タグ別アーカイブ: ビーチ

ハワイ旅行記 06 2017・ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ


ヒルトン・ワイコロア・ビレッジは広大な敷地と、その敷地内を移動するためにモノレールがホテル内を運行している事が特徴的なリゾートホテル。
今回我々が宿泊したのはフロント棟から最も遠いオーシャンタワーという客室棟。客室棟は他にパレスタワーとラグーンタワーがある。
もっとも便利なのはフロント棟に近いラグーンタワーになるが、もちろん料金設定は高め。ラグーンタワーであればモノレールを使わなくともフロント棟まで歩いて行ける。もちろんどこのタワーからでも時間さえ気にしなければ歩いて行けるのだが、オーシャンタワーからは歩いて行こうとは思えないほど遠い。(一度は敷地内の見学がてらに歩いてみてもいいが、一度でたくさんと思うだろう…徒歩約15分くらいはかかる)
移動手段はモノレールの他、ボートもあるが、ボートは午後からしか運航していない。

チェックイン時、チェックアウト時共に荷物の運搬はベルデスクに依頼することが出来るが、かなり時間がかかる。特に帰りはホテルを出発したい時間の1時間以上前には依頼しておかないと、フロント棟に荷物が届かないこともあるようだ。
なので、よほど大量の荷物が無い限りは自分達で運んだ方が時間を有効に使える。大型のスーツケースでも一人一個であればモノレールで運べる。(ラグーンタワーかパレスタワーくらいまでであれば徒歩でも大丈夫。オーシャンタワーは徒歩ではきつい)

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

敷地内には南の島らしい鳥が普通に歩いてたりも。

プール施設は3ヵ所のプールと砂浜のある海水ラグーン(海と繋がっている)がある。
ラグーンではシュノーケルも出来るが、透明度が高くなく、特にカラフルな魚もいない。しかし、海亀がよく来るので、間近に海亀を見る為だけにシュノーケルをしてもいいと思う。(飼われているわけではないので会えるかどうかは運次第だが…)もちろん他の場所同様、海亀に手で触れることは禁止されている。

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

海はご覧の通りで泳いだりすのには適さない。なのでラグーンかプールで遊ぶことになる。

プールはオーシャンタワー側にコハラプールと大人専用プール、ラグーンタワー側にコナプールがある。大きいのはコナプールなので、プール利用に関してもラグーンタワーが最良ということになる。コハラプールも小さくはないし、子供が楽しめるスライダーもあるのでそれなりに楽しめるが、広々としたコナプールに比べると見劣りする。

これ以外にイルカとの触れ合いが出来るドルフィンクエストという施設があるが、これは別料金。しかもちょっと驚くくらい高額。(我が家はパスした)
ここでイルカが泳ぐ姿だけならもちろん誰でも見学出来る。

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

ホテルのマップ。ホテル内のどこに行くにもとにかく時間がかかるので、端から端への移動にはモノレールやボートの待ち時間も考慮すると、30分は見たほうがいい。

ホテル内にちょっとしたショップはいくつかあり、お土産物の他、飲料やスナック類程度は買うことが出来るが、割高なので、飲み物や食べ物をホテル内で買うことはお薦めしない。
クィーンズ・マーケット・プレイスのアイランド・グルメ・マーケットで滞在中に必要な飲み物や軽食を買い出ししておくか(我々はそうした)、食事の為にキングス・ショップスやクィーンズ・マーケット・プレイスのレストランに行くことがあれば、その時についでアイランド・グルメ・マーケットに寄って買っておくといい。

ハワイは建物内での喫煙が禁じられていて、ラナイ(ベランダ)での喫煙も出来ないのが普通だが、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジではオーシャンタワーの最上階客室に限り、ラナイでの喫煙が可能とのこと。(喫煙ルールは不変では無いのでいつ禁煙になるかは分からないが)
敷地内には喫煙所は3ヵ所ほどしかなく、敷地が巨大なので、よほど運のいい位置の客室で無い限りは、どこのタワーでも喫煙するのはとても困難。(喫煙所まで片道15分くらいかかるかも)
もし喫煙者の場合は、オーシャンタワーの最上階を指定するか、少ない喫煙所に出来るだけ近い客室をリクエストした方がいい。
フロント棟はロワーロビー(チェックインカウンターの下の階)の外、ツアーバス乗り場に喫煙所がある。

ホテル内のレストランはレジェンド・オブ・ルアウというカメハメハコートで行われるポリネシアンディナーショーと、ウォーターズエッジでのビッグアイランド・ブレックファースト、カムエラ・プロビジョン・カンパニー(KPC)でのディナーを利用したので、次回の記事で。




ハワイ旅行記 03 2017・コナ観光


カイルア・コナの街は海沿いにの道(アリイ・ドライブ)に観光スポットが並んでいて、コンパクト。
高い建物が無いので、ワイキキ辺りとは全く風情が違う。いかにも南の島のリゾート地といった感じ。(田舎な感じとも言える)

コナにはケアウホウ・リゾート・ホヌ・エキスプレス(乗車賃は一人2ドル)という観光客向けのシャトルバスもあるが、一日8便(約2時間間隔)という運行なので、ワイキキトロリーのピンクラインの様な利便性はない。まあ、観光客でごった返すワイキキとは違って、頻繁に運行する必要があるほどの利用者数は無いと思うので仕方が無い。
なので、徒歩で無理なく歩ける範囲で散策することに。

まずはモクアイカウア教会(Mokuaikaua Church)へ。ハワイで初めての教会で、中は自由に見学出来る。(日曜には礼拝が行われている)その向かいにはハワイ王朝時代の宮殿であるフリヘエ宮殿(Hulihe’e Palace)があるが、当日はイベントの為に一般には開放されていなかった…。
そこからコナ ファーマーズ マーケット(Kona Farmers Market)へ立ち寄ったが、観光客向けの民芸品がほとんどで、ファーマーズ マーケットらしさはあまり無いし、かなり小規模。
訪れたのは午後だったので、午前中に行けばもしかしたら違ったのかもしれない。
ただ、私達が行った時間帯でもフルーツはそれなりにあったので、自分達でカットして食べられるのであればお得に買えるのだと思う。

そこからアリイ・ドライブを脇道(ファラライロード)に行き、ポキボウル(マグロの漬け丼)で有名なウメケ(Umeke’s)へ。
ウメケは小規模な店で、屋外にテーブルも用意されているが、基本的にテークアウトの店といった感じ。様々な味付けのポケ(まぐろ)にご飯は白米か玄米を選べる。
私達はまだあまりお腹が空いていなかったので、ケイキ(キッズ)サイズのポキボウルをシェアして、屋外のテーブルでいただいた。それでも日本の感覚で言えば牛丼普通盛りくらいの量はある。
味はまずまず期待通り。娘は初めてのポキボウルが気に入って、この後あちこちで食べることに。

アリイ・ドライブに戻ってコナ イン ショッピング ビレッジ(Kona Inn Shopping Village)へ。
コナ イン ショッピング ビレッジは海沿いに土産店やレストランが並ぶ、2階建てのちょっとしたショッピングセンター。
基本オープンエアなので、リゾート地のショッピングスポットといった雰囲気はとても良い。けれど、それほど欲しいものがありそうではなかったので、冷やかしただけで終了。

アリイ・ドライブ

アリイ・ドライブでは大きなバニヤンツリーが居たる所に。高層ビルなどがないのでとても長閑な感じ。

コートヤード・キング・カメハメハ・コナ・ビーチ・ホテルに行き、ホテルのロビーで見学がてら休憩。ロビーを通ってプールに出て、ビーチ(ラグーン?)まで行くとカマカホヌ(Kamakahonu National Historic Landmark)がある。ここはカメハメハ大王の引退後の住居跡で、アフエナ・ヘイアウ(Ahuena Heiau)という聖地もあり、米国国立史跡となっている。
ちなみにこの近辺で遊べる砂浜のあるビーチはこの一角のみ。(基本的にコナでは泳いだりは出来るビーチはほとんど無い)

以上の散策コースで、歩いている距離だけで言えば往復で約30分ほどなので2キロくらいかと思う。なので、お店を覗いたり、ちょこっと食べたり、写真を撮ったりといった時間を合わせても90分くらいあれば十分に散策が出来るコース。

一旦コナ・シーサイド・ホテルの部屋に戻って休憩後、スーパーへ買い出しへ。
ホテルからパラニ・ロード(Palani Rd)という道を7分前後歩いた場所にKTA スーパー・ストアーズというスーパーがある。500メートルくらいの距離なのだが、行きは上り坂でちょっとキツい。その代わり帰りはずっと下りで楽ちん。
KTA スーパー・ストアーズはハワイ島のみで展開しているスーパーで、生鮮品から飲料、お酒、スナック、日用品と何でも置いている。お総菜のコーナーもあるのでホテルの部屋で食事をするという観光客にも便利。
KTA はハワイ島のみで他には無いので、ここのエコバックとかは記念になるかもしれない。(私は買った…というか、レジ袋で持ち帰るのは大変だったので)
スナック類と2泊分くらいの飲料、お酒を購入してホテルへ戻った。

KTAスーパー

ハワイと言えばKTAスーパーらしい。雰囲気は庶民的で、オアフ島等にあるセーフウェイの様な洗練されたオシャレ感みたいのは皆無。

夕食はホテルから5分とかからない距離にあったアリイ・ドライブ沿い(つまり海沿い)のフィッシュホッパー(Fish Hopper)というレストランへ。
いかにも観光客向けのレストランといった感じだが、この一帯のレストランはどこもそう。
海側の席が素敵な感じだが、私達は店内中程の席。とは言っても開放的な作りなので海はどの席からでも見ることが出来る。
メニューはとても豊富で一般的なアメリカンからハワイらしい料理まで何でも揃っている。
場所柄ディナータイムは混雑しそうだったが、私達は18時前には行ったのでスムーズに席に着けた。もう少し遅めの時間だと満席ということも多いらしいので、もし利用することを決めているなら予約した方がいいかもしれない。(オープンテーブルで予約が出来る)
ディナーではコースもあるが、私達はアラカルトで食事。
お値段は観光地価格。味はグッド。(少なくとも私達が頼んだ料理は)

フィッシュホッパー

窓際にガラス等は無いので、中程の席でも開放感はある。(このへんのレストランはこういうスタイルが多い)

フィッシュホッパーのサラダ

マウイオニオンのサラダ。ドレッシングは黒酢っぽい。

フィッシュホッパーの料理

二人とも魚料理をオーダー。味は良し。盛り付けも綺麗で、観光地価格は仕方無しか。

これでコナの観光は終了。成田を夜出て、もう一度朝から一日をやり直したのでかなりクタクタ。
早めに就寝する。
翌日は現地ツアーでハワイ島を巡る。




グアム旅行記 (2016) 13・7泊8日のグアム旅行終了


グアムの最終日は帰国の飛行機が16時55分発なので、午前中は最後のプールとビーチで遊び、正午にアウトリガーをチェックアウト。荷物は預けて食事と最後のショッピングへ。
IHOPでランチを食べて、JPストアをうろつき、14時に荷物を受け取り、来たときと同じ楽天トラベルの送迎サービスで空港へ。

今回7泊という、グアム旅行としては長目の日程だったので、最後の2日間くらいは同じ様な所をうろついてた感じ。やはりグアムはハワイに比べてコンパクト。
ハワイよりも勝っているのは中心部の海がワイキキよりも圧倒的に綺麗で空いていることだと思う。ので、ビーチ目的ならグアムはお薦め。(もちろんハワイでもオアフ以外の他島ならこの限りではないと思うが)

タモンのビーチ

ホテル街にあるビーチとしてはタモンのビーチは驚くほど綺麗。

観光やショッピング、グルメ目的なら断然ハワイだと思う。
あと、気候的にもハワイがやはり快適。同じ常夏の楽園といってもグアムは湿度が高い。
今回は初めて夏に行ったが、グアムに行くなら冬がいいと感じた。夏は雨期ということで、冬よりも圧倒的に雨が多い。(天気は運次第だけど)

私にとっては4度目、娘にとっては2度目のグアム。それなりに見るべきものは見て、行くべき所には行き尽くしたと思う(特別な目的をもたない一般の観光客としては)ので、主観ではあるけれどグアム旅行のお薦めは以下の通り。

  • ショッピングはブランド物に興味が無ければ、タモンの中心にあるJPストアとKマートで事足りる。同じ物ならKマートが断然安いので、先にKマートを見るべき。マイクロネシアモールはハワイのアラモアナショッピングセンターほどの価値はない。が、マイクロネシアモールのペイレス スーパーマーケットだけは行く価値あり。プレミアムアウトレットでは何と言ってもロス ドレス フォー レス。
  • 食事で特に美味しいと感じたのはカリフォルニアピザキッチン(何処にでもあるけれど)。メスクラドスのバーガーも美味しかった。高級ホテル(ウェスティンやハイアット)のホテルバフェも悪くは無いけれど、かなり高めの料金設定なのでコストパフォーマンスは悪い。パンケーキは何処で食べてもそれほど違わないので、比較的空いているIHOPでいいんじゃないかと思った。
  • マジックロックスかアンコール、どちらかのマジックショーは観るべき。
  • チャモロビレッジのナイトマーケットとデデドの朝市は曜日が合えば行くべき。ただしショッピング目的なら期待外れになるかも。定番の観光スポットと言えば恋人岬だが、天気さえ良ければ本当に素晴らしい景色なのでこれも一度は行くべき。

タモンビーチ

今回、グアムサマービーチフェスティバルというイベント期間と重なって、ホテル前のビーチから花火を見ることも出来た。

次回はハワイを計画中。オアフ以外ではマウイ島にしか行ったことがないので、ハワイ島に行ってみることにした。
ということで次回からはハワイ旅行準備編を投稿予定。