グアム旅行記 (2016) 2・チャモロビレッジのナイトマーケット


レアレアのチャモロビレッジエクスプレス、一応時刻表はあるのだが、かなりアバウトな運行のようだ。というのも、目的のシャトルの出発時刻を数分過ぎてリーフホテル玄関に着いたのだが、まだシャトルは出発していなかった。
すでにシャトルの席は半分ほど埋まっていたが、それでも出発する気配無し。シャトルの前にいたドライバーらしき人物に先ほどHISのレアレアラウンジで購入した乗車チケットを渡し、シャトルに乗り込む。
数分後、ある程度満席になったタイミングで出発。いつもそうなのかはわからないが、どうもある程度の人数になるまで出発しないシステムのよう。

チャモロビレッジまでの道はかなりの渋滞。距離はそれほどでもないはずなのだが、かなり時間がかかった。

到着後も雨は降ったり止んだりで、時折強く降ることも。この天候でもナイトマーケットは盛況で、かなりの人出。マーケットの規模はそれなりに大きく、全部見て回るのには小一時間はかかりそう。

まずは夕食をここでと決めていたので、各種の串焼き等をプレートに盛って提供してくれるチャモロバーべキューの屋台へ。同じような料理を提供している屋台がいくつかあるが、空いている所よりも行列になっているところを狙うのがお約束。
客が多いところの方が美味しいのは必然だろう。
注文の仕方はアメリカの中華のファストフード等でよくあるタイプ。主菜(レッドライス)に、あとはおかず(串焼き)を何品にするかで値段が決まっていて、おかずはチョイス出来る。
雨が降っていたので、ひさしのあるベンチで食事。
お味はまあまあ。特別に美味しいわけではないが、まずくもない。

チャモロバーべキュー

ビーフのBBQにソーセージ、ヤキソバみたいのをチョイス。レッドライスは2スクープ。結構なボリューム。

その後、定番の椰子の実(ココナッツ)ジュースを購入。椰子の実に穴を空け、ストローを刺してくれる。冷えていないし、微妙な味。飲み終わったら再度購入した店に持って行くと、実を切って、中の果肉を切り分け、醤油とワサビをつけてくれる。(この時に1ドル程の別料金がかかる屋台もあるそうだが、私達は込みの料金だった)椰子の実の刺身だ。甘くないナタデココに醤油をつけて食べる感じ。

その後は土産物屋を覗き、ホテルへ戻る。南の島らしいダンスのショーなんかも催されているので、それなりに楽しめる場所だった。

帰りのシャトルは各種のバスが同じ道沿いにたくさん停まっているので、自分たちのものを探すのにちょっと苦労する。行きと帰りではレアレアのチャモロビレッジエクスプレスも車両が変わっていて、往路は通常のレアレアトロリーと同じ、大きめのバンのような形をした車だったが、帰りは大きな観光バスだった。

まだ余力があったので、夜遅くまで営業しているタガタという小型遊園地に行ってみることにした。


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>