タグ別アーカイブ: レストラン

ハワイ旅行 2017・準備編4・レストラン予約


ハワイで食事に困るということはない(特にワイキキ辺りでは)だろうが、混雑必至の店では予約が重要。待つことさえ厭わなければ予約無しでは入れないという店は無いが、食事の為に1時間も待つようなことは避けたい。
しかし予約を入れてしまうと行動を制限される(その時間に店に行かなければならないので)というデメリットもある。
なので、絶対にその店で食べたい、そして絶対に混んでいるという確信(情報)があるものだけを予約するのがいい。
サンセットの眺めが評判のレストランなんてのも多いが、その場合はやはりアウトサイドか窓際の席を確保しないと意味がないので、それをリクエストしての予約が大切。もちろん旅行中の日没時間を調べておいて、日没時間の30分〜1時間前位を予約する。

ということで今回事前に予約を入れたレストランは以下の通り。

ハワイ島

  • レジェンズ・オブ・ハワイ(ヒルトンワイコロアビレッジ内、カメハメハコートでのポリネシアンディナーショー)
  • カムエラ・プロビジョン・カンパニー(通称KPC、ヒルトンワイコロアビレッジ内レストラン)

レジェンズ・オブ・ハワイはレストラン予約というよりもディナーショー予約なので、現地ツアーを扱っている VELTRAでプレミアムシートを予約。
KPCは味とサンセットの絶景(ハワイ島のレストランではベストと言われる)で有名な店なので、夕刻、日没頃のアウトサイドテーブルを予約無しで利用することはほぼ不可能。予約はオープンテーブル(OpenTableは主要な観光地のレストランを無料で予約出来るサイト)で行い、可能であればアウトサイドテーブルをお願いしたいとリクエストに書き添えた。
実はサンセット時刻のアウトサイドテーブルを確約してもらうには別途追加のテーブルチャージを払うという方法もあるらしいのだが、それは行わなかった。

オアフ島

  • マカヒキ(ディズニー・アウラニ・リゾートのキャラクターブレックファスト)
  • bills(ワイキキにある朝食が評判の店)
  • ショアバード(アウトリガー・リーフ内の肉や魚を自分で焼くスタイルのレストラン)
  • ルースズ・クリス・ステーキハウス(ステーキの味と品質ではハワイでベストと評判の店)

マカヒキはアウラニの公式サイトから簡単に予約。(英語サイトのみで日本語サイトでは予約が出来ない)かなり人気の店なので早めに予約(180日前に予約開始)しないと満席となることが多いと思うが、予約自体は希望の日と時間、名前とメールアドレス、電話番号の記入くらいでとても簡単。
私は予約開始と同時に予約を行ったが、その時点では全時間空いていて好きに選べる状態だった。

アウラニ

英語サイトではダイニングの所にReservationというところがあるので、そこからマカヒキやアママの予約が出来る。日本語に切り替えると使えないので注意。

billsは今では日本にも上陸しているが、オーストラリア発祥のとても美味しい朝食を食べられると評判の店。中でもリコッタ・パンケーキは名物。
朝食時間(朝食以外の営業ももちろんしている)の行列は必至との噂だったので公式サイトから予約を行った。公式サイトからの予約だが、オープンテーブル(OpenTable)のシステムに飛ぶ仕組み。

オープンテーブル

レストラン予約サイトは数々あるが、opentableの様に無料というのは有難い。海外ではレストランが公式な予約システムとして利用しているケースも多く安心感もある。

ショアバードはメインの肉や魚を専用のグリルコーナー(焼く場所)で自分で焼くというスタイルで有名な店。窓際の席を予約出来ればサンセットの眺めでも定評がある。この店は予約が必要かどうか微妙なところなのだが、サンセットの頃に利用ということで一応予約しておくことにした。
ここも公式サイトからの予約だが、オープンテーブル(OpenTable)のシステムに飛ぶ仕組みだった。

ルースズ・クリス・ステーキハウスはワイキキビーチウォークにある、ステーキの味でかなり有名な店。ディナータイムの混雑は有名で予約が推奨されている。公式サイトからの予約は独自のものだが、予約自体は簡単に行えた。

以上が今回予約を行ったレストラン。
一昔前までは国際電話を使って店に直接電話するか、旅行代理店等に手数料を払って予約してもらうかだったものが、こうも簡単に全ての店の予約を自分で出来てしまうというのは感動。

次は現地ツアーの手配。




グアム旅行記 (2016) 13・7泊8日のグアム旅行終了


グアムの最終日は帰国の飛行機が16時55分発なので、午前中は最後のプールとビーチで遊び、正午にアウトリガーをチェックアウト。荷物は預けて食事と最後のショッピングへ。
IHOPでランチを食べて、JPストアをうろつき、14時に荷物を受け取り、来たときと同じ楽天トラベルの送迎サービスで空港へ。

今回7泊という、グアム旅行としては長目の日程だったので、最後の2日間くらいは同じ様な所をうろついてた感じ。やはりグアムはハワイに比べてコンパクト。
ハワイよりも勝っているのは中心部の海がワイキキよりも圧倒的に綺麗で空いていることだと思う。ので、ビーチ目的ならグアムはお薦め。(もちろんハワイでもオアフ以外の他島ならこの限りではないと思うが)

タモンのビーチ

ホテル街にあるビーチとしてはタモンのビーチは驚くほど綺麗。

観光やショッピング、グルメ目的なら断然ハワイだと思う。
あと、気候的にもハワイがやはり快適。同じ常夏の楽園といってもグアムは湿度が高い。
今回は初めて夏に行ったが、グアムに行くなら冬がいいと感じた。夏は雨期ということで、冬よりも圧倒的に雨が多い。(天気は運次第だけど)

私にとっては4度目、娘にとっては2度目のグアム。それなりに見るべきものは見て、行くべき所には行き尽くしたと思う(特別な目的をもたない一般の観光客としては)ので、主観ではあるけれどグアム旅行のお薦めは以下の通り。

  • ショッピングはブランド物に興味が無ければ、タモンの中心にあるJPストアとKマートで事足りる。同じ物ならKマートが断然安いので、先にKマートを見るべき。マイクロネシアモールはハワイのアラモアナショッピングセンターほどの価値はない。が、マイクロネシアモールのペイレス スーパーマーケットだけは行く価値あり。プレミアムアウトレットでは何と言ってもロス ドレス フォー レス。
  • 食事で特に美味しいと感じたのはカリフォルニアピザキッチン(何処にでもあるけれど)。メスクラドスのバーガーも美味しかった。高級ホテル(ウェスティンやハイアット)のホテルバフェも悪くは無いけれど、かなり高めの料金設定なのでコストパフォーマンスは悪い。パンケーキは何処で食べてもそれほど違わないので、比較的空いているIHOPでいいんじゃないかと思った。
  • マジックロックスかアンコール、どちらかのマジックショーは観るべき。
  • チャモロビレッジのナイトマーケットとデデドの朝市は曜日が合えば行くべき。ただしショッピング目的なら期待外れになるかも。定番の観光スポットと言えば恋人岬だが、天気さえ良ければ本当に素晴らしい景色なのでこれも一度は行くべき。

タモンビーチ

今回、グアムサマービーチフェスティバルというイベント期間と重なって、ホテル前のビーチから花火を見ることも出来た。

次回はハワイを計画中。オアフ以外ではマウイ島にしか行ったことがないので、ハワイ島に行ってみることにした。
ということで次回からはハワイ旅行準備編を投稿予定。


グアム旅行記 (2016) 9・マジックショー


今回のグアム旅行では二つのマジックショーを鑑賞。 グアムのマジックショーと言えばサンドキャッスルのイリュージョンマジックショーとニッコーグアムのカーメが有名だが、実際に観た人の評価ではウェスティンのマジックロックスシアターとフィエスタリゾートのアンコール!がマジックショーとしての満足度が高いらしい。
ということでそのどちらを観るか悩んだが、せっかくなので両方とも行く事にした。

どちらも食事付きとショーのみというコースがあるが、フィエスタの食事はあまり評判が良くない。(ポリネシアンBBQとのセットもあるが、フィエスタのそれには以前のグアム旅行で参加しているし)ウェスティンの方はフルサービスのレストランであるプレゴとビュッフェレストランのテイストのどちらかの食事とのセット。どちらも評判がいいのでテイストのディナービュッフェ付きにした。

まずはフィエスタリゾートのアンコール!から。
宿泊しているアウトリガーからフィエスタまではやや距離があるので送迎付き。アウトリガー宿泊者の場合、多くのツアーが隣のデュシタニの一階ロビーが送迎バスの集合場所となっていて、そこで待つ。(アウトリガーとデュシタニ間は専用通路で結ばれているので移動は楽)
アンコール!は比較的小さな会場でのショーなのだが、かなり立派な、大きなバスが迎えに来た。
ショーのみの場合は開演時間に合わせた到着で、着いたらチケットの引き替えがあって、すぐにショー会場に案内される。
ショーのみでも飲み物付きで、各自一杯オーダー出来、開演まで座席で飲める。座席は予約順などで予め割り振られているようで、案内係が指定してくれる。私達は最前列中央に案内された。

ショーの内容はジャグリングやアクロバット等をはさみつつのマジックショー。一瞬ではあるがホワイトタイガー等も登場するので見応えは十分。
会場、ステージのサイズからあまり大掛かりではないが、イリュージョンと呼べる様な出し物もある。マジックはあまり大きな劇場で遠目に見るよりも間近の方が見応えがある。
終演後には会場出口で出演者との記念撮影(時前のカメラで)も。
それぞれ写真を撮り終えたらすぐにバスへ。全員が乗車したら即出発と、移動もスムーズ。

アンコール・グアム

かつてラスベガスで上演されていたホワイトタイガーで有名なマジックショー「ジークフロイド&ロイ」の小劇場版といった雰囲気も。

ウェスティンのマジックロックスシアターも送迎付き。(ウェスティンはアウトリガーから十分に歩いて行ける距離だが)
食事付きなので送迎バスがウェスティンに着いたらまずは食事。送迎バスのドライバーが各自で利用するレストランへ行くようにと説明してくれるが、案内はしてくれない。それにその説明も英語なので、簡単な内容ではあるが聞き取れずに困っている様子の参加者もいた。
まあ、利用するレストランはホテル内にあるわけで、それほどの問題ではないが、全く英語が分からないという人にはちょっと不親切かもしれない。

私達が食事をするテイストに行き、入り口で名前を告げる。通常のレストラン予約と同様に名前だけで案内してもらえる。
テイストはさすがウェスティンと思える内容と雰囲気のビュッフェレストランで、食事にはとても満足。
食事中にマジックロックスを鑑賞する人達のテーブルに、何時までに何階のショー会場に来て下さいといった案内をしにきてくれる。その際にショーの入場チケットの様なものもくれる。
食事を終えたら言われた時間までに会場へ。時間になると先程もらったチケットで会場に入れる。まずは前室の様な所に通され、名前を呼ばれた順に座席につくというシステム。つまりここもアンコール!同様、予約順による指定席。
アンコール!よりも更にこじんまりした会場なので、後方席でも十分にステージに近い。
私達は2列目の端の方の席。

マジックロックスはアンコール!とは違い、ほとんどマジシャン(と、アシスタントの女性)だけで頑張る内容。
いくつかのネタがアンコール!と全く同じだったが、距離の近さを生かしたマジックが多く、更に観客参加のネタも多い。子供はほぼ全員が何等かの形で参加出来るようになっている。
アンコール!よりも地味ではあるが、マジックそのものを楽しむことが出来るのはマジックロックス。
こちらも終演後はマジシャンとの写真撮影が出来る。
帰りの車は全員揃って同じバスでという方式ではなく、それぞれがロビーの配車係に送迎のチケットを見せて車を依頼するシステム。

マジックロックス・グアム

イケメンな雰囲気だが、ショーではかなりコミカル。日本語も使ってくれる。

さて、アンコール!とマジックロックスのどちらが良かったかだが甲乙付けがたい。
出し物の多さにホワイトタイガー(登場はちょっとだが)といった、内容の豪華さではアンコール!だが、純粋にマジックを楽しむということならマジックロックス。
マジックロックスは距離の近さと参加型が多いということもあって、子供のいる家族に特にお勧め出来る。それに食事付きなら食事もウェスティンの方が上と思う。
ということでマジックロックスの方が私達は満足度が高かった…と言っていいと思う。(僅差ではあるが)