タグ別アーカイブ: ロサンゼルス

USディズニーの必要旅行日数


アナハイムにあるカリフォルニア・ディズニー・リゾートとフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド。
この2つのディズニー・パークに遊びに行くならどれくらいの旅行日数が必要なのか。

まずアナハイムのカリフォルニア・ディズニー・リゾート。
パークはディズニーランドとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの2つなので、一日ずつ遊びに行くとして2日間。
ロサンゼルス空港に日本から到着する飛行機は、午前中、早めに着く便も多いので、体力に自信があるなら到着日に片方のパークで遊んでしまうということも可能だ。
とするとディズニーだけを目的に行くなら、最低旅行日数は2泊4日(アメリカは日付変更線の向こうなので帰りは必ず機内泊となる)でもOKということだ。
現実的には1日目は疲れているだろうし、移動と買い物にあてるつもりで3泊4日だろうか。
アナハイムから近くはないが、ロサンゼルスにはユニバーサルスタジオ・ハリウッドがある。ここが本来の映画スタジオを公開、テーマパークにしたものなので本当の意味での、というか、まさに元祖ユニバーサル・スタジオだ。
ディズニー目的の人ならテーマパークが好きな旅行者だと思うので、せっかくここまで来たのならユニバーサルスタジオにも行くべきだと思う。すると一日追加で4泊6日。
移動日、ディズニーに2日、ユニバーサルに1日。
これでテーマパークは十分に楽しめると思う。更に日数をかけるならアナハイムから近いナッツベリー・ファームに行ったり、ロサンゼルス観光をしたりも出来る。

カリフォルニア・ディズニーリゾート

全体の規模は東京ディズニーリゾートよりもコンパクトなカリフォルニア・ディズニーリゾート

オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドは本当に遊び尽くそうと思えば10泊しても足りないと感じる人が多いと思う。
せっかく15時間以上もかけてフロリダ半島まで出掛けるのだから、出来るだけ長い滞在をするのが理想だが、そうも言ってられない人が大半だと思うので、最低どれくらいで行けるのかを考えてみた。
まずオーランドはアメリカ国内で乗り継いで計15時間以上の道のりだ。午後早めに到着する便も存在するが、夜到着という便が大半。なので、移動だけで1日を使ってしまう。
それにウォルト・ディズニー・ワールドの4大テーマパーク(マジックキングダム、エプコット、ハリウッド・スタジオ、アニマル・キングダム)に一日ずつかかるとして最低5泊7日だ。
時間の無い人は東京ディズニーランドと似た部分の多いマジックキングダムを外すとか、1日に2パーク廻るスケジュールを立てるとかで旅行期間を圧縮する人もいるが、せっかく遠いフロリダまで行くのにそこまで忙しいスケジュールはお薦めできない。
時間が無いならカリフォルニア・ディズニーリゾートに行った方が余裕を持って遊べるし、満足度は高いと思う。

4大テーマパーク以外にも2つのウォーターパークやダウンタウン・ディズニー(間もなくディズニー・スプリングスという名称になる)等、時間をかけて遊びたい場所が多い。
冬場ならウォーターパークは外せるだろうが、夏場に行くならタイフーン・ラグーンかブリザード・ビーチのいずれかには行きたい。
冬場でもダウンタウン・ディズニーや周辺での買い物等に当てられる日があればぐっと余裕が出来る。
なのでディズニーワールドを楽しむ為のお薦め最低旅行日数は季節に関わらず6泊8日。

propertymap2

しかし悩ましいことにオーランドには他にも魅力的なテーマパークや観光施設が多い。
有名どころではまずユニバーサルスタジオ・フロリダ。しかもユニバーサルスタジオにアイランズ・オブ・アドベンチャーと、パークが2つある。
それぞれにハリーポッターエリアがあり、アイランズ・オブ・アドベンチャーにはUSJと同様のホグズミード村とフォービドゥン・ジャーニーがあり、ユニバーサルスタジオにはここにしか無いダイアゴン横町とエスケープ・フロム・グリンゴッツというライドがある。
この2つは実際に動くホグワーツ特急で移動出来、それ自体もアトラクションライドになっている。

ダイアゴン横町

現在オーランドにしかないダイアゴン横町。

そしてシーワールドもショーとライドが充実していてオーランドの人気テーマパークだ。
更にケネディ・スペース・センターがある。もしロケットや宇宙開発に少しでも興味がある人なら、せっかくここまで来たなら是非行きたい場所だろう。
宇宙にあまり興味がない人が行っても、感動した、行って良かったという評価の高い観光施設だ。

この中から一つだけ選ぶとしたらテーマパークとしての面白さと規模でユニバーサルスタジオになる。
費用はかかるがエクスプレス・パスを使えば、一日で2つのパークの主なアトラクションを楽しむことは可能(閑散期ならエクスプレス・パスを買わなくても)。
なのでWDWの6泊にもう1泊足して7泊9日あればいい。

WDWもオーランド自体も何日かけても遊びきれないほど面白い場所だ。(テーマパーク等が好きな人にとってだが)
出来る事なら10日間以上は滞在出来るスケジュールで訪れた方がいいと思うが、とりあえず、私の個人的な考えではあるが、最低必要旅行日数は7泊9日(WDWだけでいいなら6泊8日)だ。

オーランド旅行記 目次




ロサンゼルスでテーマパークを楽しむ


日本から一番近いアメリカ本土、カリフォルニアのロサンゼルス(通称ロス)。
飛行機の便も多く、安いフライトでも99%直行便。(残りも1%が存在するかは不明)
9時間半〜10時間半程度のフライトで到着するので海外旅行初心者でも行きやすい場所だ。
私も初めての米本土はロスだった。以降、何度となく訪れている。

ロスには(正確には近郊には)何と言ってもディズニーリゾートとユニバーサルという二大テーマパークがある。残念ながら同じく両巨頭が存在するオーランドに比べるとどちらも規模は小さいが、その代わりどちらもここが本家だ。
由緒正しいテーマパークの原点を味わうならロスより他にない。それにロスへの旅はオーランドの旅に比べてかなり安く、遊び尽くす為の日数もあまり必要としない。

ということで、私がお薦めするテーマパークを中心としたロスの旅をご提案。

旅行日数は最短で3泊5日も可能なコースだ。出発は成田を想定。
旅程は以下の通り。

1日目 日本初ロス到着 アナハイム泊

羽田発よりも成田発の方が便数も多く、安い便も成田発が多いはず。1日戻って朝着となるが、頑張って遊ぼう。空港からの移動はディズニーランドリゾートエクスプレス(ロサンゼルス空港とアナハイムのディズニー周辺主要ホテル間を約1時間毎に結ぶ有料バス)というシャトルバスを使うのが便利なので、初日はこれを使ってディズニーリゾートのあるアナハイムへ。
ホテルに荷物を置いてすぐディズニーランドかディズニーカリフォルニアアドベンチャーへ繰り出そう。

ホテルだが、予算が許すなら3件有るディズニー直営のいずれか、経済性を求めるならハーバーブルバード沿いで、出来るだけディズニーリゾート入り口に近いホテルをお薦めする。この基準で選べば治安もパークへのアクセスも問題ない。

パークビューイン

私達はパークビューインというモーテルタイプのホテルを選んだ。ディズニーの目の前でアクセス最高。

2日目 ディズニーで遊ぶ アナハイム泊

前日にディズニーランドを中心に遊んだならディズニーカリフォルニアアドベンチャーへ。カリフォルニアアドベンチャーを中心に遊んだならディズニーランドへ。これで2パーク制覇。

3日目 ユニバーサルスタジオへ移動 ユニバーサルシティorハリウッド泊

ユニバーサルスタジオに着いたら早速パークへ。一日本物の映画スタジオである本家USHで遊ぶ。

移動は時間効率を優先してタクシー、又は現地のツアー会社(Elephant Tourさんやロサンゼルス大全さん等)が提供している定額制の日本人向けハイヤーサービスをお薦めする。短期間の旅では時間をお金で買った方がいい。いずれにしても100〜150ドル近くかかる。
レンタカーを運転出来るなら問題解決だ。アナハイムにはレンタカーオフィスがたくさんあるので、自分で運転していこう。朝出て夜までゆっくりユニバーサルスタジオで遊んで帰ってくればいい。
もちろんホテルを移動する必要はない。翌日は又ディズニーランドリゾートエクスプレスで空港へ向かえば良い。

ユニバーサルスタジオでのホテルは利便性からシェラトン・ユニバーサルホテルかヒルトン ロサンゼルス/ユニバーサル シティをお薦めする。徒歩でアクセス出来るので、夜までゆっくり遊べる。

4日目 帰国の途へ 機中泊

成田へ向かう飛行機は昼頃までに出発する便が多い。ホテルを朝出なければ間に合わないことも多いはずだ。

5日目 帰国

以上。

旅行日数を1日増やすなら、アナハイムかユニバーサルのどちらかお好みの方を一日増やす。
2日増やすならアナハイムとユニバーサルどちらも一日ずつ増やす。
3日増やすならアナハイムを2泊増やし、ユニバーサルを1日増やす。ユニバーサルスタジオは計2泊もあれば十分だ。アナハイムで余裕が出来た分、アナハイムから行きやすいナッツベリーファームや、ショッピング好きならサウスコーストプラザとかにも足を延ばせる。

それ以上日数を増やせるなら、ロサンゼルス観光やサンタモニカ辺りへも行ってみるといいかもしれない。
ただ、ロスのダウンタウンは治安のよろしくない場所が点在しているので、ディズニーやユニバーサルで過ごすような安心感がないことには注意したい。個人的にはロサンゼルスやサンタモニカへの観光は、ハリウッドの中心部辺りに宿をとって、そこから日中に出掛けることをお薦めする。
ハリウッドからならダウンタウンにもサンタモニカにもさほど時間をかけずに移動が出来る事と、ハリウッド観光が徒歩で出来る事が理由。(ハリウッド大通り中心部の治安は日中は問題ないが、日没以降はチャイニーズ・シアターのあるハリウッド大通りから路地に入ってはいけない)

今回はあくまでもテーマパークを中心とした旅行を考えた。
ロスの治安があまりよろしくない事は有名だが、ディズニー周辺のハーバーブルバード辺りや、ユニバーサルスタジオのユニバーサルシティウォーク界隈なら夜遅くまで全く問題なく歩ける。

アナハイム旅行

テーマパークとその周辺に限れば、夜遅くまで安心して遊べる

以下も参照




ユニバーサルスタジオ比較


ディズニーも好きだが、ユニバーサルスタジオももちろん好き。
そもそも映画が好きなので、映画のテーマパークというのはコンセプト自体がワクワクする。

初めて行ったのはロサンゼルスのユニバーサルスタジオハリウッド。
ここが正に元祖であり、ある意味本物のユニバーサルスタジオ。実際に映画の撮影が行われている場所なので、アトラクションのメインはスタジオ見学のトロリーになる。
ユニバーサルスタジオのテーマパーク化はこのバックステージツアーから始まったらしい。
過去の有名な映画のオープンセット等も観られて映画ファンならたまらない内容。
しかし映画に興味の無い人にとっては学校の社会科見学みたいかもしれない。

ユニバーサルスタジオハリウッドにももちろんライド系のアトラクションやショーもある。
フロリダや大阪と比べるとアトラクションエリアは大きくはない感じもするが、映画好きな人にとってはここでしか味わえない本物感があるし、ハリウッドの丘の上に建つロケーションは最高だ。
ロサンゼルスの中心部から地下鉄で行くことが出来るのでアクセスもいい。
(メトロ・レッドラインでユニバーサルシティ駅下車、駅からパークまで無料のシャトルバス有り)

オーランドにあるユニバーサルスタジオフロリダのパーク構成は大阪と酷似している。
こちらは映画スタジオではなく大阪同様に単なるテーマパークなので似ているのは当然かもしれない。大阪と大きく異なるのはなんと言ってもパークが二つあること。
ユニバーサルスタジオと隣り合わせにアイランズ・オブ・アドベンチャーというもう一つのパークがある。
このアイランズ・オブ・アドベンチャーはコースター等の絶叫系アトラクションを中心に構成されているが、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターのアトラクション、Harry Potter and the Forbidden Journeyやホグズミード村はこちらにある。
ユニバーサルスタジオの方のウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターエリアには、新しいアトラクションのHarry Potter and the Escape from Gringottsやダイアゴン横丁がある。
この二つのハリーポッターエリアは実際に走るホグワーツ特急で結ばれていて、2パーク入場可能なパークチケットを持っているゲストのみ乗車出来る様になっている。
大阪と似ているとは言え、パークも二つあって全体的なアトラクション数やスケールはフロリダの方が圧倒的なので、大阪にあるから行けなくてもいいやという事にはならないと思う。

ディズニーのファストパスにあたる、エクスプレスパスは全てのユニバーサルスタジオで有料購入するオプションチケット扱いだが、フロリダではオフィシャルホテルに泊まるとこれが付いてくる。(カバナベイリゾートを除く)しかも1アトラクション1回といった制限の無い、無制限のエクスプレスパスとして使える。
アイランズ・オブ・アドベンチャーのハリー・ポッターに一時間早く入れるアーリーエントリーも付いてくるので、ユニバーサルスタジオフロリダに行く際には宿泊を検討する価値がある。

最後に大阪のユニバーサルスタジオ。
構成はほぼフロリダと同様だが、スヌーピーやキティちゃんといった他のユニバーサルスタジオではお目にかかれないキャラクターがいることが特徴的。
アメリカ映画のテーマパークというだけでは集客出来ないのか、ワンピースなんかのイベントやグッズも多く、日本独自のスタイルが取り入れられている。
大阪だけの問題としてはオフィシャルホテル宿泊者でも途中退場を一切認めない(年間パス保持者を除く)というかなり独特なシステム。
せっかくオフィシャルホテルに泊まっても休憩や食事に戻ることが出来ないので注意が必要。
私が知る限り、アメリカにはそんな理不尽なシステムは無いので、ユニバーサルスタジオ大阪に問い合わせた事があるが、「キャスト個々の判断で途中退場が可能な場合もある」との回答を得た。それがどんな場合かはキャスト個々の判断の為、答えられないし、オフィシャルホテル宿泊者であろうと、そこで食事の予約をしていようとも途中退場は出来ないルールなのは事実とのこと。

USJ

USJはアメリカに比べて混雑している印象もある。

本当にユニバーサルスタジオを楽しみたいならお薦めはやはりハリウッド。次いでパークが二つあるフロリダ、最後が国内で手軽に行ける大阪といったところだろうか。
他にシンガポールにもあるが、行ったことがない。

オーランド旅行記 目次