オーランド旅行記20・ミッキーのバックヤードBBQ


マジックキングダムからミッキーのバックヤードBBQが行われるフォート・ウィルダネスまではボートで行く。(もしくはバスでも行ける)
フォート・ウィルダネスのボート乗り場からバックヤードBBQの会場までは徒歩5分程。
歩いている最中に雨が降り出し、会場に着いた頃には激しい雷雨に。本来まだ入場出来る時間ではないのだが、会場内に入るようにと指示される。
入場前には会場の外でキャラクターグリーティングがあると聞いていたので早めに来たのだが、おかげでそれは無し。
しかしもう少し遅ければボートも運航停止だっただろうし、大雨の中の移動で大変だったと思う。なので、結果的にはこれで良かった。

会場は基本的に早い者順でステージ前から席が割り振られる。一つのテーブルに6名程が座れるので、2名の我々はもちろん相席。中央最前列のテーブルの前から2席目を割り振られた。
このミッキーのバックヤードBBQとシンデレラのロイヤルテーブルは予約時に全額決済なので、既に支払いは済んでいる状態。

雷雨の為に早く入場したので料理の準備はまだ。ソフトドリンクのみいただける状態。(ソーダファウンテンから自由に持ってこれる)
程なくアルコール(ビールと若干のカクテル類)のサービスも開始された。アルコールは専用の場所に貰いに行く。(アルコール付きのデザートパーティー等も同様で、年齢チェックが必要なので対面となる)

本来の開場時間に料理の提供が開始された。この頃には雨も上がっていた。
バーベキューといっても自分達で焼いたりするわけではなく、バーベキュー風の料理のブッフェ。
一旦会場の外に出て、列に並び、一方通行で並んだ料理を取り、会場内に戻るという方式。もちろん何度でもお代わり自由。
料理の味はそこそこ。(特に不味くはないし、とても美味しいというわけでもない)
ちなみに調味料やナプキン類は一つのテーブルに1ヵ所ずつまとめて置いてある。アメリカでは人の目の前に手を伸ばしてそれらを取ることはあまり良いことでは無い様で、皆遠慮無く調味料の前に座っている人に「取って下さい」とお願いしている。

食事を始めて間もなくショーも開始。カウボーイ風の司会者による進行でカントリーミュージックやダンスタイム、投げ縄のショーなんかが繰り広げられる。
ダンスタイムにはキャラクター(ミッキー、ミニー、グーフィー、チップとデール)も登場し、ゲストと一緒にホールで踊る。なので、子供達や女性が中心だが、キャラクターと一緒に手を取って踊ることも出来、とてもクロースな内容。
ダンスタイムの後はキャラクター達はそれぞれのグリーティングの場所(会場の端や屋外)に移動し、それぞれ写真撮影となる。列はある程度でキャストが並ぶ人数をストップさせるが、キャラクター達の休憩を挟んで、このダンスからキャラグリという流れが数回繰り替えされるので、ショーの終了までには全キャラクター(グーフィーとチップ&デール、そしてミッキーとミニーの2グループ)とのグリーティングが可能になっている。(ちゃんと並べば)
キャラグリでのカメラマンによる写真撮影はマジックバンド(メモリーメーカー)に対応している。
キャラグリ中もステージでは歌や演奏が行われているので、キャラグリに興味の無い人も楽しめる様になっている。

ミッキーのバックヤードBBQ

キャラクターの衣裳もカントリーで可愛い

2時間ほどでミッキーのバックヤードBBQは終了。
ちょっとお高めではあるが、テーブルを廻るキャラクター達と写真を撮るだけのキャラクターダイニングに比べて内用充実のキャラダイであることは確かなので、ディナーショー風のキャラダイと考えれば満足出来る。キャラクターにさほど興味がなければパスした方がいい。(いくらお酒も飲み放題とはいえ、料理の内用は値段に見合わない)

ミッキーのバックヤードBBQ

ミッキーとミニーもバックヤードBBQ専用の衣裳。

通常、週に二回(我々の訪問時は木曜と土曜)しか開催されないので、行きたい場合は予約は早めに。

帰りのボート乗り場はバックヤードBBQから帰る人々で長蛇の列だったが、それを見越してボートも増便されているらしく、あまり待たされること無くマジックキングダムまで戻れた。
まだマジックキングダムはオープンしている時間なので、体力があればアトラクションやエレクトリカルパレード、セレブレイトマジックにウィッシュなんかも楽しめる。
が、我々はすぐにバスに乗り換えてポップセンチュリーへと帰ることにした。

翌日は朝からタイフーンラグーン。そして夕刻からエプコットの予定。
あと、そろそろ洗濯もせねばならない。ディズニークルーズの最終日に船内で洗濯しようとしたが、どこのデッキのコインランドリー(コインではなくルームキーカードで使うのだが)も空いていなくて断念していた。(クルーズ最終日は混むらしい…)

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>