カテゴリー別アーカイブ: ディズニー

ハワイ旅行 2017・準備編4・レストラン予約


ハワイで食事に困るということはない(特にワイキキ辺りでは)だろうが、混雑必至の店では予約が重要。待つことさえ厭わなければ予約無しでは入れないという店は無いが、食事の為に1時間も待つようなことは避けたい。
しかし予約を入れてしまうと行動を制限される(その時間に店に行かなければならないので)というデメリットもある。
なので、絶対にその店で食べたい、そして絶対に混んでいるという確信(情報)があるものだけを予約するのがいい。
サンセットの眺めが評判のレストランなんてのも多いが、その場合はやはりアウトサイドか窓際の席を確保しないと意味がないので、それをリクエストしての予約が大切。もちろん旅行中の日没時間を調べておいて、日没時間の30分〜1時間前位を予約する。

ということで今回事前に予約を入れたレストランは以下の通り。

ハワイ島

  • レジェンズ・オブ・ハワイ(ヒルトンワイコロアビレッジ内、カメハメハコートでのポリネシアンディナーショー)
  • カムエラ・プロビジョン・カンパニー(通称KPC、ヒルトンワイコロアビレッジ内レストラン)

レジェンズ・オブ・ハワイはレストラン予約というよりもディナーショー予約なので、現地ツアーを扱っている VELTRAでプレミアムシートを予約。
KPCは味とサンセットの絶景(ハワイ島のレストランではベストと言われる)で有名な店なので、夕刻、日没頃のアウトサイドテーブルを予約無しで利用することはほぼ不可能。予約はオープンテーブル(OpenTableは主要な観光地のレストランを無料で予約出来るサイト)で行い、可能であればアウトサイドテーブルをお願いしたいとリクエストに書き添えた。
実はサンセット時刻のアウトサイドテーブルを確約してもらうには別途追加のテーブルチャージを払うという方法もあるらしいのだが、それは行わなかった。

オアフ島

  • マカヒキ(ディズニー・アウラニ・リゾートのキャラクターブレックファスト)
  • bills(ワイキキにある朝食が評判の店)
  • ショアバード(アウトリガー・リーフ内の肉や魚を自分で焼くスタイルのレストラン)
  • ルースズ・クリス・ステーキハウス(ステーキの味と品質ではハワイでベストと評判の店)

マカヒキはアウラニの公式サイトから簡単に予約。(英語サイトのみで日本語サイトでは予約が出来ない)かなり人気の店なので早めに予約(180日前に予約開始)しないと満席となることが多いと思うが、予約自体は希望の日と時間、名前とメールアドレス、電話番号の記入くらいでとても簡単。
私は予約開始と同時に予約を行ったが、その時点では全時間空いていて好きに選べる状態だった。

アウラニ

英語サイトではダイニングの所にReservationというところがあるので、そこからマカヒキやアママの予約が出来る。日本語に切り替えると使えないので注意。

billsは今では日本にも上陸しているが、オーストラリア発祥のとても美味しい朝食を食べられると評判の店。中でもリコッタ・パンケーキは名物。
朝食時間(朝食以外の営業ももちろんしている)の行列は必至との噂だったので公式サイトから予約を行った。公式サイトからの予約だが、オープンテーブル(OpenTable)のシステムに飛ぶ仕組み。

オープンテーブル

レストラン予約サイトは数々あるが、opentableの様に無料というのは有難い。海外ではレストランが公式な予約システムとして利用しているケースも多く安心感もある。

ショアバードはメインの肉や魚を専用のグリルコーナー(焼く場所)で自分で焼くというスタイルで有名な店。窓際の席を予約出来ればサンセットの眺めでも定評がある。この店は予約が必要かどうか微妙なところなのだが、サンセットの頃に利用ということで一応予約しておくことにした。
ここも公式サイトからの予約だが、オープンテーブル(OpenTable)のシステムに飛ぶ仕組みだった。

ルースズ・クリス・ステーキハウスはワイキキビーチウォークにある、ステーキの味でかなり有名な店。ディナータイムの混雑は有名で予約が推奨されている。公式サイトからの予約は独自のものだが、予約自体は簡単に行えた。

以上が今回予約を行ったレストラン。
一昔前までは国際電話を使って店に直接電話するか、旅行代理店等に手数料を払って予約してもらうかだったものが、こうも簡単に全ての店の予約を自分で出来てしまうというのは感動。

次は現地ツアーの手配。




ハワイ旅行 2017・準備編3・ワイキキのホテル


オアフ島ではコオリナのアウラニ・ディズニー・リゾートにもまた泊まってみたいと思っていたが、ハワイ島にも行くと言うことで、ちょっとアウラニ宿泊は予算オーバー。
アウラニには日帰りで遊びに行くことにして、オアフ島での5泊はワイキキのみとすることにした。

過去、ワイキキではマリオット、ハイアット、プリンセスカイウラニ、オハナイースト、アストン・ワイキキ・ビーチ、そしてヒルトン・ワイキキ・ビレッジと宿泊経験があるが、今回はヒルトン・ワイキキ・ビレッジとアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートに候補を絞った。
どちらもオンザビーチ(ビーチに面したホテル)のホテルで、ワイキキの中心部(ハイアット辺りが中心部と思う)からは西に位置する。
ワイキキ中心部へのアクセスではアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート、ホテルの施設や規模(特にプール施設)の充実度ではヒルトン・ワイキキ・ビレッジがいい。
料金的にはアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートの方が安価だ。

アウトリガー・リーフ

アウトリガー・リーフはビーチウォークの奥にあるので比較的落ち着いた雰囲気と利便性が両立された評判のいいホテル。(中心部にあるアウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートとは別)

かなり迷ったが、前回宿泊して気に入ったという安心感と、ワイキキには何度も訪れているので、中心部に近い必要も無いだろうということで、ヒルトン・ワイキキ・ビレッジに決定した。
ワイキキ中心部までは確かに遠いが、砂浜をアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートまで歩き、そこからビーチウォークに抜ければ、苦になるほどではないということも経験済み。

ヒルトンワイキキビレッジ

ヒルトン・ワイキキ・ビレッジはワイキキのホテルとしては最大の規模が魅力。ビーチも中心部よりも空いていて快適。プール施設も充実。

当初、ヒルトンの公式サイトからタワー指定無しのリゾートビュー(一番安いカテゴリー)で予約したが、その後、楽天トラベルでタワー指定無しではあるが、オーシャンビューへのアップグレード確約の宿泊プランが安く出ていたので、公式サイトでの予約をキャンセルし、楽天トラベルから予約を入れ直した。(宿泊料が安いことに加えて楽天ポイント10倍という特典付きだった)

楽天からの予約でもヒルトンオーナーズ(ヒルトンのメンバープログラム)の予約ページには先に予約したハワイ島のヒルトン・ワイコロア・ビレッジと並んでヒルトン・ワイキキ・ビレッジの予約も反映されていた。(楽天からの予約時にオーナーズクラブの会員番号を入力したからか、氏名でマッチされたのかは不明)

これでハワイ旅行での全てのホテル予約が完了。
あとは滞在中の観光や食事(レストラン予約)を検討する。




TDRのオフィシャルホテル・サンルートプラザ東京


東京ディズニーリゾート(TDR)のオフィシャルホテルは過去にサンルートプラザ東京以外の全てのホテルに宿泊経験があるが、今回やっとサンルートプラザ東京に宿泊したので感想を。

今までサンルートプラザに一度も宿泊していなかった理由は、最もリーズナブルなオフィシャルのはずなのに、常にもっと安く他のオフィシャルに宿泊出来たからという単純に予算的な理由だったが、初めて朝食付きで全オフィシャルの中で最も格安な宿泊プランに遭遇したので利用してみた。
サンルートプラザの客室は種類が多いのだが、我々が泊まったのはクルージングキャビン3(16.5㎡)というクルーズ船の船室をモチーフにした部屋。
この部屋がサンルートプラザの中で最も狭く、最も安く提供されている。ちなみにクルージングキャビン2という同コンセプトの若干広目の(ベッドも大きくなる)部屋もある。

サンルートプラザ東京のクルージングキャビン

シングルベッド2台が並ぶクルージングキャビン3

クルージングキャビンはその名の通り本当に船室の様な作り。ディズニークルーズのステートルームに近い感じだ。(ディズニークルーズは多くの船室が風呂トイレ別だが、サンルートプラザのクルージングキャビンは残念ながらバストイレ一緒のタイプ)
ビジネスホテルのシングルルームの様な狭い空間を上手くアレンジしてあって、子供は喜ぶ。
子供は喜ぶし、寝るだけと割り切れば、清潔である意味機能的なので文句の無い部屋ではあるが、まずカップルには向かない。又、もっとも狭いクルージングキャビン3では3人家族になるとかなり手狭だと思う。(ベッドがシングル2台なので添い寝は厳しい)
ソファーベッドがあるので3人でも利用出来るのだが、3人家族以上ならクルージングキャビン2(19.4㎡)以上の部屋がいいと思う。
風呂も安いビジネスホテルのそれを想像してもらえば分かると思うが、とても狭いので子供と一緒の入浴も厳しいと思う。
ちなみにクルージングキャビンではない、普通の部屋(スタンダードツイン)ならちゃんとセミダブルのベッド2台で26.6㎡の広さがある。

クルージングキャビン

客室ドアはまさにクルーズのステートルームといった雰囲気。室内にはちゃんと救命胴衣も用意されている。(絶対に使わないけど)

今回朝食付きで泊まったが、意外に朝食ビュッフェが美味しかった。
品数はヒルトンやシェラトン等に比べて劣るが、子供との食事なら十分に満足出来るレベル。混雑に合わせて朝食会場となるレストランは増減されるようだが、一階にあるメインのカリフォルニアはパーク開園に合わせた食事をしようとするとまず待ち時間が発生する。
それでも10分程の待ち時間で利用が出来た。(繁忙期ではなかったからかもしれない)

サンルートプラザの利点としては、オフィシャルの中で唯一、ディズニーランドまで直行の送迎バスがあることがあげられる。もちろん他のオフィシャル同様にベイサイドステーションまでのリゾートクルーザー(バス)もある。ただし、ディズニーランドまでの直行バスはベイサイドステーションまでのものに比べて便数が少ない。(ランドの開園、閉園に合わせて増便されるが)
ディズニーランドにはとても近い位置にあるので、ランドまでは徒歩で行くことも十分に可能な位置だ(パークエントランスまで約15分)。

ということで、今回初めてサンルートプラザ東京に泊まったが、値段が最安なら又利用してもいいと思う。ホテル全体のリゾート感や高級感というものはないが、パークで遊ぶことがメインならとてもいいホテルだと思う。

これでTDRのオフィシャルは全制覇した。ディズニー直営(実際は直営という呼び方はせずディズニーホテルと言う)もアンバサダーとディズニーランドホテルには泊まったので、残るはミラコスタのみ。
(2016年夏に新しいディズニー直営ホテル、ディズニーセレブレーションホテルがオープンするが、エリアが新浦安だし、サービスを簡略化するとアナウンスされているので、従来のグッドネイバーホテルにディズニーの装飾を施した様な感じになるのではないかと思われる…)

TDRのオフィシャルホテル比較

ディズニーランドホテル (TDR)

ディズニーアンバサダーホテル(TDR)