タグ別アーカイブ: ユニバーサルスタジオ

準備その10・ユニバーサルスタジオのチケット購入(オーランド)


なかなか安いチケットが見つからなかったユニバーサルスタジオとアイランズ・オブ・アドベンチャーのチケットだったが、公式サイトやゲート販売では入手出来ないユニバーサル2パークボーナスとかユニバーサル3パークボーナスとかいうチケットが存在することを知る。
どうやら旅行会社等に専門で卸されているチケットらしい。
2パークボーナスはユニバーサルスタジオとアイランズ・オブ・アドベンチャー、3パークボーナスは更にウェットン・ワイルドにも入場出来るチケットで、最初に使用した日から14日間有効というまさにボーナスチケット。

私が欲しいのはユニバーサルスタジオとアイランズ・オブ・アドベンチャーに同日入場可能な3日間のチケット(2パークホップが出来ないとホグワーツ・エクスプレスに乗れない)だが、これを公式サイトで購入すると一人税込み合計218.32ドル(2015年3月現在)。
対してユニバーサル2パークボーナスは一人193ドル。(現在のオーランド観光さんでの販売価格)
ということで、このユニバーサル2パークボーナスを2枚購入することに決定。
販売はオーランドを手掛ける現地旅行社で行われているが、オーランド観光さんが一番安かったので、そちらに依頼。
E-チケットなのでメールで送られてきたチケットを自分でプリントするもの。引き替えなどは必要無く、そのまま入場出来るが、本人確認(チケット券面の氏名と一致しているかの確認)が必要なのは先日購入したシーワールドとアクアティカのE-チケットと同じ。

ユニバーサル2パークボーナス

これが2パークボーナスのE-チケット。シーワールドのものと同様、記名本人のみ有効

安く買えて何よりと思っていたが、ここでちょっとしたミスを犯したことに気付く。
ブルーマン (BLUE MAN GROUP) のショーも出来れば鑑賞したいと思っていたのだが、実はブルーマンのショーを観る場合は、2パーク3デーチケットのブルーマン・コンボチケットを公式サイトで購入した方が安かったのだ。このコンボチケットの割引率を知らずにパークチケットのみの値段だけを比較してしまったというミス…。
2パークボーナスとブルーマンチケットの合計額と、2パーク3デーチケットのブルーマン・コンボチケットの料金を比べると、同じ座席クラスで約12ドルもコンボチケットの方がお得。トホホである。

私は一度ニューヨークで観ているブルーマン(20年くらい前だけど)。
ラスベガスでも観られるし、オーランドならではというショーでもないので迷ってはいたが、どうするべきか。
子供と相談してどうしても観たいと言うようなら別途購入するしかない。その場合結局高く払うことになるが…。

ということで、少し悔いを残してユニバーサルスタジオとアイランズ・オブ・アドベンチャーのチケット手配も完了。

オーランド旅行記 目次


オーランドのテーマパークチケット


WDWのパークチケットは既に直営リゾートと共に購入済みだが、ユニバーサルスタジオとシーワールドのチケットは未だ。

現地の格安チケット屋等での購入がもっとも安く入手する方法らしいが、時間を有効に使う為にも日本からネットで購入していくことを考えている。
そこで両パークのオフィシャルサイトでのネット販売を調べてみた。

まずユニバーサルスタジオ・フロリダだが、ここはホグワーツ特急に乗りたいので、その為には同日に2パーク入場可のチケットである必要がある。
そして計3日間パークに入場する予定なので3デイチケットだ。

ユニバーサルスタジオ・オーランド

ユニバーサルスタジオのダイアゴン横町とアイランドオブアドベンチャーのホグズミード村を結ぶ列車は2パーク入場可能チケットがないと乗れない。

2パーク3デイというものになるわけだが、この場合本日現在大人$204.99、子供$194.99で計$399.98に税で合計 $425.9だ。
かなり高い印象だが、2パークを3日間なので1日1パークの入場料を考えれば特別高額ということもない。(大人料金で1日1パーク約34ドルという計算になる)
2デイの料金で3日間というチケットもあるが、これは米国とカナダ居住者専用とのこと。
合衆国とその自治領専用割引のあるチケットというのはアメリカには多い。

3日間とも2パーク入場するものではなく、1パークにしか行かない日と分けて買うということも考えたが、WDWのパークホッパーチケットの購入と同様で、1日でも2パーク入場をするのであれば、3日間とも2パークチケットを買った方がバラバラに買うより全然安かった。

この基本チケットにダイニングパッケージやエクスプレスパス等のオプションを付けていくわけだが、私達は無制限エクスプレスパスが付くオンサイトホテル宿泊者なのでエクスプレスパスは不要、その他のオプションも付けない。
が、ブルーマンの鑑賞を検討しているので、もし鑑賞するならこれは一緒に購入した方が良さそうだ。
ブルーマンのチケットを付けると、最も席数の多いTier 1という座席位置で大人75ドル、子供37.50ドルの追加となる。

次にシーワールド。ここはウォーターパークのアクアティカにも行きたいと考えているので、そのセット券が希望だ。

ここもアメリカ、カナダ、プエルトリコ居住者専用の割引チケットがある。それはかなりお安いが、私達は日本人なので買うことは出来ない。

シーワールドとアクアティカ

ブッシュガーデン等とのセット券など、販売されているチケットの種類は多いが、外国人が使えるものは制限されている。

で、シーワールド+アクアティカのチケット(最初の使用から14日間有効で両パークに無制限入場可能)は3歳以上は同一料金で一人$126なので計$252、これに税金で合計$273.37だ。
ここのオプションとしてはAll-Day Dining Deal(一日食べ放題のダイニングオプション)、Quick Queue Unlimitedというエクスプレスパス等がある。
シーワールドにエクスプレスパスは不要と思うが、All-Day Dining Dealは迷う。
大人$34.99、子供$19.99とそんなに高くは無いし、一日何食でも食べられるというのは魅力的だ。問題はこれを有効に使えるほどパークにいるかどうかということだ。

まだ余裕なのでよく検討して購入する。

オーランド旅行記 目次


ロサンゼルスでテーマパークを楽しむ


日本から一番近いアメリカ本土、カリフォルニアのロサンゼルス(通称ロス)。
飛行機の便も多く、安いフライトでも99%直行便。(残りも1%が存在するかは不明)
9時間半〜10時間半程度のフライトで到着するので海外旅行初心者でも行きやすい場所だ。
私も初めての米本土はロスだった。以降、何度となく訪れている。

ロスには(正確には近郊には)何と言ってもディズニーリゾートとユニバーサルという二大テーマパークがある。残念ながら同じく両巨頭が存在するオーランドに比べるとどちらも規模は小さいが、その代わりどちらもここが本家だ。
由緒正しいテーマパークの原点を味わうならロスより他にない。それにロスへの旅はオーランドの旅に比べてかなり安く、遊び尽くす為の日数もあまり必要としない。

ということで、私がお薦めするテーマパークを中心としたロスの旅をご提案。

旅行日数は最短で3泊5日も可能なコースだ。出発は成田を想定。
旅程は以下の通り。

1日目 日本初ロス到着 アナハイム泊

羽田発よりも成田発の方が便数も多く、安い便も成田発が多いはず。1日戻って朝着となるが、頑張って遊ぼう。空港からの移動はディズニーランドリゾートエクスプレス(ロサンゼルス空港とアナハイムのディズニー周辺主要ホテル間を約1時間毎に結ぶ有料バス)というシャトルバスを使うのが便利なので、初日はこれを使ってディズニーリゾートのあるアナハイムへ。
ホテルに荷物を置いてすぐディズニーランドかディズニーカリフォルニアアドベンチャーへ繰り出そう。

ホテルだが、予算が許すなら3件有るディズニー直営のいずれか、経済性を求めるならハーバーブルバード沿いで、出来るだけディズニーリゾート入り口に近いホテルをお薦めする。この基準で選べば治安もパークへのアクセスも問題ない。

パークビューイン

私達はパークビューインというモーテルタイプのホテルを選んだ。ディズニーの目の前でアクセス最高。

2日目 ディズニーで遊ぶ アナハイム泊

前日にディズニーランドを中心に遊んだならディズニーカリフォルニアアドベンチャーへ。カリフォルニアアドベンチャーを中心に遊んだならディズニーランドへ。これで2パーク制覇。

3日目 ユニバーサルスタジオへ移動 ユニバーサルシティorハリウッド泊

ユニバーサルスタジオに着いたら早速パークへ。一日本物の映画スタジオである本家USHで遊ぶ。

移動は時間効率を優先してタクシー、又は現地のツアー会社(Elephant Tourさんやロサンゼルス大全さん等)が提供している定額制の日本人向けハイヤーサービスをお薦めする。短期間の旅では時間をお金で買った方がいい。いずれにしても100〜150ドル近くかかる。
レンタカーを運転出来るなら問題解決だ。アナハイムにはレンタカーオフィスがたくさんあるので、自分で運転していこう。朝出て夜までゆっくりユニバーサルスタジオで遊んで帰ってくればいい。
もちろんホテルを移動する必要はない。翌日は又ディズニーランドリゾートエクスプレスで空港へ向かえば良い。

ユニバーサルスタジオでのホテルは利便性からシェラトン・ユニバーサルホテルかヒルトン ロサンゼルス/ユニバーサル シティをお薦めする。徒歩でアクセス出来るので、夜までゆっくり遊べる。

4日目 帰国の途へ 機中泊

成田へ向かう飛行機は昼頃までに出発する便が多い。ホテルを朝出なければ間に合わないことも多いはずだ。

5日目 帰国

以上。

旅行日数を1日増やすなら、アナハイムかユニバーサルのどちらかお好みの方を一日増やす。
2日増やすならアナハイムとユニバーサルどちらも一日ずつ増やす。
3日増やすならアナハイムを2泊増やし、ユニバーサルを1日増やす。ユニバーサルスタジオは計2泊もあれば十分だ。アナハイムで余裕が出来た分、アナハイムから行きやすいナッツベリーファームや、ショッピング好きならサウスコーストプラザとかにも足を延ばせる。

それ以上日数を増やせるなら、ロサンゼルス観光やサンタモニカ辺りへも行ってみるといいかもしれない。
ただ、ロスのダウンタウンは治安のよろしくない場所が点在しているので、ディズニーやユニバーサルで過ごすような安心感がないことには注意したい。個人的にはロサンゼルスやサンタモニカへの観光は、ハリウッドの中心部辺りに宿をとって、そこから日中に出掛けることをお薦めする。
ハリウッドからならダウンタウンにもサンタモニカにもさほど時間をかけずに移動が出来る事と、ハリウッド観光が徒歩で出来る事が理由。(ハリウッド大通り中心部の治安は日中は問題ないが、日没以降はチャイニーズ・シアターのあるハリウッド大通りから路地に入ってはいけない)

今回はあくまでもテーマパークを中心とした旅行を考えた。
ロスの治安があまりよろしくない事は有名だが、ディズニー周辺のハーバーブルバード辺りや、ユニバーサルスタジオのユニバーサルシティウォーク界隈なら夜遅くまで全く問題なく歩ける。

アナハイム旅行

テーマパークとその周辺に限れば、夜遅くまで安心して遊べる

以下も参照