タグ別アーカイブ: ホテル

グアム旅行記 (2016) 1・初日到着編


朝早い飛行機のため、前日に成田ビューホテルに前泊し、ホテルの駐車場に車を置いたまま、ホテルのシャトルバスで成田空港へ。
車で成田空港に行く際には、午後の便なら空港周辺の民間駐車場、午前の便なら駐車場を無料で利用出来る周辺ホテルへの前泊が我が家の定番。
前泊でも後泊でも、その前後10〜14日間(ホテルやプランによる)駐車場を無料で利用出来るので、場合によっては車をホテル駐車場に置いたらすぐ空港へ、そして旅行後に後泊ということも。
ホテルやプランにもよるが、同じ日数格安の民間駐車場に駐める料金と大差ない額でホテルに泊まれるので、旅行中の駐車場無料特典があるホテルへの前後泊は車で成田に行く場合には検討する価値があると思う。

成田ビューホテル

我が家がよく利用する成田ビューホテル。駐車場10日間無料プランが1万円前後の宿泊料で提供されることも。大浴場(露天風呂もある)があるのも嬉しい。

出発当日の深夜から早朝にかけて、関東が台風の直撃を受けていたので、これは欠航や遅延も有り得るかと覚悟していたが、全く影響を受けず、定刻通りの出発。
フライトインフォメーションを見た限りでは、他の出発便も到着便も台風の影響を受けている様子はほとんどなかったので、国際線は台風にあまり影響されないというのは本当のようだ。(当日の国内線はかなり乱れていたので)

JAL941便はほぼ定刻通り、15時過ぎにグアムに到着。
が、入国審査でトラブル発生。
ESTAを保有している者(グアムはESTA無しでも入国出来る)は、入国書類の記入の必要無し(税関申告書のみ必要)とアナウンスされていたので、入国カードは未記入のまま、ESTA保持者の列に並んでいたが、突然列の前の方が慌ただしくなったので何事かと思ったら、システムトラブルでESTAの確認が出来なくなったので、全員入国カードを書けとのこと。
と言われても持っていないので、カードを持っていないと係員に言うと、渡してくれたのは韓国語(大韓航空用)のカード。
仕方なくそれに記入を始めたが、順番までに記入が終わらず、かなり時間がかかってしまった。
トラブル以前に入国審査の列もかなり長かったので、予想以上に時間がかかった。
こういうことは稀で特別不運だったのか、それともよくあることなのかは不明だが、ESTAを持っていても、飛行機の中で入国書類は全てもらって、全て記入しておいた方が良さそうだ。

バゲージクレームに出たときにはもうターンテーブルに荷物はなく、全てターンテーブルの外に出されていた…。ので、手荷物の受け取りはスムーズ。
税関はいつもどおり、ただ書類を渡して通過するだけ。(もちろん申告がない場合)

税関を抜けた正面に楽天トラベルのカウンターがあるので、そこで頼んで置いた往復送迎の料金を支払い、帰りの分のバウチャーを受け取ると、すぐに専用車でホテルへ。料金の支払いを終えるとすぐにドライバーが車に連れて行ってくれるので、これは本当に手間が無かった。

アウトリガーに到着し、チェックイン。今回はオーシャンフロント指定なので、部屋の希望は出来るだけ高層階をと伝えていたが、希望は叶わず、8階。(21階建てで客室は5階からなので、アウトリガーとしては低い階だ)
その代わり、オーシャンフロントの中でも特に広いコーナーの部屋を提供してくれた。
アウトリガーはオーシャンフロント以外の部屋だとラナイ(ベランダ)が極端に狭いので、ここに泊まるならオーシャンフロント一択だと思う。
そしてオーシャンフロントは低層階でも目の前に遮るものがないので、結果的には低層階でも全く問題なかった。
てるみクラブに依頼しておいたプラチナカード(赤いシャトルの7日間乗り放題チケット)と、オプショナルツアーのバウチャーもちゃんとフロントに届いていて、チェックインと同時に受領完了。

*2017年4月現在、てるみクラブは倒産した模様です。

てるみクラブのプラチナカード

これがプラチナカード。普通に赤いシャトルバスの7日間券を買うよりお得な値段で様々な優待特典もある。

部屋に荷物を置いたら、ホテル内(正確にはホテルと繋がるザ・プラザ内)にあるHISでレアレアトロリーの7日間パスの受け取りと、この後向かうチャモロビレッジのナイトマーケット行きのシャトルチケットを購入。(チャモロビレッジのナイトマーケットは水曜のみ開催されている)
赤いシャトルバスもチャモロビレッジナイトシャトルというものを運行しているが、かなり混むと聞いていたので、空いているレアレア(HIS)を利用する事にした。
赤いシャトルバスのチャモロビレッジナイトシャトルは目の前のDFSギャラリアから出ているが、レアレアのチャモロビレッジエクスプレスはリーフホテル正面玄関からの出発になる。
アウトリガーからリーフホテルまでは徒歩5分程度だ。

夏のグアムは雨期ということは覚悟していたが、雨が降ったりやんだりの芳しくない天気の中、リーフホテルへと向かった。


TDRのオフィシャルホテル・サンルートプラザ東京


東京ディズニーリゾート(TDR)のオフィシャルホテルは過去にサンルートプラザ東京以外の全てのホテルに宿泊経験があるが、今回やっとサンルートプラザ東京に宿泊したので感想を。

今までサンルートプラザに一度も宿泊していなかった理由は、最もリーズナブルなオフィシャルのはずなのに、常にもっと安く他のオフィシャルに宿泊出来たからという単純に予算的な理由だったが、初めて朝食付きで全オフィシャルの中で最も格安な宿泊プランに遭遇したので利用してみた。
サンルートプラザの客室は種類が多いのだが、我々が泊まったのはクルージングキャビン3(16.5㎡)というクルーズ船の船室をモチーフにした部屋。
この部屋がサンルートプラザの中で最も狭く、最も安く提供されている。ちなみにクルージングキャビン2という同コンセプトの若干広目の(ベッドも大きくなる)部屋もある。

サンルートプラザ東京のクルージングキャビン

シングルベッド2台が並ぶクルージングキャビン3

クルージングキャビンはその名の通り本当に船室の様な作り。ディズニークルーズのステートルームに近い感じだ。(ディズニークルーズは多くの船室が風呂トイレ別だが、サンルートプラザのクルージングキャビンは残念ながらバストイレ一緒のタイプ)
ビジネスホテルのシングルルームの様な狭い空間を上手くアレンジしてあって、子供は喜ぶ。
子供は喜ぶし、寝るだけと割り切れば、清潔である意味機能的なので文句の無い部屋ではあるが、まずカップルには向かない。又、もっとも狭いクルージングキャビン3では3人家族になるとかなり手狭だと思う。(ベッドがシングル2台なので添い寝は厳しい)
ソファーベッドがあるので3人でも利用出来るのだが、3人家族以上ならクルージングキャビン2(19.4㎡)以上の部屋がいいと思う。
風呂も安いビジネスホテルのそれを想像してもらえば分かると思うが、とても狭いので子供と一緒の入浴も厳しいと思う。
ちなみにクルージングキャビンではない、普通の部屋(スタンダードツイン)ならちゃんとセミダブルのベッド2台で26.6㎡の広さがある。

クルージングキャビン

客室ドアはまさにクルーズのステートルームといった雰囲気。室内にはちゃんと救命胴衣も用意されている。(絶対に使わないけど)

今回朝食付きで泊まったが、意外に朝食ビュッフェが美味しかった。
品数はヒルトンやシェラトン等に比べて劣るが、子供との食事なら十分に満足出来るレベル。混雑に合わせて朝食会場となるレストランは増減されるようだが、一階にあるメインのカリフォルニアはパーク開園に合わせた食事をしようとするとまず待ち時間が発生する。
それでも10分程の待ち時間で利用が出来た。(繁忙期ではなかったからかもしれない)

サンルートプラザの利点としては、オフィシャルの中で唯一、ディズニーランドまで直行の送迎バスがあることがあげられる。もちろん他のオフィシャル同様にベイサイドステーションまでのリゾートクルーザー(バス)もある。ただし、ディズニーランドまでの直行バスはベイサイドステーションまでのものに比べて便数が少ない。(ランドの開園、閉園に合わせて増便されるが)
ディズニーランドにはとても近い位置にあるので、ランドまでは徒歩で行くことも十分に可能な位置だ(パークエントランスまで約15分)。

ということで、今回初めてサンルートプラザ東京に泊まったが、値段が最安なら又利用してもいいと思う。ホテル全体のリゾート感や高級感というものはないが、パークで遊ぶことがメインならとてもいいホテルだと思う。

これでTDRのオフィシャルは全制覇した。ディズニー直営(実際は直営という呼び方はせずディズニーホテルと言う)もアンバサダーとディズニーランドホテルには泊まったので、残るはミラコスタのみ。
(2016年夏に新しいディズニー直営ホテル、ディズニーセレブレーションホテルがオープンするが、エリアが新浦安だし、サービスを簡略化するとアナウンスされているので、従来のグッドネイバーホテルにディズニーの装飾を施した様な感じになるのではないかと思われる…)

TDRのオフィシャルホテル比較

ディズニーランドホテル (TDR)

ディズニーアンバサダーホテル(TDR)


グアムでの食事(レストラン)・グアム旅行準備編5


グアムでの食事の予定を大まかにたてておく為に、自分達の好みに合わせてレストランを調べておく。予約必須の店もあるので、全体的な旅程が決まったら、予約もしておかなければならない。

まず我々が泊まるアウトリガーの中で、子供と一緒に食事をするのに向いていそうなレストランとしては、パームカフェと、プールサイドのオハナ・ビーチ・クラブがある。パームカフェは朝昼晩とブッフェが主体で、朝食付きのプランではここで朝食ブッフェをとることになる。
オハナ・ビーチ・クラブは軽食の店なので、プールやビーチで過ごしている時に軽めの(とは言ってもアメリカ的なボリュームだろうが)食事をとるのに適している。
パームカフェではサンデーブランチ(シャンパンブランチ)もやっているので、それを予約して利用しようと思っている。
宿泊ホテル内なので、パームカフェとオハナ・ビーチ・クラブは何度か利用するかもしれない。
厳密にはホテル内ではないが、アウトリガーと繋がる建物内にはハードロックカフェなんかもある。

付近で徒歩で行ける範囲のファストフード店としてはマクドナルド、バーガーキング、そしてホットドッグのディゲティ・ドッグ。
バーガー、ホットドッグ大好きの娘にはこれだけあればまず大丈夫。

パンケーキのエッグスンシングス、アウトバック・ステーキハウス、TGIフライデーなんかも極めて至近にある。
パンケーキやエッグ・ベネディクトなんかで有名な卵料理の店、クラックド・エッグも。クラックド・エッグはとても興味があるが、営業時間が深夜0時に開店、お昼の12時までとなっているので要注意だ。(つまり正午から深夜まで閉まってる)

タモンでは以下の店には必ず行ってみると決めておく。

  • パームカフェのサンデーブランチ
  • クラックド・エッグの昼食
  • シュラスコ・ブラジリアンBBQ

シュラスコ・ブラジリアンBBQはシュラスコと呼ばれるバーベキュー料理を食べ放題の店で、味にも定評があり予約は必須の店だ。アウトリガーから歩くと15分くらいはかかりそうだが、予約時に送迎を頼むことも出来るようだ。

シュラスコ ブラジリアン BBQ

シュラスコのお肉の種類はビーフ、ポーク、チキン。好きな肉を好きなだけ食べられる。サラダバーもある。

ABCストアでのスパム結びなんかも食べるだろうことを考えれば、タモン界隈での食事は選り取り見取りだ。

タモンの中心部以外では、Kマートの向かいにあるグアムナンバー1ハンバーガーと言われるメスクラドスにはとても興味がある。

メスクラドス

メスクラドスのRancheru” Burger

あとはGPO(グアム・プレミアム・アウトレット)にあるファミレスのルビーチューズデーも、チェーン店とは思えないほど美味しいと評判なので行ってみたい。
GPOには子連れには外せないチャッキーチーズ(ピザレストランとゲーセンが合体した店)もあるが、チャッキーチーズは飲食をしなくてもゲームだけを利用出来るらしいので、食事はルビーチューズデーでして、チャッキーチーズには遊びにいくだけにするつもり。ただ、チャッキーチーズのピザも店の雰囲気からは想像出来ないほどちゃんとした味とのことで評判は悪くない。

ということで、タモン中心部以外では、以下には必ず食事に行くと決めておく。

  • メスクラドス
  • ルビーチューズデー

デデドの朝市やチャモロビレッジのナイトマーケットにも行く予定なので、そこでは何かしら食べるだろうし、フィッシュアイのポリネシアン・ディナーショーにも行く予定。
それに加えてマイクロネシアモールのフードコートなんかも利用する事を考えれば、7泊8日の旅での食事は十分だろう。
マイクロネシアモールのフードコートには和食なら寿司のニンジャキッチンやキッチンアリガトウ、アメリカで食べるファスト中華の定番、パンダエクスプレス(私はここのオレンジチキンが大好物)もあるので、これらも利用するだろう。

ハワイのワイキキほどでは無いが、こうして調べてみるとグアムもけっこう色々な物が食べられる場所だと思う。
子供との二人旅なので、高級レストラン等は利用予定がないが、タモンには高級レストランもいくつかある。