オーランド旅行記36・WDW最後の夜(マジックキングダム)


シェフミッキーでの夕食を終えて再びマジックキングダムに。
ファストパス+をとっておいたタウンスクエア・シアターでのミッキーとのグリーティング(ミート ミッキー マウス アット タウン スクエアシアター)。
最近、徐々に瞬きをし、口の動くキャラクターが登場しているが、ここのミッキーはそれに加えて世界で唯一、実際に会話が出来るのだ。(2015年8月現在)
タウンスクエア・シアターではミッキーの他にティンカー・ベルとのグリーティングも行われているが、当然ミッキーの方が人気。午前中早い時間帯でなければ、ファストパス+がないと長時間待たされる。ファストパス+があってもかなり待たされた。

いよいよ喋るミッキーとのご対面。
部屋に入ると、キャストに何処から来たのかと聞かれる。どうやらミッキーは多少の外国語も喋れるようで、対応出来る国であればその国の言葉で応対してくれるようだ。
日本から来たと言うと、キャストがミッキーに「この人達は日本から来たのよ」と伝えていた。
すると案の上、「オー、ジャパーン、コンニチワー」と挨拶をしてくれるミッキー。
その後も片言の日本語を使いながら接してくれた。
そして最後も「サヨーナラー」と見送ってくれた。目の前で瞬きをし、喋るとおりに、全く違和感なく滑らかに口の動くミッキーを見ていると、本当に生きているかの様な錯覚を覚える。この滑らかで自然な動きは一体、どんな仕組みと材質で実現させているのかと驚くばかりだ。

ミート ミッキー マウス アット タウン スクエアシアター

ライドアトラクション専門でキャラグリに興味が無いという方にも、このミッキーとのグリだけはお薦めする。きっと驚くはずだ。

次いでファストパス+でビッグサンダーマウンテンへ。夜のビッグサンダーマウンテンは眺めが綺麗という印象があったのだが、それはTDRだけだった。こちらはあまりライトアップがされておらず、単純に暗いだけ。先日のエレクトリカルパレード同様、TDRの方が明かりの演出は勝っている。

スタンバイでホーンテッドマンションへ行き、ウィッシュ(花火)のファストパス+エリアに入れる時間になったのでシンデレラ城前に向かう。
ウィッシュのファストパス+エリアにはウィッシュの前に行われるセレブレート・マジック(TDRのワンス・アポン・ア・タイムと同様のプロジェクション・マッピング)の開始より前に入れる。
つまり同じ場所でセレブレート・マジック、ウィッシュと続けて鑑賞出来るのだ。(現在、セレブレート・マジックのファストパス+は無い)
ファストパス+のエリアは芝生なのでスタートまでは座ったり、寝っ転がって待ったり出来る。が、スタート時間には皆立って鑑賞する様にとキャストが指示している。
そしてセレブレート・マジック、ウィッシュと連続して鑑賞。どちらも大変素晴らしい。特にウィッシュは圧巻。
ただ残念な事も少し。まずプロジェクション・マッピングの光量がTDRよりも低い気がする。どうもWDWはTDRに比べてとにかく明かり系、電飾系の演出に弱いものがあるようだ。
光量が不足しているのでコントラストも足りず、映像がイマイチはっきりしない。これはミッキーのフィルハーマジックでも感じた。スクリーンに映る映像が明らかにTDRよりも暗いのだ。
節電なんて言葉は無いとばかりにガンガンにクーラーを効かせている、物量、エネルギー豊富なアメリカのはずなのに何故なのだろうか。
そしてウィッシュのオープニング、シンデレラ城の上から飛ぶはずのティンカー・ベルが飛ばなかった。よく見ると、ワイヤーは準備されていたので、なぜ割愛されたのかは不明。

とまあ、多少の残念な点はあったものの、花火自体は演出も量も申し分なし。WDW最後の夜を飾るのに相応しいエンターテインメントだった。

マジックキングダムは24時までオープンしているので、まだ乗っていなかったダンボへ。
こちらのダンボは同じ物が2機ある。混雑緩和の為と思うが、この時間はガラガラ。なので稼働しているのは片方だけだった。
更にスタンバイはインタラクティブキューラインになっており、屋内型のアスレチックエリア(お子様用)が設けられている。そこで遊びながら待つことが出来るのだ。
全く待つ必要の無い状態なのだが、せっかくなのでそこで少し遊んでから乗り場へ。
乗り物自体はTDRと全く一緒。ただ、乗り物の下が噴水になっている。

ダンボ

ライドが二機にサーカステントを模したインタラクティブ・キューラインと、ここのダンボはかなりのエリアを占有している。ちなみにダンボは実写映画化が決定したらしい。

更にアストロ・オービター(TDRのスタージェットとほぼ同じ)に乗って、深夜のマジックキングダムを後にした。
この旅行記で書ききれなかった他のアトラクション(モンスターズ・インク・ラフフロアー、ピープルムーバー、スティッチ・グレートエスケープ等々)については、番外編のアトラクション体験記として後日執筆の予定。

さて、明日は10泊したポップセンチュリーをチェックアウトし、インターナショナル・ドライブに移動する。つまり、ディズニー・クルーズ、ウォルト・ディズニー・ワールドと続いたディズニーの世界とのお別れだ。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


オーランド旅行記35・マジックキングダムとシェフミッキー


ゆっくり午後遅めの時間からマジックキングダムへ。
まだ乗っていなかったウォルト・ディズニー・ワールド鉄道に乗ってみた。TDRのウェスタンリバー鉄道と違い、この列車はパークエントランス至近の駅(メインストリートUSA・ステーション)を出ると、スプラッシュマウンテン至近の駅(フロンティアランド・ステーション)、バーンストーマー至近の駅(ファンタジーランド・ステーション)と停車してパークを一周していている。もちろんそれぞれの駅で乗降できる。

その後はファンタジーランドにあるCasey Jr. Splash ‘N’ Soak Stationという子供向けの水遊び場で水遊び。こちらのスプラッシュ系の遊び場は尋常じゃ無く濡れる。
娘も水着で来なかったことを後悔するくらいにずぶ濡れになってしまった…。

付近のカーニバルのテントを模したBig Top Souvenirsというショップを覗いたり、パークカメラマンのいるフォトスポットで写真を撮って貰ったりしつつ、シェフミッキーに向かうために一旦マジックキングダムを後にした。

Big Top Souvenirs

Big Top Souvenirsではとっても甘そうな、そして大きなお菓子もたくさん売っていた。

シェフミッキーのあるコンテンポラリー・リゾートにはモノレールで一駅。
コンテンポラリー・リゾートはモノレール駅がリゾート屋内にあるので、シェフミッキーまでの移動は楽々。モノレールのホームからエスカレーターで降りればもう目の前だ。
受付で予約を確認してページャーを受け取る。
My Disney Experienceからレストランの予約を行った際に娘の年齢は既に予約リストに表示されていたが、どこのレストランでも必ず受付時に娘の年齢を聞かれる。ブッフェ形式のレストランでは年齢により料金が異なるためかと思うが、予約を確認する端末には年齢は表示されていないのだろうか?

ここも入店前に表でカメラマンによる記念写真の撮影がある。
日本のこの手のレストランでは半強制的に写真を撮ってから入店となる場合が多いが、こちらでは自分達から撮りますと言わないと撮ってくれないことも多い。メモリーメーカーを事前購入しているので我々は必ず撮って貰う。

やや長目に待たされて(15分くらい)やっとページャーが鳴った。
案内されたのは二人がけの小さなテーブル。窓際なので場所は悪くない。
いつも通り飲み物のみオーダーしてから料理を取りに行くスタイル。そしてこれもいつも通り、キャラクターが間近に来ているときは「キャラグリしてから料理を取りに行った方がいいよ」とアドバイスされる。
ここでの登場キャラクターはミッキー、ミニー、グーフィー、ドナルド、プルート。
なのだが、1時間ほどの食事の間にミッキーとグーフィーしか廻ってこなかった。他のキャラクターも見掛けたが、とにかく廻ってくるのが遅いのだ。ある程度廻ると休憩が入り、再度登場するのだが、その間に手前のテーブルでお客の入れ替えがあると又そこからとなり、なかなか廻ってこない。
もう少し待てば良かったのかもしれないが、既にあちこちで全キャラクターとグリをしているし、とっているファストパス+の都合もあるので諦めた。
もちろんどうしてもお目当てのキャラが来ない場合にはホールスタッフに言えば融通を効かせてくれるものと思う。
(この辺は何もしなくてもちゃんと配慮してくれることの多い日本とは雲泥の差)

シェフミッキー

WDWのシェフミッキーはミッキー以外の全キャラクターもシェフスタイル。

モノレールでマジックキングダムに戻り、いよいよWDWのパークで過ごす最後の夜となった。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記34・ポップセンチュリーとアート・オブ・アニメーション


午前中から午後にかけて、WDWでやり残しそうな事があれば、それにあてるつもりで予定は無し。
しかしほぼやりたいことはやってしまったので、久しぶりにゆっくり寝て、リゾート内で過ごすことに。

フードコートでの朝食はあまり種類も多くなく飽きてしまっていたので、ランチメニューになる11時まで待ってブランチをとることに。ランチとディナーはフードコートのメニューが充実する。
ランチの時間はパークに出掛けている人が多いのでガラガラだ。(朝晩の混雑時間でも満席になることは滅多に無いが)

食後はショップをゆっくり見学。
ポップセンチュリーのショップは広めでかなり充実している。もちろん専門のショップに比べれば種類やサイズなどは少ないのだろうと思うが、WDWで売られている一般的な商品は全て網羅しているという感じだ。
WDW内であればどこで買っても値段は変わらないので、ここで売っている物はここで買った方が便利だろう。(宿泊者は)

ジェネレーションギャップ橋を渡ってアート・オブ・アニメーションへ。
橋の長さは70メートル程なので、あっという間に移動出来る。なので、ポップセンチュリーとアート・オブ・アニメーションは双方の施設を自分のリゾートのように利用する事も十分に可能だ。
ただし、プールは原則として宿泊リゾートのものしか利用出来ない。(特にチェックは無いが)

やはり新しいだけあってアート・オブ・アニメーションの敷地に入るとポップセンチュリーよりも明らかに真新しさを感じる。プールもこちらの方が楽しそうだ。
どちらも同じバリュークラスだが、アート・オブ・アニメーションの客室はファミリースイートがメインだ。4人以上の家族なら検討の余地があるが、我々の様な二人旅では勿体ない。(広さもお金も)
ポップセンチュリーのスタンダードルームと同じ客室はアート・オブ・アニメーションではリトル・マーメイド棟のみとなる。(それでも若干ポップセンチュリーのスタンダードより値段は高い)
実際にリトル・マーメイド棟を眺めてみると、やはりフロント棟からかなり遠いと感じる。

フロント棟は壁の装飾等を見なければ見分けがつかないほどそっくり。
フードコートやショップ、ゲーセン等、作りも位置もまったく同じだ。(フードコートのメニューは若干違う)

アート・オブ・アニメーション

オブジェもディズニーアニメーションのものばかりのアート・オブ・アニメーションの方が、よりディズニーらしい雰囲気で楽しそう。

一通りアート・オブ・アニメーションを見学してポップセンチュリーに戻り、ヒッピーディッピープールへ。まだ遊んでいないボーリングプールかコンピュータープールで遊ぼうかと思ったが、そちらには誰も泳いでなく、監視員に我々だけを監視してもらうことに気が引けたのでやめておいた。

日本のプールとこちら(アメリカ)のプールでは異なる点がいくつかある。日本の一般的なプールとの違いは以下の通り。

  • 子供用の浮き輪(ドーナツ型)は多くのプールで禁止されている。その代わり子供用のライフベストや腕に付けるタイプのフロートが普及している。
  • 写真、ビデオ撮影を禁止しているプールは見たことが無いので、撮影は自由に行える。(ウォータースライダー等では使用禁止のことも多い)防水カメラであれば水中への持ち込みもOK。
  • タトゥー禁止のプールはまず無い。(禁止したら入れない人が多すぎる)
  • ラッシュガードが普及していない(入手出来る場所も限られる)ので、これを着ているのはほぼ間違い無くアジア人。(着ていけないわけではない)
  • 水深が一般的に日本よりも深め。フィートで水深を表示している場合が多いので、泳げない人や子供は注意。(同じプールでも位置で水深が変わることも多い)ファミリー向けのプールでも深いところでは水深1.8メートル以上もざらにある。

WDW直営リゾートのプール(ウォーターパークも)も上記の通りだ。特に日本とは異なるので困るというものはないかと思う。
WDWの場合はプールサイドに子供用のライフベストは自由に使えるように置いてある。又、監視員の数も過剰ではないかと思うほどに多いので、安心だと思う。
撮影禁止というプールは無いが、当然のことながら他人に断りも無くカメラを向けるのはマナー違反だ。家族や友人を撮影している限りは問題は無いが、風景などを撮る場合にはレンズを向ける先に気を付けた方がいい。

ヒッピーディッピープール

夕方以降は水着のみで泳いだが、日中はラッシュガードをいつも着用。アメリカ人の子供で着ている子は誰もいなかったが、日焼け止めを節約出来るのでやはり便利。

リゾート内のWI-FIだが、これはとても快適だった。In-room Guest WiFi もPublic Space Guest WiFi も電波はかなりしっかりしていて、一度拾えば途切れることはない。
スピードも十分にあって、YouTubeの動画鑑賞等もストレス無く出来るレベルだ。
が、一転、パークでのWI-FIはあまり快適では無かった。繋がっている間はスピードも十分なのだが、とにかく途切れるのだ。(同じ場所に立っているような場合でも)
メールチェックとかであればWI-FIに繋がっている間に自動的に受信してくれているので問題ないが、Webで調べ物をしたりする際や、My Disney Experienceを使う時には断続的に接続と切断を繰り返すのでイライラした。
バスやボートでの移動中は基本的にWI-FIは使えないと思った方がいい。
データ通信をディズニーのWi-Fiに頼る人は、出来るだけリゾートの中に居るときにするべきこと(調べ物やMy Disney Experienceの利用)をしてしまった方がいい。

夕刻からはマジックキングダムへ。パークへ行くのもこれで最後だ。
夕食はコンテンポラリー・リゾートのシェフ・ミッキーを予約している。

オーランド旅行記 目次