オーランド旅行記18・ダウンタウンディズニーとT-REXカフェ


ダウンタウンディズニーは端から端まで歩くと、20分程度はかかる。
かなり大きなエリアなので、もし各ショップをゆっくり見て回るつもりなら半日はかかると思ってスケジュールした方がいい。時間がそれほどとれないなら、行きたいショップは事前にはっきりと決めておいた方がいい。
今後、ディズニースプリングスとして施設が全てが完成すると更に大きくなり、ショッピング、飲食エリアとしての魅力が増すと思う。

今回はまだ工事中のエリアが多く、その影響で本来2ヵ所有るはずのバス停が1ヵ所しか使えない状況だった。乗降できるバス停はマーケットプレイス側(レゴショップやワールドオブディズニーのある方)のみだったので、ディズニークエストやラ・ヌーバの会場があるウェストサイドに行く場合はとても時間がかかる。
まあ、この状況はディズニースプリングスが全面オープンすれば解消される一時的な問題と思う。

さて、T-REXカフェの予約時間まで時間があったので、ダウンタウンディズニーに着いて真っ先に行ったのはディズニー・デザイン・エイ・Tシャツ。自分で好きにデザインしたTシャツを買える店だ。店内に複数置かれた機械でTシャツのサイズやカラーを選び、イラストや文字などを自由に選択、配置すしてTシャツをデザイン。排出されたレシートをレジに提示して精算。引換券をもらって指定の時間以降にTシャツを受け取りに行くという仕組み。
ベースになるTシャツ(品質のいい、厚めの生地だった)は店内に実際のサンプルがあるので、サイズ確認はちゃんと出来る。
機械操作は英語になるが、小4の娘でも理解出来る。混雑状況にもよるだろうが、1時間〜2時間程度で作って貰える。なので、ここでのTシャツ作りをするなら、最初にしてしまい、他店でのショッピングや食事の後に立ち寄れば丁度良いくらいだと思う。

ディズニー・デザイン・エイ・Tシャツ

ディズニー・デザイン・エイ・TシャツでTシャツを作るなら最初に行くべき。マーケットプレイス側のバス停からすぐ(2015年8月現在)なので場所もいい。

マーケットプレイス界隈には子供には魅力的な店が点在している。
レゴショップ、ワンス・アップ・オン・ア・トーイ(オモチャ屋)、ワールド・オブ・ディズニー(世界最大のディズニーショップ)は子供にとっては3大ショップだろう。娘はここに来る度にワンス・アップ・オン・ア・トーイに入り浸りだった。
ディズニーのピンバッジを集めている人や、ピントレーディングをする人ならディズニー・ピン・トレーダーズも外せない。日本ではなかなか手に入らない大きめのピンバッグ(ピンバッジの収納バッグ)を購入した。
界隈のショップ店員達の多くがピンバッジを身に付けているので、ダウンタウンディズニー自体、ピントレには絶好の場所になっている。
後はアート・オブ・ディズニー(ディズニーのアート作品の展示販売)も見るだけで楽しい。私達はお手軽な絵画コピー(1枚40ドル前後)を3枚ほど購入。コピーではあるが、油絵の質感まで再現されていて安っぽくはない。

アートオブディズニーの絵

アートオブディズニーで購入した1枚。ホーンテッドマンションの伸びる絵がミッキー達になってる。日本で額を用意する場合、ペーパーフレームの上下(縦なら左右)を若干カットする必要があるが、賞状額の8号が使える。

マーケットプレイス界隈にはどちらかと言えば、ファミリー、子供向けの店が多いが、ウェストサイド方面に向かうとぐっとアダルトな店(商品もお値段も)が多くなる。

さて、夕食予約をしてあるT-REXカフェだが、噂通り混雑している。
予約してある旨を伝えると特にページャー等は渡されず、その場で並んで待つ様に言われた。約5分ほどで名前をコールされる。
名前を呼ばれる場合は想像力を働かせながら耳を澄ます事が大切。例えば山田さんならヤメダと呼ばれるかもしれないし、斉藤さんならセイトーと呼ばれるかもしれない。

店内はエリア毎に趣向は違うものの、基本的に恐竜だらけ。我々が案内されたのは氷河期をイメージしたエリアらしく、照明は真っ青。壁面には氷付けの恐竜の化石。
巨大水槽のあるエリアが一番人気と思われるので、もし希望があればリクエストしておいた方がいいかもしれない。
我々のテーブルはブルーの照明で全てが真っ青、しかも暗いのでメニューを読むにも苦労した。そして何より料理が美味しそうに見えないのも難点。

T-REXカフェ

青くて暗い…。綺麗ではあるが食事には向かない。

一定間隔で動き出す恐竜達はよく出来ているが、その鳴き声はかなり騒々しい。
まあ、そういう特種な雰囲気を楽しむ店なので仕方が無い。
レインフォレストカフェに行ったことがある人なら、あれの恐竜版と思って貰えば分かりやすいと思う。
ただ、そういう特種な雰囲気とは裏腹に料理の味は至ってマトモ。というか、この手のテーマレストランとしてはかなり美味しい。もう少し静かな所でゆっくり味わいたいと思ってしまった。

夏のオーランドの日没は20時過ぎ。なので夕食を終えても周囲はまだまだ明るい。
ついつい遊びすぎてしまう環境だが、今朝のディズニークルーズ下船が早かったのでそろそろ限界。
ディズニー・デザイン・エイ・Tシャツで完成したTシャツを受け取り、ポップセンチュリーに帰ることに。ダウンタウンディズニーから各リゾートに戻るバス停は何故かポップセンチュリーが一番手前。(普通は一番遠くの方なのだが)

ポップセンチュリーの部屋に戻ると、ネットスーパー(GardenGrocer)から不足の商品が届けられていた。注文商品の不足というトラブルはあったものの、対応が迅速で好感が持てる。
オーランド旅行の際には安くて便利なGardenGrocerの利用をお勧めする。

明日はエキストラマジックモーニングで通常より1時間早く入れるマジックキングダムへ。
つまり早起きせねばならない。

オーランド旅行記 目次


スポンサーリンク


関連情報を含む記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>