タグ別アーカイブ: 準備

WDWファストパス+のTip’s2


オーランドのWDWのファストパス+の最も早い予約開始時期は60日前(直営リゾート宿泊者)だが、予約開始と同時にMy Disney Experienceにアクセスしたのに、人気のアトラクションの希望時間はもうとれない…ということもあるようだ。随分とスタートダッシュの早い人が多いものだと思うかもしれないが、ファストパス+は60日前から宿泊日数分を取得出来るという点がミソなのだ。
例えば10泊する人なら60日後+10日後、つまり70日先のファストパス+を予約出来るのだ。
なので、ファストパス+は宿泊日数の長い人ほど取りやすくなっている。あなたと同じ取得条件の人はあなたと同じ宿泊日数の人だけだということ。

ということで、人気の高いアトラクションのファストパス+は予定の後半に取得した方がとりやすくなる。3泊するなら初日より2日目、2日目より3日目と、後半にいけばいくほどとりやすい。

なので、パークやアトラクションの周り方を検討する時、エキストラマジックアワーを元に予定を立てるのがセオリーだろうが、人気アトラクションを出来るだけ後半に予定するということも併せて考えた方がいい。
超人気アトラクションは現在でいえば、マジックキングダムならアナとエルサのグリーティング、7人の小人のマイントレイン、エプコットのテストトラック、ソアリン、ハリウッドスタジオのトイストーリーマニア等だ。

ファストパス+は時間毎の在庫が限られていて、迷っているとどんどん無くなっていってしまう。
事前に予定を立てて、希望のアトラクションと時間帯は第2、第3希望くらいまで決めておき、予約開始と同時に取れるものから取っていける様にしておくのがいい。

ファストパス+はいつでも変更が可能なので、常に在庫が変動している。
誰かがキャンセルをすれば必ず空きとして取得可能になる。
又、直営リゾート宿泊者だけで全てのファストパス+が消費されてしまうようなことを避ける為、期間を置いて一定数のファストパス+が追加されたりもしている様だ。
どのタイミングで追加が行われるのかは不明だが、直営リゾート宿泊者以外の予約が始まる30日前に合わせた追加もあるのではないかと推察される。
ショーやパレード等のファストパス+は直前の追加があるという話もある。
又、当日枠というのもあるだろう。
これらのことから、最初にどうしても希望のアトラクションや時間がとれない場合には、とりあえず他のアトラクションや時間で取得しておき、希望の空きが出来ないかどうかを小まめにチェックしてみたほうがいい。タイミングさえ合えば希望通りに取れるチャンスはあるはずだ。

ファストパス+

オーランド旅行記 目次


ディズニークルーズのドレスコード


クルーズ船といえばお洒落が必要というイメージがあるが、ディズニークルーズはカジュアルクルーズに分類される。
ディズニークルーズのオフィシャルサイトのアナウンスと、実際に参加した人達の旅行記などを参考に、実際のところどの程度のドレスアップが必要なのかを調べてみた。

まず日中はとことんカジュアルで問題は無いようだ。つまりTシャツ短パンで問題ない。
問題はディナーだろう。
3〜5泊のショートクルーズではクルーズカジュアルを基本に、オプショナルドレスアップが一日、パイレーツナイトが一日となっている。
7泊以上のクルーズではフォーマルナイトがある。

クルーズカジュアルは短パン、タンクトップ、水着は遠慮してと書いてあるので、長いズボンにちゃんと袖のあるシャツならいいと解せる。
ジーンズもダメと言っているサイトもあるが、ディズニークルーズの公式のアナウンスにはジーンズ不可という記述は無かった。
実際にディナーの風景写真や動画等も観てみたが、アメリカ人達は実に自由な感じだ。Tシャツに短パン、サンダルという格好の人もいるので、裸でも無い限りは追い返されるということはなさそうだ。

まあ一般的に推奨されるクルーズカジュアルとは、長いズボン(ジーンズはカジュアルすぎ)に、襟の付いたシャツ(アロハやポロシャツで可)といったところの様だ。
女性ならワンピースかブラウスにスカートなら問題なさそうだ。

次いでオプショナルドレスアップだが、任意なので上記のクルーズカジュアルで構わない。が、お洒落したい人はこの日にどうぞといった感じだ。
フォーマルを指定されているわけではないので、ジャケットを羽織ればノーネクタイでも十分だし、もちろんスーツにネクタイでも問題ない。もっとお洒落したければタキシードに蝶ネクタイでもいいわけだ。女性ならドレスだろう。

パイレーツナイトは海賊風の仮装をどうぞという日だ。アメリカ人達の写真や動画ではかなり気合いの入った扮装も多い。何処で買ったのかという様な本格的な海賊衣装に身を包んでいる人から、ドレスシャツの胸元をワイルドに開けて、眼帯を付けている人、普通のクルーズカジュアルに海賊のバンダナ(クルーズで配られるらしい)だけの人、全く普通の人…。
つまり扮装をするか、クルーズカジュアルでいい様だ。

ショートクルーズなら以上の準備(靴も忘れずに)をすれば問題ないが、一週間以上のクルーズの場合はフォーマルが必要になる。最低限スーツにネクタイは持参する必要があるだろう。女性はドレスだ。
そしてショートクルーズでもローテーションダイニングだけではなく、レミーやパロでの夕食を予約する人は、上記のオプショナルドレスアップ以上の服が必要になる。つまり最低限ジャケットは必要だ。

ディズニークルーズのディナー風景

子供達はディナーでもTシャツ等、いたって普段着が多い。しかしドレスアップ必須の場合は子供もそれなりの服が必要かと思う。

ローテーションダイニングでのオプショナルドレスアップが任意である5泊以内のクルーズでは、クルーズカジュアルさえ用意すれば問題はないということになるが、せっかくなので推奨される服装をした方がいいと思う。
ドレスアップの日はサーバー達もそれに合わせているし、キャラクター達もドレスアップしている。一緒に写真に納まるなら、自分達もそれに合った服装の方がいいだろう。
日本人は着物に挑戦してみてもいいかもしれない。(自力で着られるなら)
浴衣はフォーマルではないのでドレスアップ以外のクルーズカジュアル着ることをお薦めする。


ひとり親が子供と海外に行くには未成年渡航同意書が必要?


子供と海外に行く場合には、両親揃っての海外旅行でなければ未成年渡航同意書というものが必要な国が多くなっている。ひとり親家庭はもちろんだが、両親揃っていても父親か母親のいずれかが留守番という場合にはこれが必要になるらしい。
正確には、必ずしも必要ではないが、入国審査官に提示を求められた場合に、未成年渡航同意書がなければ審査官の裁量で入国を拒否される場合があるということだ。

国際結婚等の場合に片方の親がもう一方の親の許可無く子供を国外に連れ出してしまう事を防ぐための、所謂バーグ条約に関わる処置だ。日本も2014年にこの条約の締結国になった。

バーグ条約

これは2013年の締結国。2014年に日本も加わった。

アメリカももちろん対象国なので、親ひとりと子供との渡航の場合には未成年渡航同意書の携行が強く勧められている。
ただ、今現在(2015年4月)、この書類を持たずに親ひとりと子供で渡米し、入国を拒否されたという情報は無いようだが、別室での審査を要したケースはあるようだ。
実際問題、親子共に日本国籍で、観光で渡米した親子がバーグ条約で問題となるような連れ出しの状況であることは考え難い。なので、入国審査官が未成年渡航同意書の提示を求めるようなことは滅多にないのではないかと思う。

ただ、原則として必要とされていることは確かなので、求められて提示出来ない場合には入国を拒否されても文句は言えないということだ。
書式が決まっている国もあるようだが、アメリカの場合は自由書式だ。英文で、旅行に同行していない親が旅行を許可している旨の書面にサインしていれば良い。
死別や離婚などでサインが用意出来ない場合には、それが分かる書類、つまり戸籍謄本とその英訳があれば良いようだ。(英訳は戸籍謄本上に単語を自分で直接記入したものでも良い)
日本では共同親権が無いので、離婚をすれば親権はどちらか一方の親が持っている。戸籍謄本には離婚した父親と母親のどちらが親権者かが書かれている。もし親権を争っているような場合での海外旅行は、まさしくバーグ条約にひっかかるようなケースなので、そんな状況での海外旅行はしない方が無難だ。
又、子供と親の姓が違うような場合は書類は絶対に用意した方が無難だ。(戸籍謄本と英訳)

これは親がどちらも同行しない子供独りでの渡航(留学やホームステイ、修学旅行等)でも同様だ。ちなみに子供とは18歳未満の者を指す。20歳未満では無い。

アメリカの場合は上記の様に必要書類が割と簡単だが、かなり厳格な書類を必要とする国もあるので、親ひとりと子供での海外旅行の際には、ツアーなら旅行会社、個人手配なら渡航先の国の大使館や領事館などに余裕を持って確認した方が良い。