アメリカドルの使い方


慣れない外国通貨を使いこなすのは面倒という人も多いと思う。
確かに海外旅行でそれなりの額の買い物や飲食をする時は、クレジットカードを使うのが一番便利。
しかし一切現金を使わずに過ごすと言うことも出来ない。
多くの人は日本で現金を円から現地通貨に両替してから出掛けると思う。この時に、あるいは事前に最低限の通過の種類と大体の価値(日本円に換算しての)は頭に入れておこう。

USドルの場合は以下の通り。(両替は紙幣のみ、硬貨への両替は出来ない)

  • 100ドル札
  • 50ドル札
  • 20ドル札
  • 10ドル札
  • 5ドル札
  • 1ドル札
  • 25セント硬貨(クォーター)
  • 10セント硬貨(ダイム)
  • 5セント硬貨(ニッケル)
  • 1セント硬貨(ペニー)

他に1ドル硬貨や50セント硬貨(ハーフダラー)も存在するのだが、日本の二千円札同様、滅多に見ることはないと思う。100セント=1ドルになる。
硬貨はその種類を言うとき、日本の様に10円玉や100円玉という言い方はせず、通称のクォーターやペニー等と呼ぶのが一般的。
価値は常に変動するわけだけど、基本、1ドル=100円程度と考えて、それより円高なら1ドルは100円よりちょっと安い、円安なら100円よりちょっと高いくらいの捉え方か頭の中で換算しやすくていいと思う。(勿論大きく変わればこの限りではないけれど)

両替するときは紙幣に替えることになるわけだけど、券種を選べるなら出来るだけ100ドル札への両替は避けた方がいい。まとまった額を両替する時は100ドル札を完全に避ける事は出来ないとは思うけど、100ドル札はそれを超える、もしくは近い額の買い物の時でないと使いにくい。
大型の店なら大丈夫だが、小さな商店やタクシー等で少額の支払いに使おうとすると「お釣りが無い」と言われたり、稀に「100ドル札は受け取らない」なんて言われたりすることもある。
使える場合でもいちいち偽札判定をしたりするので手間がかかる。
100ドル札は使えるところで早めに使ってしまうのが一番。お釣りをもらって少額の紙幣に替えてしまおう。
逆に1ドル札はチップで常に必要になるので多めに入手しておいた方がいい。

アメリカドル

日本の千円札に相当する使いやすい紙幣は10ドルではなく20ドル札だと思う。これで払うと丁度良いというシチュエーションが一番多い券種。

ドル札は1ドルから100ドルまで全部同じ大きさなので間違わない様に注意しよう。常に券種毎にまとめておいた方がいい。バラバラに混ぜて持っていると、大きさや色では分からないので間違いやすくなる。券種毎に色は違うのだが、かなりくたびれた札もあって、色が変わってしまってたりする。(日本のお札に比べ、紙もインクの品質も良くない)
私は20ドル札以下の必要と思える分をポケットに、それ以外の札を財布に入れておくことにしている。(アメリカ人は財布からお金を取り出す人が少ないので、それに習って)

硬貨で必要性が高いのは25セント(クォーター)。
コインランドリーはほぼ全て、その他の自動販売機の類いでもクォーターのみ使えるという場合が多い。バスでも1ドル25セントなんて運賃の場合はぴったり持っていないとお釣りは貰えない。
コインランドリー等は25セントで使えるわけではなく、1ドル分やそれ以上のクォーターを入れなければならないので、枚数が必要だ。
親切な施設なら両替機があったりするが、無い場合も多いし、あっても使えないケースがしばしば。
この辺は日本では考えられないくらいの不親切さなので、自分で常に心がけておくことが大事になる。(バス等で小銭が無くてまごついていると、後ろの人がかなりの割合で小銭を出してくれたりするという、逆に日本では考えられない親切さもあるのだが)

海外旅行では現地通貨に慣れないために小銭が上手に使えず溜まってしまいがちだが、硬貨は日本円への再両替は出来ないし、そもそも邪魔で重くなる。
旅行中ならクォーターは出来るだけとっておくとして、それ以外の小銭は積極的に無くしていこう。
方法は簡単。会計の際、ある程度小銭が貯まってしまったら、貯まった小銭を全部レジ前に出して、そこから使える分をレジの人に取ってもらおう。指で硬貨の種類毎分けて、使える分を取ってくれる。
旅行の最後は空港のコンビニやお土産物屋さんで、この方法で可能な限り小銭を無くしてしまうといい。空港では小銭が邪魔になる外国人旅行者が多いので、こういう払い方をしている人を多く見かける。店員さんも慣れてるはずだ。
もちろん慣れてくれば自分自身で積極的に硬貨を使っていけるので、お店の人の手を煩わせる必要はないのだが、もし慣れることが出来ず、溜まってしまう様なら上記の方法で。

最後にトラベラーズチェックについて。
以前はレートがお得で、紛失しても再発行が可能なトラベラーズチェックを現金の代わりに海外旅行に持って行くという方法もあったのだけど、日本では販売が終了してしまった。
使う時に1枚1枚サインをしたり、パスポートをチェックされたりが面倒で、私は使っていなかったけれど、選択肢が減ってしまったことは残念。




スポンサーリンク


海外旅行の英語術


英語がある程度以上に喋れる人にとっては何てこともないことでしょうが、英語を話すこと、聞くことにあまり自信のない人にとっては、海外旅行で一番困るのは言葉の問題でしょう。

私も英語がちゃんと話せる人間ではないですし、聞き取るのにも苦労します。
読むことと書くことはゆっくりであればある程度出来る人も多いでしょう。今はネットですぐに単語も調べられますし、会話に比べれば何とかなるでしょう。私もそんなごく平均的な日本人です。

ハワイ旅行

書いてある事なら、その使い回しを知らなくても単語の組み合わせで意味が分かる事が多い。

海外で生活する、仕事でもするとなればきちんと英語を習得する必要があるでしょうが、期間の限られた観光旅行であれば、英語が苦手でもコツと工夫で何とかなるものです。

まずは旅行英会話集等で、よくあるシチュエーション毎に、自分の行き先や目的に合わせて必要かもしればいというフレーズを丸暗記しておきましょう。
こちらからフレーズを言えたところで相手の言ってることが分からないのでは意味がないと思うかもしれませんが、自分が何を聞いたかは自分で分かっているのですから、相手の答えはある程度想定出来ます。想定出来る範囲の答えを喋っているわけですから、よく聞けば理解出来るはずです。
もし想定外の返事で理解出来なかったりした場合には、素直に理解出来ないと言ってしまいましょう。この「英語がよく理解出来ないのです」というフレーズは絶対に覚えておいた方がいいです。「Ican’t understand English, sorry.」とか簡単なフレーズで。

日本に旅行に来ている外国人観光客が「日本語がよく分からない」と言っても当然のこととして受け入れるでしょう。旅行先の現地の人達も同じように受け入れてくれます。
観光地であれば相手は英語が得意ではない外国人観光客にも普段から接していますので、必ず何とかしてくれますし、それで憤慨するような人は滅多にいません。

大抵はたどたどしい英会話でも何とかなるものですが、少しでも楽に過ごせる工夫をしておくのも一つの手です。
例えばタクシーに乗る機会があることが分かっていれば、行き先の住所や名称を英語でメモに書いて準備しておきます。そうしておけばタクシーのドライバーにはメモを見せて「ここに行って下さい」と英語で伝えればいいだけです。行き先のメモはタクシーだけでなく、人に道順を聞いたりする時にも使えます。場所や建物名等の発音は意外に通じにくい場合が多いので役立ちます。
相手がそれを読んで口に出したら発音を覚えておきましょう。
例えばオーランドは日本人のいつもの言い方では通じにくいです。発音をカタカナで書くとしたら「ォランドゥー」でしょうか。

メモは色々な場所で役に立つのでペンと紙はいつも持っていた方がいいです。
聞いて分からない事も書いて貰うと理解出来る場合があります。例えば以前、レストランのディナー予約をコンシェルジェに依頼した時、「アルジーは持っているか?」と何度も聞かれ、アルジーの意味が理解出来ずに四苦八苦したことがありました。アルジーが何か分からないと言ってメモに書いて貰ったら、「Allergie(アレルギー)」でした。書いて貰えばすぐに分かる事の一例ですが、耳で聞いただけでは何度ゆっくり丁寧に言われても分かりませんでした。

最近はスマホに自動通訳アプリなんてのもあるので、ネットに繋がる場所ならそれらも使えるかもしれません。私はまだ現地で実際に使用したことはありませんが、家で試しに使ってみたところ、それなりにちゃんと通訳してくれました。
間違い無く便利になったのはアメリカで公共のバスに乗るときです。以前はドライバーに降りたい場所を伝えて「そこに着く時教えて」なんて言う必要がありましたが、今ではスマホでGoogleマップを見ていれば降りたいバス停がはっきり分かります。
予めGoogleマップで降りたいバス停とその一つ前にマークしておけば、どのタイミングで降車を伝える紐を引けばいいのかも余裕で分かります。

どんなに便利なツールが出てきても、まず絶対に自分なりの英語で伝えた方がいいのは挨拶と「ありがとう」です。究極を言えばそれさえ英語で言えれば問題ありません。

よくフランス人は英語を喋る事を嫌うなんて話を聞きますが、昔フランスを訪れた時、挨拶とお礼だけはフランス語で喋り、あとは英語という感じで旅をしましたが、全く問題ありませんでした。
みんな特に嫌がるなんてこともなく英語で返事や説明をしてくれました。
気分の問題ではありますが、日本でいきなり外国人に英語で話しかけられるよりは、たどたどしくても日本語で挨拶されてから英語で聞かれた方が気持ちがいいと思います。
このへんは万国共通ではないでしょうか。

まあ旅行英会話の一番のコツは、通じなくても理解出来なくても当たり前という開き直りと勇気だと思います。変な英語でも臆せず話すことです。
英語が得意でないので恥ずかしい目にあいたくないという理由で、挨拶もお礼も言わないという事が一番奇異に見られますし、それが一番恥ずかしい事です。

あと、通じると思い込んでいる和製英語に注意。私はアメリカに初めて行ったとき、ロスのファストフード店で「テイクアウト」が何度言っても通じず困りました。いくつかの普段日本で使っている英語が実は通じないということは知っていましたが(例えばガソリンスタンドは和製英語で通じるのはガスステーションとか)、テイクアウトは意味的に間違い無く通じると信じて疑っていませんでした。
テイクアウトも何を言いたいのか意味を考えてくれる相手であれば、全く通じないということはないようですが、一般的にファストフード店で持ち帰ることを伝える言い方ではないことは確かなようです。間違い無くアメリカで通じる言い方は「トゥーゴー(To go」又は「テイカウェイ(Take-away)」でしょうか。(イギリス英語を使う国でトゥーゴーは通じないらしいですが)

「トゥーゴープリーズ(持ち帰ります」と「イートヒア(ここで食べます)」は是非覚えて渡米して下さい 😛


旅行カメラその3(DMC-LX100)


かつては重い一眼レフに高倍率ズームレンズを付けて旅行に持って行ったりしていたけど、歩き回る事の多い旅ではかなりしんどかった。
一番楽なのはポケットに入るコンパクトデジカメだけを持って旅することなのだけど、画質のいい写真も残したい…。
小さくて高画質ということになるとソニーのRX100シリーズが一番理想に近い。実際、最近はそれを持って出掛ける事が一番多いが、一眼レフの画質を知ってるとそれでも物足りない事がある。
風景を撮ってる限りではRX100M3で十分なのだが、ポートレイト風のスナップでは1インチセンサーのRX100M3では背景ボケに満足出来ない。でも大きくて重いのはしんどい…。

そんな時に登場したのがパナソニックのLUMIX DMC-LX100というコンパクトデジカメ。
ポケットに入るほど小さくはないが、小さなバッグにもすんなり入るくらいの大きさ。小型のカメラなので重さも気にならない。
そんな感じの手頃なボディサイズにミラーレス一眼で採用されているフォーサーズセンサーを搭載している。この大きさのセンサーになれば明るいレンズを付ければ十分なボケが得られる。
で、レンズはライカブランドでF1.7-2.8という明るさの24-75mmズーム。
つまりミラーレス一眼に高額な大口径標準ズームを付けているとの同じ。

これは現時点ではかなり理想の旅カメラ。なので、購入。

LX100

別売りの開閉式レンズキャップを付けた。これでレンズキャップの取り外しの煩わしさが無くなる。

lx100

これくらい背景がボケてくれれば十分

昔のカメラの様にシャッター速度のダイヤルやレンズの絞りリングが付いているのも特徴で、普通のコンパクトデジカメでは液晶を見ながらメニューを辿っていかなければならない撮影設定を瞬時に操作出来るのも魅力。
とても見やすい電子ファインダーも付いているので液晶が見にくい晴れた屋外での撮影もばっちり。
ストロボ(フラッシュ)が搭載されていなくて外付けでしかも別売りというのは一般受けしない仕様かもしれないが、私は雰囲気を損なうストロボ撮影が好きでは無く、ストロボをほとんど使用しないので不要。
これだけの大きさのセンサーと明るいレンズに手振れ補正まであるのだから、普通の明るさがある室内や、ある程度の夜景ならノーフラッシュで十分撮影出来るはず。

LX100

絞りリングがAならシャッター優先AE、シャッターダイヤルがAなら絞り優先AE、両方Aならオート、両方A以外ならマニュアルという昭和のカメラ的な分かり易さ。

動画性能も優秀で、4K動画まで撮影出来る。
まあ、4Kを快適に編集出来る様なパソコンを持っていないし、TVも4Kではないので、普通のハイビジョン撮影が出来れば十分なのだが、4K動画から写真を切り出し出来る4Kフォトという機能には興味がある。連写とかを使わなくても4Kで動画として撮影しておけば、そのシーンの中から好きな一瞬を写真として高画質で切り出せるというもの。
欲を言えば、写真を切り出したら、元の4K動画を普通のハイビジョン動画に変換出来る機能とかがあれば良かったが、残念ながらそれは出来ない。
やはり今のところは動画は普通のハイビジョン設定で撮り、写真で連写をしたい時は素直に連射機能を使うのが無難か。

75ミリまでのズームはやはり望遠側が物足りないが、F2.8なんて明るさのズームレンズはこの辺が限界なので仕方ない。しかも普通は全域F2.8だが、DMC-LX100の広角側は更に明るいF1.7なのだ。

価格もコンパクトカメラとして考えれば安くはないが、ミラーレス一眼にF2.8通しの24-70ミリズームをセットで買うよりは遙かに安い。

サイズと重さが旅行中の快適さを決める事は確かだが、画質も出来るだけ最高のものを求めたいと思うと、現時点では旅のカメラとして最高の機種になると思う。
ルミックスのLXシリーズは従来から高性能、高画質なコンパクトデジカメのシリーズなのだが、LX100で一気に他社をリードした。きっとソニーあたりも追随してくることだろう。
そうそう買い替えることは出来ないが、今後も楽しみだ。