オーランドのスコール対策


以前5月のオーランドに行ったことがあるが、その時もスコールはあった。
しかし運良く移動中だったり、食事中だったりで、外に出ると雨がやんでいるということが続いたので助かった。

今回は8月なのでスコールは真っ盛り。スコール対策はある程度考えておかないと現地で苦労することになりそうだ。(本格的なスコールのシーズンは例年7〜9月)
スコールは午後にやってくるということは分かったが、情報を集めてみると午後早いときは14時頃から、遅いときは17時頃までと時間に結構幅がある。30分程度でやむこともあれば1〜2時間降り続くこともあるようだ。まあそれ以上降っているならスコールというよりも単純に雨天だろう。

これらの情報から天気に左右されるパークやアトラクションは午前中を中心に考えた方が良さそうだ。ウォーターパークや屋外アトラクションがこれに当たるだろう。
真夏の猛暑もあるのでお昼過ぎには一旦ホテルに戻れるスケジュールがベストだと思う。
で、問題は午後を基本的にどうするか。
スコールはいきなり暗くなってやってくるようなので、数時間後の状況を予測できるものではないだろう。
夕方までには夕食の予約をしている日もあるし、パークに戻ることが多くなるわけだが、スコールの最中の移動になればバスやモノレールなどのWDWトランスポーテーションシステムは停止したり遅延したりもする様なので、雨の中の移動となれば早めに出掛ける事が必要と思われる。

パーク内でスコールに見舞われた時には屋内アトラクションかショップ、レストラン等でやり過ごすのが賢明だろう。激しいスコールは滝壺の中同様の状態らしい。
とは言ってもレストランの予約時間等によっては多少の移動は必要になるかもしれない。そんな時の雨具は傘では役に立たないとのことで、ポンチョが必須。
ポンチョはある程度作りのしっかりしたものでないとこれまた役に立たないとのことで、経験者の大半がパークで売られている物を推奨している。
最初のうちに入手しておいた方が良さそうだ。

スコール wdw

やはりポンチョが定番で傘はあまり見かけない

スコール対策という意味ではないが、夏のテーマパークなので半ズボンで過ごすつもりだが、これはスコール対策としても有効らしい。長いズボン等では濡れてしまって苦労するらしい。
本格的なスコール対策ルックなら、水着の上にTシャツと短パンとのことだ。びしょ濡れ系のアトラクションにも対応するので、特にアメリカ人の女子にはこのパターンも多いらしい。
あとは靴下をはかず、水はけするクロックスやサンダル等にすることは必須で、スニーカーだと悲惨なことになるらしい。
たくさん歩かされるテーマパークでは歩きやすいスニーカーがいいと思うのだが、夏はそもそもスニーカーでなければ足に負担が大きいと感じるほど歩き回ること自体が無理とのこと。
午前と午後に分けて途中で必ずホテルに戻ると決めていれば、午前中は歩き回ることを想定したスニーカー、スコールの多い午後はクロックスやサンダルと分けることも可能かもしれない。

午後から夜にかけてパークに行く場合はポンチョとタオルは必携か。
暑さ対策としてもスコール対策としても余裕を持った行動が必要なのは確かなようだ。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>