タグ別アーカイブ: ワイキキ

ハワイ旅行記 09 2017・ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ


ヒルトン・ハワイアン・ビレッジに泊まるのは2度目。
ワイキキの中心部から距離があることで敬遠されることも多いホテルだが、我々は前回の宿泊でとても気に入ったので、再度ここに宿泊することにした。

コナからの飛行機が遅れたので、予定よりも遅く、夕方に到着。
ロバーツハワイのシャトルはフロント棟近くまでは入れない様で、ツアーバスの乗降場所になるザ・グランド・アイランダーバス乗り場で降ろされた。
ここからフロント棟まではちょっと距離があるので、これは不便。以前はタクシーで来たので、その時はフロント棟まで行ってくれた。

スーツケースを持って徒歩約5分、フロント棟にてチェックイン。チェックインカウンターが混雑しているという評判をよく聞くが、前回も今回もあまり待たずに手続き出来た。(ヒルトンのメンバープログラム、ヒルトンオーナーズに入っているので、その専用チェックインカウンターも使えるからかもしれない)
タワー指定無し、オーシャンビュー確約という宿泊プランだが、低い階からも海が見える部屋を持つのはかなり料金設定の高いタワーなので、予想としては高層階だったが、案の上、タパタワーの28階が提供された部屋。
前回もタパタワーだったが、立地は悪くないと思ったし、比較的新しく綺麗なタワーでもあるので問題無し。

部屋は目の前が新しく出来たザ・グランド・アイランダーで、ラナイに出ると右手に海が広がっている眺望。巨大なグランド・アイランダーが間近に見えるのであまり開放感は無いが、安いプランとしては上等かと思う。

タパタワー眺望

正面と左手はグランドアイランダーが間近でこんな感じ。

タパタワー眺望

右手にはこんな感じで海が広がる。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの魅力は、広い敷地と豊富な飲食、ショッピング、プール等の施設。そしてビーチへのアクセスの良さ。
ワイキキの中心部までもビーチ沿いにアウトリガー・リーフまで歩き、そこから脇道かアウトリガー・リーフ内を通って行けばすぐにワイキキ・ビーチ・ウォークには出られる。なので、確かに距離はそれなりにあるのだが、苦にはならない。(歩行に支障のある人にはキツいと思うが)
もちろんワイキキトロリー等も使えるので、とにかく頻繁にワイキキ中心部に用事があるという人で無ければ問題ではないと思う。
敷地の中にはABCストアが2軒もあるので、ちょっとした買い物やお土産探しならヒルトン・ハワイアン・ビレッジの中だけで済む。

部屋に荷物を置き、早速夕食へ。
前回、朝食と夕食に計2回利用して気に入った敷地内のトロピックス・バー&グリルへ。
夕食時は常に混んでいるので当然待つことに。(ディナーの予約は受け付けていない)
店内席でも屋外席でもそちらでもいいと言えば、待ち時間は少なくなるようだが、どうせ待つなら屋外席がいいとリクエスト。
テーブルが準備出来たら知らせてくれるページャー(待っているお客をバイブと光の点滅で呼んでくれる)を受け取り、約30分ほどの待ち。

トロピックス・バー&グリルのページャー

トロピックス・バー&グリルのページャー。席が用意されると、これが点滅、振動して知らせてくれる。

案内されたテーブルはビーチサイド。やはりアウトサイドの方がリゾート感はある。ここは夜はバンド演奏等も入っていてとても賑やか。

トロピックス・バー&グリル

鳥除けのネットはちょっと残念。

トロピックス・バー&グリル

トロピックス・バー&グリルの定番バーガー「ビッグカフナバーガー」はとてもでかいので、まず普通に手に持って食べるのは無理。ナイフとフォークで切りながら食べる。

娘はヒルトン・ハワイアン・ビレッジのプールを楽しみにしていたが、本日はまだお預け。
トロピックス・バー&グリルでの食事の後は、水などの飲み物だけ買い出しし、部屋に戻る。
翌日は早朝からディズニー・アウラニ・リゾートへ。




ハワイ旅行 2017・準備編6・真珠湾 訪問準備


真珠湾(パールハーバー)に行く場合、もっとも簡単なのは現地ツアーだと思うが、ツアー料金は高目。(日本人ガイド付きは特に)
自力で行っても日本語のオーディオツアー(日本語で解説が聞けるヘッドセット)は借りられるし、戦艦ミズーリではチケット代に日本語ガイドツアーの料金が含まれている。
なので高い料金の日本語ツアーに参加するよりも自力で行った方がかなりお得。
問題はパールハーバーまでの交通機関なのだが、公共のバスで行くとかなり時間がかかる(片道1時間程度)。
この問題を解決してくるのが、お馴染みのワイキキトロリー。
パールハーバー方面に行けるパープルラインという路線が出来たので、速く、安く個人で行けるようになった。
パープルラインは本数が少ないので、予め時間を調べておくことが必要だが、アロハスタジアムでスワップミートが開催される日にはアロハスタジアムにも停車するので利便性が高い。
パープルラインに乗るには1日1ライン+ピンク乗り放題チケット(パープルラインを指定)というのを買えばOK。(ワイキキトロリーのサイトで事前購入すれば一人23ドル)
もちろんパープルライン以外のラインにも乗れる乗り放題チケット等もある。

パープルライン

紫がパープルラインのコース。ワイキキの主要ポイントを廻り、その後はアロハター、ピア38を経てパールハーバー(スワップミート開催日はアロハスタジアムにも)に向かう。

我々がパールハーバーに行きたい日は土曜なので、スワップミートも開催されいる。(水、土、日に開催)
なので、時間に余裕があればスワップミートにも立ち寄れるので好都合。
パールハーバーとアロハスタジアムは1キロ程度の距離にある。
ちなみにスワップミートとパールハーバーを一緒に訪問する場合、先にパールハーバーで予定を立てるのがいい。パールハーバーには手荷物が全く持ち込めない(ポケットに入るものと財布にカメラ以外)ので、買い物した荷物等は無い方がいい。荷物を預けるロッカー等はあるが、手間になる。

パールハーバーでアリゾナ記念館に渡るには当日専用の時間指定されたチケットを受け取る必要があるのだが、これがかなりの人気であっという間に無くなることもある。もし無くならなくてもかなり遅めの時間のチケットしか残っていないかもしれず、スケジュールが読めない。
現地ツアーに参加しても朝一で着いたらまずこのチケットを確保することから始めなくてはならない場合がほとんどの様だ。
しかし、実はこれはネットで事前予約出来るのである。僅かな予約手数料(3ドル)はかかるものの、(アリゾナのチケット自体は無料)これを利用すれば何時に現地に行けば良いかも分かるのでとても便利。
もちろん予約分は時間毎に枚数が決まっていて、あっと言う間に無くなっていくので、早めの予約が必要。

アリゾナ記念館予約

Dateに行く日にち、Ticketに枚数を入力してクリックすると、空いている予約時間が表示される。予約は2ヶ月前から開始。

この予約システムを利用して9時のアリゾナ記念館のチケットを確保出来たので、その1時間前、8時に現地に着いていれば良い。(指定時間の1時間前には着く様に書かれている)
この予約は当日アリゾナのチケット受付で予約番号を伝えれば時間指定チケットを貰えるというシステム。
ついでに日本語のオーディオツアー(1台7ドル50セント)も予約し、アリゾナ記念館の予約手数料と共にクレジットカードで支払いを済ませた。

ということで、パープルラインは始発のDFS7時発に乗ればOK。
パープルラインは宿泊しているヒルトン・ハワイアンビレッジの目の前、アクアパームホテルにも停車するのだが、混雑していると嫌なので、始発のDFSギャラリアまで行って、そこから乗ることにしようと考えている。

予定としてはアリゾナ(アリゾナの見学は9時指定だと10時15分終了予定)から戦艦ミズーリ、太平洋航空博物館と見学して(戦艦ミズーリと太平洋航空博物館のチケットは現地で購入予定)、お昼頃までにパールハーバー見学を終えられるようなら、アロハスタジアムのスワップミートにも行くつもり。

さて、これでハワイ旅行の事前準備は全て完了。
次回からは旅行記本編。




ハワイ旅行 2017・準備編4・レストラン予約


ハワイで食事に困るということはない(特にワイキキ辺りでは)だろうが、混雑必至の店では予約が重要。待つことさえ厭わなければ予約無しでは入れないという店は無いが、食事の為に1時間も待つようなことは避けたい。
しかし予約を入れてしまうと行動を制限される(その時間に店に行かなければならないので)というデメリットもある。
なので、絶対にその店で食べたい、そして絶対に混んでいるという確信(情報)があるものだけを予約するのがいい。
サンセットの眺めが評判のレストランなんてのも多いが、その場合はやはりアウトサイドか窓際の席を確保しないと意味がないので、それをリクエストしての予約が大切。もちろん旅行中の日没時間を調べておいて、日没時間の30分〜1時間前位を予約する。

ということで今回事前に予約を入れたレストランは以下の通り。

ハワイ島

  • レジェンズ・オブ・ハワイ(ヒルトンワイコロアビレッジ内、カメハメハコートでのポリネシアンディナーショー)
  • カムエラ・プロビジョン・カンパニー(通称KPC、ヒルトンワイコロアビレッジ内レストラン)

レジェンズ・オブ・ハワイはレストラン予約というよりもディナーショー予約なので、現地ツアーを扱っている VELTRAでプレミアムシートを予約。
KPCは味とサンセットの絶景(ハワイ島のレストランではベストと言われる)で有名な店なので、夕刻、日没頃のアウトサイドテーブルを予約無しで利用することはほぼ不可能。予約はオープンテーブル(OpenTableは主要な観光地のレストランを無料で予約出来るサイト)で行い、可能であればアウトサイドテーブルをお願いしたいとリクエストに書き添えた。
実はサンセット時刻のアウトサイドテーブルを確約してもらうには別途追加のテーブルチャージを払うという方法もあるらしいのだが、それは行わなかった。

オアフ島

  • マカヒキ(ディズニー・アウラニ・リゾートのキャラクターブレックファスト)
  • bills(ワイキキにある朝食が評判の店)
  • ショアバード(アウトリガー・リーフ内の肉や魚を自分で焼くスタイルのレストラン)
  • ルースズ・クリス・ステーキハウス(ステーキの味と品質ではハワイでベストと評判の店)

マカヒキはアウラニの公式サイトから簡単に予約。(英語サイトのみで日本語サイトでは予約が出来ない)かなり人気の店なので早めに予約(180日前に予約開始)しないと満席となることが多いと思うが、予約自体は希望の日と時間、名前とメールアドレス、電話番号の記入くらいでとても簡単。
私は予約開始と同時に予約を行ったが、その時点では全時間空いていて好きに選べる状態だった。

アウラニ

英語サイトではダイニングの所にReservationというところがあるので、そこからマカヒキやアママの予約が出来る。日本語に切り替えると使えないので注意。

billsは今では日本にも上陸しているが、オーストラリア発祥のとても美味しい朝食を食べられると評判の店。中でもリコッタ・パンケーキは名物。
朝食時間(朝食以外の営業ももちろんしている)の行列は必至との噂だったので公式サイトから予約を行った。公式サイトからの予約だが、オープンテーブル(OpenTable)のシステムに飛ぶ仕組み。

オープンテーブル

レストラン予約サイトは数々あるが、opentableの様に無料というのは有難い。海外ではレストランが公式な予約システムとして利用しているケースも多く安心感もある。

ショアバードはメインの肉や魚を専用のグリルコーナー(焼く場所)で自分で焼くというスタイルで有名な店。窓際の席を予約出来ればサンセットの眺めでも定評がある。この店は予約が必要かどうか微妙なところなのだが、サンセットの頃に利用ということで一応予約しておくことにした。
ここも公式サイトからの予約だが、オープンテーブル(OpenTable)のシステムに飛ぶ仕組みだった。

ルースズ・クリス・ステーキハウスはワイキキビーチウォークにある、ステーキの味でかなり有名な店。ディナータイムの混雑は有名で予約が推奨されている。公式サイトからの予約は独自のものだが、予約自体は簡単に行えた。

以上が今回予約を行ったレストラン。
一昔前までは国際電話を使って店に直接電話するか、旅行代理店等に手数料を払って予約してもらうかだったものが、こうも簡単に全ての店の予約を自分で出来てしまうというのは感動。

次は現地ツアーの手配。