オーランド旅行記19・マジックキングダム1回目


本日は一般開園9時のマジックキングダムが直営リゾート(と一部のオフィシャル)宿泊者に限り1時間早く入れる日。エキストラマジックアワー(モーニング)というやつだ。
TDRの直営ホテルのアーリーエントリーが15分ぽっちであまり有益で無いのに比べ、アメリカのディズニーパークの1時間はかなり有効。

アメリカ人は朝ゆっくりするタイプの人が多いんだが、そうは言っても開園と同時に行こうとする人もそれなりにいるので、ポップセンチュリーのバス停はマジックキングダム行きが長蛇の列。
まあ、朝の時間帯はバスも次から次へと来るので問題は無い。

本当はパーク開演前に行われるウェルカムショーも観たかっのだが、それには間に合わず、マジックキングダムに到着したのは8時丁度。
アメリカのディズニーパークはアナウンスされている開園時間よりも早くにゲストを入場させてしまうこともあるので、スタートダッシュをかけたい人は15分前には到着することをお薦めする。

手荷物チェックも混んでいるが、見た目ほどには通過に時間はかからない。
直営リゾート宿泊者であることはマジックバンドとリンクしているデータで分かるので、特に直営宿泊者であることを証明する物等は必要無い。

エキストラマジックアワーでは全てのアトラクションが稼働しているわけではないのだが、まず混雑が予想される人気アトラクションは動いている。
今マジックキングダムで最も人気のアトラクションは7人の小人のマイントレインだ。これはエキストラマジックアワーの時間帯でもかなりの列になる。これに並んでしまうとかなりの時間を消費してしまうが、あとのアトラクションであれば一般開園の時間までに3つか4つは廻れる。
我々はバーンストーマー、リトルマーメイド、プーさん、スモールワールドと廻ったくらいで9時頃だった。
9時になると同時に混雑するというわけでもない(11時頃までに徐々に混んでくる)ので、他にもいくつかのアトラクションを廻り、10時半に予約してあるビー・アワ・ゲスト・レストランのランチへ。

ビー・アワ・ゲスト・レストランでは入り口で予約を確認するとすぐにオーダーの機械が並ぶエリアに通してくれる。(順番に空いた機械へ進む)
機械はマジックバンドによる支払い専用で現金に対応していないので、もし現金で支払いたい場合は専用のレジに行く必要がある。
オーダーは既にMy Disney Experienceから行っていたので、マジックバンドのタッチで注文したメニューが表示される。もし変更したければその場で変更や追加も可能。我々はそのままでいいので、確認するだけで終了。
排出されたレシートを持って好きな席に着けばいい。

レストラン内は野獣の城の各部屋が再現されたエリアに分かれているが、大広間を再現したエリアしか空いていなかったので、そこの席へ。(他のエリアも見学は出来る)
自分達が注文した物はあっという間に運ばれてくる。どうやらマジックバンドの信号で着席したテーブルが分かる仕組みのようだ。間違いがないかは先程機械が排出したレシートで確認する。

ビー・アワ・ゲスト・レストランのランチ

ランチは簡易なフレンチ風。これはCarved Prime Chuck Roast Beef Sandwich。French Onion Soup(オニオングラタンスープ)はお薦め。

ビー・アワ・ゲスト・レストランでのランチの後はファストパス+で予約したアトラクションをこなしていく。
まずはエンチャンテッド・テール・ウィズ・ベル(Enchanted Tales with Belle)。
美女と野獣の寸劇をベルと共に演じるというアトラクションなので、子供は参加出来なくては意味がない。その様子を親はビデオや写真に納めるというのが正しい楽しみ方だと思うが、何と私が最初に衛兵役にキャスティングされてしまった。(大人は男性2名が衛兵として選ばれる)
もちろん娘も役がついたのだが、私も出ているのでビデオ撮影が出来ず。
この事態を避けるためにはキャスティング(オーディション?)の際、キャストの指示したことをしないこと。皆がやるのでついつい自分もやってしまうが、これに従うと「やる気あり」と思われてしまう。逆に参加したい人は積極的に指示通り動けば、大人でも男性なら参加のチャンスは大。出演者のみベルから特性のブックマーカーを貰えるので、家族で行ったなら誰かは参加するべき。(子供でも指示する行動をしなければキャスティングされないので注意)

エンチャンテッド・テール・ウィズ・ベル

衛兵は出ずっぱりなので何も出来ない…

もちろんディズニーのカメラマンが写真は撮ってくれているので、写真は入手出来たが、エンチャンテッド・テール・ウィズ・ベルは後日再度来ることにした。(もちろん次回は私がキャスティングされないように気を付ける)
ちなみに皆で参加するタイプのアトラクション(エンチャンテッド・テール・ウィズ・ベルやジェダイ・トレーニング・アカデミー等)は終了後にその回専用のフォトパスカードが配られる。そのIDをMy Disney Experienceにサインインした状態でフォトパスのページでリンクさせればメモリーメーカーで撮った他の写真と一緒に表示される。(なのでカードを無くさないように)
ただ、同じ回の人全員分が表示されるので、他の人の写真を削除するのが手間。

次は7人の小人のマイントレイン(Seven Dwarfs Mine Train)。
ファストパス+で乗るとスタンバイラインのインタラクティブキュー(ちょっとしたゲーム等)は体験出来ないので、これも後日、マジックキングダムのエキストラマジックアワーの日に再度スタンバイで乗ることに。
白雪姫がテーマのコースターということで、それほど迫力は無いかと思っていたが、ビッグサンダーマウンテンと同程度の内容。かなりのスピードと横Gが体験出来る。
写真はもちろん、自分が乗っている時のスローモーションビデオ(動画)も一緒に撮影されていて、メモリーメーカーで入手出来る。(メモリーメーカーでビデオも提供されるアトラクションには他にハリウッドスタジオのタワー・オブ・テラーがある)

7人の小人のマイントレイン

ビデオはアトラクション全体の雰囲気を伝える編集がされていて、その中に自分達が乗車しているシーンが入っている。

ファストパス+3つ目はスプラッシュマウンテン。水の量が違うのか落下速度が違うのかは分からないが、どう考えても濡れ方が東京ディズニーランドのものより激しい。
スプラッシュマウンテンは写真のみがメモリーメーカーで提供される。アトラクション出口のモニターで表示されている自分達の写真を見つけたら、その写真(モニター)に繋がっているミッキーマークにマジックバンドをタッチしておけばOK。

スプラッシュマウンテンに乗り終え、14時半頃に15時からのディズニー・フェスティバル・オブ・ファンタジー・パレードの場所取り。30分前でも余裕で一列目を確保出来た。

パレード終了後はカメラマンにシンデレラ城を背景に写真を撮って貰ったり、ピントレをしたりしつつ、マジックキングダムを後にした。
ミッキーのバックヤードBBQを予約しているので、会場のあるフォート・ウィルダネスへボートで向かう。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


オーランド旅行記18・ダウンタウンディズニーとT-REXカフェ


ダウンタウンディズニーは端から端まで歩くと、20分程度はかかる。
かなり大きなエリアなので、もし各ショップをゆっくり見て回るつもりなら半日はかかると思ってスケジュールした方がいい。時間がそれほどとれないなら、行きたいショップは事前にはっきりと決めておいた方がいい。
今後、ディズニースプリングスとして施設が全てが完成すると更に大きくなり、ショッピング、飲食エリアとしての魅力が増すと思う。

今回はまだ工事中のエリアが多く、その影響で本来2ヵ所有るはずのバス停が1ヵ所しか使えない状況だった。乗降できるバス停はマーケットプレイス側(レゴショップやワールドオブディズニーのある方)のみだったので、ディズニークエストやラ・ヌーバの会場があるウェストサイドに行く場合はとても時間がかかる。
まあ、この状況はディズニースプリングスが全面オープンすれば解消される一時的な問題と思う。

さて、T-REXカフェの予約時間まで時間があったので、ダウンタウンディズニーに着いて真っ先に行ったのはディズニー・デザイン・エイ・Tシャツ。自分で好きにデザインしたTシャツを買える店だ。店内に複数置かれた機械でTシャツのサイズやカラーを選び、イラストや文字などを自由に選択、配置すしてTシャツをデザイン。排出されたレシートをレジに提示して精算。引換券をもらって指定の時間以降にTシャツを受け取りに行くという仕組み。
ベースになるTシャツ(品質のいい、厚めの生地だった)は店内に実際のサンプルがあるので、サイズ確認はちゃんと出来る。
機械操作は英語になるが、小4の娘でも理解出来る。混雑状況にもよるだろうが、1時間〜2時間程度で作って貰える。なので、ここでのTシャツ作りをするなら、最初にしてしまい、他店でのショッピングや食事の後に立ち寄れば丁度良いくらいだと思う。

ディズニー・デザイン・エイ・Tシャツ

ディズニー・デザイン・エイ・TシャツでTシャツを作るなら最初に行くべき。マーケットプレイス側のバス停からすぐ(2015年8月現在)なので場所もいい。

マーケットプレイス界隈には子供には魅力的な店が点在している。
レゴショップ、ワンス・アップ・オン・ア・トーイ(オモチャ屋)、ワールド・オブ・ディズニー(世界最大のディズニーショップ)は子供にとっては3大ショップだろう。娘はここに来る度にワンス・アップ・オン・ア・トーイに入り浸りだった。
ディズニーのピンバッジを集めている人や、ピントレーディングをする人ならディズニー・ピン・トレーダーズも外せない。日本ではなかなか手に入らない大きめのピンバッグ(ピンバッジの収納バッグ)を購入した。
界隈のショップ店員達の多くがピンバッジを身に付けているので、ダウンタウンディズニー自体、ピントレには絶好の場所になっている。
後はアート・オブ・ディズニー(ディズニーのアート作品の展示販売)も見るだけで楽しい。私達はお手軽な絵画コピー(1枚40ドル前後)を3枚ほど購入。コピーではあるが、油絵の質感まで再現されていて安っぽくはない。

アートオブディズニーの絵

アートオブディズニーで購入した1枚。ホーンテッドマンションの伸びる絵がミッキー達になってる。日本で額を用意する場合、ペーパーフレームの上下(縦なら左右)を若干カットする必要があるが、賞状額の8号が使える。

マーケットプレイス界隈にはどちらかと言えば、ファミリー、子供向けの店が多いが、ウェストサイド方面に向かうとぐっとアダルトな店(商品もお値段も)が多くなる。

さて、夕食予約をしてあるT-REXカフェだが、噂通り混雑している。
予約してある旨を伝えると特にページャー等は渡されず、その場で並んで待つ様に言われた。約5分ほどで名前をコールされる。
名前を呼ばれる場合は想像力を働かせながら耳を澄ます事が大切。例えば山田さんならヤメダと呼ばれるかもしれないし、斉藤さんならセイトーと呼ばれるかもしれない。

店内はエリア毎に趣向は違うものの、基本的に恐竜だらけ。我々が案内されたのは氷河期をイメージしたエリアらしく、照明は真っ青。壁面には氷付けの恐竜の化石。
巨大水槽のあるエリアが一番人気と思われるので、もし希望があればリクエストしておいた方がいいかもしれない。
我々のテーブルはブルーの照明で全てが真っ青、しかも暗いのでメニューを読むにも苦労した。そして何より料理が美味しそうに見えないのも難点。

T-REXカフェ

青くて暗い…。綺麗ではあるが食事には向かない。

一定間隔で動き出す恐竜達はよく出来ているが、その鳴き声はかなり騒々しい。
まあ、そういう特種な雰囲気を楽しむ店なので仕方が無い。
レインフォレストカフェに行ったことがある人なら、あれの恐竜版と思って貰えば分かりやすいと思う。
ただ、そういう特種な雰囲気とは裏腹に料理の味は至ってマトモ。というか、この手のテーマレストランとしてはかなり美味しい。もう少し静かな所でゆっくり味わいたいと思ってしまった。

夏のオーランドの日没は20時過ぎ。なので夕食を終えても周囲はまだまだ明るい。
ついつい遊びすぎてしまう環境だが、今朝のディズニークルーズ下船が早かったのでそろそろ限界。
ディズニー・デザイン・エイ・Tシャツで完成したTシャツを受け取り、ポップセンチュリーに帰ることに。ダウンタウンディズニーから各リゾートに戻るバス停は何故かポップセンチュリーが一番手前。(普通は一番遠くの方なのだが)

ポップセンチュリーの部屋に戻ると、ネットスーパー(GardenGrocer)から不足の商品が届けられていた。注文商品の不足というトラブルはあったものの、対応が迅速で好感が持てる。
オーランド旅行の際には安くて便利なGardenGrocerの利用をお勧めする。

明日はエキストラマジックモーニングで通常より1時間早く入れるマジックキングダムへ。
つまり早起きせねばならない。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記17・ディズニー・ハリウッドスタジオ


ポップセンチュリーリゾートからディズニー・ハリウッドスタジオとエプコットは近い距離にあるのだが、広い敷地を回り込むような形で道路が配置されていて、バスでの移動は地図などからイメージするほど近いとは感じない。(15分程度ではあるが)

各パークともバリュークラスのリゾートのバス停は遠くに配置されている場合が多いが、TDRに車で行ったことがあって、それなりに混雑している駐車場を利用した事がある人なら、驚くほど遠いとは感じない程度。(行きと帰りではバス停が違うので注意)
今後、どのパークに行っても避けて通れないのが、TDRとは比較にならないほど厳重に行われている手荷物チェック。どんなに小さなポーチ類でも必ず開けて中を確認される。
荷物検査の順番が近づいたら、全てのバッグ類、ポーチ類は開けておくようにするのがいい。小さな子供が持っているポーチなども例外は無い。(事前に開けておくように指示されることもある)
しかし検査台は多く設置されているし、検査の流れ自体は遅くは無い。(荷物の多そうな人が並んでいる列を避けるのもコツ)
バッグ類が無い人は専用の入り口から入れるので、荷物を一切持たないで済むならそれが一番いい。(ポケットは調べられない)

パークへの入場はもちろんマジックバンド。と、指紋認証。この指紋認証で不正利用を防いでいるので、一度パークに入場した後なら、マジックバンドを落としても不正利用される心配はない。決済機能もPINで守られているので安全。
指紋認証があるので途中退場の際に手にスタンプを押して貰うような必要も無い。
ファストパス+もマジックバンドにリンクされているので、ファストパスエントランスでもマジックバンドのタッチが必要。(通常、ファストパスエントランスと、ファストパスラインの途中で二重にタッチによる確認がある)

というわけで、ハリウッドスタジオに到着。

インパークしたらディズニーのカメラマンを見つける度に写真を撮ってもらうことにしているので、ハリウッドスタジオのメインストリートでチャイニーズシアターを背景に写真を撮って貰う。
ディズニークルーズの時のクルーズフォトと同様に、WDWではメモリーメーカーを事前購入してあるので、写真は出来るだけ多く撮って貰うのが大事。何枚撮っても値段が変わるわけでは無い。各パークともキャラクターグリーティングとメインストリートには必ずカメラマンがいる。
あと、写真を撮りたくなるようなオブジェの前等にもいる事が多いので、とにかく時間さえ許せば撮りまくる。そして撮ってもらったらマジックバンドをカメラマンが携帯している端末にタッチ。

ハリウッドスタジオ・トイストーリー

メモリーメーカーの写真をダウンロードする際、各種フレーム等を自分で好きに付けることも出来る。

まずはファストパス+をとってあるトイストーリー・マニアへ。今日はこの他にライツ、モータース、アクション!エクストリーム・スタント・ショーとスター・ツアーズのファストパス+をとってある。
ファストパス+はうまく連続して取れたとしても各アトラクションに1時間の所要時間が設定されていて(一部のショー等を除く)、1時間毎となる。なのでどうしてもアトラクション間に空き時間が出来る。その空き時間は、待ち時間の少ないアトラクションに行くか、食事やショップ巡りにあてるのがいい。(時間のかかるアトラクションに行ってしまって、ファストパス+指定時間内に戻れないなんてことになると困る)
いつ行っても短いスタンバイのアトラクションはジム・ヘンソン・マペット*ビジョン・3D。時間潰しにはウォルト・ディズニー:ワン・マンズ・ドリーム(ウォルト・ディズニーの功績に関する展示)なんかもいいかもしれない。
ウォルト・ディズニー:ワン・マンズ・ドリームには東京ディズニーシーのジオラマなんかもある。(当然だがTDRのパークもディズニーのイマジニアによる作だ。オリエンタルランドが勝手に作っているわけではない)

20数年前、初めてここに訪れた時にあったスタジオ・バックロット・ツアーが無くなってしまったのは残念。(映画スタジオの裏側見学の様なアトラクション)
ちなみにその頃はディズニー・ハリウッドスタジオではなく、ディズニーMGMスタジオという名称で、パークのロゴはMGMのライオンがミッキーになっているものだった。

パークで遊んでいる間にネットスーパー(GardenGrocer )から不在着信が入っていた。配達商品の不足に関することで電話してきたんだと思う。メールも来ていたので確認すると「すぐに確認します」という内容のメールに続けて、「不足の品物はすぐに配達します(もちろん配送手数料無しで)」という謝罪のメール。対応が速くて一安心。

今日はダウンタウンディズニー(間もなくディズニースプリングスと名称変更される)のT-REXカフェでの夕食を予約しているので、スターツアーズに乗ったらダウンタウンディズニーに移動。
ハリウッドスタジオからダウンタウンディズニーまではどこかのリゾートを経由して行かなければならないことと、ディズニースプリングスへの改装工事の影響で周辺道路の混雑が予想されるとのことだったので、余裕を持ってハリウッドスタジオを出た。
20年以上前、初めてWDWに来たときに泊まったポートオーリンズ・リゾート・リバーサイド(当時はデキシーランディング・リゾートという名称)からダウンタウンディズニーまでボートが出ているので、まずポートオーリンズ・リゾートにバスで移動。
ポートオーリンズ・リゾートのリバーサイドからもフレンチクオーターからもボートは出ているのだが、リバーサイドが始発なので、フレンチクオーターだと混雑時に乗れないということもある。なのでリバーサイドへ行くのがベスト。

ところが、リバーサイドに着く前に雨が降り出し、天候不良でボートは運休とのこと。
結局リバーサイドからバスで行くことに。
まあ、ボートでもバスでも所要時間に大差は無いが、ちょっと残念。

T-REXカフェ予約時間の1時間前にはダウンタウン・ディズニーに到着。

オーランド旅行記 目次