オーランド旅行記38・ヒルトン・グランドバケーションクラブ・オン・インターナショナルドライブ


タクシーでヒルトン・グランドバケーションクラブ(2016年、ヒルトン グランド バケーション タスカニービレッジ HILTON GRAND VACATIONS AT TUSCANY VILLAGEに名称変更)に着くと、ドライバーがベルを呼んで荷物をカートに載せてくれた。大きな荷物が複数あったのでチップ込みで30ドル程を払う。(運賃は25ドル弱)

フロントでチェックイン手続き。フロントのスタッフが「日本人のパスポートはなぜ2色あるのか?」と聞くので、レッドが10年、ブラックが5年で有効期限の違いがあると教えてあげた。
このヒルトン・グランドバケーションクラブはヒルトンのサイトから直接予約したが、予約確認の画面で有料アップグレードが行える。メインプール近く、アウトレット近く、最上階、スイートへのアップグレード等々、様々なオプションがあったが、結局有料アップグレードは一切行わなかった。僅かな額でスイートにも出来たのでそれは迷ったが、あまり部屋にいるわけではないし、二人では勿体ないと思ってスタジオと呼ばれる通常の部屋にした。(スイートだとリビングと寝室が別々になり、ジェットバス、フルキッチン、更に部屋に洗濯機や乾燥機もあるので、3人以上ならお薦めする)
結果、フロント棟からは遠いが、プレミアムアウトレットにはとても近い棟(ビルディング5)の最上階だった。フロント棟近くのメインプールほど大きくは無いが、十分な大きさのプールも目の前にある。

ルームキーを受け取ったら、ベルサービスに行き、荷物と一緒にカートに乗せて貰って宿泊棟まで移動した。レンタカーを使っていれば自分達で宿泊棟の前まで来るまで移動し、その付近の駐車場に駐めることが出来る。(部屋ごとに駐車スペースが割り当てられてはいないので、混雑時は駐車スペースが自分達の棟付近に無いこともあるらしい)

スタジオタイプの部屋はとてもシンプル。ただこのタイプにも小さなキッチンが付いているし、電子レンジもある。食器や最低限の調理器具も備え付けられている。もちろん冷蔵庫もある。
製氷機は各棟とも1階のみにある。
部屋にはベランダもあり、テーブルと椅子が備え付けられているが、虫除けのネットが張られているので、あまり開放的では無い。

ヒルトン・グランドバケーションクラブ・オン・インターナショナルドライブ

私達の泊まったビルディング5の前。各棟にはイタリア各地の名称も付けられている。私達の棟はVILLA DI DUCALE

部屋でしばし休憩したら、まずはスーパーへ。
フロント棟の側の専用の門(ルームキーで解錠出来る)を出て横断歩道を渡った向い側に主にフロリダでチェーン展開しているパブリックスという大型スーパーマーケットがある。又、その手前にはウォルグリーン(コンビニ兼ドラッグストア)もある。
フロント棟までは徒歩で7、8分程度。フロント棟まで来たついでに明日から使う予定のI-RIDEという観光トロリーのチケットをフロント横のツアーデスクで購入。
使うのは2日間だけだが、2日間チケットは無い。乗り降りする回数を考えると3日間チケットを買っても十分にお得だったので、3日間乗り放題チケットを購入。
購入時に貰えるのはレシートだけで、最初にI-RIDEに乗車した際に、ドライバーにレシートを見せ、チケットに変えて貰うという方式。
このI-RIDEでインターナショナルドライブ沿いの観光ポイントには全て行ける。

パブリックスは食料品が主体で衣類や雑貨等も多く取りそろえているウォルマート等とはちょっと雰囲気が違う。それでも観光地にあるせいか、お土産品や日用品も多少は置いている。
(日用品を買うならウォルグリーンの方がいいかもしれない。)
食料品の充実度は凄いので、部屋で食べるものを買うのには困らない。パックのお寿司なども充実している。
パブリックスの周囲には外食できる店もある。利用はしなかったが、お馴染みのサブウェイやTokyo Sushi Barという和食の店もあった。
とりあえあずパブリックスでは朝食用のマフィンと、お寿司のパックを購入。飲み物類は、WDW初日にネットスーパーから届いたものが十分に余っている。

一旦部屋に戻り、今度はプレミアム・アウトレットへ。
アウトレットへの門は私達の棟のすぐ目の前なので移動は楽だ。

ヒルトン・グランドバケーションクラブ・オン・インターナショナルドライブ

湖中央に橋があるので、端の棟でもフロント棟まで歩くのは思ったほど苦では無い。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>