タグ別アーカイブ: レストラン

ラスベガス・ロス(ハリウッド、ユニバーサル、ディズニー)準備編07


カリフォルニア・ディズニーリゾートの各種手配と予約

アナハイムでのホテル予約は完了したので、あとはディズニーリゾートでの各種手配。
一番大事なパークチケットはいつも通り若干の割引があるミッキーネットで購入することにした。私が今回の旅行の手配を始めた頃、カリフォルニア・ディズニーではパークチケットの値上げが発表されていて、丁度旅行する頃には値上げ後という状況だったが、ミッキーネットで値上げ前に購入することで、値上げ前の価格(と、少しの割引)で入手出来きた。
カリフォルニア・ディズニーリゾートのチケットをミッキーネットで購入するとバウチャーが発行される。それを自宅印刷して実際のチケットと交換しなければ使えない。交換自体はパークのチケット売り場かディズニーランドホテル内のミッキーネットオフィスで行えるので、さほどの手間では無い。(フロリダのディズニーワールドの場合はミッキーネットで購入したチケットもマジックバンドに入るのでこういった手間は無い)

今回購入したのは4日間のパークホッパー付きチケット。パークホッパーとは一日にディズニーランドとカリフォルニアアドベンチャーを自由に行き来出来るオプション。3日間以上のチケットにはディズニーランドのマジックモーニングが付く。マジックモーニングは指定された曜日(現在は木曜と土曜)に一回限り、一般の開園時間よりも1時間早く入園出来る特典。
残念ながらカリフォルニアアドベンチャーのマジックモーニングは直営ホテルの宿泊者にしか提供されていない。そしてカリフォルニアにはフロリダの様な深夜のマジックアワーは無い。

続いてレストラン予約。
我々はディズニー直営ホテルのゲストでは無いので、予約開始は60日前から。フロリダの様に直営ホテル宿泊者がたくさんいるわけではない(現在直営は3軒で更にもう一軒が建築準備中)一般のゲストの予約開始となる60日前でも十分に希望の時間帯で予約出来る感じ。もちろんスタートダッシュに遅れると、人気レストラン(と、そのパッケージ)はみるみる予約可能な時間がなくなっていく。

ディズニーランドのマジックモーニングを使用する日や、ショーやパレード鑑賞の時間も考慮した上で計画を練っておき、それに合わせて手配をするのだが、ディズニーランドの公式サイトではパークの開園、閉園の時間を40日後までしか公開していない。
なので、60日前にレストラン予約のスタートダッシュをかけるには、ある程度行動に余裕の出来る予約時間にしておくことも大切。

7年前のアナハイム旅行では当時のキャラクターダイニングを全制覇しているので、今回はあまり欲張らずに予約したキャラクターダイニングはディズニーランドパーク内のPlaza Inn(プラザイン)でのキャラクターブレックファストのみ。
あとはショーやパレードを専用エリアで鑑賞出来るダイニングパッケージをメインにした。

  • Hungry Bear Restaurant Fantasmic! On The Go
  • Frozen Lunch Package
  • Sonoma Terrace Paint the Night Reception
  • Blue Bayou Restaurant Fantasmic! Dinner Dining Package

Hungry Bear Restaurant Fantasmic! On The Go 2nd Showはディズニーランド内、ハングリーベアレストラン(カリフォルニアはカレーの店じゃ無い)での軽食とファンタズミックの専用鑑賞エリアのパッケージ。
Frozen Lunch Packageはカリフォルニアアドベンチャー内のCarthay Circle Restaurant(カーセイサークルレストラン)でのコースランチとFrozen – Live at the Hyperion(アナと雪の女王:ライブ・アット・ザ・ ハイペリオン)の優先鑑賞席のパッケージ。
Sonoma Terrace Paint the Night Reception(ソノマテラス・ペイント・ザ・ナイト・レセプション)はカリフォルニアアドベンチャー内、ソノマテラスでのオードブルとデザート、アルコール類(もちろん21歳以上のみ)、ソフトドリンクと、屋外席で座ってペイント・ザ・ナイト(夜のパレード)を鑑賞出来るパッケージ。
Blue Bayou Restaurant Fantasmic! Dinner Dining Package(ブルーバイユー・レストラン・ファンタズミックディナーパッケージ)はディズニーランド内、ブルーバイユーレストランでのコースディナーにファンタズミック優先鑑賞エリア(と、鑑賞エリアで使えるオリジナルクッション)が付くパッケージ。

ファンタズミックの鑑賞パッケージを初日と最終日(4日目)で二つ予約したが、鑑賞エリアの位置は違う。もちろんハングリーベアよりもブルーバイユーでのプランの方が正面寄りで位置がいい。滞在中はファンタズミックが2回公演されるので、ハングリーベアは2ndショー(22時半)、ブルーバイユーを1stショー(21時)で予約。
優先鑑賞エリア内での鑑賞位置は早い者勝ちなので、指定の鑑賞エリア集合時間よりも早めに行って並んだ方がいいらしい。

ファンタズミック・パッケージ

このような鑑賞エリアの入場券がパッケージに付く。この場合、9時開園で、8時〜9時に鑑賞エリアに来るように指示されているが、良い位置で観たければ8時前(エリアオープン前)に行って並んだ方が良いらしい。

あとはダウンタウンディズニー(二つのパークの間に位置するレストラン、ショッピングエリア)にあるTortilla Jo’sというメキシカンレストランでのディナーも予約した。ダウンタウンディズニーにあるレストランもディズニーの公式サイトからパークや直営ホテル内のレストランと同様に予約が出来る。
このTortilla Jo’sというレストランは、週末のディナーでのみマリアッチバンドのライブ演奏があるとのことで、土曜のディナー利用にした。

Tortilla Jo's

Tortilla Jo’sの他、レストランやショップで賑わうダウンタウンディズニーは深夜まで安心して過ごせるエリア。私達の滞在中は深夜2時までオープンしている。(ディズニーランドは24時閉園)

以上でディズニーリゾートでのレストラン予約は完了。
レストラン予約にはディズニー公式サイトのアカウントとクレジットカード登録が必要になるが、これは以前にフロリダのディズニーワールド旅行の際に登録、使用していたものがそのままカリフォルニアのディズニーリゾート公式サイトでも使用出来た。(登録してたクレジットカードだけは期限切れで変更が必要だったが)
いずれの予約も期限内のキャンセル、変更は自由に出来るが、期限を過ぎてのキャンセルや、キャンセルせずに行かなかった場合には規定のペナルティ(罰金)がクレジットカードに(多くの場合10ドル程)課せられる。
一部予約時に全額決済のパッケージもあるが、これも期限内キャンセルでは全額返金される。しかし、期限を過ぎると全額没収となる場合があるので注意。
こういうペナルティが無いと、行けるかどうか分からないがとりあえず予約しておこう…なんて人がたくさんいそうなので、良いシステムだと思う。

予約の確認書は念のために持参した方がいいが、スマホにメールで送られてくる予約確認を保存しておくだけで十分だと思う。基本的にレストランでは予約時間と名前を告げるだけでOKなので、トラブルが無い限りは予約番号等が必要になることはない。(私は今までノートラブルだった)




ハワイ旅行記 19 2017・ルースズでの夕食


今回のハワイ旅行最後のディナーはステーキで有名な「ルースズ・クリス・ステーキハウス」
オアフ島にはホノルル店とワイキキ店の2店があるが、ワイキキ店を利用。
ワイキキ・ビーチ・ウォークの2階にある。

予約は公式サイトから行った。完全日本語対応で簡単に予約できる。よくある予約システム自体はOpenTableのシステムというタイプでは無く、ルースズ・クリスが独自に予約を受け付けているもので、予約完了は直接メールが送られてくる。(この予約確認メールは英文のみだが、簡単な文面なので誰でも理解出来ると思う)
18時過ぎのディナーは間違い無く混む様だが、16時半〜17時半くらいの早めの時間であれば予約無しでも待たずに済む可能性が高いとのこと。(ディナーの営業時間は16時半〜22時)

我々は19時半に予約して行ったが、ほぼ満席状態だった。
ワイキキ店は屋外(といっても2階なのでビーチウォークの建物内だが)テーブルもあるが、通行人の真横で環境が良くない。ので、屋内のテーブルに着けるよう、予約は必須と思った。

店員はとても気さくで親切だが、ややマニュアル化された雰囲気。(ある意味日本的)
日本語能力は担当者によってまちまちな感じだが、どの店員も片言の日本語は喋れる様子。まあ、料理を頼むのに高度な英語が要らないのと同様、高度な日本語も必要無い。

ルースズ・クリスは初めてなので、絶対に外さないと評判の定番「フィレ」と「リブアイ」をメインにオーダー。前菜は何処に行ってもあれば頼んでしまうオニオングラタンスープをオーダー。もちろんパンはメインに付いている。

ルースズ・クリス

オニオン・グラタン・スープはかなり濃厚な味。ちょっと独特な風味がするが、とても美味しかった。

肝心のステーキだが、なるほど絶品。
アメリカで食べたステーキの中では今までで一番美味しかった。多分日本でもこれだけ美味しいステーキには滅多に巡る会えないと思う。(一人前に1万円以上かければ簡単かもしれないが)
フィレとリブアイをシェアして食べたが、どちらも美味しかった。
日本円換算で6〜7千円のステーキなのだから、美味しくて当たり前という気もするが、同程度の値段であまり美味しくないステーキもたくさんある観光地なので、ここが人気というのは頷ける。

ルースズ・クリス

ミディアムにしてはやや焼き過ぎな感じもするが、肉が厚いので中の状態としてはこれくらいがいいのかもしれない。

この店のサービスとして必ず写真を撮ってくれるようで、どのテーブルでも担当が写真を撮っていた。もちろん我々の担当も撮りに来てくれた。

ということで、最後の夜の食事は大満足。
二人で最低でも200ドル以上はかかる(チップ込みで平均300ドル前後はかかると思う)ので、かなり贅沢ではあるが、味とサービスに間違いはなく、一回は行ってみることをお薦め出来る店だった。

都内、霞ヶ関にも店舗があるので、日本でも味わえるのだが、気さくさ(かしこまらずに行ける)ではハワイ旅行での利用がいいと思う。日本店のメニューも見てみたが、1ドル110円くらいで考えると、ハワイの店の方が日本の店よりもリーズナブルな感じ。(でもチップのことを考えると同程度かな…)




ハワイ旅行記 14 2017・ショアバードでの夕食


アウトリガー・リーフ・ホテルの一階、海側にあるレストラン、ショアバード。
ここでのブッフェタイプの朝食は界隈のホテルブッフェの中ではかなりリーズナブルということで有名。そしてディナーではステーキやシーフードを自分達で焼くスタイルで有名。
自分達で焼くと言うと、テーブルに設置されたグリルで焼きながら食べるバーベキュースタイルを想像するが、ショアバードの場合、焼く場所が専用に用意されていて、そこに自分達がオーダーした肉などを持って行って焼くというスタイル。

人気の店と言うことで、一応予約を入れてディナーに出向いた。
ここもOpenTable(世界のレストランを無料で予約出来るサイト)から簡単に予約が行える。

ビーチサイドの店なので、サンセットの時間頃を予約して行ったが、席は店内中程に案内された。
確かに人気店といった様子で店内はほぼ満席。

メインをオーダーするとサラダバーが付くというスタイルなので、飲み物にメイン1品の注文で十分。サラダバーは種類も豊富なので、これで前菜は十分だと思う。
メインは生で運ばれてくる。その際に焼き方などの簡単な説明をしてくれるが、これは焼く場所にも掲示されている。(要は焼くのにかかる時間がそれくらいかということ)
運ばれてきたメインを自分達で焼く場所まで持って行き、空いているグリルで焼く。スパイスや調味料もそこに用意されている。
たくさんの人達が一斉に肉や魚を焼いている場所なので、とても暑い…。この場所に近いテーブルだと暑さもそうだが、風向きによってはかなり煙いのではないかと思う。

ショアバードのグリルコーナー

こういうグリルがずらっと並ぶコーナーで焼く。

このスタイル、焼いている間はただ焼いているという時間になるので、あまり良いシステムとは思えない。テーブルで焼くスタイルなら、焼きながら他のものを食べるなり飲むなり、もしくは会話を楽しむなり出来るが、ここではただ黙って焼き上がりを待つしか無い。

やっと焼き上がって、テーブルに持ち帰り、食べる。
今回、我々は二人とも肉をオーダーしたが、お世辞にも美味しい肉では無かった。
自分達で焼いたので、もしや焼き方がよくなかったのかも…とも思えてしまうが。

店内の雰囲気もかなりカジュアルでワイワイガヤガヤといった感じなので、落ち着いて食事という雰囲気でも無い。ので、デザートはパス。

ロケーションはよく、値段は場所を考えれば安い方、かしこまった感じは一切無いので、大人数でわいわいと食事をしに行くのには最適かもしれない。
が、味を重視する人や、ゆっくり落ち着いたディナーを望む場合にはお薦め出来ない。

SunsetDinnerSpecial ショアバード

17時半までの来店限定でトップサーロインステーキ(サラダバー付き)が19.95ドルというサンセットディナースペシャルなんてのもある。(2017年4月現在)

あの味と雰囲気であれば、わざわざレストランで食べるまでもなかったというのが正直な感想。(自分達で焼くのにチップは普通に必要だし)サラダバーが充実していたのは良かったが…。
有名店ではあるので一度は行ってみたが、二度目はないと思う。(我々の場合)
リーズナブルな朝食ブッフェで利用すれば感想は違ったかもしれない。