ハワイ旅行 2017・準備編6・真珠湾 訪問準備


真珠湾(パールハーバー)に行く場合、もっとも簡単なのは現地ツアーだと思うが、ツアー料金は高目。(日本人ガイド付きは特に)
自力で行っても日本語のオーディオツアー(日本語で解説が聞けるヘッドセット)は借りられるし、戦艦ミズーリではチケット代に日本語ガイドツアーの料金が含まれている。
なので高い料金の日本語ツアーに参加するよりも自力で行った方がかなりお得。
問題はパールハーバーまでの交通機関なのだが、公共のバスで行くとかなり時間がかかる(片道1時間程度)。
この問題を解決してくるのが、お馴染みのワイキキトロリー。
パールハーバー方面に行けるパープルラインという路線が出来たので、速く、安く個人で行けるようになった。
パープルラインは本数が少ないので、予め時間を調べておくことが必要だが、アロハスタジアムでスワップミートが開催される日にはアロハスタジアムにも停車するので利便性が高い。
パープルラインに乗るには1日1ライン+ピンク乗り放題チケット(パープルラインを指定)というのを買えばOK。(ワイキキトロリーのサイトで事前購入すれば一人23ドル)
もちろんパープルライン以外のラインにも乗れる乗り放題チケット等もある。

パープルライン

紫がパープルラインのコース。ワイキキの主要ポイントを廻り、その後はアロハター、ピア38を経てパールハーバー(スワップミート開催日はアロハスタジアムにも)に向かう。

我々がパールハーバーに行きたい日は土曜なので、スワップミートも開催されいる。(水、土、日に開催)
なので、時間に余裕があればスワップミートにも立ち寄れるので好都合。
パールハーバーとアロハスタジアムは1キロ程度の距離にある。
ちなみにスワップミートとパールハーバーを一緒に訪問する場合、先にパールハーバーで予定を立てるのがいい。パールハーバーには手荷物が全く持ち込めない(ポケットに入るものと財布にカメラ以外)ので、買い物した荷物等は無い方がいい。荷物を預けるロッカー等はあるが、手間になる。

パールハーバーでアリゾナ記念館に渡るには当日専用の時間指定されたチケットを受け取る必要があるのだが、これがかなりの人気であっという間に無くなることもある。もし無くならなくてもかなり遅めの時間のチケットしか残っていないかもしれず、スケジュールが読めない。
現地ツアーに参加しても朝一で着いたらまずこのチケットを確保することから始めなくてはならない場合がほとんどの様だ。
しかし、実はこれはネットで事前予約出来るのである。僅かな予約手数料(3ドル)はかかるものの、(アリゾナのチケット自体は無料)これを利用すれば何時に現地に行けば良いかも分かるのでとても便利。
もちろん予約分は時間毎に枚数が決まっていて、あっと言う間に無くなっていくので、早めの予約が必要。

アリゾナ記念館予約

Dateに行く日にち、Ticketに枚数を入力してクリックすると、空いている予約時間が表示される。予約は2ヶ月前から開始。

この予約システムを利用して9時のアリゾナ記念館のチケットを確保出来たので、その1時間前、8時に現地に着いていれば良い。(指定時間の1時間前には着く様に書かれている)
この予約は当日アリゾナのチケット受付で予約番号を伝えれば時間指定チケットを貰えるというシステム。
ついでに日本語のオーディオツアー(1台7ドル50セント)も予約し、アリゾナ記念館の予約手数料と共にクレジットカードで支払いを済ませた。

ということで、パープルラインは始発のDFS7時発に乗ればOK。
パープルラインは宿泊しているヒルトン・ハワイアンビレッジの目の前、アクアパームホテルにも停車するのだが、混雑していると嫌なので、始発のDFSギャラリアまで行って、そこから乗ることにしようと考えている。

予定としてはアリゾナ(アリゾナの見学は9時指定だと10時15分終了予定)から戦艦ミズーリ、太平洋航空博物館と見学して(戦艦ミズーリと太平洋航空博物館のチケットは現地で購入予定)、お昼頃までにパールハーバー見学を終えられるようなら、アロハスタジアムのスワップミートにも行くつもり。

さて、これでハワイ旅行の事前準備は全て完了。
次回からは旅行記本編。




スポンサーリンク


関連情報を含む記事

ハワイ旅行 2017・準備編6・真珠湾 訪問準備」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ハワイ旅行記 18 2017・パールハーバー | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>