オーランド旅行記6・ディズニークルーズ最初の夜


ディズニークルーズのローテーションダイニングで気になるのはテーブルメイト。
我が家は子供と二人きりなので専用テーブルということはまずあり得ないので、相席は必至。クルーズのローテーションダイニングではそれが標準で、相席になる方々をテーブルメイトと言う。

案の定我が家は6人テーブルで日本人の4人家族とご一緒。日本人だけどこのご家族はアメリカ在住。ご主人の仕事で米国に住んでいるらしく、ご主人以外はあまり英語が堪能ではない様子。
テーブルメイトについてはどんな方達が希望かをリクエスト出来るのだが、基本的には家族連れは家族連れ、カップルはカップルといった組み合わせになっている模様。
そして外国人(つまり我々)は同じ国どおしで組み合わせることが基本になっている様だ。なので、積極的に英会話がしたいという場合には日本人以外をリクエストしておいた方がいいかもしれない。私達は英語が堪能でも特に勉強したいとも思っていないのでこれで良かった。

最初のレストラン、ロイヤルパレスはプリンセスをテーマにしたフレンチレストラン。
メニューの文字がちょっと小さく読みづらかったので、老眼鏡を用意してくれば良かったとちょっと後悔。(これは暗めの照明のせいもあるかも)
担当サーバーにもご対面。同じサーバー(料理の注文と配膳)とアシスタントサーバー(主に飲み物を担当)、そしてヘッドサーバー(挨拶以外には何もしていない管理職?)が毎晩、ローテーションダイニングについて回ってくれるシステムだ。
なので、肉の焼き加減、飲み物の好み等は最初に伝えておけばそれを記憶して毎晩配慮してもらえる。

飲み物は娘はソフトドリンクだが、私はワインのパッケージを注文。お酒は別料金となるが、ワインパッケージは良心的な価格設定だと思う。ワインのランクによる2種類のパッケージ(プレミアムとクラシック)があり、3本セット、5本セット等を選択出来る。白赤、スパークリングは勿論、そのパッケージのランク内で銘柄を指定出来る。もちろんアシスタントサーバーにお薦めを選んで貰う事も可能。
その日の食事で余ったボトルは翌日にキープしてもらう事も持ち帰りも可能。

子供向けのノンアルコールドリンクにも有料のノンアルコールカクテル等が用意されている。ソーダ類やジュース類なら別料金は発生しない。

娘は肉が好きなのでほぼ毎晩肉料理を頼んでいたが、分厚いステーキ等は切り分けるのが大変。なのでアシスタントサーバーがいつも綺麗に切り分けてくれた。
どのレストランにもキッズメニューがあるが、キッズメニューはハンバーガーやピザ、パスタ等、代わり映えのしない、正直お安いメニューばかりなので、小学生以上なら通常のメニューから選ぶことをお薦めする。コースメニューなので、一品一品はアメリカっぽい馬鹿みたいな量が出てくることは無い。(肉は厚くて大きめだけど)なのでスープかサラダにメイン一品、そしてデザートだけといった注文にすれば子供でも食べきれると思う。

ロイヤルパレスの料理の味は美味しかった。ディズニークルーズのレストランで提供される料理はまずまず美味しいと思う。知っている料理であれば大きく期待外れな味付けのものが出てくることはないと思う。

ロイヤルパレスのエスカルゴ

フレンチなのでエスカルゴ(カタツムリ)もあった。殻から取り出されたスタイルなので食べやすい。前菜にはこれとオニオングラタンスープを注文。

夕食には着席からデザートまで平均で約90分ほどの時間がかかる。なので、夕食後の予定は食事開始の時間から1時間半後以降にしておくのが安全だ。デザートまで済んでしまえば、テーブルメイトには「お先に失礼」と挨拶して席を立つことが出来るので、注文するメニューを前菜1品、メイン1品、デザート1品くらいにしておけば1時間ほどで済ますことも可能かもしれない。
実際平均的な日本人にはそれくらいで適量だが、前菜には美味しそうなものが多く、一皿が少量なので色々と注文したくなるし、前菜を数種類頼む人は多い。(特に欧米人は)

ディズニークルーズのタオルアート

クルーズではターンダウンがある。夕食後に部屋に戻ると毎晩、タオルアートとチョコレート、そして翌日のナビゲーターが置かれている。

食後はショー(セカンドシーティングの人は食前)なのだが、この日はディズニーのショーでは無くコメディショー。それなりの英語力が必要そうだったので、ショーをパスしてキャラグリとショッピング、そして娘はオセアニアラボで遊んで過ごすことに。
船内のショップはオープンが夕方からになるので、夕食の前後からショーの終了後くらいまでがお買い物タイムになる。
お土産は当然、クルーズでしか買えなそうな物が中心。クルーズのピンバッジやマグネット、写真立て、Tシャツ、そしてキャスタウェイケイから出す予定の絵葉書を数枚。(クルーズの絵葉書は無料で2枚がステートルームの引き出しに入っている)
船内ショップ以外にキャスタウェイにはキャスタウェイケイのみで販売しているお土産もあるので、それも考慮して購入。(同じ様な物がだぶらないように、最終的な買い物はキャスタウェイケイのショップを見てから以降にする)

さて、この日は大事な用件が残っている。
フィッシュエクステンダーのギフト配りだ。予めメモして置いたステートルーム番号を頼りにグループの皆にギフトを配りまくる。私のグループは4家族なのでそれほど大変では無いが、船内を階を変えながら前へ後ろへと移動するのは時間がかかった。
約30分程で完了。初日に配らなければならないというルールは無いが、自分の部屋で温めて置いても仕方が無い。

さて、初日の終了前にちょっと問題が発生。
オセアニアラボに行っていた娘から「帰して貰えない」とウェーブホンで連絡が。(2台の船内専用携帯電話、ウェーブホンが部屋に用意されているのでそれぞれ別行動の場合は携帯する)と、同時にオセアニアラボからも子供を迎えに来る様にというテキストメッセージが届いた。
オセアニアラボ、クラブから子供が帰る場合は基本的に保護者のお迎えと予め申告しておくパスワードが必要なのだが、8歳以上は子供だけで出入り自由と聞いていたので、すっかり一人で帰れるものと思っていたが、その為にはその様に申請登録する必要があったのだ。
早速オセアニアラボまで迎えに行き、次回からは子供だけで自由に出入り出来る様に登録をしてもらった。

さて明日はいよいよディズニーの島、キャスタウェイケイ。

1日目のナビゲーター(表紙とタイムテーブル表裏のみ)

ディズニークルーズのナビゲーター

表紙(1面)

ディズニークルーズのナビゲーター

タイムテーブル

ディズニークルーズのナビゲーター

タイムテーブル裏面

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>