タグ別アーカイブ: 準備

海外旅行先で連絡を取り合う方法


今ではほとんどの携帯、スマホが海外でもそのまま使える。
なので渡航先でも携帯電話を持っている同士なら電話で連絡を取り合えるわけだが、ここで気を付けなきゃいけないのが、同じ旅行先にいる者どうしの通話でも実は国際電話になっているということだ。なのでかけた側はもちろん受話側にも通話料がかかり、しかも高額だ。
滅多に旅先で連絡を取り合う様な必要はないが、万が一の保険がわりというならそのままでもいいだろうが、頻繁に連絡を取り合う可能性があるなら、他の連絡手段を用意したい。

無料のWi-Fi環境が充実している場所や、海外用WiFiレンタル等を持っているならメールでやりとりすれば良いが、通話がしたというケースもあるだろう。
そんな時に便利なのがLINEやスカイプだ。(スマホでしか使えないが)
ネットを利用した通話なので、通話料はかからない。

ネット環境が無いという場合はトランシーバーという手もある。長距離は無理だが、条件さえ良ければ数キロ離れても通話できるものが、アメリカではドラッグストア等で安価で手に入る。(持ち帰っても日本では法律で使えないので注意)
ただ、トランシーバーは電話の様なスムースな通話が出来ないので使い難いのは確かだ。

アメリカのトランシーバー

トランシーバーは2台セットで20ドルくらいから売られている。日本のものとり電波は強力。(日本では電波法違反になるので使えない)

使いやすさと費用を考えればやはりネットを介したLINEやスカイプでのスマホでの連絡がやはり一番だろう。
レンタルWi-Fiや海外パケホーダイ等を使えば国際電話となってしまう通常の通話よりも安価なのは確かだ。無料Wi-Fiが提供されているエリア(例えばオーランドのWDW内とか)なら費用はかからない。

Wi-Fiでのネット利用は基本的にSIMの入っていないスマホでも使える。スマホの機種変更等をして使わなくなったスマホがあれば、それにスカイプをインストールして、専用のスカイプのアカウントを取得しておき、現地で使えるWi-Fi環境を設定すればスカイプ専用電話として使える。(LINEはアカウントに携帯番号が必要になるのでSIMの無いものでは使えない)
ただし、LINEと違ってスカイプは常に起動させておかないと受信出来ないことには注意が必要。


旅行中の郵便物等


数日の旅行なら問題ないが、一週間以上の旅行では家を留守にする準備が必要。
家族の留守番があればいいが、我が家の様に留守を守ってくれる家人がいない人も多いはず。

新聞をとっている場合は契約している販売店に連絡しておけば問題ない。
郵便物は長期不在の留め置きを申請出来るので、やっておこう。
日本郵政のホームページから申請書がダウンロード出来るし、各郵便局にも申請書が置いてあるので、それを入手し、必要事項を書いて近所の郵便局に持参すればいい。
その際に本人確認書類が必要になるので忘れない様に。免許証などでOK。
留め置きしてもらえる期間は最長30日となっている。
指定した不在期間が終了した翌日に郵便物はまとめて配達される。

郵便を留め置く

こんなことにならないように事前の準備を

宅配便はそれぞれの会社毎に対応が異なる。
もし不在期間中に宅配便が届く可能性があるならそれぞれの営業所に問い合わせよう。
発送者が分かっているなら、宅配業者よりも発送側に対応してもらった方が良い。

町内会に入っていて回覧板等があるなら、自分の前の家に旅行期間中飛ばしてもらうように頼んでおくことも必要。通常自分が回す家しか把握していないと思うので、飛ばして誰の家に回せば良いのかも知らせておく必要がある。

ポスティング等は止められないが、「チラシ、広告不要」と書いて貼っておけば、完全には止められないが、良識ある業者は不要の表示があるポストには投函しないよう指導しているので、半減することは期待できる。
不在なので投函をしないように等とポストに表示したりするのはお薦めできない。長期不在であることを不特定多数に報せるようなことは防犯面からやめておいた方が良い。
もしペットの世話など、留守中に誰かが家を訪れるのなら、ポストの中の物を出しておいてもらうことも頼んでおくと良い。


WDWファストパス+のTip’s2


オーランドのWDWのファストパス+の最も早い予約開始時期は60日前(直営リゾート宿泊者)だが、予約開始と同時にMy Disney Experienceにアクセスしたのに、人気のアトラクションの希望時間はもうとれない…ということもあるようだ。随分とスタートダッシュの早い人が多いものだと思うかもしれないが、ファストパス+は60日前から宿泊日数分を取得出来るという点がミソなのだ。
例えば10泊する人なら60日後+10日後、つまり70日先のファストパス+を予約出来るのだ。
なので、ファストパス+は宿泊日数の長い人ほど取りやすくなっている。あなたと同じ取得条件の人はあなたと同じ宿泊日数の人だけだということ。

ということで、人気の高いアトラクションのファストパス+は予定の後半に取得した方がとりやすくなる。3泊するなら初日より2日目、2日目より3日目と、後半にいけばいくほどとりやすい。

なので、パークやアトラクションの周り方を検討する時、エキストラマジックアワーを元に予定を立てるのがセオリーだろうが、人気アトラクションを出来るだけ後半に予定するということも併せて考えた方がいい。
超人気アトラクションは現在でいえば、マジックキングダムならアナとエルサのグリーティング、7人の小人のマイントレイン、エプコットのテストトラック、ソアリン、ハリウッドスタジオのトイストーリーマニア等だ。

ファストパス+は時間毎の在庫が限られていて、迷っているとどんどん無くなっていってしまう。
事前に予定を立てて、希望のアトラクションと時間帯は第2、第3希望くらいまで決めておき、予約開始と同時に取れるものから取っていける様にしておくのがいい。

ファストパス+はいつでも変更が可能なので、常に在庫が変動している。
誰かがキャンセルをすれば必ず空きとして取得可能になる。
又、直営リゾート宿泊者だけで全てのファストパス+が消費されてしまうようなことを避ける為、期間を置いて一定数のファストパス+が追加されたりもしている様だ。
どのタイミングで追加が行われるのかは不明だが、直営リゾート宿泊者以外の予約が始まる30日前に合わせた追加もあるのではないかと推察される。
ショーやパレード等のファストパス+は直前の追加があるという話もある。
又、当日枠というのもあるだろう。
これらのことから、最初にどうしても希望のアトラクションや時間がとれない場合には、とりあえず他のアトラクションや時間で取得しておき、希望の空きが出来ないかどうかを小まめにチェックしてみたほうがいい。タイミングさえ合えば希望通りに取れるチャンスはあるはずだ。

ファストパス+

オーランド旅行記 目次