春に渡米するならイースターを楽しもう


日本ではあまり馴染みのないイースター(復活祭)。
イエス・キリストの復活を祝うもので、キリスト教徒にとってはクリスマスに匹敵する祝日。
イースターは春分の日の後、初めての満月の後の最初の日曜日となっているので、毎年変わるが、3月21日から4月24日の間の日曜日になる。
この時期にアメリカ方面に旅行するなら、旅行中にイースターサンデーがあるかどうか確認してみよう。
もしイースターサンデーに滞在していて、子供がいるならエッグハントに参加しよう。
エッグハントとは、玩具やお菓子を入れたカラフルな卵(多くの場合はプラスチック製)を子供達が拾い集めるイベント。教会や公園なんかで催される。

ディズニー等のテーマパークではイースターパレード等のスペシャルイベントがあるだろうし、家族向けのホテルなんかではエッグハントが催されるか、特別にエッグハントが開催されていなくても、敷地内にイースターエッグが転がっていたりするはず。
自分達が宿泊しているホテルでのイースターイベントの有無は事前に確認してみよう。エッグハントがあれば時間が決まっているはずだ。

私達は過去にハワイ旅行がイースターサンデーと重なったので、ワイキキ周辺で参加できるエッグハントを調べて参加した。
ワイキキではロイヤルハワイアンホテルの庭で開催されていて、同ホテルのレストラン、サーフラナイでのサンデーブランチを予約し、事前にエントリーしておけば子供がエッグハントに参加できるというものだった。
当日はイースターバニー(イースターのシンボルはウサギ)との写真撮影なんかもあって、エッグの中身は安っぽい駄菓子ばかりだったけれど、子供が十分に楽しめる内容で参加して良かったと思う。
何より日本では馴染みのないお祭りだし、現地の子供達のお祭りに参加出来るということだけでも、海外旅行の思い出作りとしては意味があると思う。
高級ホテルのサンデーブランチなので食事も満足出来るものだった。(お高いけど)

ハワイでイースター

ロイヤルハワイアンのイースターバニーと

観光地では難しいかもしれないが、公園や教会、公共施設なんかで行われるエッグハントなら無料、もしくは安価な参加費で参加出来るはず。(地元の子供達や教会の信徒の子供達向けなので観光客が参加出来るかどうかは確認が必要)

イースターはクリスマス同様の祝日なので、ショッピング等の予定がある人はお店の営業を確認した方がいい。その前後も含めて営業時間の短縮や、休業の可能性もある。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>