タグ別アーカイブ: ユニバーサルスタジオ

オーランド旅行記43・ユニバーサルズ ロウズ ロイヤル パシフィック リゾートへ


ヒルトン・グランド・バケーションをチェックアウト。荷物をフロント棟まで自力で運ぶのは大変そうだったので、電話でベルサービスを呼ぶことに。
頼んで10分程でベルマンが部屋に来た。荷物をカートに載せて貰い、タクシーでユニバーサルスタジオのロイヤル パシフィック リゾートに行くと言うと、フロント棟まで行く必要は無いので、宿泊棟の駐車場側出口で待つ様に言われる。
ベルマンが無線でフロント棟のベルデスクに連絡し、タクシーをこちらに回すように指示してくれた。ということで、宿泊棟からそのままタクシーに乗れた。
ルームキーカードだけでは返すように書いてあったので、ベルマンにチップと共に渡して完了。

ヒルトンが呼んでくれたタクシーはメーター無し。オーランドではハイヤータイプのメーターの無いタクシーも多く走っている。料金はメーター有りでも無しでも大差ないし、ホテルや店が呼んでくれるタクシーはまず安全だ。(ホテルが提携の無いタクシーを敷地に入れることはない)
事前に調べて置いたタクシー料金よりも若干安めの料金で無事ユニバーサルズ ロウズ ロイヤル パシフィック リゾートに到着。
メーターが無いので料金は口頭で聞くが、ドライバーが言う料金はあくまでも運賃なので、それにチップを加算して支払う。

ロイヤル パシフィック リゾートのベルマンに荷物を預け、フロントデスクへ。
まだ11時前なのでチェックイン時間(16時)はまだまだ先だが、部屋が空いているとのことで問題なく部屋に入ることが出来た。(アメリカのホテルは部屋さえ空いていれば入れてくれるのが通常)
部屋に行く前に受け取ったルームキーを使って、ユニバーサルスタジオ(と、アイランズ・オブ・アドベンチャー)のエキスプレス・パスを作る。
フロント奥の専用の機械で写真を撮って自分で作るのだが、操作は駅の券売機なみの簡単さなので、機械の指示に従えば迷うことはない。写真は白黒で、かなり画質が悪い(昔のモノクロコピー機で写真をコピーしたみたいな)ので、これで個人を判別できるのか疑わしいようなシロモノ。
このエクスプレス・パスは今日からチェックアウトの日まで使える。我々は2泊するので3日間有効だ。「ハリーポッター・フォービドゥン・ジャーニー」と「グリンゴッツからの脱出」以外のほぼ全てのアトラクションに使え、使用回数に制限の無い(気に入ったアトラクションには何度でもエクスプレス・ラインで乗れる)とても便利なものだ。
「ハリーポッター・フォービドゥン・ジャーニー」に関しては一般ゲストよりも1時間早く行けるというアーリーエントリーがある。

ユニバーサルズ ロウーズ ロイヤル パシフィック リゾート

作成したエクスプレス・パス。常に見せる必要があるものなのでネックストラップ付きのパスホルダーに入れておくのが便利。パークでも各種売っている。

我々の部屋はタワー2。このホテルからパークまでは徒歩か水上タクシー(ボート)で移動することになるが、水上タクシーの乗り場にもっとも近いのがタワー3、次いでタワー2、タワー1は乗り場までかなり歩く。
水上タクシー乗り場の脇から遊歩道を歩いてパークに行く事も出来るが、その場合はシティウォークに出るまでが約10分、パークまでは15分ほどかかる。

エクスプレス・パスを作ったりして、部屋に着いた頃には荷物が運ばれていた。
部屋は広めだが、なんと冷蔵庫が無かった。各フロアーに製氷機はあるので、飲み物を冷やして置くだけなら備え付けのアイスペールで何とかなる。
部屋でのWi-Fiは無料。(ここではあまり使わなかったが)

ホテル内はバリをイメージした南国リゾート風。プール施設も大きく、リゾート感は満載だ。
ユニバーサルのオンサイトホテルはここ以外に3軒あるが、カバナベイ・リゾートというホテルにはエクスプレス・パス特典が付かない、あとのハードロック・ホテルとポートフィノベイ・リゾートはとても高額。ということでここ、ロイヤル パシフィック リゾートに決めたのだが、十分な高級感があると思う。(オンサイトホテルの中では安いというだけで十分に高いので当然か)

ユニバーサルズ ロウーズ ロイヤル パシフィック リゾート

フロント横の中庭に象。このホテルも屋外に出ると至る所に灰皿があるので喫煙者に優しい感じ…

今日はまずユニバーサルスタジオに行ってみる。

オーランド旅行記 目次


USF・ダイアゴン横丁の概要


オーランドのユニバーサルスタジオ・フロリダにしか無いハリー・ポッターの新エリア「ダイアゴン横町」
総工費は約400億円ということなので、総工費だけで見れば既設の(大阪USJにもある)ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターと同規模だ。
ユニバーサルスタジオ・フロリダにはハリー・ポッターのエリアがパークを隔てて(ユニバーサルスタジオとアイランズ・オブ・アドベンチャー)2つ、同規模で存在することになる。この2ヵ所はホグワーツ特急で結ばれ、両パークを行き来出来るパークチケットを持つゲストのみが乗車出来る。

ホグワーツ特急はそれ自体がアトラクションになっていて、キングスクロス駅を模した乗り場とホグズミード村を結び、往復で違った光景が車窓に映る。

ダイアゴン横丁のメインアトラクションは「グリンゴッツからの脱出」
ゲストはリアルに再現された魔法銀行のロビーやオフィスを通り、地下深くの金庫を探索するライドに乗り込む。
ライドは3D映像を駆使した屋内ジェットコースタータイプ。

ダイアゴン横丁

魔法銀行の屋根にいるドラゴンは一定時間毎に炎を吐く

メインダイニングは映画同様に再現された「リーキー・コールドロン(漏れ鍋)」で、「穴の中のヒキガエル」(実際はソーセージ)等のメニューを楽しめる。
又、アイスクリーム店ではバタービール・アイスクリームを販売している。

ショップはいたずら用品専門店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ、筆記用具店Scribbulus、ワイズエーカー魔法用品店、魔法動物ペットショップ等がある。
お馴染みのオリバンダー杖店も有る。ダイアゴン横丁では杖を振り、呪文を唱えると魔法を体験出来るスポットがエリア内にいくつか存在している。

ダイアゴン横丁

屋敷しもべもここにいる…

間もなくユニバーサルスタジオ・ハリウッドにもウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターがオープンするので、世界には3つのハリーポッターエリアがあることになるが、現在の所ダイアゴン横丁はオーランドのユニバーサルスタジオ・フロリダにしかない。
オーランド旅行ではウォルト・ディズニー・ワールド観光が中心になるとは思うが、ダイアゴン横丁を楽しむ為だけにでもユニバーサルスタジオ・フロリダに足を運ぶ価値はあると思う。

オーランド旅行記 目次


テーマパークでの熱中症対策


テーマパークは基本的に屋外を歩き回る時間が長い。
万歩計持参で行けば、驚くほど歩かされていることが分かるはずだ。
気候の良い時期なら単に足が疲れるだけで済むが、夏場は熱中症対策が必要だ。

涼しい服装に歩きやすい靴、それに帽子は当たり前として、小まめな水分補給がもっとも大事。
しかし喉が渇く度にパーク内で販売されている飲料を購入していたのでは不経済極まりない。ディズニーのパークは飲食物の持ち込みを禁止していることが知られているが、500ml程度のペットボトル飲料の持ち込みは制限されていない。
しかし500ml程度では朝から晩まで遊ぶ時には数時間ももたないだろう。
水筒の持ち込みも禁止されてはいないので、お薦めは保冷機能のある水筒(ステンレスマグ)だ。
ステンレスマグボトルの保冷機能は驚くほど高い。ボトルの三分の一程度の氷を入れておけば真夏でも朝から晩まで冷たい状態で飲料を飲めるはず。
容量は350mlや500mlが邪魔にならない大きさでいいと思うが、やはり500mlは必要だろう。
ジュース等の甘い物は入れられないタイプが多いので、中身は水かお茶になる。

ステンレスマグボトル

水筒は重くならず、嵩張らないサイズがいい。480〜500mlの物ならペットボトルホルダーに入れられる物も多い。

真夏は何度か入れ替えが必要になると思うが、水でよければパーク内の飲料水を入れられるので手間も費用もかからない。海外パークにも飲料水を飲める場所はあるが、水が体に合わない場合もあるので、事前にその地域の水道水を自分が飲めるかどうかは確認しておいた方がいい。個人差があると思うが、アメリカの場合、アナハイムでもオーランドでも水道水は飲めない水では無い。

水道水が体に合わないということさえなければ、あとは味の好みになるが、お茶が嫌いでなければ冷水でも溶ける粉末状のお茶が便利だ。
これをボトルに適量入れて振ればあっと言う間にお茶になる。水そのものの味が好みでなくても、お茶にしてしまえば気にならない。
お茶はスティックタイプの物が携帯に便利だ。3〜5回程度ボトル内の水をお茶に出来る量を持って行けば十分だろう。

お茶の粉末スティック

スティックタイプの粉末茶は伊藤園やAGF等が販売している。

水分が欲しいときにいつでも補給できる状態にしておけば、そうそう暑さで具合が悪くなってしまうことはないはずだ。屋外のスタンバイラインが長いアトラクションでは事前に満タンにしておくことを忘れない様に。