カテゴリー別アーカイブ: ディズニー

ディズニークルーズとお酒


多くのクルーズ船がお酒の持ち込みを禁止しているが、ディズニークルーズは自由に制限の無い持ち込みを許可している。ただし預け入れ荷物に入れることは禁止されているので、手荷物として持ち込まなければならない。又、キャスター付きクーラーバックでの持ち込みも禁止されているので、必然的に大量のお酒の持ち込みは出来ない。

寄港地(ナッソーなど)で購入したお酒ももちろん持ち込める。
ただし、ポートカナベラルに帰港の際には無税で持ち込める範囲に注意が必要。アメリカへのお酒の持ち込みは種類に関係なく1リッターまでが無税だ。なので750㎖や1ℓのボトルは1本までとなる。それ以上は関税を払えばもちろんOK。
このへんは日本への持ち込み量(日本帰国の際にはボトル3本まで無税)と混同してしまう人がいるので注意。

クルーズ船の中でも免税でお酒が買えるが、船内の免税店で購入したお酒は船内で飲むことは出来ず、帰港まで受け取ることが出来ない。

お酒は持ち込まずとも船内で各種提供されている。(もちろん安くはないが)
中でもワインはパッケージで購入すれば比較的良心的な価格で楽しめる。ワインのパッケージはプレミアムとクラシックというランクが有り、それぞれ3本〜7本までのパッケージが選べる。
基本的にローテーションダイニングの席でサーブされるが、余った分は部屋に持ち帰って飲むことも出来る。通常クルーズの日数に合わせて選ぶが、それほど飲まないなら少ないパッケージを選んでもいいし、逆に飲むなら多めのパッケージを購入しても構わない。(一晩で2本飲んでも構わない)
プレミアムでもクラシックでもそのカテゴリーの中から白、赤、スパークリングが選べる。
単品よりもパッケージの方がかなりお得なので、ワインを飲むならパッケージをお薦めする。

ビールを飲む人ならビアマグパッケージの購入がお得だ。
これを最初に購入しておけば、以降、16オンスの値段で22オンスの生ビールを飲めるようになる。このマグは持ち運ぶ必要は無く、購入証明を代わりに提示すればいい。最後の利用の際には新しいマグをもらって記念に持ち帰ることが出来る。(クルーズのロゴが入ったビアマグだ)

ディズニークルーズのビアマグ

ビアマグは船内のバー等、生ビールを提供している場所で購入出来る。飲むなら最初に購入しよう。

カクテル類は船内のあちこちで楽しめる。キャスタウェイケイでも提供されている。
普通のボトルビール等は市価の2〜3倍の値段で提供されているので船内での購入はあまりお薦め出来ない。

ディズニークルーズへの乗船はオーランド空港からかWDWからになるのが一般的だと思う。
とすると、いずれにしても酒類を安価に入手出来る機会はないかと思う。なので、特に拘りの銘柄等が無いならば、重い思いをして持ち込むよりも船内で提供されている物を選んだ方が良い様に思う。
乗船前にスーパー等に立ち寄る機会のある人(レンタカーの人や乗船前の滞在で市内のスーパー等に行く人)ならば、安く入手出来るので好みの物を持ち込むことをお薦めする。

オーランド旅行記 目次


WDWのソーサリー・オブ・マジックキングダム


オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドのマジックキングダムで3年ほど前から開始されているインタラクティブ・ロー-ルプレイング・カードゲーム「ソーサリー・オブ・マジックキングダム(Sorcerers of the Magic Kingdom)」について紹介。

このゲームを開始するには有効なパス(パークチケット)が必要なだけで特に料金は不要。
まずは初期登録が必要になるので、マジックキングダム入場後、エントランス付近、ゲストリレーションズ横にある消防署で、パークチケット(もしくはマジックバンド)を提示して行う。
最初に受け取るのはキーカードと何枚かのスペルカード、そしてマップのセット。

ゲームの舞台となるのはトゥモローランドを除くマジックキングダムのほぼ全域。
まずは最初に行くように指示されたポイント(ポータルと呼ばれる)に行き、キーカードを鍵穴に当てるとゲームがスタートする。内容はヴィランス達の悪の企みをくじくというもの。
キーカードでゲームを開始させたら、後はスペルカード(呪文カード)をかざして闘っていき、勝負が決まったら次のポータルへ移動し、闘いを繰り返す。
一つのストーリーは5回前後ポータルを巡ると完結し、次のストーリーを始めるポータルが指示される。全9ストーリーを終えればクリアとなる。内容はランダムに決まるので毎回進行が変化する。
クリアには3〜5時間が必要で、順調に勝ち進めば早くクリア出来る様になっている。

ソーサリー・オブ・マジックキングダムの魅力は美麗なカードの収集とインタラクティブ性。
ポータルでのゲーム開始はキーカードを鍵のマークに接触させるが、スペルカードは画面に向かってかざす(敵に向ける)だけで呪文が繰り出され、まさに魔法のカードを使っている感覚が味わえる。
各ポータルで映し出されるストーリーもかなりよく作り込まれている。

ソーサリー・オブ・マジックキングダム

それとは分からない様に仕込まれたカメラがカードを読み取っている

スペルカードはゲームをクリアする毎に5枚が無料で貰える。又、マジックキングダムに入場する度に都度新しいカードが貰えるという大盤振る舞い。WDW滞在中、毎日行けば毎日貰えるが、その日に一度はゲームをプレイしている必要がある。(ゲームをせずにカードだけもらいに行くことは出来ない)
スペシャルイベントの当日分パークチケットを持っていれば限定カードを貰えることもある。又、ゲストどおしでのトレーディングも行われている。
更に有料のブースターパック(7枚セット)がマジックキングダム内の各ショップで販売されている。ブースターパックには必ずレアカードが一枚は封入されている。

ソーサリー・オブ・マジックキングダム

カードは綺麗で収集する楽しみは大きい。

日本人旅行者が限られた時間の中で何度もゲームに挑戦するのは難しいかもしれないが、レベルイージーでトライすれば何も考えずにスペルカードをかざしていくだけでクリア出来るので、最初に貰えるカードセット+クリアボーナスのカードセットは入手出来ると思う。
1回クリアすると2周目のレベルを聞かれるが、ミディアム以降のレベルは戦術が必要になってくるので、時間の限られた旅行者がクリアしている時間は無いだろう。
レベルは更にハードまである。

ソーサリー・オブ・マジックキングダム

キーカード

ソーサリー・オブ・マジックキングダム

スペルカードには属性や強さ等のレベルがあるが、それらを考慮した戦術が必要になるのはミディアム以上の難易度から。

ソーサリー・オブ・マジックキングダム

マップにはポータルの位置が記されている

初期登録やカードの受け取りを出来る場所はゲストリレーションズ横の消防署以外に、リバティ・スクエアのイ・オールドクリスマスショップ付近にもソーサリー・オブ・マジックキングダム専用の出張所がある。
消防署が混んでいる場合には出張所の方が空いているケースが多いので、そちらを利用した方がいい。

オーランド旅行記 目次


ディズニークルーズのドレスコード変更


ディズニークルーズのドレスコードの変更が2013年の夏に公式にアナウンスされていたらしい。
主な変更点はローテーションダイニングに於けるディナーで、公式にジーンズとショートパンツがクルーズカジュアルとして認められたということの様だ。
パロやレミー等のレストランは今まで通りで変更は無い。(つまりジーパンや短パンはNG)

これまでも朝食や昼食はかなりラフな格好でも問題なかったし、一般的に短パンやジーンズは不適当と思われていたディナーでも、実際にはそういう格好のゲストも多く見られた様なので、最初からクルーズカジュアルの定義はディズニークルーズに於いては曖昧だった。
その曖昧な部分をディズニークルーズ側が公式にアナウンスしてということになる。

ショートパンツに関しては「ドレス・ショートパンツ」をクルーズカジュアルとして認めるということになっているが、このドレス・ショートパンツというのは聞き慣れない。
つまりは水着やスポーツウェア的なもの以外ということらしい。ジーンズに関してもダメージの大きい物(穴だらけのもの)は不適当とされている。

もちろん一週間以上のクルーズではフォーマルデーがあるので、その時にはそれなりの格好が必要だが、オプショナル・ドレスアップのみしか無いショートクルーズでは、ドレスアップは任意なので、長いズボンを持たずに乗船することが出来る様になった。(公式にという意味)

これにはアナウンス当時、ディズニークルーズのディスカッションサイト等で賛否両論の意見が闘わされた様だ。
主な論争としては、「せっかくのクルーズなのに短パンやジーンズの人達と一緒に夕食なんて嫌」「正装をしたすましたテーブルメイトよりもラフで気さくなテーブルメイトが良い」「ディナーにそれなりの格好をするのは文化」「多くのゲストは下船後WDWに行くので余計な服を夕食の為だけに持参せずに済むのは有りがたい」と、まさに賛否両論。
しかし8割方はこのクルーズカジュアルの変更(というより追認?)に賛成の意見だったようだ。

多くの人達はディズニークルーズが他のクルーズよりも小さな子供を含むファミリー利用が多いこと、特にポートカナベラル出航のクルーズはテーマパークと合わせての旅行であることから、小綺麗なショーパンルックであれば歓迎されるべきという意見だ。

なので、ローテーションディナーにショートパンツやジーンズで行くことは全く問題が無いわけだが、少数とは言えそれを好ましく思わない人がいるということも確かだ。逆にショートパンツやジーンズ以外の格好の人は嫌という人はいないだろう。
とすれば、個人的には従来のクルーズカジュアル(チノパン等の長ズボンにポロシャツやアロハ)で行くことが無難だとは思う。

オプショナルドレスアップの日はキャラクター達も正装しているので、自分達もそれなりの格好をした方がいい写真が撮れることは間違い無い。

ディズニークルーズのドレスコード

ジャケットにネクタイ、下はショーパンにサンダル。実際にこういうのもOKという例。

まあ、それぞれの主義や好みに合わせて、服装の自由度が高いというのは良いことだとは思う。
ディズニークルーズはあくまでもテーマパークの延長と考える人はラフに過ごせば良いし、ディズニークルーズと言えども豪華客船の旅らしさを大事にしたいという方はそれなりの服装でディナーに行けば良い。
私は本来かしこまった格好は苦手だし、面倒くさがり屋ではあるが、写真の出來を優先してそれなりの服を持参しようと思っている。

オーランド旅行記 目次