カテゴリー別アーカイブ: 雑記

旅行の思い出を香りで蘇らせる事が出来る


旅の思い出を保存する手段としては写真にビデオ、行く先々で買ったお土産のディスプレイといった所が一般的だろう。
しかしそれらの視覚で思い起こすよりも、臭覚での方が圧倒的にその時の記憶や感情を呼び起こす効果があることが知られている。

普段あまり嗅いだこと無い香りを何処かで嗅いで、時間を隔ててから偶然同じ香りに遭遇すると、最初に嗅いだ時のことをはっきりと思い出すという経験がある人も多いと思う。

これは嗅覚のみが直接前頭葉につながっている事と、感情を記憶する扁桃体にもつながっている為だと言われている。臭覚以外の感覚(視覚・聴覚・触覚・味覚等)は視床といわれる部分を経由して大脳皮質につながっている。
臭覚は圧倒的にダイレクトに脳に記憶され、更にその時の感情と結びつきやすいのだ。

そういった臭覚と記憶の仕組みを利用して、旅行の思い出を保存する方法としてアロマを使うのだ。日本人でこれをやっている人はあまり知らないが、欧米では旅をする時のTip’sとしてこの方法を紹介している人もいる。

アロマディフューザーを使うならは小型で持ち運びしやすい物がいいだろう。熱を利用するタイプよりもミスト式の方がベストだ。間違ってもホテルの部屋で蝋燭で加熱する用具等は使わないように。
電源は乾電池かUSBを使用出来る物なら世界の何処ででも使える。

アロマディフューザー

ミストタイプで小型、電池やUSBで稼働する物を選ぶのがいい。

アロマオイルは普段あまり使わない香りを選ぶ。もちろん自分や同行者が嫌いでは無い香りを。
旅先のホテルに着いたら、部屋に居るときにアロマを使うようにすると、その香りはその旅行の香りとして脳に記憶される。
香りの種類に依っては鎮静や疲労回復、安眠等の効果があるので一挙両得だ。

ディフューザーを使わなくてもアロマオイルさえあれば、それをティッシュに染みこませて置いたりするだけでも効果はある。

旅が終わったら、時々、機会がある毎に同じアロマオイルを嗅げば旅行中の思い出や感覚が呼び起こされるはずだ。その旅行がとても楽しい旅行だったなら、気分が落ち込んだときに嗅げば気が晴れるかもしれない。

普段アロマ等使わないという人なら、アロマオイルはラベンダーがお薦めだ。抗菌作用と鎮静効果があると言われている。新婚旅行等、カップルでの旅行ならイランイランがいい。ロマンチックな気分になれることで知られている香りで、リラックス効果と不眠解消の効果もあると言われている。
どちらも定番と言えば定番の香りなので、嫌いという人は少ないはず。ただ、アロマオイルはメーカーや抽出方法で同じ銘柄でも香りが違うので注意が必要。


オーランドに世界一の絶叫マシン


オーランドにはI-ドライブ360という新たな観光スポットがオープンしたばかりだが、又新たな計画が進行している。
今度もI-ドライブ360に似たプロジェクトで、目玉となるアトラクションを中心に、各種の小売店やレストラン等が集まる施設になるようだ。
場所もインターナショナルドライブ沿いで、I-ドライブ360に至近。

さて、中心となるアトラクションだが、かなりのスケールの絶叫マシンとなるようだ。
名称は、「Skyscraper(スカイスクレイパー)」
どんなアトラクションかと言うと、地上173メートルのタワーの頂上付近から、ねじり落とされるように何度となくループを繰り返しながら高速で落下していくコースタータイプのアトラクションだ。最高速度は時速104キロ。
タワーからの落下とループコースターが合体したようなアトラクションで、とてもではないが、高所恐怖症の人には絶対に無理なシロモノだろう。

スカイスクレイパー

コースターは何度となく頭が地上側に向く形でループする。

スカイスクレイパー

ライドの形状は列車型では無い。

タワーの最上階には展望台と展望レストランが作られるとのこと。
絶叫マシンが苦手なら、展望台に上がるだけにするか、のんびりと高所からの眺めを楽しめるI-ドライブ360のオーランドアイの方がいいだろう。
いずRにしても建設に290億円が投入されるとのことで、中途半端な観光施設ではないようだ。

スポットの名称は「Skyplex(スカイプレックス)」
2017年のオープン予定だ。

オーランド旅行記 目次


アメリカ旅行での注意点とマナー


アメリカが一部の都会や観光地を除いて車社会であること、治安が日本に比べて良くないこと、チップの習慣が徹底(欧州等よりも)していること等は基本的なことなので理解している人は多いと思う。
日本と完全に異なる部分については下調べもするだろうし、注意もするだろうが、微妙に違う事、ついうっかりやってしまいそうな事も色々ある。
今回はそういったことを中心に紹介する。ただ、一口にアメリカといってもとても広い国なので、地域によってはこの限りではないこともあるかもしれない。

トイレはノックしない

日本人は空いているかどうかを確認する意味でノックするが、アメリカでは「早く出ろ」という意味になる。そもそもアメリカのトイレはノックせずとも使用中かどうかを容易に確認出来る様になっているので、ノックはしない。個人の家でも未使用時はドアを開けておく場合が多い。

電車やバスで寝ない

乗り物に乗ると眠くなってしまう人も多いと思うが、これはしてはいけない。公共交通機関ではしっかりと目を開けておくように。

障害者用スペースに健常者は駐車しない

日本でも基本的にやってはいけないことだが、日本ではあちこちの駐車場で便利な場所にあるから、一般のスペースが混んでいるからという理由で、障害者用の駐車スペースに車を駐める健常者を見掛けると思う。アメリカでこれをやるとかなりの確率で発見、通報される。そして高額な罰金を支払うことになる。

障害者用の駐車スペース

駐車スペースもそうだが、障害者用のトイレ等も障害者の優先使用が徹底されている。アメリカでは障害者が自由に外出、社会参加しているので、障害者用のスペースを必要としている人達がとても多いのだ。

人前で化粧を直さない

日本では電車の中でメークをしている女性も見掛けるが、アメリカでは完全にアウト。交通機関の中はもちろん、メークは人前ではしない。必ずトイレ等に行って行うこと。特別に罰金などがあるわけではないが、相当変な人と思われる。(娼婦のみがするという認識がある)

子供が騒ぐのは当たり前ではない

子供中心の場所、子供が多くいて当然の場所ではこの限りでは無いが、公共の場所やレストラン、劇場等で子供が騒ぐことを大目に見てはもらえない。親がしっかりとコントロールすることが当然と思われている。しかしだからといって騒ぐ子供を大声で叱りつけたり、叩いたりすれば通報される可能性が大。

お金は財布から出さない

いちいちお金を財布から取り出さないこと。基本的に高額な買い物はクレジットカードで、少額の現金はポケットから取り出す。

ドアは手で押さえる

建物のドアを開けて出入りする際、後方に人がいれば必ず押さえる。押さえて貰ったら必ずサンキューと言う。これはほぼ確実に行われているので忘れずに。

挨拶は見ず知らずでもする

あまり多くの人が行き交う場所では無い様な所で人とすれ違う際には、見ず知らずでも挨拶をする。ホテルの廊下ですれ違う際やエレベーターで誰かと乗り合わせた際などだ。(混んでいるエレベーターは除く)挨拶をされたら必ず返事をしよう。無視はとても感じが悪い。

レディファーストの徹底

列を作って入ったり乗り込んだりするような場所ではこの限りでは無いが、特に列や順番が決まっていない場所、例えばエレベーターの乗り降りや、小人数でのバスや電車の乗り降り等ではレディファーストが徹底されている。女性よりも優先されるのは障害者と老人。この優先順位を守らないとかなり失礼な人間と思われる。

日本人旅行者は旅行先で迷惑と思われるような行動をする人は少ないと思う。総じてマナーの良い旅行者ではないかと思うが、コミュニケーションが苦手、恥ずかしがり屋という事で誤解されることが多い様に思う。
旅の恥は掻き捨てなんて言葉があるが、郷に入れば郷に従えという言葉もある。多少の気を使うだけで気持ちよく過ごせるならその方がいいだろう。