オプショナルツアー検討・グアム旅行準備編3


グアムは過去に3回訪れているが、特に観光らしい観光はしていない。
初めての時はHISのツアー(以降は個人手配)だったので、その時に到着後、半日観光に参加させられたくらい。

今回は7泊という、今までで一番長いグアム島旅行になるので、いくつかの観光、現地ツアー等を検討することにした。
行く事を検討しているのは以下の通り。

  • チャモロビレッジのナイトマーケット
  • デデドの朝市
  • 恋人岬
  • ポリネシアンディナーショー
  • マジックショー
  • ウォーターパーク

チャモロビレッジのナイトマーケットに関しては水曜日のみなので、現在の予定では到着日のみしか行ける機会は無い。
飛行機が定時に到着すれば余裕ではあるのだが、万が一のトラブルも考慮して自力で行く事にする。ナイトマーケットに向かうシャトルバスは往路が17時半から19時半まで、復路は21時頃までタモンとの間を結んでいるので、それを使う事にする。(当日に乗車チケットを購入する)

土日の朝にあるデデドの朝市も専用のシャトルバスがあるので、それを使ってもいいのだが、朝市と恋人岬の観光をセットにした現地ツアーがさほど高くは無い料金であるので、それを使った方が良いかと思っている。朝市のシャトルは混雑するということだし、早起きのついでに恋人岬観光も出来てしまうと言うのは魅力的だ。

ポリネシアンショーに関しては過去にP.I.C(パシフィック・アイランド・グアム)のものと、フィエスタ・リゾートのもの、そしてハイアットのブリージズサンセットバーベキューに行っている。
この中ではショーの規模としてはP.I.Cのもの、アットホームな雰囲気と場所ではフィエスタ・リゾートのものが良かったが、今回はショーそのものの評判の良いフィッシュアイポリネシアン・ディナーショーとザ・ビーチ・ディナーショーのいずれかを検討。
どちらもショーの内容は素晴らしいようだが、どちらかと言えばフィッシュアイの方がいいらしい。ザ・ビーチの方はショー会場のロケーションが素晴らしいようだ。
ただ、ザ・ビーチの方は屋外なので虫が多いというレビューがかなりある。娘は大の虫嫌いなので、これはかなりのマイナス。
フィッシュアイはサンセットクルーズとセットになったコースがあり、これの評判がいい。
ということで、今のところフィッシュアイポリネシアン・ディナーショーのサンセットクルーズ付きプランというのが第一候補。

フィッシュアイポリネシアン・ディナーショー

フィッシュアイポリネシアン・ディナーショーの食事はバフェかコースが選べる。面倒なバーベキューより断然こういうスタイルがいい。

マジックショーは色々ある。
以前からある有名どころではサンドキャッスル・グアム イリュージョンマジックショー、ニッコーのマジックディナーショー・カーメ、ハンク・ライス コメディーマジックショー等がある。
サンドキャッスルのものはマジックショーというよりもラスベガスのショーをイメージした総合エンターテインメントの様な感じで、シルク・ド・ソレイユの様なサーカス要素もあるらしい。そのせいか、マジックを堪能するという醍醐味には欠けるようだ。
カーメもハンク・ライスも賛否両論。言えてることはマジックショーのディナー(食事)は不味いと評価している人がかなり多いと言うこと。
であれば、食事は別で済ませるとして、マジックのみを鑑賞出来るものがいい。
食事有り無しが選べて、マジック自体の評価が高いのはウェスティンで行われているマジックロックスシアターというもの。これは食事付きを選んでもウェスティンのレストランで食事後にマジックシアターへ行って鑑賞というスタイルなので、食事自体も評判は悪くない。
が、残念なことに2016年の3月末で終了とアナウンスされている…。(最新の情報では2016年4月以降も継続の模様)
最近になってフィエスタリゾートで開始されたアンコール!(Encore!)というマジックショーの評判もいい。まだ始まったばかりでレビューは少ないが、コメディタッチのテーブルマジックから、大仕掛けのイリュージョンまで一通り堪能出来るらしい。これもマジックロックスシアター同様、基本的にショーのみで、食事はフィエスタリゾートのレストランやポリネシアンディナーショーとのパッケージが用意されている形。なので、ショーのみを予約すれば問題ない。
私達が泊まるアウトリガーからフィエスタリゾートまでは歩くとちょっとしんどい距離だが、送迎付きで予約出来る様だ。
今のところこの「アンコール!」が第一候補。

アンコール!グアム

アンコール!のリーフレット。ホワイトタイガーならぬホワイトライオンも出るのだろうか。

アウトリガーにもプール施設はあるし、ちょっとしたスライダーなんかもあるようだが、プール大好きな娘の為にウォーターパークも検討。
グアムのウォーターパークと言えばかつてはP.I.C(パシフィック・アイランド・グアム)が代名詞だったが、今ではターザかオンワードビーチリゾートの二択だろう。
ターザはタモンの街中にあるので便利だが、各種スライダーが主な様で、プール施設としては大きくは無いようだ。ずっとスライダーをやり続ける様な遊び方をする人ならいいだろうが、もう少しのんびりプールを楽しみたいという人にはオンワードがいいらしい。オンワードならスライダー以外にも波のプールに流れるプールと、ウォーターパークに欲しいプール施設が揃っている。
マンタという絶叫必至のスライダーも有名だ。
ということでウォーターパークはオンワードに行く事にする。送迎はタクシーで行ってくれるようだ。(往路は混載のタクシーでピックアップ、復路は自由な時間に帰れるタクシーチケット)

7泊の旅行期間に上記の予定を入れていけばまず毎日退屈することはないだろう。
今までのグアムはのんびり旅行だったが、今回は一番アクティブな旅になりそうだ。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>