タグ別アーカイブ: インターナショナルドライブ

オーランド旅行記42・I-ドライブ360とリプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット


I-RIDEの北行きに乗ってインターナショナルドライブを北上。
道沿いの観光スポットはかなり目立つ建物が多いので降りる場所は分かりやすい。今はスマホでマップを表示しておけば現在位置が分かるので、それで確認すれば完璧だ。
万が一乗り過ごしても、インターナショナルドライブの中心地ではバス停の間隔がそれほど長くは無いので、バス停1個分くらいなら歩いて戻ることも可能。
I-RIDEも他のアメリカのバス同様、次のバス停で降りたいときに紐を引いてストップリクエストする方式。

まず行ったのはオープン間もないI-ドライブ360。全方位ガラス張りの観覧車(オーランド・アイ)が一際目立つ観光スポット。
着いてみるとかなり閑散としている。地元ではかなり期待されていた観光施設だが、思うような集客は出来ていない様子だ。

I-ドライブ360

ご覧の通り周囲に人の気配がない…。

アトラクションとしては観覧車の他にマダムタッソー(蝋人形館)や水族館も併設されていて、コンボチケット等も用意されている。
我々はオーランドアイ(観覧車)のみのチケットを購入。
ガラガラなのですぐに入れる。まずはお決まりの写真撮影。合成写真を作るらしく、グリーンバックで撮影。その後、乗り場へ向かう前室でオーランド近郊の自然などをテーマにした3D映画を鑑賞する。それが終わるといよいよ乗り場へ。
ゴンドラは全面ガラス張りで立って乗るタイプ。かなり見晴らしは良さそうだ。
が、この時の天気はあまりよろしくなく、あまり遠くまで見渡せずに残念。
降りて出口に向かうと、まずは先程撮影した写真の販売所。オーランドアイとの合成写真が出来上がっている。専用の記念台紙に入れられた基本のプリント2枚付きに、オプションで合成背景の違うデジタルデータを追加出来る。このデータを購入した場合はアクセスキーで専用サイトにアクセスしてダウンロードする形になる。
写真そのものは2カットで、背景が変わるだけなのでオプションは不要かと思う。
写真販売所を抜けるとお決まりのスーベニアショップを通って出口となる。

レストランやショップもいくつか入っているのだが、人通りはあまりない。ただ、レストランは人気の店が入居しているので、食事時にはそれなりに混むのではないかと思う。(食事の為に)

I-ドライブ360から北に少し歩く(ほぼ隣と言っていい距離)と次の目的地、リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットがある。建物が斜めに地面にめり込んでいるような特徴的な外観。(天地が逆になった建物はワンダーワークスという別の施設なので間違わない様に)
リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノットはオーランド以外にもアメリカ各地とイギリス等にもある。一言で言えば日本の温泉観光地とかにもよくある珍品博物館とトリックアート館が一緒になったような施設。

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット

斜めな外観。

この手のゆるーい観光施設が嫌いでなければ十分に楽しめる。もちろん料金も高くは無い。
かなり夜遅くまで営業している(23時頃までは入場出来る)ので、メインの観光を終えた人達が夕食のついでにちょっと立ち寄るといった状況が多いのかと思う。
どんな物があるのかと言うと、人魚のミイラとか、首狩り族のアクセサリー(人の頭)とか、まあとにかくかなり怪しい物が揃っている。

リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット

多頭の牛の剥製。奇形生物の展示も多し。

この周辺は観光地なので夜の治安も悪くは無いが、皆車で移動しているので、テーマパークの中のような人通りはない。家族連れも歩いてはいるが、ちょっと淋しい感じがする。(特に何処に行っても人が多いWDWから来たりすると)
I-RIDEは運行時間が夜10時30分までとなっている。なので、レンタカー以外の人は夜10時頃までには帰路に着いた方がいいと思う。

帰りのI-RIDEは今までに無く混んでいた。インターナショナルドライブ上には各種レストランが揃っているので、夕食を終えて帰る人が多いようだ。
座席は空いていなかったが、親切な人が娘に席を譲ってくれた。WDWのバスでも一度、娘に席を譲ってくれた人がいたので、幼児では無い、娘の様な10歳くらいの子供にでも席を譲る習慣があるようだ。

これでインターナショナルドライブでの観光は終了。明日はユニバーサルスタジオに移動。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記41・アクアティカ (ウォーターパーク)


先日同様、専用の門から営業開始前のアウトレットを抜けてI-RIDEのバス停へ。
今日はシーワールドのウォーターパーク、アクアティカへ行く。ので、水着の上に服を着て移動。
シーワールドへはI-RIDEのレッドラインでもグリーンラインでも行けたが、アクアティカに停車するのはレッドラインのみ。

アクアティカもシーワールド同様にパークの駐車場の中までI-RIDEが入って行き、敷地の中にバス停があるので降りる場所を間違える心配は無い。米国の格安チケット販売サイトで事前購入したシーワールドとアクアティカの2パークチケット(自分でプリントアウト)で入場。

アクアティカもWDWのウォーターパーク同様、オープン直後はチェアの確保は簡単。これまたWDWのウォーターパークの時と同様に、確保したチェアに荷物をチェーンで結び、ロッカーは借りずにタオルだけレンタル。
WDWの時はマジックバンドという便利な物があったが、今回はないので少額の現金だけ持参した。

パークの構成は造波プールに流水プール、そしていくつかのスライダーにキッズエリアという、ウォーターパークとしては基本的な構成。
ただ、そこは集客力の高いWDWに対抗するべく、WDWのウォーターパークには無い趣向も凝らしている。
まずはIhu’s Breakaway Fallという絶叫系のウォータースライダー。直立した状態でカプセル状のスタート台に入り、カウントダウンで足下の蓋が開き、垂直落下状態で滑り落ちるもの。
これはあまりにも恐そうなので我々はパスした。
名物スライダーはDolphin Plungeという、イルカの泳ぐ水槽を通過するスライダー。これはやってみたが、スライダーのスピードが速く、水槽の中を通過するのはほんの一瞬。そしてイルカはまるで見えない…。イルカは確かにいるのだが、よほどタイミング良くスライダーの透明チューブ側にいてくれなければ見えないと思う。しかし見えたとしても楽しむ余裕はあまり無いと思う。

Traumata Racerはブリザードビーチのトボガン・レーサーに似た、ボディボードで滑り落ちるレースタイプのスライダー。これはやはり楽しい。

造波プールの波はタイフーンラグーンとブリザードビーチの中間くらいの波。まあ造波プールとしては程よいレベル。
流れるプール(Loggerhead Lane)ははっきり言ってかなり短い。が、そこはシーワールドのウォーターパークなので、途中で魚の泳ぐ水槽を眺められるなどのお楽しみは用意されている。
特筆すべきはRoa’s Rapidsというもう一つの流れるプール。これは浮力の強いライフジャケットを着用して利用するのだが、もの凄い激流。その流れの強さはちょっと恐いくらいだが、慣れると自分が激流に押し流される漂流物となった様な感覚が楽しくなってくる。
ただ、出入り口で出るためには事前に出口寄りに寄っておいてタイミングを計らないとなかなか出られない。それくらいの激流なので注意も必要。油断していると怪我をする可能性大だと思う。

アクアティカ

所々にあるこういった岩などに激突しないように注意しないと怪我のおそれあり。子供には絶対に親が付き添って流れる必要があると思う。

タイフーンラグーンの波といい、この流水プールと言い、アメリカには桁違いの自己責任アトラクションがあるので、油断が出来ない…。(それが面白いのだが)

Walkabout Watersという子供向けのエリア(もちろん大人も入れる)はとても大きくて楽しめる。
ここの水鉄砲もかなり強力。子供達は面白がって通りがかる人々に水を発射しているが、これが大人を無抵抗に出来るくらいの威力がある。(まあ怪我をするような事はないが)
耳に直接当てられるとかなりしんどいことになるので注意。

アクアティカ

キッズエリアの規模が大きい。子供はこれだけでもかなり遊べると思う。

全体的な感想としては、新しいだけあってWDWの二つのウォーターパークよりも楽しめると思う。
ウォーターパークが好きなら、メインのシーワールドに行くよりもこちらに来た方がいいかもしれない。
しかしWDW中心の旅行で、時間に余裕がないならタイフーンラグーンやブリザードビーチでも十分。わざわざ訪れるほどでは無い…といったところだろうか。

午後3時頃までには遊び尽くしてパークを出た。
今日はここからI-RIDEの北行きに乗ってインターナショナルドライブを北上、新しく出来た観光スポット、I Drive 360にも行ってみる。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記40・シーワールド・フロリダ


朝食は昨日パブリックスで買ったマフィンで済ませ、シーワールドへ。
I-RIDEの乗り場はプレミアム・アウトレットの入り口にあるので、専用の門からアウトレットへ出て、入り口の方に向かう。まだ8時台なのでアウトレットは営業開始前だが、問題なく敷地を通ることが出来る。

プレミアム・アウトレット・バインランドのバス停は始発なので座れないということはまず無い。
I-RIDEはここと北のもう1ヵ所のプレミアム・アウトレットとの間を往復している。
北へ向かいたい場合はNorthという表示のI-RAIDEへ、南に向かいたい場合はSouthという表示のI-RIDEに乗れば良いので簡単だ。もう一つ、RedとGreenという2路線があり、途中別ルートを通るので、それだけに注意。シーワールドはRedでもGreenでも行けるので大丈夫。

I-RIDEに乗り、昨日ホテルで購入した3日間パスのレシートを提示、するとパスと取り替えてくれた。以降はこのパスを専用のリーダーにスワイプすることで何度でも乗車出来る。(3日間は)

I-RIDEは約20分程でシーワールドに到着。シーワールドのバス停はシーワールドの敷地内にある。

シーワールドとアクアティカ(シーワールドのウォーターパーク)の2パークチケットを既に格安チケットをネット販売しているサイトで購入、プリントアウトしているのでそれで入園。
アクアティカには明日行く予定。

シーワールド・フロリダ

シーワールドではWDWやユニバーサルに比べて日本人観光客をほとんど観ない。よほど余裕がないと日本人は来ないようだ。

シーワールドはライド型のアトラクションもいくつかあるが、どちらかと言えばショーがメインなので、まずはショーの時間をチェックして、それに合わせてパーク内を移動することにする。
開園とほぼ同時に入園したので、余裕で廻ることが出来る。

ショーは次のものを鑑賞。

Blue Horizons
イルカショーだが、ちょっとした芝居仕立て。後半は何故か空中ブランコショーという不思議な構成。空中ブランコとイルカの共演が見られるのかと思いきや、独立している。
かなり個性的なイルカショー。

Clyde & Seamore’s Sea Lion High
アシカにオットセイ、アザラシなどが出演するショー。完全な芝居仕立て。(学園青春物)
この手のショーはお絵かき、輪投げ、ボール回し等を見せるだけのものが多いが、これはそれらをドタバタコメディのストーリーの中で見せていく。これもかなり個性的。

Pets Ahoy
犬や猫、小動物による屋内劇場でのショー。これは後に行くユニバーサルスタジオの動物ショーと酷似。同じ人の演出ではないのかと思うほど。(実際そうかもしれない)
ほぼ動物たちがステージ上を走り回っているだけなのだが、猫にタイミングを守らせるのは大変な様子。

One Ocean
シーワールドの目玉のショー。このOne Oceanのシアターはとても遠い場所にあるので、時間に余裕を持って移動した方がいい。(パーク入り口付近からだと徒歩20分はかかる)
シャチによる迫力のショーだが、その巨体故、ジャンプの高さはイルカほどでは無い。お楽しみはその巨体を利用した大きな水しぶき。これを被るために前方のウェットエリアは人気。(本当にずぶ濡れになるのでその覚悟は必要)
実は20年以上前にオーランドに来た際にもこのショーを観ているが、その後にトレーナーがシャチに殺される(水中に引きずり込まれたらしい)という事故が起きたため、現在はトレーナーと一緒に水中で行う演目は全て無くなっている。(トレーナーは一切水中には入らない)
なので当時よりも見応えはなくなっているのは確か。
シャチのショーは沖縄の美ら海水族館でも観たが、劇場の規模を除けば内容的には美ら海水族館のショーも同等。楽しさではシーワールドより勝っているかもしれない。

ショーに分類されていないが、TurtleTrekという、全方位スクリーンで3D鑑賞する海亀の映像ショー(アトラクション)なんかもある。
もちろん水族館らしい展示アトラクションもあって、例えばShark Encounterはチューブ型のガラス通路から鮫を観ることが出来る。

ライドはまずEmpire of the Penguinに。ペンギンをテーマにしたライド型アトラクションでとても人気があるが、特に迫力は無し。ライドが波に揺られるように揺れ動きながら移動していく。
最後は冷蔵庫の様な温度の、南極を再現したエリアで本物のペンギンたちを鑑賞。

シーワールド・フロリダ

南極基地の再現もあった。気温も本当に南極。

Wild Arcticはスターツアーズの様なシュミレーションライドで、ヘリコプターに搭乗して北極を冒険する設定。これは20年以上前に来たときもあって、当時は最新アトラクションだったが、今ではかなり古い施設。入り口がライドとウォークに別れているのでライドのラインに並ばないとシュミレーションライドには乗れないので注意。(場所がOne Oceanのシアター近くなので、One Ocean鑑賞の前後に行くのがお薦め)

この他に、体が地面を向く形で乗ることで有名なMantaをはじめ、Kraken等の絶叫型のコースターライドがある。間もなく最新の絶叫コースターMakoもオープンする。

途中スコールでショップでの雨宿りを強いられたりしたが、午後4時頃までにほぼ観たいものは全て観ることが出来た。

帰りももちろんI-RIDEで帰ったが、乗り場は結構混んでいた。
こりゃ座れないかなと思ったが、シーワールドからはNorth(北行き)に乗る人が多く、South(南行き)に乗る人が少なかったので余裕だった。

終点であるプレミアム・アウトレット・バインランドのバス停で降りると、すぐ目の前にマクドナルドがある。今日はこちらに来て初めてのマクドナルドで夕食。
こちらのマクドナルドで楽しみにしていたアンガス・バーガーが何故かメニューに無い。レギュラーメニューから消えたのか、この店にだけないのかは不明。
仕方なく日本でも食べられるような普通のバーガーを食べた…。

マクドナルドUSA

アメリカのマックではアンガスバーガーが食べられるのが楽しみだったので残念。あれが無いならわざわざマックで食べる必要もなかった。

オーランド旅行記 目次