベターということ。(自然が相手なので運次第ではあるけれど)
当初は4泊のクルーズを考えていたけれど、2015年の7月下旬にフロリダのポートカナベラルを出航するディズニークルーズはディズニードリーム号の5泊バハマクルーズのみ。8月に入れば基本的な4泊バハマクルーズもあるのだが、一生に一度かもしれないディズニークルーズ…ここは7月24日出航の5泊バハマクルーズに決定。4泊では一日しか寄港しないディズニー所有のプライベートアイランド「キャスタウェイケイ」に二度寄港する、通称ダブルディップと呼ばれるもの。
コースはポートカナベラル港を出港して翌日キャスタウェイケイ、3日目はバハマの首都ナッソー、4日目に再度キャスタウェイケイ、最後は終日海上、そして帰港という5泊。

船室(ステートルーム)はバルコニー付きのカテゴリーと決めていたので、バルコニー付きで一番安い船室から検討。ディズニーのクルーズ船はバルコニーや窓の無い内側船室にも実際の海上の景色を映し出す窓状のモニターが設置されていて、そこに時折ディズニーキャラクターが登場する等、工夫されていて、値段も手頃なので人気があるとのことだったが、折角のクルーズ初体験(そして最後の可能性も)なので、やはり当初の予定通り、素直に実際の海を堪能出来る船室に。
バルコニー付きで一番手頃なカテゴリーは7A。しかしこのカテゴリーの場合、バルコニーに船体の外壁部分が被っていて、一部視界が遮られている。その上のカテゴリーは6B。このカテゴリーになるとバルコニーからの視界に障害は無し。あとは部屋の広さやデッキの階数等でカテゴリーが上がっていく。
ディズニードリーム(兄弟船のファンタジーも多分一緒)の場合、スィートやコンシェルジェルームといった一部の高額なステートルームを除くと、一般的なステートルームは5階(デッキ5)から10階(デッキ10)に位置している。6Bは5階〜7階に設定がある。7階が予約出来れば眺めは十分。
6Bというカテゴリーを決めたので位置は船体後方となる。

後は右舷か左舷か。
船は行きは南下し、帰りは北上する。行きと帰りでは、終日海上の日が設定されている帰りの方がゆっくり出来る。朝と夕刻では船室にいるのは朝の方が多いだろう。であれば帰りの北上中に船室が東側となり、洋上の日の出を観られる右舷がいいのではないか。
更にキャスタウェイケイの綺麗なビーチが広がる方向を観られるのも、島に停泊中のドリームの写真を見ると右舷だ。なので右舷側に決定。
以上の条件で最もエレベーターに近い船室、7682に決定。

予約時に決めておかなければならないことがもう一つ。クルーズ中は毎晩のディナーを船内の全てのメインダイニングでとれるよう、ゲスト毎に毎晩レストランを順番に指定されるローテーションダイニングという方法がとられている。(メインダイニング以外のブッフェや軽食、もしくは別料金の高級ダイニングを利用するならローテーションに従う必要はない)
夜は船内劇場でのショーも用意されているので、早い時間のディナーで食後にショー鑑賞となるファーストシーティングか、ショーの後にディナーとするセカンドシーティングかをゲストが選択せねばならない。
通常は子供連れの家族にはファーストシーティングが人気らしく、こちらから埋まるらしい。なのでファーストシーティングを選択。

以上を決めて予約。2015年夏のクルーズが予約開始となった2014年の春、つまり1年数ヶ月前という早い予約だったので全て希望通りに。

DCL

ドリームに乗りたいのは船上の透明ウォータースライダー「アクアダック」が面白そうだったから。

まずクルーズ乗船日が決まったので、次は飛行機の手配。
通常国際線の予約開始は330〜355日前(航空会社による)なので、クルーズの予約後、飛行機の予約までは期間が空くことになった。

オーランド旅行記 目次




ディズニー・アウラニ・リゾート(ハワイ)


オアフ島の西、コオリナ地区にあるディズニーが作ったリゾートホテル「アウラニ」
ディズニー・バケーション・クラブのタイムシェア物件として購入も可能で、舞浜にもモデルルームがあるが、もちろん買えないのでホテルとして提供されている部屋に宿泊。

ホノルル空港からはワイキキとは反対方向に約30分、ワイキキからだと40〜50分くらいかかります。アウラニまではチャーリーズタクシーという会社が固定レートでのタクシーサービスを提供していて、アウラニもこの会社と提携しています。

ハワイ旅行

アウラニに到着

アウラニの魅力はディズニーキャラクターとちょっとしたウォーターパーク並のプール施設、無料の子供向けアクティビティ(一部有料)でしょうか。
ホテルが開催している無料(というか宿泊料に込みと考えるべき)ショーもディズニーらしいクオリティでした。夜のショーで人気の「スターリット・フイ」は週に2回ほどしか開催されないので、2、3泊しかしない場合はこれを考慮してスケジュールを考えた方がいいです。
アンティーズ・ビーチ・ハウスという所で行われる子供向けのアクティビティに参加させるには事前登録が必要。
前日の夕方、ターンダウンの際に部屋に置かれるIWAという冊子に翌日のアクティビティやショーのスケジュールが記載されているので、参加したいものがあれば時間をチェックして行けば良い。のだが、人数制限のあるプログラムの場合は予約が必要なので、早めに予約しに行かないと満員ということも。

キャラクターダイニングはマカヒキというブッフェレストランでのキャラクターブレックファストのみ。登場キャラクターはミッキー、ミニー、グーフィー。入店前にミッキーと写真を撮ってから席に案内されるスタイル。写真は出来上がりを見てから購入するかどうか決められる。
食事中30分おきくらいに子供が参加できるキャラクターとの行進イベントなんかもある。
宿泊者以外が予約をとるのは難しいらしいので、泊まるからには行くべきだと思ってしまうが、アウラニでは一日中あちこちでキャラクターグリーティングをやっているし、キャラクターと写真を撮ることは東京のそれと比べたら容易なので、無理してここで朝食をとる必要はないかもしれない。食事のレベルは値段を考えると…なので。
キャラクターはいないが、アウラニで食事をするならアマアマというレストランの方が味も雰囲気もお薦め。

ハワイ旅行

プールにも至る所にキャラクター

ハワイ旅行

アマアマのステーキ

アウラニのプールはとても魅力的。数種類あるプールからそのまま繋がるビーチエリアもディズニーらしい設計で楽しめる。海も入り江の様になっているので波は低く、子供を安心して遊ばせることが出来る。
私には縁がないが、大人専用のクワイエットプールが用意されてるのもディズニーらしい配慮。

ハワイ旅行

プールエリア利用の為のバンド。毎日色が変わる。

ハワイ旅行

アウラニのビーチはほとんど波がない

プールエリアやホテル内でソフトドリンクが飲み放題になるリフィルマグが売店で販売されているので、最初に購入しておくといい。レストランには持ち込めないが、スナックスタンド等で軽食を買ったりした時には飲み物代を節約出来る。

ハワイ旅行

二泊以上するならお得なリフィルマグ

コオリナはワイキキ辺りに比べるとリゾートホテルやタイムシェア物件以外に何も無い場所なのだが、アウラニからは徒歩10分くらいの場所にコオリナ・ステーションという飲食店や雑貨屋等が集まっている場所がある。ここがホテル外では徒歩で行ける唯一のショッピングスポット。
一番有難いのはABCストア(ここでの名称はアイランドカントリーマーケット)があって、食料品が一般的なABCストアよりも充実していること。
ここで軽食を買って、アウラニのラナイ(バルコニー)のテーブルで食べるなんてことも可能。

ハワイ旅行

ラナイで食事もハワイの楽しみ

アウラニはディズニーが好きな子供がいるなら(大人でも)大喜び間違い無し、満足度の高いリゾートホテルです。
ハワイとディズニーという組み合わせで素晴らしいリゾートが誕生したのは事実ですが、ハワイはハワイとして、ディズニーはディズニーとして楽しめれば良いと思う気持ちもあります。
値段を考えると、アウラニに再訪するならばマウイ島の高級リゾートに再訪したいと思ってしまうかな。




キャラクターダイニング/食事(アナハイム)


滞在中に行ったキャラクターダイニングは以下の通り。もちろん全て予約して行きました。

アリエルズ・グロット(Ariels Grotto)
カリフォルニアアドベンチャーにあるプリンセス達に会えるレストラン。名前からも分かるとおりメインのプリンセスはアリエルで、入店の際にブルーのドレス姿(人魚の姿では無い)のアリエルと一緒に写真撮影。その写真は後で台紙に入れてテーブルに持ってきてくれる。
食事はよくあるブッフェではなくセットされているパンやフルーツ、野菜以外に好きなメインを一種類選ぶスタイル。
衛士がファンファーレを奏でるとプリンセス達が登場し、各テーブルを廻ってくれる。登場するのは白雪姫、シンデレラ、ベル、オーロラ。
ここは終日キャラクターダイニングをやってます。

アナハイム旅行

カリフォルニアアドベンチャー唯一のキャラダイ

プラザイン(Plaza Inn)
東京ディズニーランドにもあるプーさん達に会えるレストラン。食事はブッフェでキャラクターは朝食のみ登場。
私達が行ったときはチップとデール、グーフィーの息子のマックス、メリー・ポピンズのペンギンもテーブルにやって来ました。食事を終えてテラスに出るとテラス席をアリスの時計ウサギが廻っていましたので写真とサインをお願いしました。待っていれば屋内の席にも廻ってきてくれるキャラクターだったのかどうかは不明。

アナハイム旅行

この旅でサイン帳2冊が埋まりました

ディズニーPCHグリル(Disney’s PCH Grill)
パラダイス・ピア・ホテルの中にあるレストラン。食事はブッフェでキャラクターは朝食のみ登場。
キャラクターはスティッチ、ミッキー、ミニー、プルート、デイジー。子供達とのダンスタイムが約30分おきにあって、キャラクター達と踊れます。

アナハイム旅行

子供達が踊り出すと周囲はカメラを持った親だらけになるのは日米共通

ストーリーテラー・カフェ(Storytellers Cafe)
グランド・カリフォルニアン・ホテルの中にあるレストラン。食事はブッフェか単品メニューかを選択可能でキャラクターは朝食のみ登場。キャラクターはチップとデール、ブラザー・ベアのキナイとコーダ、そしてポカホンタスのあらいぐま、ミーコ。
子供達とキャラクター達との行進タイムがあって、それに参加すると記念のカンバッジをくれます。

アナハイム旅行

ここのキャラはサービス満点でした

グーフィーズキッチン(Goofy’s Kitchen)
ディズニーランドホテルの中にあるレストラン。食事はブッフェで終日キャラクターダイニングをやってます。雰囲気としては東京やオーランドのシェフ・ミッキー。ですがミッキーはいません。名前の通りグーフィーがシェフの店で、他にミニーとプルート、白雪姫がいました。
ここは予約して行ったのに他のレストランよりもかなり待ち時間が長かった上に、二人だったせいなのか何なのか、他のテーブルよりもかなり薄暗い位置にある小さなテーブルに案内されました。そして何故か明らかに他のテーブルよりもキャラが来ません。ミニーとグーフィーは他のテーブルは廻るのに、私達のテーブルには一切来ずでした。たまたまなのでしょうがそういうわけでちょっと残念な印象でした…。

これらのキャラクターダイニングは事前の情報と登場キャラクターが違っていたりしましたので、行く時期等のタイミングで変更もあるのかもしれません。

ディズニーのキャラクターダイニング以外では主に軽食で済ませていましたが、いくつかを紹介すると、まずパーク内ではいずれもカリフォルニア・アドベンチャーですが、Pacific Wharfエリアにあるパシフィック・ワーク・カフェ(Pacific Wharf Cafe)のクラムチャウダーはサワーブレッドをくり抜いた(ブレッド・ボウル)中に濃厚で熱々のクラムチャウダーが入っているというもので、とても美味しかったです。

アナハイム旅行

かなりボリュームあります

同じくPacific Wharfエリアにあるラッキー・フォーチュン・クッカリー(Lucky Fortune Cookery)には所謂丼物、ライスボウルがあります。チキンかビーフ、そして豆腐のいずれかの具を選び、スパイシー・コリア(韓国風)やカレー、テリヤキといったフレーバーを選ぶと、その組み合わせでライスの上に入れてくれるというファストフードです。もちろんフォーチュンクッキー付き。

アナハイム旅行

ライスはアメリカン中華でよく使われるパサパサのもの

あと、ソアリンの近く、飛行機が目印のテイスト・パイロット・グリル(Taste Pilots’ Grill)のハンバーガーも美味でした。バーガーを注文すると、そのバーガーに好きなだけ野菜を自分でトッピング出来ます。レタスやオニオンスライス、トマトを大量に挟んで食べるバーガーはとても美味しかった。こぼれた野菜はサラダとしていただけますし。

アナハイム旅行

カリフォルニアアドベンチャーでは酒類もあります

ダウンタウンディズニーのラ・ブレア・ベーカリー・カフェ(La Brea Bakery Cafe)でテイクアウト出来るボリュームのあるサンドウィッチ、有機野菜のみを使ってるというサラダも有名で、パークで遅くまで遊んだ後、ホテルに戻る前に買って帰ったり、テラス席で食べたりしました。

同じくダウンタウンディズニーのネイプルズ・リストランテ&ピッツェリア(Naples Ristorante e Pizzeria)のピザもテイクアウトをホテルに持ち帰って食べましたが、美味しかったです。アメリカのピザは1ピースがとても大きいので十分な食事になります。

ディズニー以外ではハーバーブルバードのI HOPやマクドナルド、そしてガーデンウォークにあるチーズケーキファクトリーで食事をしました。
I HOPは全米どこにでもあるファミレスで、パンケーキにオカズというスタイルがメインです。スタンダードなのはパンケーキにカリカリベーコン、お好みの卵料理というもの。

アナハイム旅行

パンケーキセットのスタンダードなもの

マクドナルドは日本でもおなじみのメニューもありますが、アメリカでは定番のアンガスビーフバーガーが美味しいです。肉の味が普通のマックのバーガーとはまるで違います。なぜこれを日本ではメニューに加えないのか不思議です。あと、アメリカのマックではセット(コンボと言う)の飲み物は空のカップを渡されます。これにドリンクサーバーでお好みのソフトドリンクを自分で入れる仕組みですので、飲み放題です。(マックだけではなく、多くのバーガーチェーンでこのシステムですので、ソーダ類と言われるソフトドリンクは飲み放題が一般的な様です。ジュースは100パーセント果汁だけを意味しているのでソーダ類とは区別されます)

アナハイム旅行

厚めにカットされたトマトも入ってる

チーズケーキファクトリーは全米何処で食べても安心出来るレストランチェーンですが、全般的に味付けがやや濃いです(私には)。ただ、高級イタリアンレストランではない店でちゃんと歯応えのあるパスタを提供してくれるのはここくらいですので、あればつい行ってしまう店です。ウェイター、ウェイトレスも何処のチーズケーキファクトリーでも親切でフレンドリーという印象もあります。