タグ別アーカイブ: ビーチ

ハワイ旅行記 10 2017・アウラニへ


4年前のハワイ旅行では2泊したディズニー・アウラニ・リゾートだが、今回は日帰りで訪問することに。ハワイ島での滞在に費用をかけたため、オアフでアウラニに泊まるという贅沢はさすがに出来なかった…。

アウラニへの往復には「ワイキキ発コオリナ地区ホテル間 シャトル往復送迎サービス」というのを利用。朝7時にワイキキの滞在ホテル発、帰りは13時にアウラニ発と、時間が決まってしまっていることが難点だが、5名未満だと料金的には最もリーズナブルな移動方法になる。(5名以上なら普通にタクシーを使ってもあまり変わらないと思う)
出発が朝7時というのはアウラニのマカヒキでキャラクターブレックファストをとることを想定してのことだと思うが、特別な渋滞にでも巻き込まれない限りは1時間かからずに到着するので、8時半のキャラブレを予約しておけば余裕で間に合う。
我々はマカヒキを8時半に予約した。予約はアウラニの英語サイトから簡単に行える。(サイトメニューのDining→Make Reservationsと進む。日本語サイトには予約ページが無い)

マカヒキのキャラブレは前回宿泊した時も利用しているので、出来れば新たに始まった夜のルアウショー「カ・ヴァア: ルアウ・アット・アウラニ(毎週水・土曜開催)」を体験してみたかったが、まあ、こちらには一瞬しかキャラクターが登場しないとのことなので、ディズニーらしさという意味では再度マカヒキを体験するというのが正解か。
ちなみに夜のエンターテインメントしてはスターレットフィーというショーが必見のものだったが、これが終了して新たにカ・ヴァア: ルアウ・アット・アウラニが始まったらしい。スターレットフィーは原則宿泊者専用のショーで、無料だったが、カ・ヴァア: ルアウ・アット・アウラニは有料でビジターでも鑑賞出来るとのこと。

頼んだ送迎は時間ピッタリにヒルトン・ハワイアン・ビレッジに迎えに来てくれた。ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのツアー送迎は多くの場合、新しく出来た「グランドアイランドタワーバス乗り場」という場所でのピックアップになる。以前にあったタパタワーバス乗り場と同じ位置だが、待合スペースは屋内になっていて、新しくて、雰囲気がいい。

道が空いていて40分ほどでアウラニに到着。
マカヒキの予約時間まで時間があるので、ショップ、カレパ・ストアでアウラニのグッズを物色。お目当ての物を決めておくだけにして、買い物は帰りにする。(荷物をもってのアウラニ散策は大変なので)

マカヒキでは予約の時間と名前を告げるだけでOK。
まずはミッキーとの記念写真、その後、テーブルの案内係に呼ばれるまで待機。テーブルに案内されたら、あとはブッフェ形式の食事(飲み物のみテーブルで注文する)とキャラグリを楽しむという流れ。

アウラニのマカヒキ

4年振りにアウラニのミッキーと再会。

食事の内容、30分おきくらいに始まる子供達参加のイベント等、4年前とほぼ変わらず。テーブルを廻ってくるキャラクターは前回はミッキー、ミニー、グーフィーだったが、今回はミッキー、ミニー、チップだった。(この4年の間に変わったのか、そもそも日によって変わるのかは不明)

マカヒキの食事

ビュッフェの内容は変わらず。アメリカンと中華、いくつかのハワイ風の料理、ミッキー形のワッフルももちろん健在。

食後はアウラニのビーチへ。本当は豪華なプール施設を利用したかったが、ビジター利用は不可なので仕方が無い。有料でのビジター利用が出来ればいいのに…とも思うが、高い宿泊料を払ったゲストのみが優雅に、ゆっくり楽しめるというコンセプトは正解かもしれない。
ビジターはゲスト専用の更衣室等も使えないので、水着の着替えをする場所はトイレくらいしかない。なので、ビーチで遊ぶなら下に水着を着た状態で来る等、着替えは出来るだけ簡単に出来るように考えておくといいと思う。
ビーチで遊ぶためにシュノーケルセットを持参したが、アウラニのビーチにはあまり魚はいなかった。

アウラニのビーチ

アウラニのビーチは入り江状になっていて波も穏やか。アクティブに過ごすというよりはのんびり過ごすのに向いている。

ビーチで約2時間ほど過ごし、トイレで着替えてカレパ・ストアへ。
この4年で商品はかなり入れ替わっていた。ピンバッジやマグネット、ポストカード、衣類等のアウラニグッズを幾つか購入。

買い物を終えた頃にはちょうど良い時間になっていた。
我々はビーチで過ごして時間を使ったが、ビーチに興味がなければ、アウラニから徒歩10分くらいのコオリナ・ステーション(オープンエアのショッピングセンター)を散策してもいいかもしれない。前回アウラニに宿泊した時には買い物に行ったが、今回はコオリナ・ステーションまで行く時間はなかった。

帰りの迎えも時間前には待機してくれていたので、13時ちょっと前にはワイキキに向けて出発。まだ時間も早いので途中のアラモアナショッピングセンターで降ろしてもらって買い物でも…と思っていたが、アウラニでの買い物を部屋に置いてから行動するのがベストと判断し、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジまで送ってもらうことにした。(希望すればアラモアナショッピングセンターでの下車も可能とのこと)

4年振りにアウラニに行って感じたのは、やはり泊まってこその場所ということ。
TDLやTDSに行って、お土産購入と食事だけして帰る様なものなので、やはり消化不良の感は否めない。プールや各種エンターテインメントを、ゆっくりと堪能してこそのアウラニだと思った。




ハワイ旅行記 09 2017・ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ


ヒルトン・ハワイアン・ビレッジに泊まるのは2度目。
ワイキキの中心部から距離があることで敬遠されることも多いホテルだが、我々は前回の宿泊でとても気に入ったので、再度ここに宿泊することにした。

コナからの飛行機が遅れたので、予定よりも遅く、夕方に到着。
ロバーツハワイのシャトルはフロント棟近くまでは入れない様で、ツアーバスの乗降場所になるザ・グランド・アイランダーバス乗り場で降ろされた。
ここからフロント棟まではちょっと距離があるので、これは不便。以前はタクシーで来たので、その時はフロント棟まで行ってくれた。

スーツケースを持って徒歩約5分、フロント棟にてチェックイン。チェックインカウンターが混雑しているという評判をよく聞くが、前回も今回もあまり待たずに手続き出来た。(ヒルトンのメンバープログラム、ヒルトンオーナーズに入っているので、その専用チェックインカウンターも使えるからかもしれない)
タワー指定無し、オーシャンビュー確約という宿泊プランだが、低い階からも海が見える部屋を持つのはかなり料金設定の高いタワーなので、予想としては高層階だったが、案の上、タパタワーの28階が提供された部屋。
前回もタパタワーだったが、立地は悪くないと思ったし、比較的新しく綺麗なタワーでもあるので問題無し。

部屋は目の前が新しく出来たザ・グランド・アイランダーで、ラナイに出ると右手に海が広がっている眺望。巨大なグランド・アイランダーが間近に見えるのであまり開放感は無いが、安いプランとしては上等かと思う。

タパタワー眺望

正面と左手はグランドアイランダーが間近でこんな感じ。

タパタワー眺望

右手にはこんな感じで海が広がる。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの魅力は、広い敷地と豊富な飲食、ショッピング、プール等の施設。そしてビーチへのアクセスの良さ。
ワイキキの中心部までもビーチ沿いにアウトリガー・リーフまで歩き、そこから脇道かアウトリガー・リーフ内を通って行けばすぐにワイキキ・ビーチ・ウォークには出られる。なので、確かに距離はそれなりにあるのだが、苦にはならない。(歩行に支障のある人にはキツいと思うが)
もちろんワイキキトロリー等も使えるので、とにかく頻繁にワイキキ中心部に用事があるという人で無ければ問題ではないと思う。
敷地の中にはABCストアが2軒もあるので、ちょっとした買い物やお土産探しならヒルトン・ハワイアン・ビレッジの中だけで済む。

部屋に荷物を置き、早速夕食へ。
前回、朝食と夕食に計2回利用して気に入った敷地内のトロピックス・バー&グリルへ。
夕食時は常に混んでいるので当然待つことに。(ディナーの予約は受け付けていない)
店内席でも屋外席でもそちらでもいいと言えば、待ち時間は少なくなるようだが、どうせ待つなら屋外席がいいとリクエスト。
テーブルが準備出来たら知らせてくれるページャー(待っているお客をバイブと光の点滅で呼んでくれる)を受け取り、約30分ほどの待ち。

トロピックス・バー&グリルのページャー

トロピックス・バー&グリルのページャー。席が用意されると、これが点滅、振動して知らせてくれる。

案内されたテーブルはビーチサイド。やはりアウトサイドの方がリゾート感はある。ここは夜はバンド演奏等も入っていてとても賑やか。

トロピックス・バー&グリル

鳥除けのネットはちょっと残念。

トロピックス・バー&グリル

トロピックス・バー&グリルの定番バーガー「ビッグカフナバーガー」はとてもでかいので、まず普通に手に持って食べるのは無理。ナイフとフォークで切りながら食べる。

娘はヒルトン・ハワイアン・ビレッジのプールを楽しみにしていたが、本日はまだお預け。
トロピックス・バー&グリルでの食事の後は、水などの飲み物だけ買い出しし、部屋に戻る。
翌日は早朝からディズニー・アウラニ・リゾートへ。




ハワイ旅行記 06 2017・ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ


ヒルトン・ワイコロア・ビレッジは広大な敷地と、その敷地内を移動するためにモノレールがホテル内を運行している事が特徴的なリゾートホテル。
今回我々が宿泊したのはフロント棟から最も遠いオーシャンタワーという客室棟。客室棟は他にパレスタワーとラグーンタワーがある。
もっとも便利なのはフロント棟に近いラグーンタワーになるが、もちろん料金設定は高め。ラグーンタワーであればモノレールを使わなくともフロント棟まで歩いて行ける。もちろんどこのタワーからでも時間さえ気にしなければ歩いて行けるのだが、オーシャンタワーからは歩いて行こうとは思えないほど遠い。(一度は敷地内の見学がてらに歩いてみてもいいが、一度でたくさんと思うだろう…徒歩約15分くらいはかかる)
移動手段はモノレールの他、ボートもあるが、ボートは午後からしか運航していない。

チェックイン時、チェックアウト時共に荷物の運搬はベルデスクに依頼することが出来るが、かなり時間がかかる。特に帰りはホテルを出発したい時間の1時間以上前には依頼しておかないと、フロント棟に荷物が届かないこともあるようだ。
なので、よほど大量の荷物が無い限りは自分達で運んだ方が時間を有効に使える。大型のスーツケースでも一人一個であればモノレールで運べる。(ラグーンタワーかパレスタワーくらいまでであれば徒歩でも大丈夫。オーシャンタワーは徒歩ではきつい)

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

敷地内には南の島らしい鳥が普通に歩いてたりも。

プール施設は3ヵ所のプールと砂浜のある海水ラグーン(海と繋がっている)がある。
ラグーンではシュノーケルも出来るが、透明度が高くなく、特にカラフルな魚もいない。しかし、海亀がよく来るので、間近に海亀を見る為だけにシュノーケルをしてもいいと思う。(飼われているわけではないので会えるかどうかは運次第だが…)もちろん他の場所同様、海亀に手で触れることは禁止されている。

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

海はご覧の通りで泳いだりすのには適さない。なのでラグーンかプールで遊ぶことになる。

プールはオーシャンタワー側にコハラプールと大人専用プール、ラグーンタワー側にコナプールがある。大きいのはコナプールなので、プール利用に関してもラグーンタワーが最良ということになる。コハラプールも小さくはないし、子供が楽しめるスライダーもあるのでそれなりに楽しめるが、広々としたコナプールに比べると見劣りする。

これ以外にイルカとの触れ合いが出来るドルフィンクエストという施設があるが、これは別料金。しかもちょっと驚くくらい高額。(我が家はパスした)
ここでイルカが泳ぐ姿だけならもちろん誰でも見学出来る。

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

ホテルのマップ。ホテル内のどこに行くにもとにかく時間がかかるので、端から端への移動にはモノレールやボートの待ち時間も考慮すると、30分は見たほうがいい。

ホテル内にちょっとしたショップはいくつかあり、お土産物の他、飲料やスナック類程度は買うことが出来るが、割高なので、飲み物や食べ物をホテル内で買うことはお薦めしない。
クィーンズ・マーケット・プレイスのアイランド・グルメ・マーケットで滞在中に必要な飲み物や軽食を買い出ししておくか(我々はそうした)、食事の為にキングス・ショップスやクィーンズ・マーケット・プレイスのレストランに行くことがあれば、その時についでアイランド・グルメ・マーケットに寄って買っておくといい。

ハワイは建物内での喫煙が禁じられていて、ラナイ(ベランダ)での喫煙も出来ないのが普通だが、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジではオーシャンタワーの最上階客室に限り、ラナイでの喫煙が可能とのこと。(喫煙ルールは不変では無いのでいつ禁煙になるかは分からないが)
敷地内には喫煙所は3ヵ所ほどしかなく、敷地が巨大なので、よほど運のいい位置の客室で無い限りは、どこのタワーでも喫煙するのはとても困難。(喫煙所まで片道15分くらいかかるかも)
もし喫煙者の場合は、オーシャンタワーの最上階を指定するか、少ない喫煙所に出来るだけ近い客室をリクエストした方がいい。
フロント棟はロワーロビー(チェックインカウンターの下の階)の外、ツアーバス乗り場に喫煙所がある。

ホテル内のレストランはレジェンド・オブ・ルアウというカメハメハコートで行われるポリネシアンディナーショーと、ウォーターズエッジでのビッグアイランド・ブレックファースト、カムエラ・プロビジョン・カンパニー(KPC)でのディナーを利用したので、次回の記事で。