タグ別アーカイブ: ディズニー

ミッキーネットからクルーズ特典が届く


アメリカのディズニーパークに個人旅行で行く際には、何某かでお世話になることの多いミッキーネットさん。
今年(2015年)のオーランド旅行ではディズニークルーズの予約とリゾートとパークチケットのパッケージをミッキーネットさんにお願いした。
通常、現地旅行社を通すと手数料で割高になりがちだが、クルーズ代金もリゾート代金もパークチケットもディズニーから直接購入するのと同額か、若干安いという素晴らしい会社。
(もちろん予約内容によっては手数料分高くなってしまうサービスもあるので、利用者側の下調べは必要)

ディズニークルーズは直接予約とミッキーネットさん経由での差額は無いが、ミッキーネットさんからの特典がいただけたので、直接予約よりもお得だったと言える。
その特典が届いた。

  • ミッキーネットピクシーハンドブック 1冊(日本語乗船ガイドブック)
  • ディズニー・クルーズラインランヤード2つ
  • ミッキーネットポーチ 1個
  • ミッキーネットネームタグ 2枚
  • 船内マップ 1枚

以上が今回いただけた特典だ。
この特典は内容が変わることもあるし、時期やクルーズのコースによってはもらえない場合もあるので、必ずいただけるという物では無いようだ。

ミッキーネット特典

この特典は全額支払い完了後に送られてくる。

ミッキーネットピクシーハンドブックは片手間に作られたペラペラのガイドブック等ではなく、かなり詳細にディズニークルーズのhow-toが載っている。
英語での情報収集が苦手な人にはかなり役立つ一冊だと思う。
ただ、印刷物の性質上、情報は必ずしも最新とは限らないので、その点は了解した上で利用する必要はあるだろう。

ランヤードはディズニークルーズのロゴが入ったもので、多分クルーズ船内で購入出来る物。
色は黒。カードキーを入れられるパスケースが付いている。
このランヤードにピンバッジをいくつか留めていき、ピントレーディングにも使える。

ミッキーネットさんのロゴ入りポーチはかなり厚みのあるしっかりした物。通常は予約確認書やE-チケットのプリント等の旅行関連書類を入れるのに使うのかと思うが、厚みのある立派なポーチなので紙だけを入れるのは勿体ない感じ。

ネームタグもよくツアー会社からもらう厚紙か薄いビニールのタグにゴム紐が付いた様な物では無く、しっかりとした製品。もし旅行用品店等で買えばそれなりの値段がしそうだ。
ラバー製でお洒落な物なので末永く使えそう。(せっかくいただいておいて何だが、ミッキーネットさんの大きなロゴが若干邪魔な感じ…ノベルティなので当然なのだが、物が良いのでついついそう思ってしまう)

そして大判の船内マップ。裏表になっていて、片面がマジックとワンダー、もう片面がドリームとファンタジー。

こういう物が届くといよいよ出発が近づいてきたと実感する。
この後はディズニークルーズラインからも関係書類等が送られてくるはず。

オーランド旅行記 目次


WDWのファストパス+ お薦め取得パターン


ウォルト・ディズニー・ワールドのファストパス+の取得はかなり迷う。
一日3つという制約、(使い切れば追加も出来るが)そしてハリウッドスタジオとエプコットにあるグループ分け、ファストパス+の対象アトラクションが多すぎるマジックキングダム…。

実際に取得してみた経験から、私なりのお薦め取得パターンを考えてみた。
アトラクションには好みもあるだろうし、ショーやグリーティングに興味の無い人や、逆にショー、グリ優先という人もいるだろうから、万人にお薦め出来るとは言えないが、取り方の参考になればと思う。(2015年6月現在の状況になる)

マジックキングダム

ファストパス+の対象アトラクションがとても多く、グループ分けも無いので、一番迷うパークかもしれない。アトラクションで最も混むのは今現在、七人の小人のマイントレインとピーターパン、アナとエルサのグリーティングだ。
ではこの3つでと思うが、エキストラマジックアワー等、朝早くからインパーク出来るなら、ピーターパンは混み始める前に乗ってしまうということも出来る。
七人の小人のマイントレインとアナとエルサのグリーティングは朝一から混むので、この2つともう一つということになる。3大マウンテンの中ではスペースマウンテンが一番混む傾向があるので、これを入れるというのもいいし、コースター系が苦手ならジャングルクルーズかベルの魅惑の物語という手もある。
パレードや花火等のファストパス+でもいいが、パレードはファストパス+が無いと観られないというものではないし、花火もそうだ。
ベストポジションでどうしても観たいという場合は別だが、他にも乗りたいアトラクションが多いなら、限られたファストパス+を使うほどでもない。
そこでお薦めは以下の通り。

  1. 七人の小人のマイントレイン
  2. アナとエルサのグリーティング
  3. (ベルの魅惑の物語orスペースマウンテンorジャングルクルーズorパレードや花火のいずれか)

アニマルキングダム

閉園時間が早いパークなので朝から行くことが鉄則のパーク。
まずはキリマンジャロ・サファリに向かうべき。動物たちは朝が一番行動しているので、お昼過ぎに行くのは向かないし、朝一であればそれほど待たずに乗れるはず。
あとはエクスペディション・エベレスト、カリ・リバー・ラピッド、ダイナソーが混むアトラクションなので、この3つを取ればOK。
ショータイプのアトラクションが多いパークなので、それらの鑑賞時間を考慮して取得する必要がある。
激しく濡れるカリ・リバー・ラピッドは冬場は空いていることが多いので、冬場ならキリマンジャロ・サファリのファストパス+に変えてもいいし、ミッキー、ミニーとのグリーティング、アドベンチャー・アウトポストにしてもいい。
お薦めは以下の通り。

  1. エクスペディション・エベレスト
  2. ダイナソー
  3. カリ・リバー・ラピッド(冬期はキリマンジャロ・サファリorアドベンチャー・アウトポスト)

エプコット

こことハリウッド・スタジオにはファストパス+にグループ分けがある。グループAから一つ、グループBから2つというルールだ。
一つしか取れないグループAのアトラクションは以下の通り。

  • テスト・トラック
  • ソアリン
  • イルミネーションズ
  • ミート・ディズニーパルズ

この中では間違い無くテスト・トラックかソアリンをとるべき。どちらかと言えばソアリンだろう。
テストトラックはマジックアワー等を利用して朝一で乗ろう。
グループBには特にファストパス+が有効と言えるアトラクションが無いのだが、強いて言えば60分待ちになることもあるミッション・スペースとスペースシップ・アースでいいだろう。
※ 2016年現在、ミッション・スペースもAグループに変更されている模様

なのでお薦めは以下の通り

  1. ソアリン
  2. ミッション・スペース (現在はAグループの様なので、他のアトラクションを)
  3. スペースシップ・アース

※ 2016年6月21日にノルウェー館の新アトラクション「Frozen Ever After」がオープンするので、それ以降はこれが一番人気となる可能性有り。ファストパスもAグループと思われる。

ハリウッド・スタジオ

ここでのグループAは以下の通り。

  • ロックンローラー・コースター
  • トイ・ストーリー・ミッドウエイ・マニア
  • 美女と野獣 ライブ・オン・ステージ
  • ファンタズミック
  • グレート・ムービー・ライド(嘗てはグループBだったが、現在はA)

この中では朝一から長い行列になるトイ・ストーリー・ミッドウエイ・マニアしかない。
ロックンローラー・コースターは朝一で乗ればトイ・ストーリーほどの混雑では無い。美女と野獣も外せないが、早めに行けば観られないということはないだろうし、ファンタズミックも同様だ。それにファンタズミックは2回ある日ならセカンドショーを観ればかなり楽に観られるし、ファストパス+専用席よりも条件のいい、ダイニングパッケージを利用するという手もある。

残り二つをグループBから選ぶと、まずはタワー・オブ・テラー、そしてスターツアーズでいいだろう。マペット・ビジョンのファストパス+は全く必要性を感じないし、あとはショータイプのファストパス+ばかりなので、早めのスタンバイを心がければ満員で入れないということも無いと思う。

なのでお薦めは以下の通り。

  1. トイ・ストーリー・ミッドウエイ・マニア
  2. タワー・オブ・テラー
  3. スターツアーズ

もし各パークに2回行けるなら選択はかなり楽になるはずだ。

FP+

取得したファストパス+が時系列で並んだMy Disney Experienceの画面。

ファストパス+は使い切ると追加が出来るが、当日枠では人気アトラクションを希望時間にとることはかなり難しいので、たくさん取得したいからという理由で午前中からファストパス+を使い切ってしまうような取り方はしない方がいい。
空いている午前中はスタンバイで廻り、お昼頃から午後にかけてのファストパス+を取るべきだ。使い切ったらその時点で空いているファストパス+をとれればいい、その中に希望の物があればラッキーというくらいの気持ちの方がいいと思う。

オーランド旅行記 目次




WDWのファンタズミック攻略


オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドのナイトショーの中でも特に人気なのがハリウッド・スタジオで行われるファンタズミック。
東京ディズニーシーのものと比べてもハリウッドスタジオのファンタズミックの方が豪華なので、TDSでも観られるという理由でパスすることは勿体ない。

さて、より良い席で鑑賞するための最もベストな方法はファンタズミック・ディナーパッケージの利用だ。鑑賞位置はセンターとなるのでこれ以上の方法は無い。
ハリウッドスタジオ内での食事を考えているのなら、食事代のみで、特に追加料金等もないので、利用しない手は無い。
ただし適用になるのはファーストショー(2回ある時は最初のショーのみ)のみということと、事前の予約は絶対に必要ということに注意。
選べるレストランはハリウッドブラウンダービー、ママメルローズのリストランテ、ハリウッド&バインの3つ。
これらのレストラン予約をしていても後からパッケージにするということは出来ないので、最初からファンタズミック・ディナーパッケージで予約しておくことが必要になる。(もちろん元の予約を一旦キャンセルしてディナーパッケージで取り直すことは可能)

ディナーパッケージの欠点は天候やテクニカルの問題でショーがキャンセルされても何等の保証も無いこと。しかし元々食事代以外に料金を取られているわけではないので、この辺は仕方ないかもしれない。

ディナーパッケージを利用しない場合にはファストパス+をとることも出来るが、席の位置はステージに向かって左側となる。
ステージに向かって右側がスタンバイ席、センターがディナーパッケージ、左側がファストパス+という位置なので、早めに並んでおくことが出来るなら、鑑賞位置がスタンバイに比べて良いというわけではないので、ファストパス+を利用する意味はあまり無いかもしれない。2回ショーがある時のファーストショーは混むので、ある程度有効かもしれないが、セカンドショーではほとんど意味が無いと思っていい。(2回目はかなり空く)

スタンバイの場合には早めに行くことはもちろんだが、セカンドショーがあるならそちらをお薦めする。かなり楽に鑑賞出来るはずだ。

WDWファンタズミック席位置

この位置は2015年6月現在。変更も有り得るのでご了承を。

ステージに向かっての位置は上記のいずれの方法で観るかによってある程度決まってしまうが、前後ではどの位置がベストなのか。
単純に鑑賞することだけが目的なら全体を見渡せ、濡れる心配の無い中央よりやや後方がベストポジションとなる。もし写真撮影も楽しみの一つであるなら、前方の方がボート上のキャラクターのベストショットを狙える可能性が高い。ただし濡れることがあるのでカメラ機材には注意する必要がある。

ファンタズミックは屋外ショーなので待ち時間中の飲食も可能だ。
ディナーパッケージを利用しない場合(利用していてもランチだった場合にも)には待ち時間中に簡単に食事をしてしまうこともできる。なので、出来るだけ早めに並んでベストな席をとった方がいい。

オーランド旅行記 目次