タグ別アーカイブ: キャラグリ

オーランド旅行記番外編・マジックキングダムのアトラクション


ウォルト・ディズニー・ワールドのアトラクションについて、旅行記本編で書ききれなかったものの感想を。まずはマジックキングダムから。

ジャングルクルーズ
リニューアルされたTDLのものの方がクオリティは高いと思う。 夜に乗船したが、とにかく暗かった。やはり夜のライティングについてはTDLの圧勝。ただ、雰囲気という点ではこちらの方が秘境のボート探検という感じが出ているかもしれない。

魅惑のチキルーム
昔ながらのチキルーム。(TDLの様にスティッチなんかはいない)古くからディズニーランドに行っている人にとっては懐かしい、オリジナルのチキルームを今一度体験出来るのは嬉しいかもしれない。暑いフロリダの夏、しばし涼しい場所で休憩するのに適してる。

カントリーベア・ジャンボリー
TDLとほぼ一緒。ここもチキルーム同様、避暑に最適。

ホール・オブ・プレジデンツ
アメリカの歴代大統領をディズニーお得意のオーディオアニマトロニクスで紹介するアトラクション。ワシントンからオバマまで全44人全ての大統領が一堂に会するステージは見応えがある。(新大統領が決まればすぐに追加されるのだと思う)
とにかく合衆国の偉大さを表現し、愛国心をくすぐる演出。そういうのが嫌いな人には受け付けないかもしれないが、ここでしか見られないものなので一見の価値はある。
面白いのは大統領一人一人が紹介される時のゲストのリアクション。ケネディの時なんかは拍手と歓声も上がるが、ニクソンとかだとブーイングが起きそうな一歩手前の静けさ。これを日本の歴代総理で作ったらどうなるだろう。そもそも人数が多すぎてステージに収まりきらないか。

ミッキーのフィルハーマジック
内容はTDLのと同じ。大きく異なるのはアトラクションの前室となる場所。とにかく狭い。狭いのでTDLのとは違って何のオブジェも展示も無い。あとアトラクション本編の画像が暗い。

プーさんの冒険
アトラクションそのものはTDLの圧勝。こいらのプーさんは昔ながらの遊園地の乗り物といった感じで、ただ書き割りの中を移動していく。しかしスタンバイのキューラインはインタラクティブ・キューラインで子供が楽しめる仕掛けがたくさん。

アンダーザシー・リトルマーメイドのたび
アナハイムのカリフォルニア・アドベンチャーにあるものと同じ。特に最新の仕掛けなどは無いが、リトル・マーメイドが好きなら。貝の形のライド(乗り物の形としてはホーンテッド・マンションに似た)に乗ってリトル・マーメイドのストーリーを見ていくもので、全体的な感じとしてはディズニー・シーのシンドバッドみたいなもの。

アリエルのグロット
上記のアンダーザシー・リトルマーメイドのたびのお隣にあるアリエルとのグリーティング。ここのアリエルはブルードレスではなく人魚の姿。お隣のライドと間違えて並ぶ人がたくさんいるようなので注意。

アリエルのグロット

人魚姿のアリエルに会える場所はここだけ。

ザ・バーンストーマー
結構迫力がありそうな感じだが、実際にはTDLのトゥーンタウンにあるガジェットのゴーコースターに似た感じなので、絶叫系が苦手な人でも乗れるレベル。コースもやはりガジェットのゴーコースター並に短いので物足りないかも。

モンスターズ・インク・ラフフロアー
映画モンスター・インクのその後の設定(子供達の叫び声では無く笑い声をエネルギーに変換する)を題材にしたシアタータイプのアトラクション。モンスター達の客いじりが(タートルトーク的な)主なネタなので、英語が分からないと面白くない…と思うかもしれないが、やってることの内容は言葉が理解出来なくても伝わると思う。なのでその場にいると言葉が理解出来なくても面白い。ゲストは前方や後方関係なく、かなりランダムな位置で指定されるので、どうしても当てられたくない人は極力端の方に座るといいと思う。英語が苦手という理由でパスするのは勿体ない。

スティッチの大脱走
20数年前に来たときはエイリアン・エンカウンターというアトラクションだった。内容はエイリアンの実験中にエイリアンが逃げ出し、電源が切れて真っ暗闇となり、身動きの取れない(ゲストは席に固定される)中、逃走したエイリアンに首筋に息を吹きかけられたり、ツバをかけられたりと、ゲストが散々な目に遭う、とてもマゾヒスト向けのアトラクション。それがスティッチのバージョンになっただけ。以前はただ恐くて嫌な気分になるだけだったが、スティッチの世界観を持ったことで怖さと気持ち悪さは大分緩和されたと思う。

カルーセル・オブ・プログレス
過去から未来へ、ある家族の暮らしを回転しながら順に観ていく古くからあるアトラクション。
耳に残るテーマソングもあって個人的には必見のほのぼのアトラクション。

トゥモローランド・トランジット・オーソリティ・ピープルムーバー
いつでもすぐに乗れて、意外に見所の多い周遊型のアトラクション。トゥモローランド内を廻る乗り物だが、スペースマウンテンやバズ・ライトイヤーのスペースレンジャースピンの中にも入り込んで行くなど、とてもコースが面白い。そして狭い範囲を回っているのに意外に乗車時間も長く(約10分)、空いた時間で楽しむには最適。

ちなみにここウォルト・ディズニー・ワールドのマジックキングダムにはトゥーン・タウンが無い。ファンタジーランドのストーリブックサーカスと呼ばれるエリアがそれに該当するものと思う。このエリアは古き良きアメリカの移動遊園地の様な趣で構成されている。

ファンタジーランドのストーリブックサーカス

ストーリブックサーカスの入り口

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記36・WDW最後の夜(マジックキングダム)


シェフミッキーでの夕食を終えて再びマジックキングダムに。
ファストパス+をとっておいたタウンスクエア・シアターでのミッキーとのグリーティング(ミート ミッキー マウス アット タウン スクエアシアター)。
最近、徐々に瞬きをし、口の動くキャラクターが登場しているが、ここのミッキーはそれに加えて世界で唯一、実際に会話が出来るのだ。(2015年8月現在)
タウンスクエア・シアターではミッキーの他にティンカー・ベルとのグリーティングも行われているが、当然ミッキーの方が人気。午前中早い時間帯でなければ、ファストパス+がないと長時間待たされる。ファストパス+があってもかなり待たされた。

いよいよ喋るミッキーとのご対面。
部屋に入ると、キャストに何処から来たのかと聞かれる。どうやらミッキーは多少の外国語も喋れるようで、対応出来る国であればその国の言葉で応対してくれるようだ。
日本から来たと言うと、キャストがミッキーに「この人達は日本から来たのよ」と伝えていた。
すると案の上、「オー、ジャパーン、コンニチワー」と挨拶をしてくれるミッキー。
その後も片言の日本語を使いながら接してくれた。
そして最後も「サヨーナラー」と見送ってくれた。目の前で瞬きをし、喋るとおりに、全く違和感なく滑らかに口の動くミッキーを見ていると、本当に生きているかの様な錯覚を覚える。この滑らかで自然な動きは一体、どんな仕組みと材質で実現させているのかと驚くばかりだ。

ミート ミッキー マウス アット タウン スクエアシアター

ライドアトラクション専門でキャラグリに興味が無いという方にも、このミッキーとのグリだけはお薦めする。きっと驚くはずだ。

次いでファストパス+でビッグサンダーマウンテンへ。夜のビッグサンダーマウンテンは眺めが綺麗という印象があったのだが、それはTDRだけだった。こちらはあまりライトアップがされておらず、単純に暗いだけ。先日のエレクトリカルパレード同様、TDRの方が明かりの演出は勝っている。

スタンバイでホーンテッドマンションへ行き、ウィッシュ(花火)のファストパス+エリアに入れる時間になったのでシンデレラ城前に向かう。
ウィッシュのファストパス+エリアにはウィッシュの前に行われるセレブレート・マジック(TDRのワンス・アポン・ア・タイムと同様のプロジェクション・マッピング)の開始より前に入れる。
つまり同じ場所でセレブレート・マジック、ウィッシュと続けて鑑賞出来るのだ。(現在、セレブレート・マジックのファストパス+は無い)
ファストパス+のエリアは芝生なのでスタートまでは座ったり、寝っ転がって待ったり出来る。が、スタート時間には皆立って鑑賞する様にとキャストが指示している。
そしてセレブレート・マジック、ウィッシュと連続して鑑賞。どちらも大変素晴らしい。特にウィッシュは圧巻。
ただ残念な事も少し。まずプロジェクション・マッピングの光量がTDRよりも低い気がする。どうもWDWはTDRに比べてとにかく明かり系、電飾系の演出に弱いものがあるようだ。
光量が不足しているのでコントラストも足りず、映像がイマイチはっきりしない。これはミッキーのフィルハーマジックでも感じた。スクリーンに映る映像が明らかにTDRよりも暗いのだ。
節電なんて言葉は無いとばかりにガンガンにクーラーを効かせている、物量、エネルギー豊富なアメリカのはずなのに何故なのだろうか。
そしてウィッシュのオープニング、シンデレラ城の上から飛ぶはずのティンカー・ベルが飛ばなかった。よく見ると、ワイヤーは準備されていたので、なぜ割愛されたのかは不明。

とまあ、多少の残念な点はあったものの、花火自体は演出も量も申し分なし。WDW最後の夜を飾るのに相応しいエンターテインメントだった。

マジックキングダムは24時までオープンしているので、まだ乗っていなかったダンボへ。
こちらのダンボは同じ物が2機ある。混雑緩和の為と思うが、この時間はガラガラ。なので稼働しているのは片方だけだった。
更にスタンバイはインタラクティブキューラインになっており、屋内型のアスレチックエリア(お子様用)が設けられている。そこで遊びながら待つことが出来るのだ。
全く待つ必要の無い状態なのだが、せっかくなのでそこで少し遊んでから乗り場へ。
乗り物自体はTDRと全く一緒。ただ、乗り物の下が噴水になっている。

ダンボ

ライドが二機にサーカステントを模したインタラクティブ・キューラインと、ここのダンボはかなりのエリアを占有している。ちなみにダンボは実写映画化が決定したらしい。

更にアストロ・オービター(TDRのスタージェットとほぼ同じ)に乗って、深夜のマジックキングダムを後にした。
この旅行記で書ききれなかった他のアトラクション(モンスターズ・インク・ラフフロアー、ピープルムーバー、スティッチ・グレートエスケープ等々)については、番外編のアトラクション体験記として後日執筆の予定。

さて、明日は10泊したポップセンチュリーをチェックアウトし、インターナショナル・ドライブに移動する。つまり、ディズニー・クルーズ、ウォルト・ディズニー・ワールドと続いたディズニーの世界とのお別れだ。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記32・マジックキングダムとオハナ


マジックキングダムの朝のエキストラマジックアワーを使ってまずは7人の小人のマイントレインへ向かう。
スタンバイのラインに到着した時点で40分程の待ち時間表示。前回はファストパス+で乗ったので、インタラクティブキューラインを見ることが出来なかった。
ちょっとしたゲームなんかも楽しめるスタンバイのラインだが、列はすいすい進むのでじっくり遊んでいる暇は無い。40分も待たずに、約30分ほどで乗車。

ホーンテッドマンションもインタラクティブキューラインを持つ。
しまってもしまっても飛び出してくる本棚、音が出る石のオルガン等々。ちょっと触って仕掛けを楽しむというものなので、列の進み方が早くても通りがかりに楽しめる。
アトラクション自体は細部は異なるものの、TDRとほぼ一緒。

続いて前回、私がキャスティングされてしまって、ちゃんとビデオ撮影出来なかったエンチャンテッド・テール・ウィズ・ベルへ。
朝のこの時間はガラガラの様で、キャストがまるで客引きの様にゲストを勧誘している。ある程度の人数がいないと成立しないアトラクションだからだろう。
本来、人気のあるアトラクションなのであっという間に規定の人数になる。
今回はキャスティングされないコツ?が分かっているので、ちゃんと娘のみ役を貰う。ポット夫人という前回よりもいい役だ。(前回は椅子役だった…)

エンチャンテッド・テール・ウィズ・ベル

基本、キャストの指示通りに動くだけなので言葉の心配はいらない。

ここでしか会えないメリダのグリーティングに並び、グリーティングを終えた辺りで朝食予約の30分前くらい。

メリダのグリーティング

日本ではあまり人気のないメリダだが、こちらではそれなりに人気がある。グリーティングスポットはケルト風の装飾が施された専用の場所。

急いでパークを出て、朝食を予約してあるオハナへ。
オハナはポリネシアン・リゾートの中にあるのでモノレールで向かう。
ポリネシアン・リゾートはハワイのリゾートホテルを模しているので、雰囲気はアウラニに似ている。水上バンガローの客室も新設され、古めのリゾートとは言え魅力はたっぷり。マジックキングダム至近の直営リゾート3軒(グランド・フロリディアン、コンテンポラリー、ポリネシアン)はどれもデラックスタイプとなるので予算的にそうそう利用出来るものではないが、お金に余裕があれば、私が一番泊まってみたいと思うのがポリネシアンだ。

オハナはポリネシアンリゾートのフロント棟2階にある。
受付で予約を確認し、ページャーを受け取る。

オハナのページャー

オハナのページャー。音は出ず、バイブレーションだけのことが多いので、振動が分かるように持っている必要がある。

10分程でページャーが鳴り、テーブルへ。
オハナでのキャラクターブレックファストはビュッフェ形式で、登場キャラクターはリロとステッチ、ミッキー、プルート。
料理自体は特別ハワイアンなメニューはなく、普通のアメリカンブレックファスト。

オハナのミッキー

ミッキーはアロハスタイル。

食事を終えたらボートに乗り、再びマジックキングダムへ。
ファストパス+をとっておいたバズ・ライトイヤーのスペースレンジャースピン(TDRのアストロブラスターと同じ)、ピーターパン、そしてプリンセス・フェアリーテール・ホールでのシンデレラとラプンツェルのグリーティング。
ファストパス+空き時間を使ってトムソーヤ島にも行ってみたが、作りはアナハイムのディズニーランドのトムソーヤ島とよく似ていた。

今日はダウンタウンディズニーでシルク・ドゥ・ソレイユのラ・ヌーバを観る。
なのでダウンタウンディズニーに移動。
娘がボートで移動したいと言うので、ボートでポリネシアン・リゾートに行き、ポリネシアン・リゾートからバスというコースでダウンタウン・ディズニーに向かった。
ポリネシアン・リゾートからはモノレールやボートという移動手段もある為か、バス停は一つに集約されている。ポップセンチュリー等の様に行き先毎に別れておらず、同じバス停に全ての行き先のバスが来る。(モノレールとボートで行けるマジックキングダム、モノレールで行けるエプコット行きのバスが無い為、1ヵ所で十分なのだと思う)
これはグランド・フロリディアンやコンテンポラリー・リゾートも同様だ。

オーランド旅行記 目次