カテゴリー別アーカイブ: ディズニー

準備その21・クルーズのドアデコレーション作り (オーランド)


ディズニークルーズのステートルーム(船室)のドアを飾るデコレーション作りを始める。
このドアデコレーションは多くの乗船客が行っていて、家族連れではまずやらない人はいない。
買うことも出来るのだが、日本では専用のものはなかなか手に入らないし、乗船後に船内で買ったのでは他の人達と被りまくるだろう。
ということで、自作することにした。

ドアは金属製なのでマグネットを使う。テープ類の使用は禁止されている。
あとはA4サイズの厚手の写真専用紙にプリントしたものを切り抜き、100均でマグネットシートやマグネットシールを買ってきて裏に貼れば完成だ。
一般的にシート状のマグネットは磁力が弱いので、ある程度の大きさで貼る必要があるが、物が紙で軽いので、全面に貼るような必要はない。全体の50パーセントくらいの大きさが適当だった。
マグネットはシート状の物を使うことをお薦めする。堅い磁石だとドアを傷つける心配がある。

インターネット上を英語で「Disney Cruise Door decoration」等で検索すれば様々なサンプルやテンプレートが見つかる。
その中からいくつかをチョイスして、自分達の名前を入れるようなものは手持ちの画像編集ソフトで文字入れをしてから、家庭用インクジェットプリンターで印刷。
紙は絶対に厚手の写真専用紙がいい。普通紙では厚みが足りないし、仕上がりが悪くなる。
こういった用紙も少量なら100均で入手出来る。

まず絶対に欲しいのはドアの円形プレートの周囲を飾るタイプのもの。
定番はミッキーの耳だ。シンプルなものからかなり凝ったものまで様々なものがある。
あとはネームプレート。

今回は以前、東京ディズニーランドのポリネシアンレストランでもらったペーパープレートにもマグネットを貼り付けて飾ることにした。
工夫次第で色々な物がデコレーションに使えそうだ。ただ、船内とはいえ、ステートルームの外に貼っておくものなので、高価な物や無くして困るものは使わない方がいい。

ディズニークルーズのドアデコレーション

完成したドアデコレーション

私達は以上のお手軽制作で用意したが、時間をかければもっと凝ったものも作れるだろう。
プラ板で土台を作り、その上にプリントを貼れば質感の高いデコレーションも出来る。
工作好きの子供がいるなら、旅行の前から楽しい時間を過ごせるはずだ。

オーランド旅行記 目次


ポップセンチュリーの部屋番号


WDWのバリュークラス直営リゾートの中でも値段と利便性のバランスが良く、人気のディズニー・ポップセンチュリー・リゾート。
今回は部屋番号の見方と、部屋番号と部屋の位置関係を解説。

ポップセンチュリーに限らず、同じ様な構造になっているバリューリゾートは4桁の部屋番号を持つ。普通は階数を表す数字に部屋の番号が続くと思うが、ポップセンチュリーの場合は最初の数字は棟の番号(ビルディングナンバー)になる。
次いで2桁目が階数(フロアナンバー)で、最後が部屋番号だ。
つまり1234なら、1棟の2階にある34号室になる。

ポップセンチュリーは50年代〜90年代までの棟があるが、ビルディング番号は以下の通りだ。

  • 50年代=1〜3
  • 60年代=4〜5
  • 70年代=10(0と表記)と6
  • 80年代=7と9
  • 90年代=8

階数に関しては4階建てなので1〜4になる。

ポップセンチュリーマップ

クラシックホール(ロビー棟)の右から反時計回りに1〜10のビルディング番号となる。10号棟(70年代)は0と表記される。

部屋はT字型の建物のそれぞれ一辺に12室ずつ並ぶ形で割り振られている。裏表合わせて一つのウィングに計24室、T字で3つのウィングがあるので1フロアに72室、4階建てなので一棟288室だ。
T字の交わる部分にエレベーターと製氷機がある。

ポップセンチュリーの部屋番号

ポップセンチュリーの部屋番号はこの通りに並んでいる。エレベーター(製氷機)にもっとも近いのは01、25,29、48、49、72になる。

コネクティングルーム(室内に隣の部屋と繋がるドアがある)は次の部屋番号どおしとなる。
02-03 04-05 06-07 18-19 20-21 22-23
26-27 28-29 30-31 42-43 44-45 46-47
50-51 52-53 54-55 66-67 68-69 70-71

以上、ルームカテゴリーを解説した記事と併せて読んでもらえれば、ポップセンチュリーの部屋位置をより理解しやすいと思う。

オーランド旅行記 目次


ハイアット リージェンシー オーランド インターナショナル エアポート


オーランド旅行の際にとても便利なのが空港内にあるホテル「ハイアット リージェンシー オーランド インターナショナル エアポート」
空港内にあるホテルなので到着してすぐに休むことも出来るし、ホテルを出てすぐに飛行機のチェックインも出来る。なので、到着日や帰国の前日に利用する人が多いと思う。

hyatt regency Orlando International Airport

空港ロビーとまさに直結。

日本からオーランドに行く場合、米国内のどこかで乗り継ぎとなるので、どんなに早い到着でも午後にはなるし、夜に到着となることも多い。
多くの日本人旅行者はWDWのリゾートへと向かうことになると思うが、夜遅い到着ならまずは空港のハイアットで一泊し、翌朝、マジカルエクスプレスでWDWへ向かうというのもいいと思う。
モシWDWでの宿泊が格安なバリュークラス(オールスター等の)であればいいが、モデレートクラス以上の高価なリゾートで、深夜の到着でただ寝るだけの1泊分の宿泊費を使ってしまうのも勿体ない。
ハイアットの宿泊費は通常1泊200ドル前後なので、WDWリゾートの宿泊費がそれ以上で、夜遅い到着ならハイアットでの1泊をお薦めする。

帰国時はもしフライトが早朝なら、帰国便搭乗の前夜にハイアットに移動して1泊すればかなり楽になる。朝8時頃のフライトの場合にWDWから空港に向かうとなれば、マジカルエクスプレスのピックアップは早朝4時頃になるはずだ。
ハイアットに宿泊していれば5時半頃にホテルの部屋を出れば良い。そのまま歩いてすぐにチェックイン出来る。
この場合も宿泊しているWDWリゾートのクラスによって判断してもいいかもしれない。早朝4時頃に部屋を出るのに、そのために1泊分のリゾート宿泊費を使うのと、ハイアットに泊まるのとどちらが料金的にお得かも考えてみるといいだろう。

ディズニークルーズに乗船する人ならハイアットの利用価値は更に大だ。
クルーズ乗船者が前泊に使う場合、その旨をフロントに告げておけば、スーツケースをハイアットの部屋からクルーズ船内まで自動的に運んでくれるサービスがある。
フロントで専用の用紙をくれるので、それに記名し必要事項を書いて、翌朝、クルーズシャトルの受付に渡せば良い。スーツケースは部屋のドアの内側に置きっぱなしで大丈夫だ。(クルーズのタグ等はきちんと付けておくことと、乗船時に必要になる物はスーツケースに入れておかないように注意を)
オーランド到着後にすぐにクルーズに乗船する旅程の場合は、絶対に前泊が必要になる。もしクルーズ乗船に間に合う様なフライトだとしても、飛行機の遅延やキャンセルは頻繁に起きることなので、クルーズ乗船当日にオーランド着のスケジュールを組むことはとても危険だ。
前泊するだけの為にWDWのリゾートへなんてのは移動も無駄なだけなので、ハイアット宿泊がベストだ。

もしハイアットへのチェックインが午後早めの時間なら、フロリダ・モールに公共のバス(LYNX)で短時間(片道約30分ほど)で行けるので、買い物に出掛けてみてもいいと思う。(空港内にもテーマパークのショップ等が揃っているし、ハイアットにはプールもあるので時間はつぶせると思うが)
フロリダ・モールまで行けばモールから徒歩圏内にスーパーのターゲットやトイザらスなんかもある。
空港からは111番か42番のバス(LYNX)に乗ればフロリダ・モールに行ける。帰りは同じ111番か42番の逆方向(Orlando International Airport 行き)に乗れば空港に戻ってこられる。

オーランド旅行記 目次