グアム旅行記 (2016) 3・タガダ グアム アミューズメントパーク


タガダ グアム アミューズメントパークは連日24時まで営業している小規模な遊園地。夕方16時からのオープン(土日は午後13時頃からやってる)なので、基本的に夜に遊びに行くところ。
タモンの中心部、宿泊しているアウトリガーから徒歩5分程度なので、夜でも比較的安心して行ける立地だ。

Tagada Amusement Park, Guam

アウトリガーはもちろん、リーフ、プラザ、ウェスティン、ハイアットといったホテルからは徒歩圏にある。

乗り物はバイキングと室内バンパーカー、そして名物のタガダディスコの3つのみ。
我々の目当てはやはり他では見たことのないタガダディスコというアトラクション。(実際にはここだけにあるという物ではないらしいが、日本では見た事がない)
チケットはそれぞれの乗り物別と、全て乗り物に乗れるお得なセット券があるが、タガタディスコ以外には興味がないので、それのみのチケットを購入。
乗り物別チケットはタガダディスコが一番高くて、一人一回12ドル程する。

タガダディスコは円盤状の乗り物で、円周にソファータイプの座席がある。
DJのトークと曲に合わせて回転、上下をする仕組みで、背後に捕まるバーはあるものの、安全ベルトの様なものはないので、回転や上下のシェイクが激しくなると、椅子から振り落とされて円盤上を転げ回ってしまう。
その迫力や転げ回ってしまう同乗者を楽しむという、かなり過激なアトラクション。
ある程度の人数(最低でも5名以上は)が集まらないとスタートしないので、それなりに客が集まるまで待つ事になる。グアムにいる間に3回ほど(私は1回だけで娘が計3回乗った)乗ったが、タイミング次第では20分ちょっとは待たされることもあった。
DJは片言の日本語を話すので、客が日本人ばかりの時はほとんど日本語でトークしてくれ、選曲もJ-POP等をかけてくれる。

タガダディスコ

一回の稼働時間は意外に長い。ずっと激しく回転しているわけではないが、10分程度は動いてる気がする。

私はコーヒーカップの様な回転系の乗り物ですぐに気持ち悪くなってしまうのだが、これは円盤が大きい為か、酔うことはなかった。ただ、とても激しい乗り物なので、体力は必要かもしれない。
とにかく激しいので、乗ってる側も観ている側も大笑いしてしまう、そんな乗り物だ。

注意点としては、ポケットの中の物は全て乗り物の入り口にある無料の物入れにしまうこと。そうしないと円盤上に散蒔いてしまうことになる。(靴は全員脱いで乗る)
あとは女性のスカート。膝下くらいまであってもまくれ上がってしまうので、見せパン?を穿かずにスカートを穿いている場合は覚悟が必要。(実際モロだしになってる人も何人かいた…が、ちょっと度を超えたバラエティの罰ゲームを観ているようで、本人も含めて大爆笑だったが)ショートパンツ等が無難。

年配の方には勧められないが、友人グループ等で乗れば盛り上がること必至のアトラクション。
深夜24時までやっているし、タモンの中心にあるので寝る前に一盛り上がりしたいという時には打って付け。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

グアム旅行記 (2016) 3・タガダ グアム アミューズメントパーク」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: グアム旅行記 (2016) 6・ポリネシアンディナーショー | パパと娘の世界二人旅・The world travel of a papa and daughter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>