タグ別アーカイブ: インターナショナルドライブ

オーランド旅行記38・ヒルトン・グランドバケーションクラブ・オン・インターナショナルドライブ


タクシーでヒルトン・グランドバケーションクラブ(2016年、ヒルトン グランド バケーション タスカニービレッジ HILTON GRAND VACATIONS AT TUSCANY VILLAGEに名称変更)に着くと、ドライバーがベルを呼んで荷物をカートに載せてくれた。大きな荷物が複数あったのでチップ込みで30ドル程を払う。(運賃は25ドル弱)

フロントでチェックイン手続き。フロントのスタッフが「日本人のパスポートはなぜ2色あるのか?」と聞くので、レッドが10年、ブラックが5年で有効期限の違いがあると教えてあげた。
このヒルトン・グランドバケーションクラブはヒルトンのサイトから直接予約したが、予約確認の画面で有料アップグレードが行える。メインプール近く、アウトレット近く、最上階、スイートへのアップグレード等々、様々なオプションがあったが、結局有料アップグレードは一切行わなかった。僅かな額でスイートにも出来たのでそれは迷ったが、あまり部屋にいるわけではないし、二人では勿体ないと思ってスタジオと呼ばれる通常の部屋にした。(スイートだとリビングと寝室が別々になり、ジェットバス、フルキッチン、更に部屋に洗濯機や乾燥機もあるので、3人以上ならお薦めする)
結果、フロント棟からは遠いが、プレミアムアウトレットにはとても近い棟(ビルディング5)の最上階だった。フロント棟近くのメインプールほど大きくは無いが、十分な大きさのプールも目の前にある。

ルームキーを受け取ったら、ベルサービスに行き、荷物と一緒にカートに乗せて貰って宿泊棟まで移動した。レンタカーを使っていれば自分達で宿泊棟の前まで来るまで移動し、その付近の駐車場に駐めることが出来る。(部屋ごとに駐車スペースが割り当てられてはいないので、混雑時は駐車スペースが自分達の棟付近に無いこともあるらしい)

スタジオタイプの部屋はとてもシンプル。ただこのタイプにも小さなキッチンが付いているし、電子レンジもある。食器や最低限の調理器具も備え付けられている。もちろん冷蔵庫もある。
製氷機は各棟とも1階のみにある。
部屋にはベランダもあり、テーブルと椅子が備え付けられているが、虫除けのネットが張られているので、あまり開放的では無い。

ヒルトン・グランドバケーションクラブ・オン・インターナショナルドライブ

私達の泊まったビルディング5の前。各棟にはイタリア各地の名称も付けられている。私達の棟はVILLA DI DUCALE

部屋でしばし休憩したら、まずはスーパーへ。
フロント棟の側の専用の門(ルームキーで解錠出来る)を出て横断歩道を渡った向い側に主にフロリダでチェーン展開しているパブリックスという大型スーパーマーケットがある。又、その手前にはウォルグリーン(コンビニ兼ドラッグストア)もある。
フロント棟までは徒歩で7、8分程度。フロント棟まで来たついでに明日から使う予定のI-RIDEという観光トロリーのチケットをフロント横のツアーデスクで購入。
使うのは2日間だけだが、2日間チケットは無い。乗り降りする回数を考えると3日間チケットを買っても十分にお得だったので、3日間乗り放題チケットを購入。
購入時に貰えるのはレシートだけで、最初にI-RIDEに乗車した際に、ドライバーにレシートを見せ、チケットに変えて貰うという方式。
このI-RIDEでインターナショナルドライブ沿いの観光ポイントには全て行ける。

パブリックスは食料品が主体で衣類や雑貨等も多く取りそろえているウォルマート等とはちょっと雰囲気が違う。それでも観光地にあるせいか、お土産品や日用品も多少は置いている。
(日用品を買うならウォルグリーンの方がいいかもしれない。)
食料品の充実度は凄いので、部屋で食べるものを買うのには困らない。パックのお寿司なども充実している。
パブリックスの周囲には外食できる店もある。利用はしなかったが、お馴染みのサブウェイやTokyo Sushi Barという和食の店もあった。
とりあえあずパブリックスでは朝食用のマフィンと、お寿司のパックを購入。飲み物類は、WDW初日にネットスーパーから届いたものが十分に余っている。

一旦部屋に戻り、今度はプレミアム・アウトレットへ。
アウトレットへの門は私達の棟のすぐ目の前なので移動は楽だ。

ヒルトン・グランドバケーションクラブ・オン・インターナショナルドライブ

湖中央に橋があるので、端の棟でもフロント棟まで歩くのは思ったほど苦では無い。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記37・WDW最後の食事を1900パークフェアで


10泊したポップセンチュリー・リゾートをチェックアウトする。
と言っても特にフロントでの手続きは無い。ディズニーの直営リゾートに限らず、もうほとんどのホテルでチェックアウト手続きは不要なので、そのまま部屋を出ればいいだけ。(もちろんクレジットカードを登録している場合のみだが)

荷物をベルデスク(ポップセンチュリーの場合は正面玄関を出て左手)に預け、最後のキャラクターブレックファストを予約してある1900パークフェアに向かう。
グランドフロリディアン・リゾートの中なので、バスでマジックキングダムへ。マジックキングダムからはモノレールで向かった。(ボートもある)

いつも通り受付で予約を告げてページャーを受け取る。
そしてこれまたいつも通りカメラマンに写真を撮って貰って、呼ばれるまで待つ。
さすがはWDWの中でも最高ランクの豪華リゾートといった雰囲気の、ゴージャスなシャンデリアがあるロビーで待っていると、約10分程でページャーが鳴った。

1900パークフェアでのキャラブレに登場するのはアリス、マッドハッター(いかれ帽子屋)、プーさんとティガー、メリーポピンズ。(朝夕にキャラダイをやっていて、夜はシンデレラやチャーミング王子とかになる)
この面子はエプコットのイギリス館でのキャラグリと全く一緒。
グランドフロリディアンがビクトリア朝のリゾートなので、英国関連キャラなのだと思う。
食事は飲み物のみオーダーするブッフェ形式。

1時間ほどの食事時間の間に無事全キャラクターとグリーティング。
アリスのみなかなかテーブルに来なかったが、キャラクターの移動を仕切っているらしきキャストにリクエストして呼んで貰った。
エプコットではアリスとのキャラグリをパスしていたので、アリスとグリ出来なければここに来た意味が無い。(マッドハッターも)

1900パークフェア

マッドハッターは何処でもテンションが高い。

食事を終えてグランドフロリディアンの玄関を出ると、そこにはリチャード・ガースさんが。
リチャードさんはアメリカでは有名なグランドフロリディアンの名物ドアマン。
もちろん一緒に写真を撮っていただいた。

リチャード・ガース

Guests Are ‘Blessed With a Good Smile’ | Disney’s Grand Floridian Resort & Spa (YouTube)

まだ時間があったので、グランド・フロリディアンからバスでダウンタウンディズニーに向かう事に。ここもポリネシアン・リゾートと同様に、全ての行き先のバスが1ヵ所のバス停に来るのは一緒。しかしここのバス停には電光掲示板があり、何処行きのバスが何分後に到着するかがリアルタイムに表示されている。これはポリネシアン・リゾートには無かった。

ダウンタウンディズニーで最後のディズニー関連土産を物色。ピンバッジを数個購入。
ピンバッジは既にいくつか買っていたが、これでウォーターパークも含めた全6パークのものを一個ずつと、ポップセンチュリーのもの、そしてジェダイ・トレーニング・アカデミーのものと、合計8個を購入したことになる。ディズニークルーズでもドリームやキャスタウェイケイのもの等、4個ほど買っているので、全部で10個をこの旅で購入した。
これらは旅の記念品なのでピントレには出さない。

ポップセンチュリーに戻り、ベルデスクから荷物を引き取る。その際にこれからタクシーに乗ると言えば、タクシーを呼んでくれて荷物をトランクに積み込んでくれる。
タクシーを呼んで貰う時には必ず行き先を聞かれるので、インターナショナルドライブのヒルトン・グランド・バケーションと告げたが、界隈にはヒルトンがたくさんあって、何処のヒルトンなのかよく分からない様子。なので、プレミアムアウトレットの隣のヒルトンと言ったら、それで特定出来たようだ。

ベルマンにチップを渡し、ポップセンチュリーと、そしてウォルト・ディズニー・ワールドともお別れ。ディズニークルーズの乗船から考えれば2週間以上に渡ったディズニーの世界とのお別れだ。

多少道が混んでいたが、20分程で今日から3泊するヒルトン グランド バケーション クラブ オン インターナショナル ドライブ(2016年、ヒルトン グランド バケーション タスカニービレッジ HILTON GRAND VACATIONS AT TUSCANY VILLAGEに名称変更)に到着。さて、チェックインである。

オーランド旅行記 目次


オーランドに世界一の絶叫マシン


オーランドにはI-ドライブ360という新たな観光スポットがオープンしたばかりだが、又新たな計画が進行している。
今度もI-ドライブ360に似たプロジェクトで、目玉となるアトラクションを中心に、各種の小売店やレストラン等が集まる施設になるようだ。
場所もインターナショナルドライブ沿いで、I-ドライブ360に至近。

さて、中心となるアトラクションだが、かなりのスケールの絶叫マシンとなるようだ。
名称は、「Skyscraper(スカイスクレイパー)」
どんなアトラクションかと言うと、地上173メートルのタワーの頂上付近から、ねじり落とされるように何度となくループを繰り返しながら高速で落下していくコースタータイプのアトラクションだ。最高速度は時速104キロ。
タワーからの落下とループコースターが合体したようなアトラクションで、とてもではないが、高所恐怖症の人には絶対に無理なシロモノだろう。

スカイスクレイパー

コースターは何度となく頭が地上側に向く形でループする。

スカイスクレイパー

ライドの形状は列車型では無い。

タワーの最上階には展望台と展望レストランが作られるとのこと。
絶叫マシンが苦手なら、展望台に上がるだけにするか、のんびりと高所からの眺めを楽しめるI-ドライブ360のオーランドアイの方がいいだろう。
いずRにしても建設に290億円が投入されるとのことで、中途半端な観光施設ではないようだ。

スポットの名称は「Skyplex(スカイプレックス)」
2017年のオープン予定だ。

オーランド旅行記 目次