タグ別アーカイブ: ホテル

ハワイ旅行 2017・準備編3・ワイキキのホテル


オアフ島ではコオリナのアウラニ・ディズニー・リゾートにもまた泊まってみたいと思っていたが、ハワイ島にも行くと言うことで、ちょっとアウラニ宿泊は予算オーバー。
アウラニには日帰りで遊びに行くことにして、オアフ島での5泊はワイキキのみとすることにした。

過去、ワイキキではマリオット、ハイアット、プリンセスカイウラニ、オハナイースト、アストン・ワイキキ・ビーチ、そしてヒルトン・ワイキキ・ビレッジと宿泊経験があるが、今回はヒルトン・ワイキキ・ビレッジとアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートに候補を絞った。
どちらもオンザビーチ(ビーチに面したホテル)のホテルで、ワイキキの中心部(ハイアット辺りが中心部と思う)からは西に位置する。
ワイキキ中心部へのアクセスではアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート、ホテルの施設や規模(特にプール施設)の充実度ではヒルトン・ワイキキ・ビレッジがいい。
料金的にはアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートの方が安価だ。

アウトリガー・リーフ

アウトリガー・リーフはビーチウォークの奥にあるので比較的落ち着いた雰囲気と利便性が両立された評判のいいホテル。(中心部にあるアウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートとは別)

かなり迷ったが、前回宿泊して気に入ったという安心感と、ワイキキには何度も訪れているので、中心部に近い必要も無いだろうということで、ヒルトン・ワイキキ・ビレッジに決定した。
ワイキキ中心部までは確かに遠いが、砂浜をアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾートまで歩き、そこからビーチウォークに抜ければ、苦になるほどではないということも経験済み。

ヒルトンワイキキビレッジ

ヒルトン・ワイキキ・ビレッジはワイキキのホテルとしては最大の規模が魅力。ビーチも中心部よりも空いていて快適。プール施設も充実。

当初、ヒルトンの公式サイトからタワー指定無しのリゾートビュー(一番安いカテゴリー)で予約したが、その後、楽天トラベルでタワー指定無しではあるが、オーシャンビューへのアップグレード確約の宿泊プランが安く出ていたので、公式サイトでの予約をキャンセルし、楽天トラベルから予約を入れ直した。(宿泊料が安いことに加えて楽天ポイント10倍という特典付きだった)

楽天からの予約でもヒルトンオーナーズ(ヒルトンのメンバープログラム)の予約ページには先に予約したハワイ島のヒルトン・ワイコロア・ビレッジと並んでヒルトン・ワイキキ・ビレッジの予約も反映されていた。(楽天からの予約時にオーナーズクラブの会員番号を入力したからか、氏名でマッチされたのかは不明)

これでハワイ旅行での全てのホテル予約が完了。
あとは滞在中の観光や食事(レストラン予約)を検討する。




ハワイ旅行 2017・準備編2・ハワイ島のホテル


飛行機の手配が済んだら、次はホテル。
オアフ島(ホノルル、ワイキキ)には何度も行ったことがあるので、各ホテルの位置や雰囲気はある程度分かるが、初めてのハワイ島ではネットの情報が頼り。

ハワイ島での観光の拠点となるのはコナ(カイルア・コナ)の街で、多くの現地観光ツアーもコナのホテルを基本的な出発地としてしている。そしてハワイ島の中で最も旅行者で賑わっているのもコナになる。
なので、ハワイ島4泊のうち、最初の2泊はコナのホテルに泊まることに決定。
残り2泊はハワイ島にあるホテルの中でもその規模とリゾート感で定評のあるヒルトン・ワイコロア・ビレッジにした。その名の通り、場所はワイコロアという所になる。

コナもワイコロアも島の西側で、コナはコナ空港の南側、ワイコロアは北側に位置している。
コナとワイコロアは車で40分程、約40キロ程の距離になる。

コナはコンパクトな街なので、到着日に(午後早めに着く)歩いて見て回り、翌日はハワイ島の観光にあてる。ハワイ島は四国の半分程の大きさがあり、主な観光地、見所を回るのにまる一日かかる。ということは、ハワイ島観光にあてる日はホテルは寝るだけになるので、ゴージャスで高価なホテルに泊まるのは勿体ない。
そこで、街歩きに便利な場所にあり、リーズナブルなコナ シーサイド ホテルを二泊予約することにした。ビジネスホテルの様な趣で、リゾート感には欠けるが、立地の良さとスタッフのサービスの良さには定評があるホテルだ。
コナにはレストランもたくさんあるし、ホテル内の飲食施設は特に不要。(一応敷地内にスプラッシャーグリルというレストランもある)
目の前にはコートヤード・キング・カメハメハ・コナ・ビーチ・ホテルというグレードの高い(日本人観光客には定番の)リゾートホテルがあるが、費用対効果を考えると勿体ないので、コナ シーサイド ホテルはベストな選択肢と思う。(ホテルでのんびり過ごす時間が長いならコートヤード・キング・カメハメハ・コナ・ビーチ・ホテルを断然お薦めする)

コナシーサイドホテル

外観にもリゾート感は無いが、一応プールもある。(利用する時間はないかと思うが)

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジはそこに泊まること自体もハワイ島を訪れる目的の一つなので、迷わず予約。
敷地内の複数の客室棟をモノレールやボートで移動する、広大ななホテルだ。

ヒルトンワイコロアビレッジ

広大な敷地を持つ大型リゾートホテル。大きいという意味ではハワイ諸島で一番ではないだろうか。

予約はコナ シーサイド ホテルはエクスペディアで、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジはヒルトン公式サイトから行った。宿泊料の比較は楽天トラベル等と行った。
ヒルトン・ワイコロア・ビレッジはいくつかの客室棟があり、フロント棟からの位置や利便性等で料金が大きく異なる。最も便利で評判が良いのはラグーンタワーという棟だが、とても高い。もっともリーズナブルなのがオーシャンタワー。
ヒルトン・ワイコロア・ビレッジでは二泊ともホテルでのリゾートライフを楽しむつもりなので、広大な敷地をモノレールやボートでのんびり移動することも楽しむつもりで、フロント棟から遠く、安価なオーシャンタワーとした。

ハワイ島のホテル予約は以上で完了。次は後半5泊するワイキキのホテルだ。




グアム旅行記 (2016) 9・マジックショー


今回のグアム旅行では二つのマジックショーを鑑賞。 グアムのマジックショーと言えばサンドキャッスルのイリュージョンマジックショーとニッコーグアムのカーメが有名だが、実際に観た人の評価ではウェスティンのマジックロックスシアターとフィエスタリゾートのアンコール!がマジックショーとしての満足度が高いらしい。
ということでそのどちらを観るか悩んだが、せっかくなので両方とも行く事にした。

どちらも食事付きとショーのみというコースがあるが、フィエスタの食事はあまり評判が良くない。(ポリネシアンBBQとのセットもあるが、フィエスタのそれには以前のグアム旅行で参加しているし)ウェスティンの方はフルサービスのレストランであるプレゴとビュッフェレストランのテイストのどちらかの食事とのセット。どちらも評判がいいのでテイストのディナービュッフェ付きにした。

まずはフィエスタリゾートのアンコール!から。
宿泊しているアウトリガーからフィエスタまではやや距離があるので送迎付き。アウトリガー宿泊者の場合、多くのツアーが隣のデュシタニの一階ロビーが送迎バスの集合場所となっていて、そこで待つ。(アウトリガーとデュシタニ間は専用通路で結ばれているので移動は楽)
アンコール!は比較的小さな会場でのショーなのだが、かなり立派な、大きなバスが迎えに来た。
ショーのみの場合は開演時間に合わせた到着で、着いたらチケットの引き替えがあって、すぐにショー会場に案内される。
ショーのみでも飲み物付きで、各自一杯オーダー出来、開演まで座席で飲める。座席は予約順などで予め割り振られているようで、案内係が指定してくれる。私達は最前列中央に案内された。

ショーの内容はジャグリングやアクロバット等をはさみつつのマジックショー。一瞬ではあるがホワイトタイガー等も登場するので見応えは十分。
会場、ステージのサイズからあまり大掛かりではないが、イリュージョンと呼べる様な出し物もある。マジックはあまり大きな劇場で遠目に見るよりも間近の方が見応えがある。
終演後には会場出口で出演者との記念撮影(時前のカメラで)も。
それぞれ写真を撮り終えたらすぐにバスへ。全員が乗車したら即出発と、移動もスムーズ。

アンコール・グアム

かつてラスベガスで上演されていたホワイトタイガーで有名なマジックショー「ジークフロイド&ロイ」の小劇場版といった雰囲気も。

ウェスティンのマジックロックスシアターも送迎付き。(ウェスティンはアウトリガーから十分に歩いて行ける距離だが)
食事付きなので送迎バスがウェスティンに着いたらまずは食事。送迎バスのドライバーが各自で利用するレストランへ行くようにと説明してくれるが、案内はしてくれない。それにその説明も英語なので、簡単な内容ではあるが聞き取れずに困っている様子の参加者もいた。
まあ、利用するレストランはホテル内にあるわけで、それほどの問題ではないが、全く英語が分からないという人にはちょっと不親切かもしれない。

私達が食事をするテイストに行き、入り口で名前を告げる。通常のレストラン予約と同様に名前だけで案内してもらえる。
テイストはさすがウェスティンと思える内容と雰囲気のビュッフェレストランで、食事にはとても満足。
食事中にマジックロックスを鑑賞する人達のテーブルに、何時までに何階のショー会場に来て下さいといった案内をしにきてくれる。その際にショーの入場チケットの様なものもくれる。
食事を終えたら言われた時間までに会場へ。時間になると先程もらったチケットで会場に入れる。まずは前室の様な所に通され、名前を呼ばれた順に座席につくというシステム。つまりここもアンコール!同様、予約順による指定席。
アンコール!よりも更にこじんまりした会場なので、後方席でも十分にステージに近い。
私達は2列目の端の方の席。

マジックロックスはアンコール!とは違い、ほとんどマジシャン(と、アシスタントの女性)だけで頑張る内容。
いくつかのネタがアンコール!と全く同じだったが、距離の近さを生かしたマジックが多く、更に観客参加のネタも多い。子供はほぼ全員が何等かの形で参加出来るようになっている。
アンコール!よりも地味ではあるが、マジックそのものを楽しむことが出来るのはマジックロックス。
こちらも終演後はマジシャンとの写真撮影が出来る。
帰りの車は全員揃って同じバスでという方式ではなく、それぞれがロビーの配車係に送迎のチケットを見せて車を依頼するシステム。

マジックロックス・グアム

イケメンな雰囲気だが、ショーではかなりコミカル。日本語も使ってくれる。

さて、アンコール!とマジックロックスのどちらが良かったかだが甲乙付けがたい。
出し物の多さにホワイトタイガー(登場はちょっとだが)といった、内容の豪華さではアンコール!だが、純粋にマジックを楽しむということならマジックロックス。
マジックロックスは距離の近さと参加型が多いということもあって、子供のいる家族に特にお勧め出来る。それに食事付きなら食事もウェスティンの方が上と思う。
ということでマジックロックスの方が私達は満足度が高かった…と言っていいと思う。(僅差ではあるが)