タグ別アーカイブ: ファストフード

グアム旅行記 (2016) 13・7泊8日のグアム旅行終了


グアムの最終日は帰国の飛行機が16時55分発なので、午前中は最後のプールとビーチで遊び、正午にアウトリガーをチェックアウト。荷物は預けて食事と最後のショッピングへ。
IHOPでランチを食べて、JPストアをうろつき、14時に荷物を受け取り、来たときと同じ楽天トラベルの送迎サービスで空港へ。

今回7泊という、グアム旅行としては長目の日程だったので、最後の2日間くらいは同じ様な所をうろついてた感じ。やはりグアムはハワイに比べてコンパクト。
ハワイよりも勝っているのは中心部の海がワイキキよりも圧倒的に綺麗で空いていることだと思う。ので、ビーチ目的ならグアムはお薦め。(もちろんハワイでもオアフ以外の他島ならこの限りではないと思うが)

タモンのビーチ

ホテル街にあるビーチとしてはタモンのビーチは驚くほど綺麗。

観光やショッピング、グルメ目的なら断然ハワイだと思う。
あと、気候的にもハワイがやはり快適。同じ常夏の楽園といってもグアムは湿度が高い。
今回は初めて夏に行ったが、グアムに行くなら冬がいいと感じた。夏は雨期ということで、冬よりも圧倒的に雨が多い。(天気は運次第だけど)

私にとっては4度目、娘にとっては2度目のグアム。それなりに見るべきものは見て、行くべき所には行き尽くしたと思う(特別な目的をもたない一般の観光客としては)ので、主観ではあるけれどグアム旅行のお薦めは以下の通り。

  • ショッピングはブランド物に興味が無ければ、タモンの中心にあるJPストアとKマートで事足りる。同じ物ならKマートが断然安いので、先にKマートを見るべき。マイクロネシアモールはハワイのアラモアナショッピングセンターほどの価値はない。が、マイクロネシアモールのペイレス スーパーマーケットだけは行く価値あり。プレミアムアウトレットでは何と言ってもロス ドレス フォー レス。
  • 食事で特に美味しいと感じたのはカリフォルニアピザキッチン(何処にでもあるけれど)。メスクラドスのバーガーも美味しかった。高級ホテル(ウェスティンやハイアット)のホテルバフェも悪くは無いけれど、かなり高めの料金設定なのでコストパフォーマンスは悪い。パンケーキは何処で食べてもそれほど違わないので、比較的空いているIHOPでいいんじゃないかと思った。
  • マジックロックスかアンコール、どちらかのマジックショーは観るべき。
  • チャモロビレッジのナイトマーケットとデデドの朝市は曜日が合えば行くべき。ただしショッピング目的なら期待外れになるかも。定番の観光スポットと言えば恋人岬だが、天気さえ良ければ本当に素晴らしい景色なのでこれも一度は行くべき。

タモンビーチ

今回、グアムサマービーチフェスティバルというイベント期間と重なって、ホテル前のビーチから花火を見ることも出来た。

次回はハワイを計画中。オアフ以外ではマウイ島にしか行ったことがないので、ハワイ島に行ってみることにした。
ということで次回からはハワイ旅行準備編を投稿予定。


グアム旅行記 (2016) 10・デデドの朝市と恋人岬


土曜と日曜の朝(6時~9時頃)にグアムのデデドという所で朝市が開催されている。
デデドはタモンから車で10分程なので遠くは無いが、公共交通機関はないので、基本的にタクシーかレンタカーでないと行けないのだが、水曜のナイトマーケット同様、赤いシャトルバスとHISのレアレアトロリーが専用の朝市シャトル(赤いシャトル)、チャオフリーマーケットエクスプレス(HIS)を出していいる。
チャオフリーマーケットエクスプレスはHIS利用の旅行者以外も直接バスで乗車運賃を払うことで乗れるのはチャモロビレッジエクスプレスと同様。(乗車券を事前にHISのレアレアラウンジで買うことも出来る)

今回私達が利用したのはデデドの朝市と恋人岬観光がセットになったツアー
もちろん料金はシャトルバスを使って行くよりも高いが、それほど高額では無いので、便利なツアーを選択した。
このツアーのメリットは次の通り。

  • 他の観光客よりも早めにデデドの朝市に着くので、比較的空いている時間に見て回れる
  • 恋人岬にも他の観光客よりも早く着くので空いている状態で写真撮影が出来る
  • 専用車でホテルから送迎してくれるのでバスの混雑等を気にせずにすむ
  • 日本語で案内して貰える

デメリットは

  • 当然ながら料金が自力で行くよりは高い
  • 観光時間が決まっているので自由がきかない(シャトルバス往復2便ずつくらいしかなく、時間が決まっているのであまり変わらない)

結果的にはツアーを使って正解だったと思う。
ちなみにこのツアーはデュシタニではなく、宿泊しているアウトリガーのロビー集合だった。

デデドの朝市はローカル相手の生鮮食料品から観光客相手の洋服や工芸品を販売している屋台がずらりと並んでいる。もちろん朝食がとれる屋台やフードトラックもある。
ローカル朝食のお薦めと聞いていたGOTO(ゴトー)を買って食べたが、なるほど美味しかった。(そして安い)
GOTOは一言で言えばチキン風味の小粥だが、味付けは日本人が好むものだと思う。
私達は食べなかったが、TAHO(タホ)という豆腐にタピオカと黒蜜をかけたものも名物らしく、美味しいとのこと。
飲み物はメロンとグレープのスムージーを買って飲んだ。

グアムのゴトー

これがゴトー。さすがにこれだえでは少ないので、チーズサンド付きというセットで注文。チーズサンドは本当にチーズを食パンに挟んでトーストしただけのものだった。

衣料品も安かったので、娘のサマードレスを一着購入。同じ様な物をJPストアやABCで買うよりも半額以下で購入出来る。Kマートよりも安い。(品質は分からないが、さほど違うとは思えない)

朝市での滞在時間は約1時間。これで食事を済ませたり、一通り見て回ることが出来た。時間としてはちょっと余るくらいで丁度良かった。

次にグアム定番の観光スポット、恋人岬。
海抜100メートル以上の岬で、天気さえよければ眺望が素晴らしい。とりあえず行っておくか程度に思っていた場所だが、天気も良かったので絶景を目の当たりにして来て良かったと思った。
まだ他の観光客が到着する前の時間だったので、空いている展望台で写真も撮り放題。ガイドさんも撮ってくれるので、二人旅では少なくなりがちな2ショット写真も多く撮れた。
展望台は別途入場券が必要なのだが、これはツアーにセットだった。
恋人岬も赤いシャトルが専用のシャトルを運行している。

恋人岬

この展望台からはタモンのホテル外を一望出来る。素晴らしい景色。

ホテルに戻ったのがまだ9時前。
朝の約2時間半ほどで上記の様な観光を終えて、まだまだ一日は始まったばかり。ちょっと得した気分だ。


グアム旅行記 (2016) 7・利用したレストラン


今回のグアム旅行で利用したレストランは以下の通り。
営業時間は曜日や季節で変動する可能性があるので参考までに。

  • ルビーチューズデー (10:30〜23:00)
  • シュラスコ・ブラジリアンBBQ (11:30〜14:00/18:00〜21:30)
  • カリフォルニア・ピザキッチン (11:00〜22:00)
  • I HOP (7:00〜22:00)
  • ザ・クラックドエッグ (0:00〜14:00)
  • エッグスンシングス (7:00〜14:00/16:00〜23:00)
  • てんてこ舞い・かんだ (7:00〜23:00)
  • テイスト(ウェスティン)(6:30〜10:30/11:30〜14:30/18:00〜21:00)
  • パームカフェ(アウトリガー)(6:30〜10:00/11:00〜14:00/18:00〜22:00)

これ以外にメスクラドス(11:00〜21:00/金土のみ22:00まで)、バーガーキング(6:00〜26:00)、マクドナルド(24時間営業)でハンバーガーを食べた。

ルビーチューズデーは所謂アメリカのファミレスチェーン。
とても評判のいい店なので、GPO(グアム・プレミアム・アウトレット)に出掛けたついでに夕食をとった。場所はGPOの中ではなく、外の敷地内。
予約も出来るが、早めの時間(18時前くらいまで)なら待たされることなく席に着ける感じ。夕方は16時〜18時迄がハッピーアワー(お酒が安く提供される)なので、18時迄に入店するとお得。
タモンにあるレストラン等とは違って日本語メニューとかはないけれど、特に変わったメニューではないので、問題は無いと思う。値段はアメリカの平均的なファミレスよりは高いけれど、タモンの中心部にあるレストランよりは安め。
私達は18時前に行ったので予約無しでもすんなり席につけたけど、帰る頃(19時頃)には満席だった。
ルビーチューズデーの売りはサラダバー(オーガニック野菜中心で種類豊富)なので、これは是非頼んだ方がいい。
ステーキやバーガーがメインだけど、魚料理やパスタもある。
私達はサーロインステーキとテラピア(魚)を注文。それぞれサイドを(ポテトとかオニオンリング、グラタン等)を2つチョイス出来る。

ルビー・チューズデイ

ハーブ・クラスド・テラピアという魚料理にサイドはオニオンリングとベークドポテトをチョイス。

味は評判通りで美味しかった。ただ、アメリカのファミレスの料理としてはという意味なので、過剰な期待はしない方がいい。GPOに行くついでにサラダバーに魅力を感じるならお薦め。

シュラスコ・ブラジリアンBBQは肉料理の店。日本でもシュラスコ自体は食べられるが、タモンにある肉料理の店として評判が良かったのでランチを予約して行った。
ここもルビーチューズデー同様、種類豊富なサラダバーを提供している。
場所はパシフィック・ベイ・ホテルの一階、宿泊しているアウトリガー辺りからだと徒歩15〜20分くらい。ホテルロード沿いなので赤いシャトルとかで簡単に行ける。
シュラスコと言えば、各種の肉が各テーブルで椀子そば状態で提供されるというイメージだが、それはディナータイムだけだった様。
ランチはサラダと前菜類のブッフェに並んで、その列の最期に数種類の肉からチョイスして切り分けてもらうというシステムだった。
ランチとディナーでは値段もかなり違うので、そりゃそうかと納得したが、本格的にシュラスコを食べたいならディナーがお薦めと言うこと。ランチではあまり行く意味がないと感じた。

カリフォルニア・ピザキッチンは日本にもあるが、グアム店は味のレベルが高いと言われていたのでランチで利用。場所はホテルロード沿い、ホリデーリゾートスパホテルの一階。
料理のメインはピザとパスタ。
アメリカではピザの美味しい店は珍しくないが、パスタの美味しい店はかなり少ない。よほどちゃんとしたイタリアンレストランにでも行かない限り、ちゃんとしたパスタは食べられないものだが、カリフォルニア・ピザキッチンのパスタは美味しかった。
もちろんピザも美味しかったので、評判がいいのも納得。
ランチは問題なかったが、ディナータイムは連日満席らしいので、ディナーで利用するなら予約をした方がいいらしい。

IHOP(アイホップ) 、ザ・クラックドエッグ、エッグスンシングスはいずれもパンケーキが有名な店。
エッグスンシングスは日本にも店が出来たが、ハワイの店舗も日本の店舗も行列が出来ることで有名。グアムの店も同様。しかし日本の店舗は当然として、ハワイでもグアムでも行列しているのは圧倒的に日本人。つまり日本人にとっての有名店ということ。
アメリカ人にとってはIHOPが一番有名な店だと思う。何と言っても全米の何処にでもある超有名チェーン店だ。
クラックドエッグは深夜0時に開店して翌日14時までという変わった営業時間が特徴で、日本の旅行ガイド等で取り上げられたこともあって、エッグスンシングス同様に日本人客の多い店だ。
IHOPとエッグスンシングスはタモンの中心、クラックドエッグはDFS辺りからはやや離れるが、十分に徒歩圏。もちろん3店ともホテルロード沿い。

3店共でパンケーキを食べてみたが、正直、味にそれほどの違いはない。微妙に違うという程度。
これはこの3店が似ているということではなく、パンケーキ自体、どこで食べても大きく味が違うということのないものなんだと思う。どれも普通に美味しい。
もちろん味以外には特徴がある。例えばエッグスンシングスの大盛りホイップ。写真をSNSとかにアップするなら断然見た目のインパクトがある。
次いでクラックドエッグのレッドベルベッドケーキなんかも色味が独特。(レッドベルベッドケーキ自体はアメリカ南部ではよくあるもの)

クラックドエッグ

クラックドエッグのレッドベルベッドパンケーキ。3種類のパンケーキをチョイスして楽しめるパンケーキメロディなんてメニューもある。

クラックドエッグ

クラックドエッグはディナーの時間帯に営業していないので朝食系のメニューがメイン。写真はエッグベネディクトのグアム風、チャモロベネディクト。

IHOPは昔ながらの見た目でとてもスタンダード。
ということで、個人的には長時間並んでまで食べることは無いと言うのが正直な感想。
ちなみに店の清潔さ、サービスの印象ではIHOP→エッグスンシングス→クラックドエッグというのが個人的な順位。味はどこも甲乙付けがたいが、パンケーキそのものの面白さ、見た目でならやはりエッグスンシングス→クラックドエッグ→IHOPか。
どの店もパンケーキだけではなく、それ以外のメニューもある。クラックドエッグは独特な営業時間からディナーがないため、朝食やランチに向いたメニュー構成だが、IHOPとエッグスンシングスにはディナー向きのメニューも用意されている。(時間帯によって提供される料理は変わるかもしれない)

エッグスンシングス・グアム

エッグスンシングスはパンケーキ=朝食というイメージからか、夕食は比較的空いている。パンケーキ以外に写真のアヒのステーキを頼んでみたが、とても美味しかった。

そういえば3店ともテーブル会計が基本のアメリカでは珍しい、日本の普通のレストランと同様のレジ会計だった。(そう言えばアナハイムのIHOPもレジ会計だったので、パンケーキ店はレジ会計が多いのかもしれない…)

旅行中、唯一足を運んだ和食の店がてんてこ舞い・かんだ
宿泊しているアウトリガーのロビー階からザ・プラザに抜けてすぐの場所にあるラーメンと丼ものを提供する店。
従業員に日本人はいない様子だったが、メニューは日本語だし、会計もレジ会計だし、何等日本のラーメン屋さんと変わらぬ雰囲気で利用出来る。
が、値段だけは海外で和食を食べる時のお約束通りで高い。値段からするとかなり高級なラーメンが食べられそうだが、至って普通。(不味くは無い)
カレーライスなんかもあるし、全く高級な感じはないので、日本の味が恋しくなった時には、子供連れでもフラッと行きやすい。
しかしホテルのビュッフェでもグアムでは必ず和食が提供されるので、よほどラーメンが食べたいということでなければ、わざわざ行く価値はないかもしれない。

ホテルのビュッフェはウェスティンのテイストと、宿泊ホテルのアウトリガーにあるパームカフェを利用した。テイストはウェスティンで行われるマジックショー、マジックロックスのディナーパッケージで、パームカフェはサンデーブランチ(シャンパンブランチ)を予約して利用。
テイストはさすがウェスティンという感じで、品揃えも味も、そして雰囲気も高級感があった。以前、ハイアットのラ・ミランダでのビュッフェに何度か行ったことがあるが、そちらよりも上かと思う。ただ、場所が地下でビーチリゾートらしい景観が無さそうなのが残念。(ラ・ミランダは開放感があった)ディナーで暗ければ景色は関係ないが、朝食やランチならラ・ミランダの方がいいと思う。
パームカフェは席によってはビーチも臨める明るい雰囲気。アウトリガー自体がウェスティンやハイアット、お隣のデュシタニ等の高級ホテルというカテゴリーではないため、雰囲気は至ってカジュアル。
料金が高めに設定されているサンデーブランチのせいか、メニューは豊富だったし、味もまずまず。シャンパンブランチなので当然シャンパンは飲み放題。
日曜にグアムやハワイのようなリゾートに滞在しているなら、必ずいずれかのホテルのサンデーブランチを予約しているが、パームカフェも十分合格点だと思う。
サンデーブランチはどこも人気なので早めの予約が必須。パームカフェもかなりの予約が入っていたようで、レストランの外(もうホテルのロビーエリアと思えるような場所)にまでテーブルを並べていた…。

ファストフードでは、メスクラドス、バーガーキング、マクドナルドでハンバーガーを食べたが、グアムで一番美味しいという評判のメスクラドスは確かに美味しかった。もちろんボリュームも凄い。頼んだのは名物のランチェル・バーガーとアチャン・ベイ・バーガー。
観光客が立ち寄れるのはKマートの向かいにある店舗になると思うが、店内は狭いのでテーブルの確保は難しそう。Kマートに買い物に来たついでに帰りに寄って、テークアウトして食べるのが良さそう。(ちなみに米英語ではテークアウトではなくトゥーゴー)
(最近、テーブル席も広めの2号店がグアムリーフホテル前に開店したとの情報有り)
味は濃厚で、辛みの強い種類もあるので、大人向けのバーガーだと思う。辛いソースを使ったバーガーにはSpicy!!と赤字で明記してあるので、辛い物が苦手な人(逆に好きな人も)は見逃さないように。

メスクラドス

メスクラドスはKマートの向かい、交差点の反対側にあったが、グアムリーフホテルの向かいに2号店が出来たらしいので、タモンの中心で食べられるようになったらしい。

バーガーキングとマクドナルドは日本でもお馴染みの味。美味しさはバーガーキング>マクドナルドだが、マクドナルドはタモンのど真ん中、JPストアの一階にあるのでいつも混んでいる。