映画 ウォルト・ディズニーの約束


映画「ウォルト・ディズニーの約束」(原題 Saving Mr. Banks)は、ディズニー映画の名作「メリー・ポピンズ」製作の裏話を描いた作品。
アメリカでは2013年末に、日本では2014年、大ヒットした「アナと雪の女王」とほぼ同時期の公開だった。
監督はジョン・リー・ハンコック、ウォルト・ディズニー役にトム・ハンクス、メリー・ポピンズの原作者、P・L・トラバース役にエマ・トンプソンという配役。

ウォルト・ディズニーの約束

これはもしかしてディズニーのこと?というディズニーをパロった映画は数々あるが、ウォルト・ディズニー本人を直接的に描いた映画は珍しいと思う。
主役はディズニーではなくP・L・トラバースなので、ディズニーサイドのエピソードに期待をするとやや期待外れかもしれないが、きちんと真面目に作られた秀作だと思う。

日本での集客を考えた邦題は仕方ないのかもしれないが、内容はまさに原題のSaving Mr. Banks。
(バンクス氏はメリーポピンズがやってくる家の子供達の父親で銀行家)
トラバースの少女時代の父親とのエピソードがドラマの主軸。親と子の赦しの物語だ。
ウォルト・ディズニーと(ディズニースピリッツと)、トラバースは対立し、相容れない人物として描かれるが、片やアニメとテーマパークで、片や小説で果たそうとしたことの原点は、いずれも幸福とはいえない子供時代の呪縛。

よく噂されるウォルト・ディズニーのダークな部分等は一切描かれない。ディズニーサイドの物語はメリー・ポピンズ製作過程に限られているのでそれで良いと思う。ディズニー映画だし。
特にディズニー社が配給を決める以前からあった脚本に文句を言うことはなかったらしいが、唯一ディズニー社が脚本に意見したのはウォルト・ディズニーの喫煙シーンだったそう。
時代も時代だし、別にウォルト・ディズニーが喫煙者と分かっても問題はないと思うが、理由はイメージ云々ではなく、喫煙シーンに厳しいアメリカのレーティングだそうだ。
(レーティングによって劇場鑑賞出来る年齢が制限される)

「アナと雪の女王」の陰でひっそり上映が終わったしまった感があるが、DVDやブルーレイでいつでも観られる作品なので、ディズニーに興味がある人には是非お薦めしたい。
そしてもし、ディズニー映画が嫌いではないのに「メリー・ポピンズ」を未だ観ていないという場合には、併せて観ることをお薦めする。

メリー・ポピンズ


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>