オーランド旅行記42・I-ドライブ360とリプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット


I-RIDEの北行きに乗ってインターナショナルドライブを北上。
道沿いの観光スポットはかなり目立つ建物が多いので降りる場所は分かりやすい。今はスマホでマップを表示しておけば現在位置が分かるので、それで確認すれば完璧だ。
万が一乗り過ごしても、インターナショナルドライブの中心地ではバス停の間隔がそれほど長くは無いので、バス停1個分くらいなら歩いて戻ることも可能。
I-RIDEも他のアメリカのバス同様、次のバス停で降りたいときに紐を引いてストップリクエストする方式。

まず行ったのはオープン間もないI-ドライブ360。全方位ガラス張りの観覧車(オーランド・アイ)が一際目立つ観光スポット。
着いてみるとかなり閑散としている。地元ではかなり期待されていた観光施設だが、思うような集客は出来ていない様子だ。

I-ドライブ360

ご覧の通り周囲に人の気配がない…。

アトラクションとしては観覧車の他にマダムタッソー(蝋人形館)や水族館も併設されていて、コンボチケット等も用意されている。
我々はオーランドアイ(観覧車)のみのチケットを購入。
ガラガラなのですぐに入れる。まずはお決まりの写真撮影。合成写真を作るらしく、グリーンバックで撮影。その後、乗り場へ向かう前室でオーランド近郊の自然などをテーマにした3D映画を鑑賞する。それが終わるといよいよ乗り場へ。
ゴンドラは全面ガラス張りで立って乗るタイプ。かなり見晴らしは良さそうだ。
が、この時の天気はあまりよろしくなく、あまり遠くまで見渡せずに残念。
降りて出口に向かうと、まずは先程撮影した写真の販売所。オーランドアイとの合成写真が出来上がっている。専用の記念台紙に入れられた基本のプリント2枚付きに、オプションで合成背景の違うデジタルデータを追加出来る。このデータを購入した場合はアクセスキーで専用サイトにアクセスしてダウンロードする形になる。
写真そのものは2カットで、背景が変わるだけなのでオプションは不要かと思う。
写真販売所を抜けるとお決まりのスーベニアショップを通って出口となる。

レストランやショップもいくつか入っているのだが、人通りはあまりない。ただ、レストランは人気の店が入居しているので、食事時にはそれなりに混むのではないかと思う。(食事の為に)

I-ドライブ360から北に少し歩く(ほぼ隣と言っていい距離)と次の目的地、リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットがある。建物が斜めに地面にめり込んでいるような特徴的な外観。(天地が逆になった建物はワンダーワークスという別の施設なので間違わない様に)
リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットはオーランド以外にもアメリカ各地とイギリス等にもある。一言で言えば日本の温泉観光地とかにもよくある珍品博物館とトリックアート館が一緒になったような施設。

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット

斜めな外観。

この手のゆるーい観光施設が嫌いでなければ十分に楽しめる。もちろん料金も高くは無い。
かなり夜遅くまで営業している(23時頃までは入場出来る)ので、メインの観光を終えた人達が夕食のついでにちょっと立ち寄るといった状況が多いのかと思う。
どんな物があるのかと言うと、人魚のミイラとか、首狩り族のアクセサリー(人の頭)とか、まあとにかくかなり怪しい物が揃っている。

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット

多頭の牛の剥製。奇形生物の展示も多し。

この周辺は観光地なので夜の治安も悪くは無いが、皆車で移動しているので、テーマパークの中のような人通りはない。家族連れも歩いてはいるが、ちょっと淋しい感じがする。(特に何処に行っても人が多いWDWから来たりすると)
I-RIDEは運行時間が夜10時30分までとなっている。なので、レンタカー以外の人は夜10時頃までには帰路に着いた方がいいと思う。

帰りのI-RIDEは今までに無く混んでいた。インターナショナルドライブ上には各種レストランが揃っているので、夕食を終えて帰る人が多いようだ。
座席は空いていなかったが、親切な人が娘に席を譲ってくれた。WDWのバスでも一度、娘に席を譲ってくれた人がいたので、幼児では無い、娘の様な10歳くらいの子供にでも席を譲る習慣があるようだ。

これでインターナショナルドライブでの観光は終了。明日はユニバーサルスタジオに移動。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>