米国の入国審査が自動化された


海外旅行に慣れていない人、特に英語に自信がない場合は入国審査を苦痛に感じる人が少なくないと思う。それにタイミングによっては長蛇の列でうんざりすることも多いはずだ。
それらを一気に解決してくれる素晴らしいシステムの運用がアメリカの各空港で順次稼働し始めた。Automated Passport Control(APC)というものだ。

APCは今までも空港でよく見掛けた自動チェックイン機の様な形をした、自動入国審査機だ。
嬉しいことに日本語に完全対応しているので、スタート時に日本語を選択すれば以降の操作を全て日本語で行うことが出来る。

Automated Passport Control(APC)

近未来的なフォルム。車椅子利用者等の場合は機械自体が上下して高さが変化する。

パスポートを読み込ませ、写真を撮り、質問に答えて行き、指紋のスキャンを行う。
つまり今まで審査官を前にやってきた入国手続きの全てを日本語表示の機械相手に出来るわけで、係官相手に慣れない英語の質問や指示に苦労することも無いわけだ。
無事に全ての手続きが完了すると、レシートが排出されるので、それを係員に渡せば完了だ。
APCでは家族単位で一度に手続き出来るので、一緒に旅行している家族全員で機械の前に行って構わない。

パスポートの文字情報もスキャンして表示してくれるが、誤認識されるケースも稀にあるようなので、その時は自分でスペル等を修正できる。
スキャンした内容に誤りがあると面倒なことになるので、確認画面のチェックはちゃんとした方がいい。

日本人旅行者で、このAPCを使った自動入国審査が出来るのは以下の条件に適合している人のみだ。(米国とカナダのパスポート保持者や グリーンカード保持者は無条件に使える)

  • ESTAを事前申請した旅行者であること(ビザを取得しての入国は不可)
  • 2008年以降にESTAでの米国入国をしたことがあること(つまり初めて渡米した場合や前回の渡米が2007年以前の人、2008年以降に渡米していてもESTA利用以外だった場合は不可)

もし条件に合わない場合や、同伴の家族に条件に合わない者がいる場合は従来通りの入国審査を受ける列に並ぶ必要がある。(条件に適合している場合は迷わずAPCを使った方がいい。多少の行列が出来ていたとしても、従来の係官による入国審査に並ぶよりは確実に早いはずだ)
APCを使えないとしても、APC導入によって行列の待ち時間が短縮されているので恩恵には与れる。

無事にAPCの利用が出来ても、出てきたレシートにバツ印が付いた場合は通常の入国審査を受け直さなければならない。バツが付いたからと言って入国を拒否されているわけではなく、何等かの理由で追加の質問を必要と判断されたか、無作為に選出されてしまったかのいずれかだ。

完全に自動化されたとは言っても人の目を使った審査は行われている。
無事にバツの無いレシートを受け取っても、それを係官に渡す際に挨拶程度に簡単な質問をされることもある。「何処へ行くの?」とか「日本人ですか?」等だ。
それに答えられないと「ちょっと待って」ということもあるので無視しない様にしよう。

APCの導入で入国審査の行列や待ち時間はかなり緩和されているとのことだ。
今現在でもアメリカの主要空港の多くで既に設置が完了しているので、今後もどんどん稼働空港は増えていくと思う。(2015年6月現在、日本人がよく利用すると思われるロサンゼルス、シアトル、アトランタ、オーランド、シカゴ、ダラス、デトロイト、ニューヨークJFK、ヒューストン、ワシントン等の空港に設置が完了している)




スポンサーリンク


関連情報を含む記事

米国の入国審査が自動化された」への8件のフィードバック

  1. 小玉 尚美

    初めて。毎朝、毎日の更新を楽しみに拝見しています。昨日、WDW8日間から帰還したばかりです。全く英語は話せませんが、5歳男児と二人旅で、キャンプグランドとムービーへホップしました。おすすめはマジックキングダムの海賊地図、エプコットのエイジェントPのゲームにはまりました。子供の心を掴みます❗教えていただいたトレーディングカードゲームも最高で、セカンドまでクリア。カードは20枚位ゲットでき、カード好きな年代の子供にはたまらないですね。
    これからのプログとても楽しみにしています。それでは。

    返信
    1. fujihide 投稿作成者

      ご訪問有り難うございます。今回、エプコットのペリーのゲームは出来ませんでした…。
      マジックキングダムのカードゲームを楽しまれたとのこと、私達も挑戦しましたが、カード20枚は滞在期間を考えると凄いですね。
      9月2日からオーランド旅行記本編を公開予定です。

      返信
  2. まろたむ

    自身の旅行の参考にとこちらと出会い、以降たびたび読ませていただいております。
    今月始めにANAシカゴ経由でオーランドに行ってきました。その際、シカゴのAPCで手こずりましたのでコメントさせていただきます。
    シカゴで私が使用した機械は、写真撮影の際手動で高さ等を変える必要がありました。うまく合わず何度か撮りなおしました。
    レシートの写真にバツがついている方も多数みられました。写真撮影のせいかは定かではありませんが、審査官のところで再撮影している方が多かったようにみえましたよ。

    返信
    1. fujihide 投稿作成者

      ご訪問有り難うございます。APCは事前の情報と異なる部分もありましたが、私は問題なく使用することが出来ました。
      確かに今回私が使ったAPCもカメラの調整は手動でした…。
      9月2日から今回の旅行での経験を旅行記本編として公開予定です。

      返信
  3. ピンバック: オーランド旅行記1・まずはシカゴへ | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

  4. ピンバック: メモ20150906 | Nacky – Snowland.net

  5. ピンバック: にゅーすのみっ1704 | typeblue.net*

  6. ピンバック: オーランド旅行記15・ディズニークルーズ下船 | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>