ディズニークルーズの持ち込み制限について


ディズニークルーズに乗船する際、港では空港と同様の保安検査が行われる。
預け入れのスーツケースは勿論、各自が持ち込む手荷物もX線による検査が行われている。

ディズニークルーズのターミナル

ポートカナベラルにあるディズニークルーズのターミナル。

ディズニークルーズが他の同様のクルーズと大きく異なる部分にお酒の持ち込みが許可されていることがあるが、持ち込みルールがあり、預け入れは不可、手荷物として持ち込むこと、そしてキャスター付きクーラーバック等、大型クーラーボックスでの持ち込みは不可となっている。又、レストランで持ち込みアルコールを飲む場合は持ち込み料がかかる。自室で飲むなら持ち込み料はかからない。

このように飛行機とは違う規定(飛行機では原則、手荷物として外部からの液体は持ち込めない)なので、他にどんな制限やルールがあるのか調べてみた。

  • 自家製の食品(自分で調理した物)や冷蔵、冷凍保管が必要な食品等は持ち込めない。生鮮品や調理品でないスナック類等は未開封の物にかぎり持ち込み可。

お菓子類等は開封していなければ持ち込めるということ。サンドイッチやおにぎりなんて類いの物はダメ。

次の電化製品は持ち込み不可。

  • 炊飯器
  • コーヒーメーカーや電気ポット
  • ホットプレート
  • 電気毛布
  • 電動ミキサー
  • アイロン

哺乳瓶の為のウォーマー等は船内で貸し出しがあるそうです。アイロンは各客室階のランドリールームに備え付けられています。

他には

  • 蝋燭やお香
  • 風船、凧、ドローン、ラジコン飛行機やヘリ
  • 工具類
  • スポーツ用品
  • 楽器
  • 延長コードやテーブルタップ
  • プール用のフロート
  • ローラースケートやスケートボード
  • DVD・ブルーレイプレーヤーやPS、WiiといったTVに接続する機器
  • 花火

といった物が持ち込み禁止とのこと。スポーツ用品というのがどの様な物をさすのか今ひとつ分かりませんが、バットやゴルフクラブ、ホッケースティック等の武器となり得る物、釣り竿等、船上で使用されては迷惑な物でしょう。スキューバの用品もダメですが、水泳ゴーグルや自前のシュノーケル用具は問題なく持ち込めます。
楽器もどういった種類がダメなのか書いていません。
一番困るのは延長コードやテーブルタップでしょうか。船上で使う必要がなくても、他のホテル等では使う人も多いと思います。クルーズだけの旅行なら持って行かなければいいだけですが、他のホテルにも宿泊する場合には持って行く人も多いのではないでしょうか。
プール用のフロートとは空気を入れて膨らませるフロートのこと。

持ち込み不可の品物があった場合、その場で破棄出来ない場合は、帰港まで港で預かって貰うことになります。
スーツケース等の預け入れ荷物内に持ち込み不可の物があった場合には、それが抜き取られた状態でステートルームに届きます。スーツケースの中には「中の荷物を預かったので帰港したら返します」という旨の紙が入れられています。
荷物の中を調べ、必要があれば中を確認し、持ち込み不可の物があれば取り出すということがある旨は乗船の規約にあるので、乗船客はそれに同意しているものとされ、処置に不服は言えません。
まあ、この辺りは航空機の場合と同じです。

普通の旅行者が気を付けなければならない物は上記の物くらいだと思います。
これ以外には「武器類」「爆発物」「違法薬物」等が当然禁止されています。

以上、ディズニークルーズに乗船する予定のある人は参考にして下さい。規約は常に変更、修正されているので、乗船前に再度調べることお薦めします。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>