カテゴリー別アーカイブ: オーランド

オーランド旅行記33・ラ・ヌーバとディズニークエスト


ダウンタウンディズニーが工事中(ディズニースプリングスとしての全面オープンに向けて)の為、バスはマーケットプレイス側のみに着く。
ラ・ヌーバの劇場があるウエストサイドまではかなり歩かされるが、レインフォレスト・カフェの前から橋を渡ることで多少のショートカットが出来る。(本当に多少だけど)

ラ・ヌーバの劇場に着くと既に開場中。
二階に上がり、劇場内へ。チケットは公式サイトでオンライン購入したものだが、自宅プリントしたものでそのまま入場出来る。セクション毎に客席に入る入り口が分けられているが、チケットのスキャンの際に係員がどの入り口かを教えてくれる。

他のシルク・ド・ソレイユの演目同様、開場中、開演前のプレショーがあるので15分前には入場するのがお薦め。

私にとってはかなり久しぶりの、娘にとっては初めてのシルク・ド・ソレイユ。
内容的にはまさしくシルク・ド・ソレイユ。シルクらしい演目が網羅されている構成なので、この世界観に眠気を感じない人なら満足出来る。
私の場合、最初に観たのがラスベガスのO(オウ)だったので、その時の印象を超えることは出来ないが、ラ・ヌーバのクォリティも十分以上に高いのは確か。
個人的にはシルク・ド・ソレイユを観る度に、その世界観から寺山修司の偉大さを感じる…。

ラ・ヌーバ

劇場の一階はショップ。ラ・ヌーバはもちろん、シルク・ド・ソレイユの関連グッズを販売している。

ラ・ヌーバの後はお隣にあるディズニー・クエストへ。
ディズニー・クエストはパークチケットにウォーターパーク・モア・ファンのオプションを付けていれば入場出来る。もちろん別途チケットを買って入ることも可能。
一旦入ってしまえば、都度お金を払う必要もなく遊び放題となるゲームセンター。
普通のゲーセンにあるようなビデオゲームや、レトロなカーニバルゲーム、そしてバーチャルなスペースマウンテンやジャングルクルーズ等の大掛かりな物まで数多くのゲームマシン、装置が各フロアに置かれている。
フードコートも入っているので、食事をとりながらゲーム三昧ということも出来る場所だ。

サイバースペース・マウンテンはなかなか面白かった。
専用のカードを受け取り、自分達でコースターのコース設計をし、そのカードに記録。
コース設計はとても多彩で、ループや急降下はもちろん、実際では作れないような過激な仕掛けもコースに入れることが出来る。
コースが出来上がったら、シミュレーターが並ぶ乗り場へ。空いたシミュレーターにキャストが誘導し、コースを記録したカードをロードしてくれる。
シミュレーターは本当に設計したコース通りに動くので、荷物は勿論、ポケットの中の物も全て専用のロッカーに入れる様に指示される。
ループなどの回転系の仕掛けを多く使うと、本当に何度も天地が逆になるのでポケットに物が入っていると落ちてしまう。そして本当に気持ち悪くなるので、コース設計は自分の体調と相談して行った方がいい。

そして映画「シュガーラッシュ」に登場したアーケードゲーム「フィックス・イット・フェリックス」も置かれている。レトロ感漂う内容だが、実際にプレイしてみるとかなり難易度が高い。

ディズニークエスト

ゲームと言えば「シュガーラッシュ」ラルフもいる。

意外に楽しめるディズニー・クエストだが、ゲーセン感たっぷりなので、わざわざフロリダまで来てこんな薄暗い屋内で、機械を相手に時間を使うのはいかがなものかと思わなくも無い。
だからかどうかは分からないが、ここは間もなく閉館となるとのこと。

ちなみにゲーセンは直営リゾートにも用意されている。(ポップセンチュリーとアート・オブ・アニメーションにはそれぞれに同規模のゲーセンがある)
ビデオゲームや体感ゲーム、エアホッケー等、日本のちょっとしたゲーセン並みの施設。
いちいちコインを投入するのではなく、最初にポイント制のプレイペイドカードを販売機で購入して遊ぶ。
このプリペイドカードはどこの直営リゾートでも共通で使用出来、ポイントが無くなったら追加チャージも出来る。(使い捨てでは無い)
ゲームによって消費ポイントが異なるが、料金的には日本の1ゲーム100円の感覚よりも遙かに安く設定されているので、暇潰しにはいい場所だ。WDWに来て暇など無いかもしれないが…。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記32・マジックキングダムとオハナ


マジックキングダムの朝のエキストラマジックアワーを使ってまずは7人の小人のマイントレインへ向かう。
スタンバイのラインに到着した時点で40分程の待ち時間表示。前回はファストパス+で乗ったので、インタラクティブキューラインを見ることが出来なかった。
ちょっとしたゲームなんかも楽しめるスタンバイのラインだが、列はすいすい進むのでじっくり遊んでいる暇は無い。40分も待たずに、約30分ほどで乗車。

ホーンテッドマンションもインタラクティブキューラインを持つ。
しまってもしまっても飛び出してくる本棚、音が出る石のオルガン等々。ちょっと触って仕掛けを楽しむというものなので、列の進み方が早くても通りがかりに楽しめる。
アトラクション自体は細部は異なるものの、TDRとほぼ一緒。

続いて前回、私がキャスティングされてしまって、ちゃんとビデオ撮影出来なかったエンチャンテッド・テール・ウィズ・ベルへ。
朝のこの時間はガラガラの様で、キャストがまるで客引きの様にゲストを勧誘している。ある程度の人数がいないと成立しないアトラクションだからだろう。
本来、人気のあるアトラクションなのであっという間に規定の人数になる。
今回はキャスティングされないコツ?が分かっているので、ちゃんと娘のみ役を貰う。ポット夫人という前回よりもいい役だ。(前回は椅子役だった…)

エンチャンテッド・テール・ウィズ・ベル

基本、キャストの指示通りに動くだけなので言葉の心配はいらない。

ここでしか会えないメリダのグリーティングに並び、グリーティングを終えた辺りで朝食予約の30分前くらい。

メリダのグリーティング

日本ではあまり人気のないメリダだが、こちらではそれなりに人気がある。グリーティングスポットはケルト風の装飾が施された専用の場所。

急いでパークを出て、朝食を予約してあるオハナへ。
オハナはポリネシアン・リゾートの中にあるのでモノレールで向かう。
ポリネシアン・リゾートはハワイのリゾートホテルを模しているので、雰囲気はアウラニに似ている。水上バンガローの客室も新設され、古めのリゾートとは言え魅力はたっぷり。マジックキングダム至近の直営リゾート3軒(グランド・フロリディアン、コンテンポラリー、ポリネシアン)はどれもデラックスタイプとなるので予算的にそうそう利用出来るものではないが、お金に余裕があれば、私が一番泊まってみたいと思うのがポリネシアンだ。

オハナはポリネシアンリゾートのフロント棟2階にある。
受付で予約を確認し、ページャーを受け取る。

オハナのページャー

オハナのページャー。音は出ず、バイブレーションだけのことが多いので、振動が分かるように持っている必要がある。

10分程でページャーが鳴り、テーブルへ。
オハナでのキャラクターブレックファストはビュッフェ形式で、登場キャラクターはリロとステッチ、ミッキー、プルート。
料理自体は特別ハワイアンなメニューはなく、普通のアメリカンブレックファスト。

オハナのミッキー

ミッキーはアロハスタイル。

食事を終えたらボートに乗り、再びマジックキングダムへ。
ファストパス+をとっておいたバズ・ライトイヤーのスペースレンジャースピン(TDRのアストロブラスターと同じ)、ピーターパン、そしてプリンセス・フェアリーテール・ホールでのシンデレラとラプンツェルのグリーティング。
ファストパス+空き時間を使ってトムソーヤ島にも行ってみたが、作りはアナハイムのディズニーランドのトムソーヤ島とよく似ていた。

今日はダウンタウンディズニーでシルク・ドゥ・ソレイユのラ・ヌーバを観る。
なのでダウンタウンディズニーに移動。
娘がボートで移動したいと言うので、ボートでポリネシアン・リゾートに行き、ポリネシアン・リゾートからバスというコースでダウンタウン・ディズニーに向かった。
ポリネシアン・リゾートからはモノレールやボートという移動手段もある為か、バス停は一つに集約されている。ポップセンチュリー等の様に行き先毎に別れておらず、同じバス停に全ての行き先のバスが来る。(モノレールとボートで行けるマジックキングダム、モノレールで行けるエプコット行きのバスが無い為、1ヵ所で十分なのだと思う)
これはグランド・フロリディアンやコンテンポラリー・リゾートも同様だ。

オーランド旅行記 目次


オーランド旅行記31・シンデレラのロイヤルテーブル


ブリザードビーチから戻り、着替えて(娘はプリンセスドレス)マジックニングダムへ。
TDR同様、こちらでもプリンセスドレスを着ていると多くのキャストがプリンセスとして挨拶してくれる。

シンデレラのロイヤルテーブルはシンデレラ城の中にある。
入り口の受付で予約を確認し、場内へ。まずは順番にシンデレラとの写真撮影。(メモリーメーカー対応)レストラン内でのグリーティングにはシンデレラ以外のプリンセスしか登場しないので、シンデレラとのグリーティングはこの場のみ。

撮影が終わったら名前を呼ばれるまでその場で待つのだが、我々は写真撮影より前に呼ばれてしまった。ので、撮影が終わったらすぐに上のレストランまで上がってくるようにと指示され、写真撮影。

シンデレラのロイヤルテーブル

ちょっと古めの情報ではメモリーメーカー未対応となっているが、現在は完全対応。なのでプリントは付かない。

上階のレストランに上がって名前を告げるとすぐにテーブルに案内された。窓際のなかなか良い席。
夕食のメニューは前菜、メイン、デザートをチョイスするコース料理(迷うほど種類は多くない)。飲み物も含めて全てパッケージされているので、別料金は発生しない。予約の時点で、こことミッキーのバックヤードBBQは全額前払いなので、お勘定の必要はない。(48時間前までに予約をキャンセルした場合はクレジットカードに返金されるが、48時間を切ると全額ペナルティとなる)

シンデレラのロイヤルテーブル

メインにサーモンを頼んだが、とても甘いスフレの上にグリルしたサーモン。お菓子の様な味。

オーダーの際に娘には魔法のステッキ、私には小さな剣をいただいた…。記念品の様だが、どちらもとても安っぽいもの。(100均で売ってそうな玩具っぽい)

お客はプリンセスドレスの女児とその家族が大半だが、大人のみのテーブルも散見された。

食事中、音楽と共にプリンセス達が登場する。登場するプリンセスは白雪姫、オーロラ、ジャスミン、アリエル。この登場プリンセスは事前情報と違っていたので、もしかしたら時期や時間帯で登場プリンセスに変化があるのかもしれない。(ロイヤルテーブルは朝食、ランチでも営業している)

シンデレラのロイヤルテーブル

ロイヤルテーブルの店内。まさに城内といった雰囲気だが、特別ゴージャスというわけでもない。

ロイヤルテーブルでの食事を終えたら、そのままファストパス+をとっておいたアナとエルサのグリーティングへ。現在WDW内で行われているグリーティングの中で最も人気のあるものだ。
ファストパス+があってもかなり待たされたので、スタンバイでは厳しいと思う。
ディズニークルーズでのアナとエルサのグリーティングとは違い、こちらは一人ずつとのグリーティング。まず、エルサと、そしてアナとという順番。

アナとエルサのグリーティング

まずはエルサ

アナとエルサのグリーティング

そしてアナ。

次いでスペースマウンテン(こちらのスペースマウンテンは一人乗り座席)等、トゥモローランドのアトラクションを中心に廻ってエレクトリカルパレードを鑑賞。
エレクトリカルパレードは圧倒的にTDRの勝ち。こちらのものはとにかく古いのだ。TDRでのLEDの輝きを知っている人が見ると、昔ながらの電球の光は地味すぎる。LEDと違って派手な演出も出来ない。
しかし、かつてはこうだったなぁというノスタルジーには浸れるかもしれない。実際、懐かしい気分にはなれた。(懐かしさを感じることが出来ない娘にとってはただ地味なだけ)

この旅行でプリンセスドレスを着る最後の日なので、シンデレラ城をバックにカメラマンにたくさん写真を撮って貰い、本日の予定は終了。
明日も朝からマジックキングダム。

オーランド旅行記 目次