ハワイ旅行 2017・準備編1・飛行機


私にとっては6度目、娘にとっては4度目のハワイ旅行。
準備はいつも通り飛行機の手配から始めた。

今回はオアフ島の他、初めてハワイ島にも行くことにしたので、オアフ島(ホノルル)乗り継ぎでハワイ島へ行き4泊、ハワイ島からオアフ島に戻って5泊、そして帰国という日程での手配。
ハワイ島にはヒロ空港とコナ空港という2ヵ所の空港があるが、現在、ハワイ島観光の玄関口として主に使われているのはコナ空港になる。
ハワイ島には島内観光とワイコロアリゾートへの滞在という目的で行くので、この目的で考えてもコナ空港が良い。

いつも通り航空会社の選択肢はマイレージプログラムに加入していて、ハワイへの路線を持つ、JAL、ANA、デルタのいずれか。この中からベストな便を選ぶ。
希望としては、出発日は出来るだけ早くコナに到着し、コナからホノルルへの移動はお昼前後が選べ、帰国便は出来るだけゆっくりホテルを出られるというパターン。
そして我が家にとってかなり重要なのが2席のみの連席で配置されているシートパーターン。ビジネスクラスとかであれば簡単だが、エコノミーの場合は窓際3席、中央3〜4席というシート配置が多いので、窓際2席という機材での運航便を選びたい。
ホノルル、コナ間の様な短い飛行時間であれば拘らないが、長い時間乗っている区間では絶対条件。
もちろん料金も重要。

いつも通り、それぞれの航空会社のサイトから便を検索。

結果、値段と時間でのベストはJAL、シート配置ではANA、デルタは論外に。
JALよりも値段はやや高くなるし、到着時間や出発時間も希望通りとは言えないが、最も重要なシート配置での選択肢はANAしかなかった。
ホノルル、コナ間の便はかなりの選択肢(ハワイアン航空かアイランドエアのいずれか)があるが、便数が多いのはハワイアンで、しかもアイランドエアはプロペラ機、ハワイアンはジェット機。
プロペラ機の利点はジェット機よりも低い高度で飛ぶので景色がいいことくらい。機内はかなり五月蠅いし、揺れる可能性もジェット機より高い。(ほとんど海の上の移動なので眺めが良くてもあまり意味も無い)
都合の良い時間帯での便が選べ、快適そうなハワイアンをチョイスしたが、そこはうまく出来ていて、これを選ぶとアイランドエアを選ぶよりも値段は高くなる…。

今回はANAからハワイアン航空での他島移動も含めて購入したが、別々(成田、ホノルル間はANA、ホノルル、コナ間はハワイアン航空で)に購入することももちろん出来る。
しかし何か特別な事情でも無い限りはわざわざ別購入する必要は無いと思う。別購入の場合は、成田のANAカウンターでは預け入れ荷物に最終目的地(コナ)までの荷物タグを付けてもらえないので、ホノルルで通関後、スーツケースをハワイアン航空のチェックインカウンターまで自力で運び、再度預け入れ手続きをする必要などがある(ターミナルは別)。ANAから通しで買っていれば、最初からコナまでのタグを付けてくれるので、ホノルルで通関後、税関を出たすぐの場所で再預け入れが出来るので面倒が無い。
更に万が一、ANAの遅延等でハワイアン航空の便に乗り継げなかった場合、通しで買っていればANAに後続便への振り替えをお願いできるが、別々に買っていると、ハワイアン航空のカウンターまで行って、自力で交渉をする必要が出てくる。

ということで、航空券の購入は無事終えたのだが、オーランド旅行にANAを使った時と同様、座席指定を行えるのは成田、ホノルル間の往復のみで、ハワイアン航空での便は窓際か通路側かというリクエストしか出来ない。(オーランド旅行の時の米国内線移動部分のユナイテッド便と同じ)
しかしオーランド旅行の時にユナイテッド便に対して行った裏技が今回も使えた。
ハワイアン航空のサイトでANAから発行された予約番号を入力すると、座席指定が出来るページに行けるのだ。そこではANAも含めた全行程の情報が確認出来るが、ANAのサイトとは反対に、ANA便は座席指定が不可で、ハワイアン航空のみ座席指定が可能になっている。
そこでホノルル、コナ間の往復ともに無事座席指定を完了。この座席指定はANAのサイトには反映されないが、結果的に無事指定通りの座席になっていたので大丈夫。

ハワイアン航空のサイト

ハワイアン航空サイトの予約確認で姓とANA発行の予約番号を入力すればOK。予約情報画面にはハワイアン航空における予約番号も表示されるので、以降はその番号でハワイアン航空の予約情報にアクセスすることも可能。

さて、シート配置優先で値段と時間的条件を妥協して購入を終えた航空券だが、この後とても残念な事になる…。
早めに購入した時にはスケジュール変更や機材変更というリスクを覚悟しなければならないが、見事にそういう事態に当たってしまうことに。
顛末は旅行記本編で。




スポンサーリンク


グアム旅行記 (2016) 13・7泊8日のグアム旅行終了


グアムの最終日は帰国の飛行機が16時55分発なので、午前中は最後のプールとビーチで遊び、正午にアウトリガーをチェックアウト。荷物は預けて食事と最後のショッピングへ。
IHOPでランチを食べて、JPストアをうろつき、14時に荷物を受け取り、来たときと同じ楽天トラベルの送迎サービスで空港へ。

今回7泊という、グアム旅行としては長目の日程だったので、最後の2日間くらいは同じ様な所をうろついてた感じ。やはりグアムはハワイに比べてコンパクト。
ハワイよりも勝っているのは中心部の海がワイキキよりも圧倒的に綺麗で空いていることだと思う。ので、ビーチ目的ならグアムはお薦め。(もちろんハワイでもオアフ以外の他島ならこの限りではないと思うが)

タモンのビーチ

ホテル街にあるビーチとしてはタモンのビーチは驚くほど綺麗。

観光やショッピング、グルメ目的なら断然ハワイだと思う。
あと、気候的にもハワイがやはり快適。同じ常夏の楽園といってもグアムは湿度が高い。
今回は初めて夏に行ったが、グアムに行くなら冬がいいと感じた。夏は雨期ということで、冬よりも圧倒的に雨が多い。(天気は運次第だけど)

私にとっては4度目、娘にとっては2度目のグアム。それなりに見るべきものは見て、行くべき所には行き尽くしたと思う(特別な目的をもたない一般の観光客としては)ので、主観ではあるけれどグアム旅行のお薦めは以下の通り。

  • ショッピングはブランド物に興味が無ければ、タモンの中心にあるJPストアとKマートで事足りる。同じ物ならKマートが断然安いので、先にKマートを見るべき。マイクロネシアモールはハワイのアラモアナショッピングセンターほどの価値はない。が、マイクロネシアモールのペイレス スーパーマーケットだけは行く価値あり。プレミアムアウトレットでは何と言ってもロス ドレス フォー レス。
  • 食事で特に美味しいと感じたのはカリフォルニアピザキッチン(何処にでもあるけれど)。メスクラドスのバーガーも美味しかった。高級ホテル(ウェスティンやハイアット)のホテルバフェも悪くは無いけれど、かなり高めの料金設定なのでコストパフォーマンスは悪い。パンケーキは何処で食べてもそれほど違わないので、比較的空いているIHOPでいいんじゃないかと思った。
  • マジックロックスかアンコール、どちらかのマジックショーは観るべき。
  • チャモロビレッジのナイトマーケットとデデドの朝市は曜日が合えば行くべき。ただしショッピング目的なら期待外れになるかも。定番の観光スポットと言えば恋人岬だが、天気さえ良ければ本当に素晴らしい景色なのでこれも一度は行くべき。

タモンビーチ

今回、グアムサマービーチフェスティバルというイベント期間と重なって、ホテル前のビーチから花火を見ることも出来た。

次回はハワイを計画中。オアフ以外ではマウイ島にしか行ったことがないので、ハワイ島に行ってみることにした。
ということで次回からはハワイ旅行準備編を投稿予定。


グアム旅行記 (2016) 12・GPOのチャッキーチーズ


今回のグアム旅行で娘が楽しみしていたチャッキーチーズ。
全米に展開しているファミレス兼ゲーセンの様な店。ハワイにもあるが、ワイキキ周辺からはアクセスが悪い。グアムのチャッキーチーズはグアムプレミアムアウトレット(GPO)にあるので、行きやすい。

チャッキーチーズ

チャッキーチーズはGPOの敷地内、映画館横にある。GPOのフードコートから外に出た所で、レアレアトロリーの乗り場のすぐそば。

チャッキーチーズの特徴は、入店時に保護者と子供に同じハンドスタンプが押され、退店時にはそのスタンプの照合が行われる。保護者は子供を店に残して(ゲームで遊ばせておいて)一時退店することも可能で、子供だけでは退店出来ない。ハンドスタンプが合わない大人と退店することも出来ない。つまり安全に子供を残してGPOで買い物ということも出来るシステム。

食事のメニューはピザがメイン。食事はしてもしなくても自由なので、我々は食事をとらなかったが、イメージに反して(美味しいピザを食べられる雰囲気がしない…)ピザの味も評判が悪くない。

ゲームだけを楽しむ場合はトークンと呼ばれるゲーム用のメダルを購入して遊ぶ。食事とトークンのセットもある。
食事をとらない我々はトークンのみを購入して遊んだ。
ゲームの種類は日本のゲーセンにもあるようなビデオゲームや遊園地にあるようなカーニバルゲームの様なものまで豊富に揃っている。
トークンを投入してゲームをやり、その得点に応じてチケットが排出される。
集めたチケットを数えられる機械があって、その機械でチケットをカウントし、排出されるレシートを景品交換カウンターに持って行き、景品と交換出来るという仕組み。
もちろんトークンもチケットも有効期限はないので、複数日通ってチケットを貯めることも可能。

チャッキーチーズ

景品交換用のチケットとトークン(ゲーム用のメダル)

が、景品はかなりショボい。100均の玩具程度かそれ以下と思えるものが並んでいるし、かなり頑張って枚数を貯めてもそれほど欲しいと思えるようなものも無いと思う。
ので、景品目当てで頑張る気持ちにはなれないので、純粋にゲームを楽しんだ方がいいと思う。
ゲームの単価(トークンの値段)自体は格安に設定されているので、ゲーセンとして考えれば安く長く遊べる。1ゲーム25セント程度の値段なので10ドルもあれば40回はゲームが出来る。

景品と交換するためのチケットはゲーム以外にも一定時間毎に行われるイベントでも配られる。
チャッキーチーズのマスコット、チャッキーが音楽と共に登場し、子供達とのダンスタイムが行われる。このダンスタイムの終わりにチケットが散蒔かれ、それを子供達がかき集めるというもの。
床に散蒔かれたチケットを子供達が必死に拾い集める様子はちょっとどうか…と思える光景だが。

チャッキーチーズ

このネズミがチャッキー。

子供の年齢にもよると思うが、小さな子供ならかなり楽しめる店だと思う。
GPOでゆっくり買い物がしたいという親にとっても有難い場所だろう。個人差もあるだろうが、8歳以上くらいの子供なら、メダルさせ豊富に渡しておけば、1時間程度は自由に遊ばせておけるのではないかと思う。10歳以上ならまず問題はないだろう。
娘は最初こそ楽しんでいたが、2回通って飽きた様子。(景品のショボさにがっかりしたようだ)