ポップセンチュリーの部屋番号


WDWのバリュークラス直営リゾートの中でも値段と利便性のバランスが良く、人気のディズニー・ポップセンチュリー・リゾート。
今回は部屋番号の見方と、部屋番号と部屋の位置関係を解説。

ポップセンチュリーに限らず、同じ様な構造になっているバリューリゾートは4桁の部屋番号を持つ。普通は階数を表す数字に部屋の番号が続くと思うが、ポップセンチュリーの場合は最初の数字は棟の番号(ビルディングナンバー)になる。
次いで2桁目が階数(フロアナンバー)で、最後が部屋番号だ。
つまり1234なら、1棟の2階にある34号室になる。

ポップセンチュリーは50年代〜90年代までの棟があるが、ビルディング番号は以下の通りだ。

  • 50年代=1〜3
  • 60年代=4〜5
  • 70年代=10(0と表記)と6
  • 80年代=7と9
  • 90年代=8

階数に関しては4階建てなので1〜4になる。

ポップセンチュリーマップ

クラシックホール(ロビー棟)の右から反時計回りに1〜10のビルディング番号となる。10号棟(70年代)は0と表記される。

部屋はT字型の建物のそれぞれ一辺に12室ずつ並ぶ形で割り振られている。裏表合わせて一つのウィングに計24室、T字で3つのウィングがあるので1フロアに72室、4階建てなので一棟288室だ。
T字の交わる部分にエレベーターと製氷機がある。

ポップセンチュリーの部屋番号

ポップセンチュリーの部屋番号はこの通りに並んでいる。エレベーター(製氷機)にもっとも近いのは01、25,29、48、49、72になる。

コネクティングルーム(室内に隣の部屋と繋がるドアがある)は次の部屋番号どおしとなる。
02-03 04-05 06-07 18-19 20-21 22-23
26-27 28-29 30-31 42-43 44-45 46-47
50-51 52-53 54-55 66-67 68-69 70-71

以上、ルームカテゴリーを解説した記事と併せて読んでもらえれば、ポップセンチュリーの部屋位置をより理解しやすいと思う。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>