カテゴリー別アーカイブ: 雑記

インタラクティブキューライン


東京ディズニーランドでもスタンバイ時間が常に長い「ピーターパン空の旅(Peter Pan’s Flight)」。
アメリカのディズニーでもこの人気は同じで、あまり待たないアメリカ人でも常に60分前後のスタンバイの列を作っている。
なのでファストパス+の対象アトラクションとして候補になるが、オーランドのマジックキングダムではキューラインが改装され、インタラクティブキューラインになったとのこと。
(オーランドのマジックキングダムではピーターパンにファストパスが設定されているが、何故か東京ディズニーランドではファストパス対象から除外されいる)

新しいキューラインはオーランドのウォルト・ディズニー・ワールドではどんどん増えているインタラクティブキューラインと呼ばれる物で、触ると動いたり、色が変化したりという仕掛けが施されているもの。
東京ディズニーランドのトゥーンタウンにある仕掛けを想像して貰うと分かりやすいかもしれない。(実際にはあれよりかなり凝っている)
ああいった仕掛けがスタンバイのキューラインに施されているわけだ。
現在東京ディズニーランドにこのインタラクティブキューラインは無いが、ウォルト・ディズニー・ワールドでは新しいアトラクションにはもちろん、以前からあるアトラクションにも、比較的スタンバイの待ち時間が長いものから徐々に導入されてきている。(ホーンテッドマンション、プーさんの冒険、ビッグサンダーマウンテン、7人の小人のマイントレイン等)
予約が可能なファストパス+の導入で、以前より長い待ち時間を要するようになってきたスタンバイへの配慮から続々導入を進めているらしい。

ピーターパンのキューラインにはダーリング家の内装が再現され、稼働する装置とプロジェクションマッピングを使用して、ピーターパンの影と遊べたり、子供部屋を飛び回るティンカーベルがいたりといった、かなり凝った仕掛けになっている。キューラインを離れる際にはピクシーダストがゲストに振りかけられる。(実際にはゲストへの映像投影と思われる)
アトラクションの内容は東京ディズニーランドとほぼ同じだが、東京のキューラインはただの列なので、待ち時間の印象は全く異なると思う。

Peter-Pan-Interactive-Queue

飛び回るティンク。立体的な映像と、ティンクの動きに合わせて動く仕掛けで作られている。

インタラクティブキューラインはファストパス+を使うと体験出来ないので、東京ディズニーランドでは観られない仕掛けを観たいという場合にはスタンバイで並ぶしかない。
とは言っても60分以上待つ様な場合、インタラクティブな部分がずっと続くわけではないので、素直にファストパス+で乗ってしまった方がいい場合もある。
提案としては、60分前後、もしくはそれ以下の待ち時間が通常のアトラクションで、インタラクティブキューラインを持つ場合はスタンバイで、90分以上の待ち時間が予想されるものや、通常のキューラインしかないアトラクションはファストパス+でといった計画がいいかもしれない。

haunted-mansion

ホーンテッドマンションのインタラクティブキューラインもかなり凝った内容で人気。

オーランド旅行記 目次


今後のWDW拡張計画


フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドの今後の拡張計画で大きなものをいくつかご紹介。

まず直近ではダウンタウン・ディズニーがリニューアルオープンしてディズニー・スプリングスという名称に変更される。
段階的にオープンして完全オープンは2016年の予定。
既に計画部分の多くがオープンしているので、2015年の旅行でも新しいディズニー・スプリングスの殆どを体験出来る模様。
ただ、工事は続行中なので駐車場が一時的に激減しているなど、付近の渋滞が予想される。ディズニーからもこのエリアへの移動には余裕を持つようにアナウンスされている。

内容としてはエリアの再構築、既存店の拡張とリニューアル、新規店舗のオープン等。ディズニー公式の商業、飲食、レジャーエリアという位置づけだったダウンタウン・ディズニーに、フロリダの文化というテーマを全面的に加え、再構築されているらしい。

  • 以前プレジャーアイランドと呼ばれていたエリアがザ・ランディングというエリアになり、まず高級レストラン「The BOATHOUSE」が拡張オープン。次いでアメリカ版、料理の鉄人である森本シェフによる「森本アジア」、ステーキハウスの「STKオーランド」がオープン。その他、Erin McKenna’s Bakery NYC、Havaianas、Sound Lion等新規店舗が続々オープン。
  • 屋外エリアとしては上記のザ・ランディングの他にザ・タウンセンターというエリアが作られ、遊歩道沿いにショップやレストランが配置される。
  • 世界一広いディズニーストアのワールド・オブ・ディズニーが更に拡張される。
  • ウェストサイドのエリアは階層化され、下の階層では日陰、上の階層からは良い眺めが提供できる場所になるらしい。ここはエンターテインメント施設が中心となる。

次はディズニー・アニマルキングダムの新エンターテインメントと拡張計画。

現在4大テーマパークのうち、夜間のエンターテインメント・ショーの提供が唯一無いのがアニマルキングダム。(マジックキングダムではエレクトリカル・パレードやウィッシュ、ハリウッドスタジオではファンタズミック、エプコットにはイルミネーションズがある)
遂にアニマルキングダムにも他のパークと同等以上のナイト・エンターテインメントが作られる。その名もリバーズ・オブ・ライト(Rivers of Light)。
水上で行われるショーで、フロートランタン(灯籠)とウォータースクリーンを組み合わせた視覚効果がメインになる。投影される映像は自然と動物をテーマにしたものらしい。
ウォータースクリーンを使うということなので、ファンタズミックやカリフォルニア・アドベンチャーのワールド・オブ・カラーに似た感じかと想像するが、なんと、音楽は生演奏で提供されるとアナウンスされている。
(動物が近くにいるので、大音響では行えないということもあると思う)
パーク閉園時間に合わせて開催されるキャッピングショーとのことなので、それはイルミネーションズやウィッシュ等と同じで、ショー時刻はアニマルキングダムの閉園時間に設定される。
スタート時期は未定だが、予想では2016年中。

リバーオブライト

RiversOfLightのイメージ画像。やはりワールド・オブ・カラーに似ている。

アニマルキングダムでは大規模なアトラクション・エリアとなるアバター・エリアの工事も進行中だが、これのオープンは2017年。
かなり大きなエリアに大規模アトラクションが建設されるらしいので、工事期間もそれだけ長い。
なぜ今頃アバターなのかと思う人もいるだろうが、2017年に映画「アバター」の続編が公開される。この映画の公開の後にエリアをオープンさせる計画の様だ。
メインとなるアトラクションは最新のテクノロジーが惜しみなく投入されるとのことで、現在世界最高ライドと言われいるユニバーサル・スタジオのハリー・ポッターを意識していると想像出来る。ライドとしてはそれを凌ぐものを提供し、ホグズミード村の代わりに、衛星パンドラの風景がエリア全体に広がるわけだ。

ということで、計画中の全てをちゃんと体験したいなら2017年の夏頃以降にオーランド旅行を計画した方がいい。
とは言っても、その頃には更なる拡張、新規計画が発表されていると思うので、実際には行けるときに行くべきだと思う。

オーランド旅行記 目次


WDWのクイックサービスレストラン


ウォルトディズニーワールド滞在中のレストラン予約は既に完了しているが、予約したレストランは一日一件。一日3食食べるかどうかは分からないが、一日一食ということはないと思うので、予約レストラン以外でも当然食事はする。
ポップセンチュリーリゾートに宿泊するので、そのフードコートも何回かは利用するだろうし、橋を渡ってすぐに行けるアートオブアニメーションリゾートのフードコートにも行ってみようかと思っている。

他に是非利用してみようと思っているレストランは以下の通り。

まず日本食が恋しくなるだろうと思うので、エプコットの日本館にある飲食店。
ここにはKabuki Cafe、Katsura Grill、Teppan Edo、Tokyo Diningと4つの日本食を食べられる店がある。Teppan EdoとTokyo Diningはメニューを見るとちょっと値が張るので、気軽に食べられるKabuki CafeかKatsura Grillでと思っているが、Kabuki Cafeは寿司しかないようなので、うどんやカレーライス等もメニューにあるKatsura Grillが有力候補。

マジックキングダムのクイックサービスレストラン、Pinocchio Village Hausは一部の席からイッツアスモールワールドが見られるとのことで、その感じはカリブの海賊が見られるTDRのブルーバイユーに似ているそうだ。
メニューはFlatbread(具を乗せた平たいパン)やMeatball Sub(ミートボールのサンド)等、簡単な料理ばかりだが、アトラクションを眺めながら食べられる席が利用出来るようならここでも食べたいと思っている。

Pinocchio-Village-Haus

こんな感じにスモールワールドが見えている

軽食で外せないと思っているのはダウンタウンディズニーにあるEarl Of Sandwichだ。
米国の食べログの様な評価サイトでもすこぶる好評価なサンドイッチ専門店で、日本人旅行者の評判もかなり高い。
アメリカでそこらへんのクラブサンドを食べただけでも美味しいと思うことが多いが、平均以上の美味しさらしいので楽しみだ。
とりあえずは店の名前が入っているThe Earl’s ClubかThe Original 1762辺りをオーダーして食べてみれば良いのかと思うが、トマトが好きなので、トマト入りのThe Earl’s Clubが良さそうだ。
同じくトマトも入っていて全部入りといった感じのThe Full Montaguというのも美味しそうだが、こちらはマスタードソースらしいので、子供にはThe Earl’s Club、私はThe Full Montaguを頼んでシェアしてみるのもいいかもしれない。
ちなみに上記の3種は同じ値段だ。

Earl Of Sandwich

美味そうだ。

今のところ是非寄ってみようと思っているのは以上。
旅行までにもう少し調べておこうと思う。

オーランド旅行記 目次