ビビディ・バビディ・ブティック (TDR)


娘が一度体験してみたいと言っていた「ビビディ・バビディ・ブティック」
シンデレラに登場するフェアリーゴッドマザーの弟子達(という設定の美容師さん)にプリンセスに変身させて貰うというコンセプトのディズニーの施設。

アメリカのディズニーパークにあるビビディ・バビディ・ブティックにするか、TDRのビビディ・バビディ・ブティックにするか悩んでいたが、アメリカのはヘアスタイルのメニューが気に入らないとのことでTDRで一度だけやってみることに。(アメリカとの違いについてはこちらの記事を参照)
もう小三なのでこの辺が最後の機会。(ビビディ・バビディ・ブティックは一応小六まで)

予約は一ヶ月前からネットで受け付けている。
人気があると聞いていたので受付開始日の開始時間丁度にアクセスしたが、希望時間をクリックするも全く取れず、どんどん満員表示に。
閑散期の希望日なのに、ほんの数秒で夕方まで埋まってしまった。
こんな状態が連日続いているのなら、店舗を増やした方がいいのではないだろうか?

悩んでいると前日埋まってしまうので、夕方を予約。
コースはキャリッジコースというもの。松竹梅の竹に当たるコース。
基本衣裳持込でメイクだけのクラウンコース、ドレスや小物もセットされるキャリッジコース、キャリッジコースに写真撮影が付くキャッスルコースという3種類がある。
我が家はせっかくいいカメラを持っているので、写真は私が撮れば良い。

当日は予約時間にディズニーランドホテルにあるビビディ・バビディ・ブティックへ。
入り口付近でまずドレスと靴を選び、サイズの確認。
娘は事前にオーロラと決めていた。日本の場合、他にシンデレラ、ベル、ラプンツェル、そしてアナとエルサも選べるようになった。(2015’1月現在)

ドレスと靴が決まったら、ブティックの中に通されて着替えとメイク。この間、親は自由に撮影が出来る。
美容師さん(フェアリーゴッドマザーの弟子?)ともう一人担当の人が付き、メイクアップ中もずっと子供に話しかけてくれる。もちろん話題は世間話ではなくディズニーのことのみ。

ビビディ・バビディ・ブティック

メイクアップ中は魔法の鏡は本人の背面。完成したら初めて鏡を見れる。

およそ30分ほどでお支度完了。
担当の人が魔法の杖を持って、全員で(親もやらされる)「ビビディ・バビディ・ブー」と呪文を唱えるのがお約束。
アメリカのビビディ・バビディ・ブティックでは、この呪文に合わせて魔法の鏡のカーテンが開くようだが、そういった演出は日本ではなかった。あと頭にかけるピクシーダスト(ラメ)も日本では無し。
最後はビビディ・バビディ・ブティックでプリンセスになった証明書をもらって終了。

夕方だったのでこの日はパークで遊ぶ時間はほとんどなし。ディズニーランドホテル内でプリンセス娘の写真をしっかり撮った。
その後ディズニーシーに少し行き、その日はシャンプーせずに翌日も同じヘアスタイル、プリンセス姿でディズニーランドへ。
シーでもランドでもパークではキャストにしっかりプリンセス扱いされるので、最初は照れていたが、最後の方はかなり楽しんでいた娘。

ビビディ・バビディ・ブティック

オーロラになってご満悦。

ビビディ・バビディ・ブティックと英字で記されたプリンセスのタスキをかけているのだが、もし上着などでそれが見えなくなる時はこれを上着に貼って下さいと、専用のシールを渡されたので、ビビディ・バビディ・ブティック利用のプリンセスと、完全持込プリンセスとはキャスト達が区別しているようだ。
持込衣裳のプリンセスドレスで行った時とは明らかにプリンセス扱いのレベルが違っていた。

ドレスや靴、メイクアップの内容とサービス、そしてパークでの子供を喜ばせるサービスもセットされていると考えると、キャリッジコース2万円強の値段設定は妥当かと思う。
子供の時に一度きりならいいんじゃないかな。


スポンサーリンク


TDRと海外ディズニーパークの違い


東京ディズニーリゾートには娘が2歳の頃から頻繁に行っている。
東京に住んでいるのでそれほど遠くないということも理由だが、私自身が子供が出来る前からディズニーが好きだったこと、他の遊園地よりも親子二人で快適に過ごせることが理由。
3歳の頃には一度だけ年パスを買って月に2、3回連れて行っていた時期もあった。まだ小さかったのでディズニーシーにはあまり行かないと思い、ディズニーランドだけの年パスを購入して、一年間だけ使用した。
今では学校もあるので年に2回ほどしか行かなくなったが、今まで50回以上は行ったことになると思う。

東京ディズニーリゾート

年に2回しか行かなくってからは行く時は2泊ほどする。ランドとシー両方行くし、日帰りはキツい。

海外のディズニーパークは子供が生まれる前にオーランドのディズニーワールドに2回、カリフォルニア(アナハイム)のディズニーランドに1回、パリのユーロディズニーに1回、そして2011年の暮れに娘と一緒にカリフォルニアのディズニーランド(リゾート)に再度行っている。
今年2015年の夏に私にとっては3回目の、娘にとっては初めてのオーランドのディズニーワールドに行く予定だ。

今までの経験から東京ディズニーリゾート(以下TDR)と海外、主にアメリカのディズニーパークとの私が感じた相違点を書いてみたい。

それぞれアトラクションが違うとか、パークの構成が違うとか、大きさ広さの違いは当たり前の話として、一番感じる違いはゲスト(お客さん)の様子。
まずアメリカのゲストはゆったりとした楽しみ方をしている。パークオープン時に行ってもアトラクションに向かって走り出す様な人はいないし、パレードやショーの場所取りもTDRに比べてみんな遅め。アトラクションに並ぶ限界待ち時間も日本人に比べて短い様で、余程の繁忙期でもなければ120分以上のスタンバイというのは見たことがない。
まあ、激混みになるクリスマス等はこの限りではないが、総じて日本人よりものんびり楽しんでいるのは確かだと思う。
ビーチリゾート等でも日本人は遊びにショッピングにと忙しく歩き回るが、あちらの方達はビーチやプールサイドで読書なんていう贅沢な時間の使い方をするので、そういう性質の違いがテーマパークでも出ているのかもしれない。
性質の違いもあるし、休みの取り方が日本社会とは違うということもあるかもしれない。

キャストも日本とはちょっと違う。
あちらのサービス産業の平均点と比べれば、ディズニーは相当にサービスレベルが高いことは事実だが、それでもTDRのそれには適わない。
少し無愛想なキャストもいるし、全体的にバイト感が高い。実際、アメリカでは学生がディズニーでバイトをすると単位が取れたり、成績評価が上がるといったシステムがあるらしく、キャストに学生バイトが多くいるらしい。
まあ、欧米には客と店側が対等、良いサービスとは丁寧なことではなくフレンドリーな事と言った根本的な違いがあるので、ディズニーと言えども日本と同じレベルは期待できないのは仕方が無い。

アメリカ文化そのものであるディズニーランドを日本で運営していくにあたって、アメリカ的フレンドリを日本のサービスと融合させる為に「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」を使わないことにしたという話も聞いたことがある。
しかしTDRはフレンドリーの真似を超えて「夢と魔法の王国」独自の雰囲気を作り出してしまったし、その徹底は結果的に実に丁寧な仕事だと思う。

こういった違いから、TDRはキャストが素晴らしくて過ごしやすく、アメリカのディズニーパークはゲストの雰囲気が良くて過ごしやすいというのが私の感想。

アナハイムのタウンタウンディズニー

そう言えば海外には必ずあるダウンタウンディズニーがTDRにはないな。イクスピアリが相当する施設ということか。

アメリカのディズニーにあって日本のTDRにはないピントレーディングも些細な違いに見えて大きな差かもしれない。(ディズニーのピンバッジをキャストやゲストと交換し合うこと)
TDRでも一時期ピントレが行われていたらしいが、問題が多く中止となったとのこと。遊びの域を超えた一部のコレクターや転売屋等が出現してしまったことも原因らしいが、基本的に日本人は他人とのコミュニケーションを楽しめない人が多い。
アメリカ人はとにかくコミュケーション大好きだし、同じ場所にいるというだけで一緒に楽しむ仲間と思ってしまう気質だ。
日米双方のジャングルクルーズにでも乗船すればその違いは誰でも実感できるだろう。TDRの船長さんは孤独な一人芝居となってしまうことが大半だろうが、アメリカのジャングルクルーズは大概賑やかだ。

海外のディズニーに行くとなれば、スケールの違いや日本には無いパークやアトラクションを一番の目的とする人が多いだろうし、実際それらを体験することは楽しいのだが、文化的背景からくる雰囲気の違いをアメリカ人と一緒になって楽しめてこその海外ディズニーパークだと思う。それが楽しめないなら、間違い無く世界一サービスの良いTDRの方が満足度は高いと思う。

オーランド旅行記 目次




旅行カメラその4(DMC-GX7)


海外旅行には撮りたい風景がたくさんある。レンズ交換式の一眼レフを持っていれば、海外旅行こそ出番なわけだが、これがとても重い。
EOS Kissシリーズの様な軽量小型の機種でも良いレンズを組み合わせるとレンズの重さと大きさでボディの小型軽量は相殺されてしまう。
昔はそれでも頑張って重い一眼レフを持って行っていたが、とうとう重さに耐えられなくなり手放した。
それ以来、出来るだけ高画質なコンパクトデジカメを選んで使用する様になったが、レンズ交換が出来るカメラの魅力は忘れられない。暗い標準ズームレンズを付けるのなら、画質的には最近の高性能、高画質コンパクトで十分なのだが、明るい単焦点レンズが使えるカメラの吐き出す絵はコンパクトデジカメでは真似が出来ない。

そんなわけでやはり一台はレンズ交換が出来るカメラを所有していたいと思い、手に入れたのがパナソニックのLUMIX DMC-GX7。

DMC-GX7

14-140mmの高倍率ズームを付けているが、単焦点レンズの使用がこのカメラの主な使い道

これは所謂一眼レフ機ではなくミラーレス一眼というタイプ。その名の通り一眼レフにあるべきミラーがない。一般的にミラーレスは通常の一眼に比べて動き物(スポーツや走り回る子供等)に弱いと言われているが、最近は動き回る被写体もそれなりに撮れるレベルになってきた。
パナソニックのミラーレス機が搭載するセンサーは、一眼レフに搭載されているフルサイズやAPS-Cよりも小さいフォーサーズというサイズだが、明るいレンズなら十分にボケるし、暗所性能も以前に比べればかなり上がっている。
ミラーレスの利点はなんと言ってもボディの小ささとレンズの小ささ。ボディだけで見ると、一眼レフの小型な物とそれほど変わらない場合もあるが、レンズは同じ明るさであれば圧倒的に小さく軽い。なのでトータルではミラーレスはかなり小型軽量になる。(APS-C以上のセンサーを採用しているミラーレス機はこの限りでは無い)
それでいて画質は一眼レフと十分に勝負できるレベル。(写真を仕事にでもしていない限り)

重いのは困るがレンズ交換はしたいという場合にはマイクロフォーサーズ規格のミラーレスがレンズの種類も多く、最善の選択肢。
レンズ交換はしなくてもいいという場合には高級コンパクトデジカメにも十分な機種は存在するので、ミラーレスを選んだからにはレンズにも拘るべき。ミラーレス一台でいくなら便利な標準ズームや高倍率ズームも必要だが、それに合わせて明るい単焦点レンズを一本は持つべき。
コンパクトデジカメやズームとは一線を画す絵を実感出来ると思う。お薦めは20ミリ〜25ミリ(35ミリ換算で40〜50ミリ)のF2.0より明るいレンズ。オリンパスでもパナソニックでも、マイクロフォーサーズのカメラとレンズを製造しているメーカーから何種類か出ている。(ただのフォーサーズとマイクロフォーサーズの違いはレンズのマウント。現在はマイクロフォーサーズのみしか製造されていない)

DMC-GX7

パナソニックの単焦点レンズLUMIX G 20mm/F1.7 II ASPHで撮影

DMC-GX7はマイクロフォーサーズのミラーレス一眼としてはやや大きいボディサイズだが、その分高機能な機種。見え方の素晴らしいファインダーと背面液晶はアングルを変えられる可動式、タッチAFで自由に指でピント位置を選べる、パナソニック機としては初のボディ内手振れ補正(パナソニックはレンズ内手振れ補正を採用している)も付いて、オリンパス製等の手振れ補正の無いレンズで手振れ補正が可能等々。機能的には全部入りと言っていい機種。
デザインも往年のレンジファインダーを思わせるもので格好いい。

DMC-GX7

ビューファインダーにポップアップ式のストロボ、アクセサリーシューと無い物がないという完全装備。

デジタルカメラは昔のフィルムカメラと違ってモデルチェンジが早い。このDMC-GX7もすぐに後継機が出てくるのだろうが、劇的に画質向上がされるような変化が無い限り、買い替える必要はないと思える完成度だと思う。
多分4K動画撮影は搭載されるだろうが、編集環境も視聴環境も整っていないので暫くは不要だし。