オーランド旅行記32・マジックキングダムとオハナ


マジックキングダムの朝のエキストラマジックアワーを使ってまずは7人の小人のマイントレインへ向かう。
スタンバイのラインに到着した時点で40分程の待ち時間表示。前回はファストパス+で乗ったので、インタラクティブキューラインを見ることが出来なかった。
ちょっとしたゲームなんかも楽しめるスタンバイのラインだが、列はすいすい進むのでじっくり遊んでいる暇は無い。40分も待たずに、約30分ほどで乗車。

ホーンテッドマンションもインタラクティブキューラインを持つ。
しまってもしまっても飛び出してくる本棚、音が出る石のオルガン等々。ちょっと触って仕掛けを楽しむというものなので、列の進み方が早くても通りがかりに楽しめる。
アトラクション自体は細部は異なるものの、TDRとほぼ一緒。

続いて前回、私がキャスティングされてしまって、ちゃんとビデオ撮影出来なかったエンチャンテッド・テール・ウィズ・ベルへ。
朝のこの時間はガラガラの様で、キャストがまるで客引きの様にゲストを勧誘している。ある程度の人数がいないと成立しないアトラクションだからだろう。
本来、人気のあるアトラクションなのであっという間に規定の人数になる。
今回はキャスティングされないコツ?が分かっているので、ちゃんと娘のみ役を貰う。ポット夫人という前回よりもいい役だ。(前回は椅子役だった…)

エンチャンテッド・テール・ウィズ・ベル

基本、キャストの指示通りに動くだけなので言葉の心配はいらない。

ここでしか会えないメリダのグリーティングに並び、グリーティングを終えた辺りで朝食予約の30分前くらい。

メリダのグリーティング

日本ではあまり人気のないメリダだが、こちらではそれなりに人気がある。グリーティングスポットはケルト風の装飾が施された専用の場所。

急いでパークを出て、朝食を予約してあるオハナへ。
オハナはポリネシアン・リゾートの中にあるのでモノレールで向かう。
ポリネシアン・リゾートはハワイのリゾートホテルを模しているので、雰囲気はアウラニに似ている。水上バンガローの客室も新設され、古めのリゾートとは言え魅力はたっぷり。マジックキングダム至近の直営リゾート3軒(グランド・フロリディアン、コンテンポラリー、ポリネシアン)はどれもデラックスタイプとなるので予算的にそうそう利用出来るものではないが、お金に余裕があれば、私が一番泊まってみたいと思うのがポリネシアンだ。

オハナはポリネシアンリゾートのフロント棟2階にある。
受付で予約を確認し、ページャーを受け取る。

オハナのページャー

オハナのページャー。音は出ず、バイブレーションだけのことが多いので、振動が分かるように持っている必要がある。

10分程でページャーが鳴り、テーブルへ。
オハナでのキャラクターブレックファストはビュッフェ形式で、登場キャラクターはリロとステッチ、ミッキー、プルート。
料理自体は特別ハワイアンなメニューはなく、普通のアメリカンブレックファスト。

オハナのミッキー

ミッキーはアロハスタイル。

食事を終えたらボートに乗り、再びマジックキングダムへ。
ファストパス+をとっておいたバズ・ライトイヤーのスペースレンジャースピン(TDRのアストロブラスターと同じ)、ピーターパン、そしてプリンセス・フェアリーテール・ホールでのシンデレラとラプンツェルのグリーティング。
ファストパス+空き時間を使ってトムソーヤ島にも行ってみたが、作りはアナハイムのディズニーランドのトムソーヤ島とよく似ていた。

今日はダウンタウンディズニーでシルク・ドゥ・ソレイユのラ・ヌーバを観る。
なのでダウンタウンディズニーに移動。
娘がボートで移動したいと言うので、ボートでポリネシアン・リゾートに行き、ポリネシアン・リゾートからバスというコースでダウンタウン・ディズニーに向かった。
ポリネシアン・リゾートからはモノレールやボートという移動手段もある為か、バス停は一つに集約されている。ポップセンチュリー等の様に行き先毎に別れておらず、同じバス停に全ての行き先のバスが来る。(モノレールとボートで行けるマジックキングダム、モノレールで行けるエプコット行きのバスが無い為、1ヵ所で十分なのだと思う)
これはグランド・フロリディアンやコンテンポラリー・リゾートも同様だ。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>