タグ別アーカイブ: 観光

オプショナルツアー検討・グアム旅行準備編3


グアムは過去に3回訪れているが、特に観光らしい観光はしていない。
初めての時はHISのツアー(以降は個人手配)だったので、その時に到着後、半日観光に参加させられたくらい。

今回は7泊という、今までで一番長いグアム島旅行になるので、いくつかの観光、現地ツアー等を検討することにした。
行く事を検討しているのは以下の通り。

  • チャモロビレッジのナイトマーケット
  • デデドの朝市
  • 恋人岬
  • ポリネシアンディナーショー
  • マジックショー
  • ウォーターパーク

チャモロビレッジのナイトマーケットに関しては水曜日のみなので、現在の予定では到着日のみしか行ける機会は無い。
飛行機が定時に到着すれば余裕ではあるのだが、万が一のトラブルも考慮して自力で行く事にする。ナイトマーケットに向かうシャトルバスは往路が17時半から19時半まで、復路は21時頃までタモンとの間を結んでいるので、それを使う事にする。(当日に乗車チケットを購入する)

土日の朝にあるデデドの朝市も専用のシャトルバスがあるので、それを使ってもいいのだが、朝市と恋人岬の観光をセットにした現地ツアーがさほど高くは無い料金であるので、それを使った方が良いかと思っている。朝市のシャトルは混雑するということだし、早起きのついでに恋人岬観光も出来てしまうと言うのは魅力的だ。

ポリネシアンショーに関しては過去にP.I.C(パシフィック・アイランド・グアム)のものと、フィエスタ・リゾートのもの、そしてハイアットのブリージズサンセットバーベキューに行っている。
この中ではショーの規模としてはP.I.Cのもの、アットホームな雰囲気と場所ではフィエスタ・リゾートのものが良かったが、今回はショーそのものの評判の良いフィッシュアイポリネシアン・ディナーショーとザ・ビーチ・ディナーショーのいずれかを検討。
どちらもショーの内容は素晴らしいようだが、どちらかと言えばフィッシュアイの方がいいらしい。ザ・ビーチの方はショー会場のロケーションが素晴らしいようだ。
ただ、ザ・ビーチの方は屋外なので虫が多いというレビューがかなりある。娘は大の虫嫌いなので、これはかなりのマイナス。
フィッシュアイはサンセットクルーズとセットになったコースがあり、これの評判がいい。
ということで、今のところフィッシュアイポリネシアン・ディナーショーのサンセットクルーズ付きプランというのが第一候補。

フィッシュアイポリネシアン・ディナーショー

フィッシュアイポリネシアン・ディナーショーの食事はバフェかコースが選べる。面倒なバーベキューより断然こういうスタイルがいい。

マジックショーは色々ある。
以前からある有名どころではサンドキャッスル・グアム イリュージョンマジックショー、ニッコーのマジックディナーショー・カーメ、ハンク・ライス コメディーマジックショー等がある。
サンドキャッスルのものはマジックショーというよりもラスベガスのショーをイメージした総合エンターテインメントの様な感じで、シルク・ド・ソレイユの様なサーカス要素もあるらしい。そのせいか、マジックを堪能するという醍醐味には欠けるようだ。
カーメもハンク・ライスも賛否両論。言えてることはマジックショーのディナー(食事)は不味いと評価している人がかなり多いと言うこと。
であれば、食事は別で済ませるとして、マジックのみを鑑賞出来るものがいい。
食事有り無しが選べて、マジック自体の評価が高いのはウェスティンで行われているマジックロックスシアターというもの。これは食事付きを選んでもウェスティンのレストランで食事後にマジックシアターへ行って鑑賞というスタイルなので、食事自体も評判は悪くない。
が、残念なことに2016年の3月末で終了とアナウンスされている…。(最新の情報では2016年4月以降も継続の模様)
最近になってフィエスタリゾートで開始されたアンコール!(Encore!)というマジックショーの評判もいい。まだ始まったばかりでレビューは少ないが、コメディタッチのテーブルマジックから、大仕掛けのイリュージョンまで一通り堪能出来るらしい。これもマジックロックスシアター同様、基本的にショーのみで、食事はフィエスタリゾートのレストランやポリネシアンディナーショーとのパッケージが用意されている形。なので、ショーのみを予約すれば問題ない。
私達が泊まるアウトリガーからフィエスタリゾートまでは歩くとちょっとしんどい距離だが、送迎付きで予約出来る様だ。
今のところこの「アンコール!」が第一候補。

アンコール!グアム

アンコール!のリーフレット。ホワイトタイガーならぬホワイトライオンも出るのだろうか。

アウトリガーにもプール施設はあるし、ちょっとしたスライダーなんかもあるようだが、プール大好きな娘の為にウォーターパークも検討。
グアムのウォーターパークと言えばかつてはP.I.C(パシフィック・アイランド・グアム)が代名詞だったが、今ではターザかオンワードビーチリゾートの二択だろう。
ターザはタモンの街中にあるので便利だが、各種スライダーが主な様で、プール施設としては大きくは無いようだ。ずっとスライダーをやり続ける様な遊び方をする人ならいいだろうが、もう少しのんびりプールを楽しみたいという人にはオンワードがいいらしい。オンワードならスライダー以外にも波のプールに流れるプールと、ウォーターパークに欲しいプール施設が揃っている。
マンタという絶叫必至のスライダーも有名だ。
ということでウォーターパークはオンワードに行く事にする。送迎はタクシーで行ってくれるようだ。(往路は混載のタクシーでピックアップ、復路は自由な時間に帰れるタクシーチケット)

7泊の旅行期間に上記の予定を入れていけばまず毎日退屈することはないだろう。
今までのグアムはのんびり旅行だったが、今回は一番アクティブな旅になりそうだ。


オーランド旅行記番外編・予約や手配で使用した旅行会社等


今回のオーランド旅行の手配と予約で使用した会社やサイトは以下の通り。

航空券
ANA(全日本空輸)公式サイト

昔と違って最近では旅行会者の販売する格安チケットと航空会社が直接販売する格安チケットの料金差はほとんどない。ならば座席指定等もその場で行え、搭乗便も即座に分かる航空会社からの直接購入が一番いい。特に子連れ旅行では便の利便性と座席は重要だ。
航空券は当初、JAL、デルタも考慮したが、座席配列や値段、乗り継ぎの利便性等を総合的に判断してANAにした。

ケネディ・スペースセンター
VELTRA・Alan 1(海外現地ツアー総合ポータル)

ケネディ・スペースセンターへのオプショナルツアーは何処の旅行会社に申し込んでも現地の旅行会社(日本語ツアーを扱うのは数社しかない)が主催する現地ツアーの斡旋販売に過ぎない。(例えばHISやJALパック等が独自にツアーを行っているわけではない)様々なツアーや個人旅行の人達が一緒になって現地旅行社のツアーに参加するわけだ。なので何処で申し込んでもコース毎の内容は同じだ。
NASAは内容理解が大事な施設なので日本語のツアーを申し込んだ。様々なツアーのタイプを並べて比較出来、キャンペーン等も随時行っている現地ツアーのポータルサイトを利用した。

ディズニークルーズ
WDW直営リゾートとパークチケット
ミッキーネット

米ディズニー関連の予約ならここしかない。まず値段はディズニー公式サイトから予約するのと全く同じだ。(ミッキーネット独自の割引で実質的には若干安く予約出来る事が多い)
システムはディズニー公式予約システムと連動(公認旅行社はシステムを共有している)しているのでその場で空室なども確認出来る。
値段も信頼度も変わらないのなら、日本語で対応してくれるミッキーネットで決まりだろう。
実際サポートも迅速で、過去アナハイムやアウラニへの旅行でも予約をここで行っているが何も問題がない。

ディズニークルーズの予約そのものはミッキーネットで行ったが、その後のオプショナルツアー予約、クルーズフォト(フォトパスのようなもの)の事前購入等はディズニークルーズの公式サイトで行った。(My Disney Cruiseへの予約の登録が必要)もちろんオンラインチェックインも利用した。
WDWのMy Disney Experienceへの情報登録もそうだが、ディズニークルーズのMy Disney Cruiseへのアカウント登録等に必要な情報もミッキーネットなら確実に入手出来る。

WDWレストラン予約
ラ・ヌーバのチケット
ウォルト・ディズニー・ワールド公式サイト(My Disney Experience)

WDWでのレストラン予約はミッキーネットでも代行してくれる(宿泊日数分が代行無料)が、その場で自分で確認しながら、時間調整等が行えるのでMy Disney Experienceから自分で行った。
直営宿泊者特典である180日前予約のおかげで全レストランを全て希望時間でとれたが、ネット予約の場合、きっかり180日前にならないと予約出来ないのが難点。電話なら最初の宿泊日の180日前にチェックアウト日までの分を一気に予約出来るらしい。(このへんは今後改善されるかも)

ラ・ヌーバのチケット予約もウォルト・ディズニー・ワールド公式サイトから行ったが、予約システムはシルク・ド・ソレイユのもので、シルク・ド・ソレイユのサイトからでも同じシステムにリンクしている。E-チケットを自分でプリント出来るのでそのまま入場出来る。
席を自分で確認して買えるのは便利だが、席を選ぶシステムに癖があるので、好みの席を表示させるのに手間がかかったのが難点。

もちろんMy Disney Experienceからはファストパス+の60日前予約、マジックバンドのカスタマイズ、メモリーメーカーの事前購入、そしてオンラインチェックイン等も行った。

ヒルトン・グランドバケーション・インターナショナルドライブ
ヒルトン公式サイト

ヒルトンオーナーズ(ヒルトン系列ホテルのメンバーシップ)の会員なので、公式サイトから予約。
もちろん公式サイトからの直接予約と他のホテル予約サイトからの予約とで料金に差があるかどうかを確認してから行った。
ちなみに予約に問題が起こった場合や、問い合わせがある場合には日本のヒルトン予約デスクに電話して日本語で対応して貰える。

ロウズ・パシィフィック・リゾート
Expedia(ホテル予約サイト)

ユニバーサルスタジオのオンサイトホテルはどこも高いので出来るだけ安く泊まれる予約サイトを探した結果、Expediaとなった。時期や状況によっては異なる結果になると思う。
Expediaはかなり昔から利用しているので信頼している。
ロイヤル・パシフィックを選んだ理由はオンサイト特典(無制限エクスプレスパスとハリーポッター・フォービドゥン・ジャーニーへのアーリーエントリー)が全て付くホテルの中で一番手頃だったということのみ。

シーワールドとアクアティカのチケット
Undercover Tourist(ロス、オーランドのテーマパークチケット格安販売)

この2パークのセットチケットはなかなか安く販売しているところがない。現地の格安チケット屋で買うといいという話が多いが、時間も限られているので出来れば事前に入手しておきたい。フロリダ在住者やカナダ国民向けの格安チケットは多く見掛けるが、日本人が買えるお得なチケットはなかなか無い。やっと見つけたのがUndercover TouristでのE-チケット販売。
割引率も高く、自分でプリントしたものでそのまま入場するタイプ。
ただ、このE-チケット、なぜか二つのパーク共にバーコードリーダーで読み込めず、番号を直接入力するしか無いようだった。エントランスの係員も何故だろうと首を傾げていたので理由は不明。もちろん番号の直接入力で無事入園は出来た。

ユニバーサルスタジオ(アイランズ・オブ・アドベンチャー)のチケット
オーランドベストガイド

ユニバーサルスタジオとアイランズ・オブ・アドベンチャーの2パーク、3デイというチケットもなかなか安く入手出来ない。これも上記のシーワールド同様、フロリダ在住者、カナダ国民向けの格安チケットがとても安くて羨ましい。
ちなみにホグワーツ特急に乗るためには絶対に同日に2パーク入場可能なチケットが必要。
色々検討した結果、オーランドベストガイドさんが販売しているE-チケットが一番安かった。これも自分でプリントするタイプ。
しかし、あとで気が付いたのだが、下記のブルーマンのチケット同時に購入するなら、ユニバーサルスタジオの公式サイトからコンボチケットを購入した方が、若干だが合計価格が安いことが判明。これは今回の失敗。

ブルーマンのチケット
ユニバーサルスタジオ・フロリダ公式サイト

座席をその場で確定出来るのはこの公式サイトからの購入のみ。割引チケットというのも存在するが、それはカテゴリーのみで席位置までは決められない。
ここでブルーマンのみ鑑賞するという人は滅多にいないと思うので、ユニバーサルスタジオと一緒に楽しむなら、コンボチケットがお得。

ネットスーパー
GardenGrocer(オーランドのネットスーパー)

初めて利用したが、これは間違い無くお薦め。事前に滞在中に必要なものをオーダーして、到着時に即、何の手間も無く手に入るというのは感動。4泊以上の滞在で、飲料水や酒類、スナック等が必要な人は使わない理由が無いと思う。
最低利用料金等があるので、あまりにも短い滞在であれば、高額でもWDWのショップで都度購入した方がいいかもしれない。

現地手配

以下のものは全て現地でその都度手配、購入した。

タクシー
ホテル〜ホテル、空港への移動なので全てホテルに呼んで貰った。ホテル敷地内に入ってくるタクシーは基本的に提携会社のものなので安心。メーター有りが一回、メーター無しが2回という結果。
いずれのドライバーも問題なく、想定内の料金で移動が出来た。
余程の事がない限り、タクシーは5分以内に手配されるので、ホテルからの移動なら、事前に自分で手配しておく必要はないと思う。
車種は手配係(ベルマン等)が荷物の量を見て判断してくれる。大きなバンタイプも多いので家族3〜4人くらいの利用までならスーツケースも含めて問題ないはずだ。

I-RIDE
ヒルトンのフロントで3日間券を購入。滞在中に一往復する程度なら乗車の際に現金払いで問題ないが、毎日乗る、もしくは一日に乗り降りを何回かするのならフリーパスを買った方がお得。(現金だと乗る度にぴったり必要なので、手持ちの現金を気にする必要が無いのもいい)
このパスはインターナショナルドライブ沿いの主要ホテルのフロントの他、ショッピングセンターなどでも販売している様だ。
購入すると購入証明のレシートをくれるので、それをI-RIDE初めて乗る時にドライバーに見せると、該当のチケットに交換してくれる。以降はそのチケットをリーダーにスワイプさせて乗ればOK。

オーランド・アイ
現地施設のチケットカウンターで購入。とても空いていたし、時間があれば寄ってみようと思っていた程度なので事前に手配しておく必要は無し。
観覧車(オーランド・アイ)の他に水族館、マダムタッソー蝋人形館とのコンボチケット等もある。
我々はオーランド・アイのみ。
とても空いているせいもあって、帰りの記念写真販売はかなり熱心なので注意。

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット
上記オーランド・アイの北側にある、アメリカ流の珍品博物館。日本の温泉観光地とかにあるトリックアート系の観光施設に似ている。(実際、リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットは欧米の観光地に数件存在する)
チケットは施設の窓口で直接購入。各地で入手出来る無料マップや無料ガイド誌には割引クーポンが付いていることが多いのでそれはチェックしておこう。もちろんクーポンを使って2ドル程割引してもらった。
料金も手頃なので、インターナショナルドライブの界隈の観光ついでには持って来いの施設。
こういう怪しい雰囲気が嫌いでない人なら料金に見合う程度には楽しめると思う。

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットのサイト。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記42・I-ドライブ360とリプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット


I-RIDEの北行きに乗ってインターナショナルドライブを北上。
道沿いの観光スポットはかなり目立つ建物が多いので降りる場所は分かりやすい。今はスマホでマップを表示しておけば現在位置が分かるので、それで確認すれば完璧だ。
万が一乗り過ごしても、インターナショナルドライブの中心地ではバス停の間隔がそれほど長くは無いので、バス停1個分くらいなら歩いて戻ることも可能。
I-RIDEも他のアメリカのバス同様、次のバス停で降りたいときに紐を引いてストップリクエストする方式。

まず行ったのはオープン間もないI-ドライブ360。全方位ガラス張りの観覧車(オーランド・アイ)が一際目立つ観光スポット。
着いてみるとかなり閑散としている。地元ではかなり期待されていた観光施設だが、思うような集客は出来ていない様子だ。

I-ドライブ360

ご覧の通り周囲に人の気配がない…。

アトラクションとしては観覧車の他にマダムタッソー(蝋人形館)や水族館も併設されていて、コンボチケット等も用意されている。
我々はオーランドアイ(観覧車)のみのチケットを購入。
ガラガラなのですぐに入れる。まずはお決まりの写真撮影。合成写真を作るらしく、グリーンバックで撮影。その後、乗り場へ向かう前室でオーランド近郊の自然などをテーマにした3D映画を鑑賞する。それが終わるといよいよ乗り場へ。
ゴンドラは全面ガラス張りで立って乗るタイプ。かなり見晴らしは良さそうだ。
が、この時の天気はあまりよろしくなく、あまり遠くまで見渡せずに残念。
降りて出口に向かうと、まずは先程撮影した写真の販売所。オーランドアイとの合成写真が出来上がっている。専用の記念台紙に入れられた基本のプリント2枚付きに、オプションで合成背景の違うデジタルデータを追加出来る。このデータを購入した場合はアクセスキーで専用サイトにアクセスしてダウンロードする形になる。
写真そのものは2カットで、背景が変わるだけなのでオプションは不要かと思う。
写真販売所を抜けるとお決まりのスーベニアショップを通って出口となる。

レストランやショップもいくつか入っているのだが、人通りはあまりない。ただ、レストランは人気の店が入居しているので、食事時にはそれなりに混むのではないかと思う。(食事の為に)

I-ドライブ360から北に少し歩く(ほぼ隣と言っていい距離)と次の目的地、リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットがある。建物が斜めに地面にめり込んでいるような特徴的な外観。(天地が逆になった建物はワンダーワークスという別の施設なので間違わない様に)
リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットはオーランド以外にもアメリカ各地とイギリス等にもある。一言で言えば日本の温泉観光地とかにもよくある珍品博物館とトリックアート館が一緒になったような施設。

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット

斜めな外観。

この手のゆるーい観光施設が嫌いでなければ十分に楽しめる。もちろん料金も高くは無い。
かなり夜遅くまで営業している(23時頃までは入場出来る)ので、メインの観光を終えた人達が夕食のついでにちょっと立ち寄るといった状況が多いのかと思う。
どんな物があるのかと言うと、人魚のミイラとか、首狩り族のアクセサリー(人の頭)とか、まあとにかくかなり怪しい物が揃っている。

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット

多頭の牛の剥製。奇形生物の展示も多し。

この周辺は観光地なので夜の治安も悪くは無いが、皆車で移動しているので、テーマパークの中のような人通りはない。家族連れも歩いてはいるが、ちょっと淋しい感じがする。(特に何処に行っても人が多いWDWから来たりすると)
I-RIDEは運行時間が夜10時30分までとなっている。なので、レンタカー以外の人は夜10時頃までには帰路に着いた方がいいと思う。

帰りのI-RIDEは今までに無く混んでいた。インターナショナルドライブ上には各種レストランが揃っているので、夕食を終えて帰る人が多いようだ。
座席は空いていなかったが、親切な人が娘に席を譲ってくれた。WDWのバスでも一度、娘に席を譲ってくれた人がいたので、幼児では無い、娘の様な10歳くらいの子供にでも席を譲る習慣があるようだ。

これでインターナショナルドライブでの観光は終了。明日はユニバーサルスタジオに移動。

オーランド旅行記 目次