タグ別アーカイブ: ユニバーサルスタジオ

海外テーマパークでの服装や持ち物


海外テーマパークというか、主にカリフォルニアやフロリダのディズニー、ユニバーサル等で遊ぶときの話です。

服装は冬場や気温の低い季節にでも行かない限りは、男女共にTシャツに短パンが基本、これにスニーカーやサンダルが基本です。はっきり言ってちっともお洒落ではなく、日本人の感覚からすればダサい格好の人が多いんですが、郷に入れば郷に従えで、彼等の真似をするのが無難です。
アジア系の人を見かけた時に、現地の人なのか日本などからの観光客なのかは大体服装で分かります。何故か日本人は(中国人とかも)気温が高い季節でも長ズボンという人が多いです。
ただ、寒がりの方は、基本は彼等と同じ服装がベターとしても、嵩張らずに持参できるカーディガン等は必要かもしれません。夏場の室内冷房は冷蔵庫の様に効かせています。

もちろん冬場や極端に気温の低い日はこの限りではありません。カリフォルニアやフロリダでもコートとまではいかなくても、ジャケットやジャンパーが必要な時はあります。

遊びに出掛けた先でアレもコレも必要になるのではないかと色々持って行くと大きなバッグ等が必要になるので邪魔。実際には一度も使うこと無く、たた持ち運んでいただけという事が多いです。出来るだけ荷物を軽くする事が快適に過ごすコツです。
荷物が大きいと歩き回るのに疲れるし、アトラクションでも邪魔です。

アメリカ人はテーマパークに大きな荷物を持っていく人は見かけません。かなり軽装です。
手ぶらの人も多いですが、荷物を持っている人でもウェストバッグか小さめのショルダー、もしくデイパック程度です。

私はウェストバッグとしてもショルダーとしても使えるバッグにパスポートと財布、スマホにカメラ、ティッシュ程度を入れています。
パスポートはホテルのセーフティーボックスへ…なんて言う人もいますが、お酒を買う時、クレジットカードを使う時等に提示を求められる事があります。この時、コピーではNGという事もあります。それに外国人は原則パスポートの原本を常に携帯していなければならないのがルールです。
とは言っても盗られたり紛失したりすればかなり面倒になるのも事実。なので、パスポートはホルダーに入れてウォレットチェーン等でバッグやベルト通し等につないでいます。

アメリカ人は少額でも基本クレジットカードで買い物をする人が多いんですが、現金で買い物をする時でも財布を取り出す人をあまり見ません。皆、ポケットから無造作に取り出します。
私もそれを真似て、現金は基本的にポケットに入れています。もちろん高額な紙幣はクレジットカードと一緒に財布に入れいていますが、出来るだけ現金はポケットから取り出す分だけで済むようにしています。ポケットに入れて出掛けるのは20ドル札以下の紙幣と小銭で、40〜50ドル程度でしょうか。

あと、雨具を持っている人も極端に少ないです。多少の雨なら濡れることを気にしない人が多いんですが、それなりに降っていても傘を使う人をあまり見かけません。
テーマパークで酷く降っている時等はポンチョの人が多いです。どんな時でも両手を空けておくことを好むみたいです。

テーマパークでの日本との違いと言えば、パレードや屋外ショーで敷物を地面に敷く人もとても少ないです。多くの人が何も敷かずに直接地面に座ります。敷いたとしても広げたパークマップ程度で、自分のお尻の面積くらいのものです。
彼等の前で広めにレジャーシート等を広げるのは顰蹙かもしれないので、私達もあまり敷物を使いません。(地面が濡れていたりすればさすがに小さく広げた事もありますが)
お陰で日本のTDRに出掛けるときよりも少ない荷物で済んでいます。

行き先がオーランドのディズニーワールドならマジックバンド(ホテルのキー、パークチケット、ファストパス、クレジットカード機能等を全て入れられる非接触型ICチップ内蔵の腕輪)が使えるので、更に軽装でパークに出掛けられそうです。

海外のパーク、特にディズニーではサイン帳は是非持参した方がいいです。
キャラクターと写真を一緒に撮るのは勿論ですが、日本よりもサイン帳にサインをコレクションする事がメジャーな様です。ディズニーではピントレーディングも盛んです。
レイヤード(ピンバッジを付けるストラップ)とピンバッジもあれば海外ディズニーは完璧です。
首からレイヤードをさげたキャストなら必ずピントレに応じてくれますので、気軽に楽しめます。
サイン帳もレイヤードとピンバッジのセットも現地で購入出来ます。

軽装なゲスト達

こんな感じの軽装っぷりです。首からレイヤードもかけてますね。

オーランド旅行記 目次




準備その3・ホテル(オーランド)


23泊のうち5泊はクルーズなので、残りの18泊分のホテルを予約していく。

まずオーランド到着からクルーズ乗船までの2泊。ディズニークルーズが出港するポートカナベラルまではディズニーのクルーズシャトルにオーランド空港から乗っていくつもり。なので空港内にあるハイアットリージェンシーオーランドエアポートに決定。
このホテルならクルーズ乗船日はホテルの部屋からクルーズ船内まで自分で荷物を運ぶ必要が無いという嬉しいサービス付き。
クルーズ乗船日まで2泊あるが、クルーズ乗船の前日はケネディスペースセンターに現地のツアーで行くことにした。ケネディスペースセンターのあるケープカナベラルまでは市内のホテルよりもオーランド空港の方が近い。
二日連続で港方面への同じ道を行くバスに乗ることになるが、まあ、仕方ない。

クルーズ下船後はディズニーワールドに真っ直ぐ向かうことにした。
直営リゾートしか考えていなかったので、バリュークラスのディズニー・ポップ・センチュリー・リゾート、ディズニー・アート・オブ・アニメーション、オールスター・スポーツ・リゾート、オールスター・ミュージック・リゾート、オールスター・ムービー・リゾートの以上5軒を候補に。
もちろん理由は料金。
この中でオールスター・スポーツ・リゾートには20年以上前、宿泊した経験がある。その頃はまだオールスターリゾートはスポーツとミュージックだけだったし、ポップ・センチュリーもアート・オブ・アニメーションも無かった。

オールスター3軒はリゾートとパークを結ぶバスが共同運行であったりと、ちょっと混雑が不安。そして古い。(リノベーションは随時されてるだろうけど)
アート・オブ・アニメーションは新しいし一番ディズニーらしさのあるリゾートだが、ファミリースイートが主体で、スタンダードな部屋はフロントやバス停からかなり遠い場所にしかない。そしてバリュークラスの中では一番高い。
ということで、ポップ・センチュリー・リゾートに決定。フロントやフードコートの近い部屋を約束してもらえるプリファードルームで予約。
ディズニーワールドのパークチケットは最長で10日間なので、それに合わせて10泊とした。
もちろんリゾートとパークチケットはセットで予約。チケットの種類は10デイズ・パークホッパー・モアファン。つまり10日間全てのパークに自由に出入りが出来て、二カ所のウォーターパークとディズニーのゲーセン「ディズニークエスト」にも入れるという全部入りのもの。

PopCenturyMap

バリュークラスのホテルはフロント棟から遠いとちょっとしんどい

さて、残りは6泊。

まずオーランド観光の中心地となるインターナショナルドライブ界隈のホテルを検討。
インターナショナルドライブ沿いではシーワールドと、出来ればシーワールドのウォーターパークであるアクアティカにも行きたいので、その近くを探したが、素敵なホテルはかなり高く、安いホテルはイマイチという当然な状況。
インターナショナルドライブは公営バスのLYNXや観光用バスのi-Rideで至極便利に移動できるので、シーワールド近くに拘らず、値段が手頃なのにプレミアムアウトレットに隣接しててLYNXやi-Rideに乗るにも便利そうなヒルトン グランド バケーション クラブ オン インターナショナル ドライブ(2016年、ヒルトン グランド バケーション タスカニービレッジ HILTON GRAND VACATIONS AT TUSCANY VILLAGEに名称変更)に決定。
ここはアウトレットに隣接してるだけでなく、向いにはフロリダでは有名なスーパー、パブリックスもある。(ウォルマートやターゲットと違ってパブリックスは食料品メインだが、一応日用品や雑貨もある)
せっかくのアメリカ、少しはゆっくりスーパーも覗いてみたかったし、アウトレットのフードコートは食費の節約に役立ちそう。
シーワールド、出来ればアクアティカ、その他のインターナショナルドライブ沿いの見物もするだろうから3泊とした。

8122 Arrezzo Way, Orlando, FL 32821

さて残り3泊だが、ユニバーサルスタジオに全て泊まるかどうかが問題。
パークへのアクセス、エクスプレスパス(ディズニーで言うところのファストパス)とパークへのアーリーエントリー(アイランズアドベンチャーのみ通常開園の1時間前に入場可)という好条件を考えればオフィシャルホテルしかない。しかし3軒のオフィシャルホテルはみないい値段してる。
その中でも一番安かったロイヤル パシフィック リゾート アット ユニバーサル オーランドに決定。(今は格安なカバナベイリゾートという4軒目のオフィシャルホテルもオープンしたが、ここはエクスプレスパスが付いてこない)

オフィシャルホテルの特典はチェックイン当日の朝からチェックアウト後の夜まで使える。
オーランド空港から帰りの飛行機が出るのは朝の7時20分を予定。空港に早朝5時までには着かなければならないことを考えると最後まで高額なロイヤル パシフィックに泊まるのは無駄。
二泊にしても3日間ユニバーサルスタジオで特典を使えるのだ。
ということで、ここは二泊にして、オーランド最後の日はチェックアウト後に荷物を預けて、気が済むまでユニバーサルで遊んだ後、空港に移動してしまうことにした。

オーランド空港周辺はビジネス利用の客も多いため格安ホテルがたくさんある。もちろん空港までの送迎は大抵のホテルで提供している。
のだが、少しでも朝ゆっくりしたいということで再びハイアットを選択。空港内のハイアットならチェックインカウンターまで徒歩数分だ。これ以上ゆっくり出来る場所は存在しない。(高いけど)

ということで全てのホテル予約を完了。

さて、次はディズニーワールド滞在中のプランニング、ファストパスプラス(ディズニーワールドでは事前にネットでファストパスがとれる)の取得等々を出発前にしておかねばならない。
まずは直営リゾート宿泊者は180日前から行えるキャラクターダイニング(キャラダイ以外のレストランも)の予約から。

オーランド旅行記 目次