インターナショナルドライブに泊まる (オーランド)


日本人旅行者の多くはオーランドの宿はディズニー直営リゾートかそれに準じるスワンやドルフィン、もしくはダウンタウンディズニー近辺のヒルトン等にすると思う。
対して安く旅行をしたいと考えるアメリカ人旅行者は、インターナショナルドライブ沿いのホテルに滞在する場合も多い。
レンタカーや自家用車を持っていればテーマパークへのアクセスも悪くはないという理由も有る。なので、多くの車を利用しない日本人旅行者がWDW直営を選択するのは当然とも言える。

しかしもしレンタカーを借りるなら、又はオーランド市内でのホテル移動も考えられるくらいの旅行日数があるなら、数多くの様々なホテルが選べるインターナショナルドライブ沿いを宿泊先にしてみるのもいいと思う。多くの場合、WDW直営やユニバーサルスタジオのオンサイトホテルよりも安価なはずだ。

インターナショナルドライブ沿いでも観光の中心となる様な界隈は治安も良好で、日が暮れても安心して移動出来る。ちょっとしたスーパーやコンビニも点在しているし、飲食店も選り取り見取りなので、ある意味WDW内にいるよりも便利。
インターナショナルドライブの移動にはI-RIDEという観光客向けのトロリーやLYNX(公共バス)の8番などが利用出来る。

日本人旅行者が宿泊するにあたって、インターナショナルドライブ沿いでも観光のポイントとなる場所にあるホテルを選ぶのが便利だし合理的だと思う。
お薦めは以下の通りだ。

ヒルトン グランド バケーション クラブ オン インターナショナル ドライブ
(Hilton Grand Vacations Suites on International Drive)
インターナショナルドライブの南端の方に位置している。ここのポイントはなんと言ってもプレミアムアウトレットに隣接していて、道を挟んだ所にスーパーのパブリックスがあること。
プレミアムアウトレットには専用の出入り口も用意されているので、まるでホテル併設の施設のような感覚で利用出来る。数多く用意されているスイートルームも比較的安価で、フル装備のキッチンや洗濯機、ジェットバス等が部屋にある。敷地は広くプールも大きい。

HILTON GRAND VACATIONS SUITES ON INTERNATIONAL DRIVE

プールはメインとサブプールの二ヵ所有る

ルネッサンス オーランド リゾート アット シーワールド
(Renaissance Orlando Resort at SeaWorld)
インターナショナルドライブ沿いにあるテーマパークであるシーワールドの目の前に位置するホテル。シーワールドはまさに目の前なのでもちろん徒歩で行ける。シーワールドに徒歩で行けば、ウォーターパークのアクアティカにも無料のシャトルで行けるということ。
ここはシーワールドのオンサイトホテルなので、提供される時期や枚数に制限はあるものの、その条件さえ合えばシーワールドのファストパスにあたるクイックパスが無料で付く。そのせいもあってか、インターナショナル ドライブ沿いのホテルの中ではちょっと高めの料金設定。
プールエリアが充実していることも有名。

ルネッサンス オーランド リゾート アット シーワールド

プールには子供向けの遊具も充実

安くシーワールド近辺に泊まるなら、上記のルネッサンスに比べればランクは落ちるが、Hilton Garden Inn Orlando at SeaWorldDoubleTree by Hilton Hotel Orlando at SeaWorldもお薦め。

以下はまさにインターナショナルドライブ沿いでも観光の中心と言える場所にあるホテルで、最も賑やかな場所にある。2015年春に全面オープンするIドライブ360やポイントオーランドというショッピングモールがある界隈なので、道沿いにはローカルな観光施設やお土産屋、コンビニ、飲食店が建ち並んでいる。
ホテルがもっとも集中している場所なので宿泊料もリーズナブルな設定になっている。

8550 International Dr<br /> Orlando, FL 32819

オーランドに行ける休みはあるが予算が厳しいという場合にもインターナショナルドライブへの宿泊は検討してみる価値がある。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>